スポンサーリンク



試用期間中に退職したくなる理由が出てきた。

入社後すぐだけど辞めたくなってきた。

正社員採用前になら理由も特に必要ないだろう!

転職した会社に試用期間中でもう仕事を辞めたいと自分で思ってしまうような人も以前に比べて増えてきた時代。

試用期間中に会社,仕事を辞めるを辞める理由には実際以下のような問題も多い。

仕事内容が面接時の説明から受けた思った想像とは違う!

勤務形態や企業の社会保険管理体制、各種保険加入条件等手続きにも不満がある!

上司や正社員の伝える方法や職場の空気が労働者感が強すぎて将来に希望が持てない。

このように、労働時間や企業の管理体制も前の会社とは大きく違う等違和感を感じる方は、数ヶ月も必要なく、見極めるケースもある。

でも自分側の思った内容と違うだけで本当に働いてもいない試用期間に辞める決断をして損はないだろうか?

こうした自問自答を繰り返しながら、試用期間中の仕事をこなす方も少なくないと思います。

他にも会社を辞めるという悩みについては、以下のように、時期や勤続年数、理由を含めていろいろな角度から記事をご紹介しています。

会社を辞める理由で女性におすすめの上司相談対策|人事経験談

会社を辞める理由に親の病気と介護は違う?元人事担当の悩み

会社を辞める理由を精神的ではやめられない?元人事担当者の声

会社を辞める理由で人間関係の相談相手選び失敗注意点や解決法体験記

会社辞める理由で円満を狙い逆効果になる典型例

会社を辞める理由が体調不良で成功と失敗の決定的な違い

会社辞める理由転職時面接対策|成功と失敗の違い体験記

会社辞める理由ランキングより役立つリアルな体験集

会社を辞める理由に嘘を作る勇気より簡単な成功法

会社辞めた理由新卒と30,40代妻帯者比較|起業脱サラ体験記

他にも、会社をやめたいと思う男女にタイミングや辞めるまでの経緯の悩みについてもご紹介しています。

会社辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

会社を辞めたい50代と40代後半決断の決め手は何?

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

自分が辞めたいと思う上でも我慢が出来る人はまだマシ?

会社を辞めさせる手口2018会社員被害の実態

逆に、こうした手口に対する自己防衛策も具体的にご紹介していきます。

会社を辞めさせる方法から自分の身を守るポイント2018

辞めさせられる人って何か理由があるの?

こんな悩みについてもご紹介しています。

会社を辞めさせられる理由を調べる前にやるべきこと!

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション、髪型、恋愛、結婚同様に、自分らしく個性を活かす生き方の為の考え方をご紹介したいと思い、運営しています。

つまらない、退屈な人生でも人は「人、モノ、お金、時間」の組み合わせを毎日の生活で選んでいる。

だったら、自分がこの4つをコントロール出来る生き方を一緒に考えてみませんか?

サイト管理人Mr.Dと申します。

この記事では、会社を辞める理由を使用期間中という時期に必要としてる方に、以下のような項目でご紹介しています。

会社を辞める理由が試用期間中に必要?

会社を辞める理由を試用期間中も面接対応?

会社を辞める理由試用期間中の体裁調整

少しでもあなたが企業の上司や正社員達に時間と労力を取られない為にも考え方として御覧ください。


スポンサーリンク



会社を辞める理由が試用期間中に必要?

会社辞める理由試用期間

会社の面接時の条件的にも違っていたら、将来を決める上でも怖さがあるのは当然のこと。

解雇という小おばを考えなくていい時間が実際に試用期間。

さてこの時期に退職届等の転職活動を考えるなら、理由はそもそも必要なのか?

このような基点からまずは労働者を守る視点でご紹介していきたいと思います。

会社を辞める理由を試用期間に問うのか?

まず最初のポイントは、業界や職場を問わない内容。

そもそも試用期間という時間の中で、会社を辞める理由は問われてしまうのか?

この点をお話していきましょう。

答えは、必要ない!が本来の扱い。

なぜ?

試用というのは、労働者を企業側が見極める期間とも言えますが、労働者側にとっても自分に将来の可能性や条件の違った内容が無いのかを見極める期間。

例え、1ヶ月でも3ヶ月、6ヶ月という期間であったとしてもこの考え方は同じ。

試用期間中に会社は解雇も可能!

試用期間中は、会社も社会保険加入手続き等を含めて希望を確認するという事もあります。

しかし、会社側にとって合わないと判断するケースも全く無いわけではありません。

具体的には、以下のような感じの内容も可能になります。

  • 求人から履歴書を見た会社の印象と入社後に感じた印象は全く違う。
  • 就業規則等の設けられた環境に対しても注意が不足していると判断しなければいけない状況。
  • 労働者の活動を実際に見て、正社員採用で仕事を任せられないと判断サれるような状況。
  • 職歴と業務内容のトラブル等の状況から人材としてリスクも考えなければいけないような状況。
  • 働く上での態度や雰囲気として良い状況ではないと職場の上司だけでなく多くが感じるケース。

このような状態であれば、正社員給料を払い、業務を任せる事は出来ないと会社側が判断しても仕方がない。

こうなれば、円満退職という1つの形として、試用期間中に解雇をさせてもらうという申し出が出来る場合もある。

労働基準法としても、このタイミングは、労使それぞれの申し出が可能となる。

だからこそ、労働者側も使用者も納得する態度や状況を働く実際の態度などから判断しても良いのです。

試用期間の会社を辞める理由の重要度

もし仮に、あなたが試用期間中の退職を申し出る状況があった際にも、口頭で聞かれたり、説明を求められるケースは私の経験上からも多くは無いと思います。

もちろんそのままスムーズに最後は退職届だけ提出してもらってその日限りですぐに会社を辞める事が出来る。

あくまでもきちんと判断した状況が整っている前提ではあります。

しかし、職種や社員規模を問わない能力やイメージギャップ、労働と給料の価値等さまざまな情報が労働者側も現場を見て始めて分かる。

だからこそ、決して人事担当の上司がいたとしても、必ず退職理由を問われるという事は無いのです。

それが、試用期間だと認識して過ごす事も今後の転職活動時にも大切になります。

 

会社を辞める理由を試用期間中も面接対応?

会社辞める理由試用期間中の対応

早く決断して次の転職先をしっかり探そう。

続けられる自信も無い。

正社員として入っても正直雇用契約が自分の将来に有利になるとは言えないと思う。

このような方も中にはいらっしゃると思います。

しかし、業種や職種によっては、求人採用後の離職率データを問われてしまっている会社もある。

こうなると、必ず面接で説明を求めるなんてケースもゼロではない。

こんな時の対処法もご紹介していきます。

会社を辞める理由を試用期間でも上司が面談したら?

事前に合意が出来るような具体的な内容を直接言ってもらいたい!

評価を気にする上司がいる職場の場合は、こんな言葉を入社後すぐに言ってくる会社もある。

しかし、こんな脅しにも感じられるような対応にも今後はこの記事を見て、難しく考える必要がなくなるようにしてもらえると私も運営していた価値を感じられます。

もし仮に、こうした面談を必要とした際にも、毅然と気持ちを伝える事が大切です。

  • 職場の人間関係が!
  • 給料や社会保険等の条件が!
  • 有資格者が少なすぎる現実!
  • 社風やルールへの不満!
  • 残業代等の労働条件への対処の矛盾。

こういう場では、しっかりあなたの言うべきことをはっきりと伝えるべきです。

頑張っていこうと思う立場を難しい状況に追いやったと客観的な立場の人にもできるだけ分かる言葉で伝えてください!

短い言葉でシンプルに伝えるだけが得策ではありません。

勝手な印象と音も割れても良い。

批判が混じったとしてもOK。

この言葉に単相ははその後の改善を考えなければいけないのですから。

もし多少明確ではない不安要素がある場合は、伝えない。

できるだけ最近の自分の経験したことから明確に説明できる部分を中心に伝えていただきたいのです。

重要なのは、あなたが正式に書類に記す内容とわかっていても立場を正当に評価されるだけの決断要素であること。

あとは早く手続を進めてもらうようお願いするだけとなります。

会社を辞める理由で試用期間は面談時期が重要

労働規定上、こうした面談による決断が必要とされた会社がある場合は、遅くても14日前にはまとめておきましょう。

なぜ14日。

退職届の希望退職日は、通常2週間前の提出が一般的なためです。

試用期間中においては、本来は労働者側が翌日から突然辞めるという行動でも良いのですが。

しかし、会社の規模が大きい等という場合は、やはり正しい手続きに沿うという動きももちろん大切なこと。

ですから、最後まで円満な雰囲気で業務の遂行上も支障がないようにしたいなら、面談も希望退職日から14日以上前に行なうことが大切です。

スポンサーリンク


会社を辞める理由試用期間中の体裁調整

会社を辞める理由試用期間準備

会社を試用期間中に辞める理由をあえて先程ご紹介したようなぶっちゃけた本音とは別に体裁的に考える場合の対処法をご紹介していきます。

メールなどでは絶対に希望があった時にもこんな大切なことを連絡しようとしてはいけません。

正しい方法で、申し出る中で会社都合ではないケースでのスムーズに切り抜ける事を目指す為の情報としてお伝えしていきたいと思います。

試用期間中で仕事を辞める無難な理由

先程お伝えしたのは、どちらかといえば、しっかり会社を見極める事が出来る人の立場を優位にした際の証拠もあるような内容。

しかし、気持ちの余裕もない長期間基本的な事を研修ばかり試用期間に叩き込まれたような状況の際に言える言葉は苦痛でしかなかったという方もいらっしゃると思います。

その場合は、以下のような理由も職種を問わず無難な言葉として成功しやすいのでおすすめです。

  • 異業種転職に対する想像とのギャップ。
  • 自分自身が馴染める感覚がしない価値観。
  • あくまで一身上の都合に留めさせていただきます。
  • 妻や彼女等結婚想定のパートナーとの相談の上。
  • 自が仕事へのやりがいを感じない。

こうしたイメージギャップを軸にするか、何も語らない形で最後まで一身上の都合を貫くか。

どちらかにする事もそれ以上会社は何も言えない状況を作る事ができる方法となります。

重要なのは、原則として試用期間中に会社を辞める理由は不可欠なわけではないということ。

無理矢理準備をしなければいけないようなことはないのです。

ですから、あまり気負いをせずに、リラックスして会社に辞める申し出を済ませる事が大切です。

試用期間中に会社を辞める理由はキャリアに影響?

試用期間中という期間は、転職時の活動にどう影響するのか?

理由を含めて、デメリットがあるのか?

このような心配をしてる方も年代を問わずいらっしゃると思います。

しかし、この点も安心をしていただきたいと思います。

そもそも職歴というのは、試用期間中の採用については、記載をしなければいけない状況はありません。

あくまでも、雇用契約というのは、正社員になってからの継続期間。

決して、試用期間中の退職や退職理由転職活動に急に振不利益な情報となってしまう心配はしなくても良いのです。

この点を含めて試用期間中に会社を辞める事を検討してる方は、できるだけ早めの決断をしておくことがいずれは会社の人員確保にも役立つと考えて頂ければと思います。

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

仕事を辞めたい年数との悩みについてもご紹介しています。

会社を辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社を辞めたいが3ヶ月?

会社を辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社辞めたい3年目40代の成功と失敗の決定的な違い

会社辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

仕事を辞めたい5年目は?30代,40代の離職注意点

会社を辞める方法における誤解が多い内容についてもご紹介しています。

会社を突然辞める方法はあるの?

すぐ会社を辞める方法は?失敗と損をしない最短手順

会社を辞める時期と税金

会社を辞めたい理由についても記事をご紹介しています。

会社辞めたい理由にランキング閲覧が逆効果?40,30代注意点

会社辞めたい理由面接対策30,40代向けポイントと注意点体験記

会社をやめたいと思った時の転職活動への考え方についてもご紹介しています。

会社を辞めたい時転職活動時期はいつ?40代の失敗しやすい生き方

会社を辞めてから転職活動は40代男女に不利な時代?

会社を辞めてよかったという40代口コミも少しずつ紹介していきたいと思っています。

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

人生で悩みはつきもの。

しかし、人生を諦める前に出来る事は必ずどんな人にもあると私は確信しています。

少しでも自分の生きていく人生計画における迷いや不安の項目があれば御覧ください。

このページを最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク