スポンサーリンク



  • サラリーマンのままでは年収は上がらない!
  • 会社員のままでも明るい未来は見えてこない!
  • 努力は報われないと失望した!
  • 学校も会社も結局人間関係に疲れるだけだ

精神的にも肉体的にも限界を感じる人は多い!

コロナ禍になって、ますます広がっていく格差社会。

かといって簡単にサラリーマンを辞めて生活ができるようになるのか?

この答えとして、まず用意しなければいけない内容を実体験からご紹介しています。

サラリーマンを辞めたい人の失敗原因

サラリーマンを辞めたい人の注意点

サラリーマンを辞めたい人に必要な事


スポンサーリンク






サラリーマンを辞めたい人の失敗原因

サラリーマン辞めたい

学生時代に起業して成功をしている人も数多く存在している。

起業といっても、正直最初から多くの資金を持つ人ばかりではありません。

学生起業家たちは、自己資金も少ない環境の中でうまく自分のできることややり方を考えています。

一方で社会人になってから、ある程度会社に勤務していた人が簡単に倒産や自己破産するケースも相次いでいます。

まずは失敗しやすい人の特徴をご紹介していきます。

起業して挫折する典型例

起業をすることはできても結局は経営者として何をするのか?

社長や代表取締役、CEOみたいな肩書に憧れる人ほど失敗している。

なぜなのか?

答えは非常に簡単。

  • 終身雇用の雇われ気分が抜けない
  • 会社や自分のアピールができない
  • 定年や老後の時期までの長期的計画が想像できていない

結果として、人もお金も時間も使い方が全く見えていない状態。

将来に対する不安がきっかけ

終身雇用とか年金生活なんて言葉はあてにならない。

非正規労働者とか掛け持ちのWワークなんて体力もない。

過酷な残業や休日出勤など長時間労働やサービス残業を強制される生活から抜け出したい!

確かに今の会社がブラック企業だとしても自分の経験やスキルが全くない状態でフリーランスになろうとしても無理がある。

 

サラリーマンを辞めたい人の注意点

サラリーマン辞めたい人の注意点

独立や開業をしても実際に1年後に存続する会社は4割程度しか存在しない。

たった数ヶ月から1年という時間で6割の企業やフリーランスは自己破産や倒産という道を歩んでいる。

借金はするな!

開業資金なんて言葉がありますが、どうしても資本金がないという人はあえて起業なんて考えないほうが良いのです。

なぜか?

5年後には生存確率が15%と言われているのが、独立、起業という道。

10年後には、たった6%しか生き残れないのです。

これは業種、職種などを問わず、自分の収入が安定しているという状態を維持することすら困難になってしまう現実がある。

だとしたら、どうしても起業したいと思っている人ほど銀行や金融機関から借り入れをすることは控えるべき。

せめて倒産をしたとしても、借金だけが残るみたいな状態になることだけは避けたい。

 

サラリーマンを辞めたい人に必要な事

サラリーマン辞めたい時の準備

ビジネスもプライベートの中での人間関係もすべて成功するためには本格的に打ち込むことが大事。

ビジネスとしての中長期計画

自分がもし今から脱サラして成功させたいと思っているなら、資格を取るより大事なことがあります。

それは、中長期的に安定する収入項目を用意すること。

具体的には以下のような考え方があります。

  • 代行による手数料を稼ぐ
  • 代理店として他社商品を扱う
  • 専門分野の資格などを不要とする仕事を選ぶ

この3つを自分の中で明確にしておくことが大切。

分かりやすいのは、保険会社。

  • 毎月の一定額を支払う顧客
  • 1年に1回の支払いをする顧客
  • 長期運用のためにまとまった資金を一括で支払う顧客。

せめてこの3つのパターンを用意しておきましょう。

司法書士、行政書士、税理士等の専門の資格を持つ人でも基本は長年一定の収入源を作ることが重要になります。

役に立つ資格と無意味な資格

自分がもしこの先も安定した収入を得るようにするには、基本は無資格で開業できる分野がおすすめ。

その背景には、以下のような答えが潜んでいる。

  • 専門の資格を求められる仕事ほど個人の実績が必要。
  • 高額な案件になるほど資格よりも実績を求められる。
  • どんな業種、職種でも人柄が重要視される。

このように考えたら、手っ取り早く取得できる資格ほど無意味になりやすい。

基本的に年間を通じて勉強や試験対策を実施することは正直無意味な仕事も多い。

むしろ、単価が安いけど知名度は低い商品をどれだけ片手間の中で効率よく収益化することができるのかを考えましょう。

食えない資格と言われているのが、ファイナンシャルプランナーだというのも知っておくべき現実。

まずはお金がかかるという前提に対して、あまりに大きなお金を扱うのはリスクしかない。

自分がもし対策や将来の計画を考えるなら、まずは自分の努力以上に専門性と知名度と必要性という3つを考えることが大事になります。

代理店探しが最もおすすめ

正直、最初から脱サラする気満々で会社を辞めるよりもまずは副業から実践することも大切。

宅地建物取引士(宅建)の資格を持っていても物件がなければ話になりません。

さらに、資格を所有するだけで手数料が取られる資格もたくさんあります。

こうした時代になら、まずは自分の努力の的を最小化することをかんがえるほうが大事。

まずはあなた自身が自然に説明できる分野を探すことも大切です。

スポンサーリンク