スポンサーリンク



  • バツイチと結婚を決めてくれる男性女性はいないのか?
  • 幸せになれるのかな?
  • 子持ちには不可能なの?
  • 30代40代50代になったらもう初婚を相手にするのは厳しい?

バツイチの再婚でも初婚でも婚活の市場は今大混戦になっている。

出会いがないという言葉よりも近年はコロナの影響もあって、結婚しないほうが良いという男性女性も数多く存在する。

男性の悩みには、今の自分の仕事(収入)では、家族を養う自信がないという声も多い。

女性の悩みでは、婚姻歴があるというだけでも気持ちがネガティブになっているケースも多い。

しかし、バツイチの中にも新しい出会いにたどりついて幸せな生活を送る人もいる。

では何が違うのか?

この答えを実際にバツイチ子なしの状況から本当に再婚して、子どもも生まれて幸せな生活を送ることができた体験からご紹介していきます。


スポンサーリンク






バツイチで再婚したい人に多い失敗

バツイチ再婚したい人の失敗行動

幸せになりたいと思っている時ほどうまくいかない。

なぜか?

この理由をご紹介していきます。

 

離婚率は、3人に1人の時代!

統計的に見れば、3人に1人の割合の夫婦は離婚をしている。

これが現実である。

結果的には、30%が離婚しているというのが日本のデータ。

どれだけの人が結婚したとかしてないとかそいういう話を見ると、わかりやすい。

離婚件数:208,500件

婚姻件数:599,000件

これが、令和元年の人口動態統計の年間推移に基づくデータ。

これだけの数の離婚経験者がいる。

さらに、

1980年代後半から2010年代前半まででは、

母子家庭 1.5倍
父子家庭 1.3倍

婚姻数減少、出生数減少であったとしても結果として、人と人のつながりは昔より希薄になってきているのだと思います。

離婚数増加と再婚数増加

厚生労働省のデータを確認する。

この時、離婚件数をみると、初婚夫婦よりも再婚夫婦のほうが離婚率は劇的に低下しているのです。

昭和40年代と平成20年代の違い

夫婦ともに初婚のカップルが、88.9%だったのが昭和40年代。

それに対して、夫婦ともに初婚のカップルが74.1%に減少した平成20年代。

その組み合わせに対して、男女ともに再婚だったのが、3.2%だったのが昭和40年代。

これが、9.3%という約3倍になったのが、平成20年代のカップル。

再婚割合の増加に伴う市場変化

上記のデータから見て取れるのは、正直バツイチ同士の再婚やバツイチと初婚の組み合わせは、圧倒的に多くなったのです。

バツイチだから、離婚経験者だからというのは、もう時代遅れですね。

40代はバツイチがモテる

離婚率が高い世代は、20代より30代のほうが多くなってくる。

特に30代前半というのは、女性にとって妊娠や出産を望む時期になりやすい。

この時期に夫婦の価値観が合わない、妊娠中の不倫や浮気による修羅場などいろいろな話が出てきやすい。

結局、その経験から10年余りの時間が経過するのが30代後半から40代前半。

アラフォー世代になると、心の傷との向き合い方だけでなく、いろいろな環境的な変化が考えられる。

私は20代で離婚を経験して30代で再婚をしました。

それまでに10年という時間が経過していました。

この間に結婚相談所に相談をしたりもしましたが、自分の心の準備が足りなかったことが原因で諦めてしまいました。

 

離婚の苦しみの先で結婚したくなる背景

離婚の苦しみの先

離婚を経験した人は男女も年齢をも問わず同じ言葉を口にする。

  • 精神的ダメージ
  • 肉体的ダメージ
  • 結婚に対する価値観
  • 恋愛に対する疲労感

私も同じことを考えていました。

でも一部の人は再婚をしている。

そのきっかけをご紹介していきます。

心の傷が癒える

「時間薬だからね。」

離婚した直後に私に語り掛けてくれた両親や身内からの言葉。

この言葉を当時の私は素直に受け止めることができませんでした。

常に考えていたのは、

  • 自己嫌悪
  • 罪悪感
  • 「たら」「れば」

自問自答を繰り返し、自分自身の何が間違っていたのかばかりを考えていました。

しかし、この日々に終止符を打ってくれたのが、同じバツイチのシングルマザーの同級生でした。

彼女は、新しい住居で職を探し、母子家庭などの手続きもすべて自分で行っていた。

こんな試練を乗り越えてきた彼女からの言葉だったから、徐々に今の自分はまだまだ幸せだ。

もう少し自分のできることをやってみようと思えるようになった。

老後の孤独の不安

シングルマザーの彼女との出会いは、いろいろな面で私に刺激を与えてくれました。

  • 体力の衰え
  • 精神的に弱くなった一面
  • 将来への不安
  • 一人でいることへの孤独感
  • 再婚生活への不安

こんなことを考えている間に、誰かと一緒にいることに対して心の支えがほしくなったという感情は多いようです。

誰かの側に居たいという気持ちが現れてくれば少しずつでも前向きになりますよ。

子どもの独立、成長

母子家庭、父子家庭になった後、しばらくは子どものことで時間もお金も限界になる人が多い。

しかし、子どもが成長することで、いろいろな変化が生まれます。

  • こどもが食事を自分で用意できるようになる(家事の余裕)
  • 親は親で子は子の時間の使い方に変わる(時間に対する余裕)
  • アルバイトなどでお小遣いを稼いでくれる(経済的な支え)

こうしたことがいろいろ自分の余裕をつくるきっかけになるからこそ、新しいパートナーを見つけてみたいと思えるようになってくる。

孤独や独身生活に飽きた

離婚してから、心の整理がついてからは、自分自身が独身生活に対して幸福だったはずが孤独や飽きてくるのです。

なぜ一人でいるのだろう?

自分で選んだ道でしょ?

この時、自分の中で、こんなセリフを言えるようになったのは自分の中でも驚きでした。

「昔よりかなり気持ちが楽になってきたのかな」

この言葉を自然に言えるようになった時、自分が次の結婚生活を望んでいるサインなのかもしれない。

仕事が落ち着いた

離婚直後は仕事も手に就かないほどの精神的ダメージでした。

  • 気力がない
  • やる気が起きない
  • 仕事もやりたくない
  • しんどい

こんな感情がありながらもすべてを失うことが怖かったから何か仕事をしていた自分がいる。

でも年数が経過して、立場的にも収入的にも安定してきた時、次の自分の気持ちにスイッチが入った気がする。

 

バツイチの婚活で出会いはどこにあるの?

バツイチ婚活の出会い

  • 離婚を経験した者同士が集うパーティーのほうが良いの?
  • 婚活パーティーには恋愛対象外ばかり?
  • 結婚相談所に行くしかないの?
  • 子持ちでは婚活アプリでも難しい?

こんな悩みをお持ちの方に伝えたい事があります。

職場や会社関係の出会い

初婚も再婚も問わず、自然に縁があるのが職場や会社関係。

友人、知人からの紹介

もう一つは、職場以外の友人からの紹介ですね。

私の再婚のきっかけは友人からの紹介でした。

今でも仲の良い親友からの誘いにたまたま時間があったから足を運んだ先で今の妻との出会いがありました。

やっぱり人とのつながりは人が作ってくれるのか。

やっぱり人の縁って大事だな。

こうつくづく感じられました。

社会人サークルや趣味を活かす

職場でもプライベートでも特にそういう機会も関係もないという人が選ぶ道が婚活。

その中でも比較的敷居が低いのが、社会人サークル。

合コンや婚活が苦手な人でも異業種交流会などのきっかけで人との出会いがあるというのがコロナ禍でもよくあるネタ。

他にも、趣味のオタクサークルやスポーツ観戦交流会などの出会いも一つのきっかけになりますね。

結婚相談所

結婚相談をするなら、結婚相談所でしょ!

これは、インターネットサービスや婚活パーティーが無かった時代。

今はアプリが普及している。

だったら、どんな人が結婚相談所を使うの?

答えはシンプル。

  • 結婚を前提とする相手と出会いたいと心から願っている人。
  • 期間を決めて活動をしたい人

このいずれかになる。

関連記事。

結婚相談所でバツイチ女性は子持ちでも需要はあるのか?

40代男性は結婚相談所で成功できる?失敗体験談

埼玉県再婚専門結婚相談所で失敗する人と成功する人の差

婚活パーティー、街コン

結婚相談所は興味だけで結局入会する勇気がない。

こんな人がたどり着くのが、もう少し費用が安い単発で参加できる婚活パーティー。

40代男性婚活パーティーの話題ネタ作り必勝法

婚活アプリ、SNS

インターネット、スマホが普及してネット、アプリ、SNSで出会いを探す。

中には、自分の意図しない行動をとる人もいます。

  • サクラ(業者の存在)
  • パパ活やお金を目的とする人
  • 自分の都合の良いパートナーを求める人

バツイチでも初婚でもサービスを使う人の中には、やっぱり自分勝手な目的で利用する人もいるのが現実。

結局は、そのリスク回避を考えたら、積極的にアプローチをすることが出来なくなっていく人も多いです。

40代女性無料婚活アプリのおすすめの選び方

 

再婚したい人が心がけたい夫婦生活に必須の意識

バツイチ再婚したい人へ伝えたいこと

幸せな家庭にたどり着く人は何が違うのか?

子の答えを3つに分類してご紹介していきます。

会話やコミュニケーションの重要性

夫婦円満と言える環境を生み出すのは、純粋に会話やコミュニケーションがあるのかどうかです。

顔色をうかがうのではなく、相手のことを包み込む。

気持ちの上で納得できなくても相手が落ち着くのを素直に待つことができる。

  • 子ども
  • 仕事
  • 生活
  • 将来
  • 日常(テレビ、今日の出来事、愚痴、報告、相談)

こういうことをめんどくさいと思うことなく、相手の話に耳を傾けることを面倒と思わないことが大切です。

感謝を伝える、形にする

新婚時代でも1年、3年、5年、10年経った今でも私は妻に日々の感謝を必ず伝えています。

  • 当たり前はない
  • 料理すら大変なこと
  • 掃除は家事分担を当たり前とする

専業主婦でも毎日自分の時間は限られた生活をしている。

この状況で耐えてくれていることにも感謝しないのは失礼な話。

相手を心の中心に生活する

「自分と一緒にいることが幸せだと思え!」

「俺が稼いだお金で食っていけているんだ!」

こんなことは、まずないと思います。

そのお金があったとしても奥さんの手料理はいくらあっても作ってくれなければ食べられません。

あくまで、プライスレスの存在を感謝することを忘れてはいけない。

 

再婚相手を探す時の条件

再婚相手を探す時の条件の設定方法

離婚を経験した人は次の相手の条件をどんなふうに設定するべきなのか?

離婚原因や自分の悪い性格を受け入れる

まずは自分の過去に対して受け入れる気持ちが無いと始まらない。

辛い経験から優しくなれる!成長したと周囲から言われた体験談

バツイチ男性心の傷が癒えるまで10年!体験ブログ

過去の自分にとらわれすぎてはいけない。

  • 借金
  • 浮気
  • 不倫
  • 仕事が忙しいことで家族の時間が作れない
  • 嫁姑問題

上記のような課題があったら、その克服をする努力や悪い癖から卒業することも同じことを繰り返さないために大切なこと。

離婚経験、子どもについての価値観

「バツイチでもいいけど、子どもがいたら絶対無理だった!」というのが私の妻の意見。

でも世の中には、初婚の男女が母子家庭、父子家庭の親と一緒になっているケースもあります。

子連れの再婚に対して、基本的には子どもについての価値観のすり合わせは非常に重要になります。

シングルマザーが恋愛は難しいと悩む3つの原因と対処法

仕事、家族に対する向き合い方

家庭と仕事の両立。

この言葉に対しても共働きと専業主婦という考え方は両方存在します。

妊娠して仕事辞めるか続けるかを消えmるポイントと失敗後悔注意点

どんな人と関わるとありのままでいられるか?

  • あなたはなぜ再婚したいの?
  • 生活が不安だから?
  • 収入が足りないから?
  • 孤独だから?

こんな気持ちをありのままで受け止めてくれる人と巡り会うことが大切。

最初だけ優しいという事ではなく、純粋にあなたの人柄や性格が好き。

こんな気持ちを持つ人と一緒になることがありのままでいられるポイントになります。

 

バツイチが再婚できない3つの原因

バツイチが再婚できない3つの原因

たとえ、高学歴、高年収、イケメン、モテるなどに該当するような人でもなかなか結婚できない時代。

なぜ晩婚化が進んでいるのか?

出会いの場に行ってもコミュニケーションに自信がないとか会話が苦手ということで進展しないケースも多くなっている。

「離婚後になって再婚を望むのに、なぜそういう考え方?」

呼応想われてしまう理由をあげていきます。

高望みや理想と現実のギャップ

離婚を経験したら、「次こそは」と思う人もいる。

  • でき婚だったけど好みと違った
  • もっとかわいい子と付き合いたい
  • 今度は年上、年下と一緒に居たい
  • 背が高い、低い好み
  • 顔立ち、スタイル、髪型などのルックス的な好み

こうしたことを考えてしまうと、再婚相手に求める条件ばかりが増加していく。

結果として選ぶ対象がいないということはよくある悩み。

必死なのは武器ではない!

婚活をするうえで、結婚したいという意思を明確化することは大切。

しかし、再婚したいからといって、半ば強引にというのは違いますよね。

恋愛はあくまで一人ではできません。

相手の意思や感情、さらには安心や信頼があってこそ成り立つ関係。

いくらあなたが結婚したいと思っていたとしてもあなた自身の貪欲さばかりが目立つと相手は引いてしまう。

これは恋愛では初婚でも独身でも関係ない問題点。

自己肯定感や自意識過剰

  • 自分に自信がない。
  • バツイチに需要なんてあるの?

人生においては、他人との比較はある意味大事ですが、過度なプレッシャーにするのは、キャパオーバーになってストレスになってしまう。

だったら自分らしくのびのびとした人生を歩む道を選ぶ。

これができないとなかなか一歩が踏み出せない。

自意識過剰になるのも間違い。

人は優劣ではなく、お互いの意思や存在を尊重してこそ一緒に居られるのですから。

トラウマや心の傷との向き合い方

再婚したいと思っても結局は自分の過去の失敗を忘れられない人もいます。

恋愛はトラウマになることもあります。

あくまで、過去は過去。

これまでの経験があってこそ、今の自分がいる。

この言葉を自分の中で納得できる状態にしておくことをおすすめします。

 

バツイチに再婚前に超えるべき壁

バツイチが再婚前に超えるべき壁

再婚に立ちはだかる問題は何か?

この答えとして、パートナーとの関係以外にも考えておくべきポイントをご紹介していきます。

両親や親族との関係性

相手と自分がもしうまくいっていてもそれだけで幸せになれるかと言えばちょっと違います。

その一つが、バツイチを選んだ相手の両親や親族との問題。

バツイチ男性と結婚に親が反対の事情|初婚女性の悩み

子持ちや養育費の支払い

私がもし子持ちだったら、妻は結婚しようとは想っていなかったと言っていました。

そのくらい、養育費や子どもとの面会時間や将来の相続問題はストレスの原因になります。

今後に面会や元配偶者からの相談や呼び出しがあったら足を運べるのか?

こうした問題はもちろん相手の意向もありますので、あくまで自分と次の相手との話し合いをきちんと早めに進めておくことをおすすめします。

スポンサーリンク