スポンサーリンク



  • 優秀な人材ほどすぐ辞めていく
  • 一人前になったと思ったら退職届が提出された
  • 責任者、役職等についた途端に辞める人が多い

世の中には、仕事ができない、覚えられない、同じミスを繰り返す等仕事ができないことに悩み苦しんで辞めていく人もたくさんいます。

その反対に優秀な人材とか仕事が出来る人と周囲が納得している人も同様に辞めていく職場があります。

「まともな人から辞めていく会社になっていないか?」

こんな疑問を持つ経営者はかなり将来が心配な状態と言えます。

コロナ禍であり、仕事が無いとか転職に失敗したという声も多いですが、年収アップや転職成功という声も決して珍しくありません。

優秀な部下が定着しないまま離職率も改善しないというのは企業の成長や将来性を考えても非常に危険です。

今回の記事では、辞めて欲しくない人から辞めていくと感じる会社の原因や対処法を以下の目次でご紹介しています。

辞めて欲しくない社員が辞めていく理由

優秀な人が辞めてしまう会社の将来の不安

優秀な人が辞めていく職場の見直しポイント


スポンサーリンク






辞めて欲しくない社員が辞めていく理由

 

まず優秀な社員が定着しない職場や会社の特徴をご紹介していきます。

将来性やキャリアへの疑問

優秀な人ほど自分の将来を計画している。

  • 在籍年数を長くするメリット、デメリット
  • プロジェクト成功となった時の達成感ややりがい
  • 将来の企業の成長の見込みや安定感
  • 同業他社や異業種転職時の将来性

このように、同時進行で今の仕事内容と周囲の成長や会社の持つ未来設計などを観察しています。

結果的に、昇格や昇進の規模間や今後の自分のレベルアップに対して少しでも疑問が生まれてきたら、もうその会社に用はない。

結果的に自分のやりたい事がこれ以上見出せないと判断されてしまうのです。

収入と仕事のアンバランス

役職や肩書を与える事でモチベーションが上がると思っているのは上層部のみ。

最近の社員は、仕事よりもプライベートや家族との時間を有意義に過ごすことを意識する人も多い。

  • 在宅ワークやテレワーク促進に対する会社の柔軟性
  • 地方への転出や住処の探し方や選び方の変化
  • コロナ感染拡大地域と人の流れへの懸念

このような一つ一つを細かく観察している人は多い。

結果として、仕事の量ばかりを増やして、報酬も増えず、さらに責任ばかりを押し付けるような職場に在籍している人は、これ以上出勤という行動をとりたくないという意識も生まれやすい。

  • 業務改善の動き
  • 無駄な出勤日数
  • 部下等の人手不足
  • 収入と業務量

上記のような項目で、いくら業績を上げても報酬として見返りが期待できない等の状況も大きく関係しているのです。

組織の安定性と将来性への不安

緊急事態宣言、まん延防止措置エリアなど新型コロナウイルスの影響により働き方は大きく変化を求められている。

しかし、今でも従来通りほとんどの社員が毎日会社に出勤して、同じように仕事を繰り返す職場も多い。

もちろん、会社の目標や将来性がこの活動の中で見えるなら、安心するでしょう。

しかし、時代の流れに合わない、沿わない、向き合う姿勢も見えない。

このような状況になると、結果として自分の立場から見える景色の雲行きが怪しくなっていく。

もうこれ以上この会社にいてもコロナ禍出の成長は見込めないかもしれない。

こう感じたら早期に退職をして次のキャリアアップを目指す人は多い。

 

優秀な人が辞めてしまう会社の将来の不安

 

確かに辞める人は辞めていくし、辞めない人はずっと会社に残る。

優秀な人が辞めるのはその場では辛いがまた次の人が入ってくるだろう。

確かにこの考え方も間違ってはいません。

しかし、この考え方だけを持つことは今の時代にはリスクとも言えます。

生産性向上を目指すのは困難

優秀な人が一人いなくなるということは、同じ職場での稼働効率も当然落ちます。

人件費はかさむのに、生産性はダウンする。

これでは、将来会社に見込める利益率も当然低下する可能性がある。

収入が低い人でも長く続けてくれるなら安定するはず。

これは、正直将来の生産性が落ち込んでしまった時には、誰も起爆剤になってくれる見込みがない会社になってしまう可能性があります。

育てる人や指揮官不在の職場環境

  • OJT
  • 新人育成
  • 人材教育

大企業でも中小零細企業でも求人サイトや転職サイトを見ると、多くの会社が似たような新人獲得へのメッセージを掲載している。

しかし、実際に社員が入社した際にはどうだろう?

  • 指揮官不在
  • モチベーションが低い
  • 仕事のスピードは遅い
  • 個々の能力があまり高くない

このような環境で心身ともに健康な状態で過ごせる人は稼げなくても良いから安定したいというタイプの人ではないでしょうか?

向上心があり、出世欲がある人では一過性のやる気が出たとしても部下を持った時、その立場の仕事量や責任の重圧やプレッシャーで押しつぶされてしまうことも多い。

結果として、社員同士で切磋琢磨をするとか育てる人がいない組織になってしまう可能性があります。

これでは、将来性が見えない会社の典型例になってしまうのです。

 

優秀な人が辞めていく職場の見直しポイント

 

ではどうすれば優秀な人材を確保することが可能なのか?

この答えを現在の経営コンサルティングや新人育成などのマネージメント業務を行っている経験からご案内していきます。

成果への報酬の見直しが大前提

若手が成長する最大の理由は稼げるかどうか?

年収500万円、600万円、700万円。

この中間ランクの役職をどの程度生み出せるかが勝負になります。

年収250万円以下、300万円台、400万円台で責任を重くするばかりでは、報酬が見合っていないという判断をされる可能性は高いのです。

現在の社員の率直な声をヒアリング

  • 今社員たちは会社に対して何を期待しているのだろうか?
  • 今現場では実際に辞めたいと悩んでいる人はどんな理由を口にするのか?

全ては現場の声から始まります。

意図的に自分たちが良かれと思ってやっている事も結局は社員には伝わっていないということも非常に多い。

だったら、まずは不満やストレスの原因をとがめられないことを前提としてアンケートなどにより集計をとることも重要。

その中で、役職重視、年功序列、男尊女卑等のフレーズが出てくるのなら、これらは即組織改革を推奨しなければいけないのです。

あくまで先送りばかりしているようなスタイルでは、将来どころかこの数年で一気に新人だけの会社になってしまう可能性があることを感じていただきたいのです。

社員のモチベーションアップのために

  • 半休制度を積極的に活用する
  • 子育て休暇を積極的に取得させる
  • 有休休暇をもっと自由に取得させる

上記のような条件を期待する社員がすべて楽をしようとする人ばかりではありません。

家族を守ることを意識する既婚者。

シングルマザーで働き方を考えている女性

リフレッシュ休暇を求める過酷な残業時間に耐える中間管理職社員

このような環境別に求めている休暇や休息の時間は異なります。

まずはこうした疲れを解消するためのリフレッシュ手段の幅を福利厚生面から見直すことも大事。

社員がただ働いているだけで実入りが少ないと感じてしまう会社は育たない。

社員が働きづめで、休日にお出かけや外出する気力も体力も残らない会社には健康な状態の人が減っていく

人間関係に悩み続ける原因となっているのがモンスター社員やワンマン経営者の会社は離職率が高い。

このように一つ一つを見直すことで優秀な人も新卒も第二新卒も中途採用者も居心地の良い職場が誕生するのです。

スポンサーリンク