スポンサーリンク




いつも仕事が暇な会社って楽そうでいいな。

次に仕事探すなら毎日暇な方がうれしい。

今の仕事が暇なし状態で毎日激務。

こんな日常を過ごしている人にとっては、暇という文字は天国の様に感じるかもしれない。

転職情報をチェックしている人の中には、口コミや評判で登録されている内容から暇という文字をチェックしているなんて人も!

でも結局人生って仕事をしてお金を稼ぐのは大変。

業界や業種という言葉にしてもやっていける自信がないと思った人は次から次に退職している。

営業、販売、サービスなんて言葉から少しでもお金を稼ぐ事をやりがいと思っている人も空回りしてやっていけないと辞める悩みもある。

忙しいことがやりがいと思う者もいる。

結果的に、忙しいと思えるような人たちは、私の周りでも常にこう話す。

「時間を持て余すことの方が辛さが倍増する」

これまでにも時間がないとか仕事とプライベートの考え方について家のような内容を書いてきました。

仕事プライベート両立成功体験記

スポンサーリンク


仕事とプライベート両立リア充はどう工夫?妻帯者体験記

仕事とプライベート優先順位

仕事とプライベート優先順位働き方への認識

仕事とプライベート優先順位|40代妻帯者の成功と失敗の決定的な違い

結局は、自分のキャリアとか年収とか業種など転職する時には今まで何をやってきたのかを問われることが多い。

こうした時代に仕事探しをするなら、何を考えるべきなのかをご紹介していきます。

私のサイトは、40代男性女性が個性を活かし、自分らしく生きるための考え方をご紹介しています。

20代30代40代と年齢を重ねても、いつの時期にも気にしていることはある。

恋愛、結婚、仕事、貯金、ファッション、プレゼント。

自分でお金を稼いだら、結果的にそのお金を何に投資していくのか?

その行動が次の人生の時間に対して達成感、やりがいなどの幸福感につながっていく。

だとしたら、今の仕事が暇だから転職するとか暇な仕事に転職という発想はどうなのか?

この考え方について、以下の項目でご紹介しています。

暇な仕事から転職する注意点

暇な仕事へ転職希望の注意点

暇な仕事と転職を考えるコツ

自分のキャリアなんて思ったことも無いし、別に必要ない。

こんな考え方をしている人は人生で、やり残したことや自分が面接でアピールできる事がないのだと私は感じる。

やってきたことも今これから面接を受けて、企業に対して入社して欲しいと思われるためにも必要な考え方としてご覧ください。


スポンサーリンク






暇な仕事から転職する注意点

暇な仕事から転職

これまでに私は人材コーディネーターや面接や採用担当者としての人事の仕事も経験してきました。

ただ単に資格をスキルと本当に言えるのか?

こんな疑問を持ちながら、個性を磨くことを現場でも大切にしていた。

「とにかく大きな目標よりも本当にその人が働く意味を感じられる環境作り」

こんな事を考えて、その人のスキルに合わせて仕事のアドバイスをしてきた。

そうした中で、暇な仕事だから、転職したいという相談の時には、以下のような内容を伝えてきた。

暇な仕事と感じる今の状況が限界値

そもそも会社に入社して、何年経っても本当に暇という事はあるのだろうか?

私はこう伝える事が多かった。

  • 今の自分に何が足りないのかを考えていない。(スキルアップ)
  • 会社の仕事の効率化に対して足りない体制への強化方法とその根拠を考える。
  • 上司よりも多く働くことで最終的に上司すらクビにしてもらうくらいの意欲。

この位の大きな目標を持って給料をもらう。

こんな認識が働く環境を手に入れた人にほど本当に欠落した時代になってきていると思ってします。

2019年は働いている人にはストレスや苦痛を感じる大きな要因となる消費税増税という動きがある。

この先、これまでと同じように贅沢をできないと考える人もいる。

こんな時、今の仕事が暇な職場だから残業もないし、稼げない。

これは単純に働き方に対して、与えられた仕事しかしていない贅沢な考え方と思ってしまう。

だからこそ、今より日々が忙しい会社に転職しようとする準備そのものが間違いであると考えておくことが大切になる。

 

暇な仕事へ転職希望の注意点

暇な仕事へ転職

今の会社の仕事が思った以上に多い。

日々の残業が多い事が苦痛。

労働条件を照らし合わせた時、割に合わないと感じる。

itでも営業でもいろいろなサイトで後悔される評判や口コミ。

こうした中とはちが、まったく逆の暇で体力的にこんなに楽な仕事はないと思えるような職種はどこにある?

このような時にストレスの方向性が違うという就職先を探す注意点をご紹介していきます。

暇な仕事は成果主義中心の世界

一見するとオフィスワークで、特に車での営業に行くなどの内容も無い。

社員は、いつも事務所や営業所で働いている事が多い。

こんな話を見た時に、ある程度営業系にいた人なら、内勤営業?と想像ができる条件の一つ。

しかし、暇そうな業種に入り、日々雑務の繰り返し。

こんな中に入ったときには、次のような話がまた出てくる可能性がある。

  • 暇な分、時間を待っているのが長すぎる。
  • 時間の使い方が分からなくなってくる。
  • 職場の中で話しかけてもらえるのうれしいが、余分な人間関係の手間が待っていた。

いかに仕事を見つけて、どうノウハウとは違うルートで成功を積み上げていくか?

このような状況が、応募をしてきて即採用のような会社の場合は、待っている可能性がある。

プロ意識。

この言葉の通り、成功しなければいらない人材という状態。

教えてもらえるのは、数ヶ月。

この間に何も成果が出ない状態なら、結果的に正社員として使えにあダメな人間として扱われる状態。

こんな職場の特徴をどこまで覚悟できるでしょうか?

職場の人間関係が苦痛という相談も大きな転職の動機につながっている現実をどこかで意識し始めたら最後。

結果的にいくら暇な職場に在籍しても辞めるという事を言っている人はたくさんいる。

単純に時間に目を向けるのか、それとも人間に目を向けるのか?

この疑問を正社員として過ごしたい会社を探す上では非常に注意してもらいたい内容と言えるのです。

 

暇な仕事と転職を考えるコツ

暇な仕事と転職事情

暇。

この言葉を自分にとっては、そう感じられる環境を手に入れた状況があなたにとっての理想の職場と言える。

ではどうしたら、自分が転職をした先が、暇な仕事と感じる環境にたどり着くことが出来るのか?

自分の能力を活かすことが重要

例えば、パソコンを使う仕事で言えば、以下のようなことであっという間に差が生まれる。

  • 入力が早い人と遅い人。
  • ソフトに使い慣れている人と不慣れな人。
  • 他の人のチェックもできる人と相談をする人。

これだけの差があったら、当然自分が定時で一番先に帰宅することにも何も同僚も上司も言わないでしょうね。

わからない方に該当するのであれば、当然教える側になるタイミングまではこれからずっと一番最後になる可能性もある。

このように、何が大変なのかをビジネスでは見極める事が重要。

自分の成長やスキルアップを楽しめる環境

自分がこの先どのように成長をしていく事を楽しめるのか?

ビジネスで自分自身が新しい事を知る事に興味関心を持つというのも非常に結果に影響を与える。

ただ与えられたものをこなす勤務では、耐えるが基本となる。

しかし、その教えを自分の知識やスキルとして手にすることを考えられる人は、年齢を問わず楽しむことが出来る。

これは、少しでも自分が将来にわたって、楽をできる環境を求める為に今迷っているなら、行動しておくべき。

こう考えられるタイプの人に多い。

若手や新卒という対象の中にもこうした専門性を意識している人もいる。

例えば、交渉を得意とする事で、営業スキルを磨く事を楽しめるタイプ。

事務作業においては、とにかく他の人の分もまとめてできるほどのスキルを持つ人。

このようなタイプの人は暇な時間を増やすことが可能。

何とか周りについていくのに必死。

仕事ができない、うまくいかない。

こんな悩みを抱えているままでは30代、40代でも年齢を問わず若手よりも使えない人。

このように、単に自分の中での大変を一度でも乗り越えて、自分自身を成長させた人はそのスキルを使える環境さえ手に入れることが出来れば、暇は簡単にできる。

つまりは、暇な仕事というのは、その人自身が作り上げる時間的コントロールの結果。

こう考えることが出来れば、今の自分が何に耐えているのかを考えて、やめるべきか勤務を続けるべきかを結論が出せると思います。

スポンサーリンク