スポンサーリンク



  • 今の会社を辞めたいと言ったら甘えていると言われてしまった
  • つまらない毎日にもう飽きた
  • 仕事に行きたくないと思えるほどストレスを受けている
  • 無遅刻、無欠勤、有給取得もほぼない状態で働き続けてきて自分が何のために仕事をしているのかわからんくなってしまった。

今の会社を辞めたいと思っている人がインターネットを通じて、毎月1万件以上も検索している。

とはいえ、生活もあるし、毎月の家賃や光熱費、子どもの教育費や住宅ローン等の支払も心配。

現状から抜け出したいという人も含めて、すべて社会的には甘えとみなされてしまったら、この先自分がおかしくなってしまいそうだと悩む人もいる。

しかし、辛いと感じることそのものが退職理由。

その中身は、人間関係、仕事内容、月給や年収、福利厚生など人それぞれ異なります。

  • 新卒者だから?
  • 20代だから?
  • 30代の中途採用だから?
  • 40代のベテランや中間管理職だから?

こんな年齢や男女による性別も関係ない。

自分のすべきことをきんと行ってきた人はその続きの人生で成功をすることもあります。

入社してから、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月という試用期間の間で辞めてしまうという人もいるでしょう。

しかし、その辞めたい理由の中には、切実な悩みを抱えている人もいるのです。

  • 会社の将来に対する不安。
  • 上司や同僚、部下との人間関係
  • 仕事に向いていないと感じる業務内容

こういう事を含めて、まずは辞めたいと思っている時に甘えとそうではない2つは何が違うのかをご紹介していきます。


スポンサーリンク






仕事を辞めたいのが甘えと判断される典型例

仕事を辞めたいは甘えになりやすい人

自分の中では、退職理由が明確に存在するのか?

でもその対象は、甘えとみなされるのか?

この答えを解説していきます。

職務内容に対する不満

  • つまらない
  • 楽しくない
  • 退屈
  • 刺激がない

仕事をやりたいと思って入社した人が、「仕事内容が嫌だから辞めたい」

この答えにたどり着いてしまうと、結果的に「責任能力」という点で不安を感じさせてしまう。

「面接の時には良かったとしても、入社した後豹変するかもしれない」

こういう人を受け入れるのは企業側にとってもリスクになってしまうのです。

辛い対象が早寝早起き?

仕事とプライベートの時間的バランスを求める人は多くなった。

しかし、日常の業務の中で、どうしても早朝とか深夜という時間帯に仕事をしている人たちもいるのです。

そうした中で、「眠い」「疲れが取れない」「眠れない」等の睡眠不足や不眠からやる気が出ない等の退職理由になる人もいる。

この場合は、次の会社でも「キチンと毎日出社するだろうか?」「休み癖がないか心配だ」等の評価を受けてしまう可能性が高まります。

季節によって気分の変動が激しい

  • 5月病
  • 連休明け
  • 土日休みの月曜出社

このような休みと仕事の切り替えが上手にできない人も多くみられる。

ゴールデンウイーク、お盆、敬老の日や体育の日等の祝日やシフトの休みの数。

このような変動に対して、やる気が出ないからとか食欲がない、眠れない等から、体調不良になったり、欠勤や早退等を繰り返す人は注意が費津陽。

あくまで、ストレスや環境の変化に対して、順応性が低いと判断されてしまうとその先の転職活動も非常に厳しい状況に追い込まれやすい。

頑張れない

毎日の仕事の中で、非常にムラがある。

精神的又は肉体的疲労を理由としながら、基本として、自分の基礎体力や忍耐力という面で不足していると思われてしまう人もリスクは大きい。

平社員か管理職候補

  • 管理職になってから、上層部と部下の板挟みになることが辛い。
  • 自分のやりたいことではないが、会社の指示に逆らえなかった。

このような人も同様に将来責任を任せるような立場になる可能性が低いと感じさせる。

当然、自分の仕事に対するモチベーションだけでなく、将来はそこで働く人たちを統率してもらえるのか?

この可能氏江が何も感じられない人はその後の転職時に苦労する可能性は高い。

 

仕事を辞めたいは甘えとは言えない典型例

退職が甘えとなりにくい人

仕事を辞めるべきと助言をしたくなる人も社会人の中には数多く存在する。

自分の将来に不安を感じる

一定のキャリアを築くことはできた。

しかし、その後自分は、今の会社の組織構造から考えてもこれ以上先に進む道が無い。

無いなら自分で作ればよいというが、そんなに柔軟性のある会社ではない。

このような場合は、あくまで自分で将来自分の城を築くまで考えているなら、甘えとは言いにくい。

会社の将来に不安を感じる

  • 早期退職希望者募集
  • 自転車操業
  • ワンマン経営
  • 離職率の高い現場

このような状態になってしまうと、自分が今後10年以上続けていくことが可能なのか不安になる人も多い。

あくんで、中小企業でも大企業でも公務員でも基本的には自分の身を守ることが最優先。

そして、その将来のために自分が今何をやるべきなのかが見えていない人はその後の将来を考えて異業種でも同業他社でも転職を考える事は大切になる。

重度のパワハラ、モラハラのある現場

  • 暴言、暴力、無視、罵声
  • 人間関係からの隔離
  • 簡単な仕事しか与えない等の待遇の変化

このような状態に長い時間をかけて悩んでいるなら、生活のためよりも自分の人生でより満足度を得られるようにするために転職を考えるべきだと伝えたい。

いじめなどによる精神的苦痛

  • 仕事を教えてくれない
  • 他人の仕事をおしつけられる
  • 仕事をしない上司と一緒に働いている

このような状況になってしまうと、結果的にコミュニケーションを取ることすら満足にできなくなってしまうケースもある。

これでは、毎日が楽しくないのも当然ですし、新しい環境になってもゼロから学びたいと思う人は出てくる。

 

仕事を辞めたいは甘えとは感じさせないコツ

仕事を辞めたい自分を甘えと感じさせないコツ

自分が今の仕事を辞めたい時には、複数の悩みが重なっていることも多い。

こうなると、本当の意味でちょっと長期の有給を取ったからといってリセットするのは困難になる人もいる。

もう耐えられない。

この言葉の背景を聞いて、次の面接でもメリットになるポイントをご紹介していきます。

新たな分野への挑戦意識

例えば、

自分が携わってきたのが販売の業界だった。

でもマンツーマンで対応をすれば、相手にきちんと伝えることができた。

このような人が、販売業界の給与形態に満足できないから、営業の業種にシフトする。

これはある意味多少の人間関係のトラブルがあっても乗り越えてくれると感じさせる理由になりやすい。

あくまで、新たな挑戦であることをアピールできるかどうかは重要な問題。

辞めたい理由はその場だけか?

  • 業種や職種に多い悩み
  • 異業種転職をしたら解消できる問題
  • 自分の次の人生設計が見えている

このように、転職をしたいという気持ち地の中で、次にスムーズに切り替えることができるか同課を感じさせることも重要になります。

次に進む準備ができている人だ。

こう感じさせた時には、退職理由よりも一緒に働くことにおけるメリットを伝えやすくなります。

辞める以外の手を尽くした

  • 組織改革や人事についての提案
  • 条件面に対する交渉
  • プロジェクトの計画と遂行、データ解析

自分が仕事を辞める段階までにきちんと試すべきことを全て行ってきた。

これはとてもエネルギーが必要なこと。

しかし、これらをきちんと片付けているなら、正直それでも辞めたいと思えるのは、組織的にも柔軟性が欠けているかもしれないという流れになる。

あくまで職場が改善しないといけないような事例があるのにもかかわらず、すべてに目を向けずに従業員におしつけるような組織的な特徴等が浸透している場合も評価の対象になりにくい。

時期による人の動きや需要

新卒採用とキャリア採用は動きが異なる。

その中で、基本的にいずれにも該当しないような時期に転職活動をしているというのは、企業としてはありがたい場合もあります。

例えば、

新卒を採用したのにすぐに辞めてしまったという場合

採用予定者からキャンセルや辞退の連絡が届いた時

このようなタイミングでは、年齢や過去の経歴等も含めて、そこまで影響を与えないこともあります。

手数料に見合う人材の紹介

面接前に転職エージェント等を活用している会社であれば、採用の際に発生する手数料とその人の特徴を考えるケースがあります。

  • なかなかこういう人は応募をしてこないと思える人材
  • これまでの人達とは少し違うと感じさせる人材
  • ヒアリングを通じても、仕事がぴったりだと感じさせる人材

こういう人なら、紹介手数料を払ってでも手に入れたいと感じてもらえる可能性は高まる。

仕事を辞めたいは口癖になっていませんか?

場合によっては、こういう行動そのものが甘えのように感じられることがあります。

  • ずっと辞めたいと思っていた
  • 決心がつくまでに時間がかかった

このような内心をそのまま伝えてしまうと、結果として次の仕事をする時にも同じようなことを発言する可能性があります。

しかし、そのような場合でも、その人の実績や過去の経験、有資格者等メリットを多く持つ人であれば、正直あまり大きな問題にならないケースもあります。

 

自分の強みを明確化することが大事

仕事を辞めたいのは甘えなのか

最後に、自分がどの業種でどんな仕事をしていたとしても、結果として自分の強みをきちんと理解しているのかどうかが重要です。

今在籍している会社で抱えている問題にも柔軟に考えて、自らでその問題を今回限りで終了できるか?

これがきちんと伝えることができる人なら、この先の転職も十分可能性があると言えるのです。

スポンサーリンク