スポンサーリンク



こんな悩みを抱えていませんか?

  • 今の仕事にそろそろピリオドを!
  • もうこれ以上悩み続けるのは時間の無駄だ!

でも自分一人では、仕事の悩みを決断する勇気がない。引き止められたり辞められないなんてことになる可能性を考えるとどこに相談したらいいのか分からない。

日本全国で、今の会社を辞めたいとか転職したいと検討する男女がいる。でもその具体的な行動を起こすまでには、たくさん悩んでいる人が多い。

  • 今やめるべき?
  • 辞めてよかったと思える人生になるのだろうか?
  • 今の職場を去っても結局は次も同じことになるのではないか?

こんなことを考え始めると退職するのがこわくなってしまうなんて人も多いはず。

これまでにも仕事を辞めるという悩みについて、以下のような内容をご紹介してきました。

看護師の労働条件や上司のパワハラで辞めたいと悩む人はかなり多い。

看護師が仕事を辞める理由や原因

スポンサーリンク


看護師が仕事を辞める理由|人事担当者に寄せられた相談体験記

看護師を辞める方法は簡単!2週間後でトラブル不要の対処法

その他の会社員にもいろいろな悩みがある。

アルバイト辞める時嘘より簡単な退職方法

会社を辞める理由を必死に考えている人に伝えたいことを各記事でご紹介しています。

会社辞める理由試用期間

会社の仕事辞める理由|試用期間準備や期日内の対応成功法|元人事担当者が紹介

親を病気にしたり、嘘で介護と伝えるようなことは正直お勧めできません。

会社を辞める退職理由は親が倒れた?嘘の病気?元人事担当者の悩み

会社の仕事を辞める理由に介護はタブー?

そんなことをしなくても別に辞めるのは簡単なんです。

今回の記事では、各都道府県にもある専門の相談機関やこころのケアを必要とする人たちが相談するべき場所を以下の項目でご紹介しています。

会社辞める相談窓口公共機関

会社辞める相談窓口の注意点

会社辞める相談窓口サービス機関

嫌がらせを受けている人や上司や会社のパワハラにより自分が追い込まれていると感じる人には時間を無駄にしてほしくない。

何より自分の今後の人生に影響を与えない無難で安全な方法を考える事が大切です。


スポンサーリンク





会社辞める相談窓口公共機関

仕事辞める相談窓口

まず自分が会社を辞める上で、特にトラブル等に巻き込まれていないという前提条件の人におすすめの方法をご紹介していきます。

労働基準監督署を活用

日本全国の都道府県の中でも各市町村別に設置されているのが労働基準監督署。

全国労働基準監督署一覧(厚生労働省)

もちろん今のトラブルなどを相談することは可能です。平日であれば、職業も問わず、まずは電話やメールで相談をすることが可能です。

利用体験記

私も実際に会社のトラブルを面談で相談した経験を持つ。その時にもきちんと基準監督署の職員が耳を傾けてくれました。

  • パワハラに該当するのか?
  • セクハラと認定してくれるには何が必要?
  • いじめだと思っていること
  • 毎日の残業が異常だと感じること
  • インターネット上に公開されている求人条件と全く違うと感じることが多い。

ブラック企業の典型となる残業代未払いなどは弁護士を使わないと回収できないと思っている人も多いですがそんなことはありません。

きちんと労働条件に記された内容をチェックしながら、残業の有無等も明確化できれば一人で悩んでいるよりも相談したほうが早い。

無料で対応してくれるのでどんどん相談をすることが大切。

何かしらの会社とのトラブルに巻き込まれているとか働く会社の制度に疑問を持つという人にも職安は強い味方です。まず労働者を保護するための相談窓口になってくれているのです。

労働組合に加入していなくても受け付けてくれます。

メンタルケアは専門医に相談

  • 精神的に限界。
  • 肉体的にも限界。

誰かにもう現在の心と体では働き続けることは困難と言ってもらえたら楽なのに!

こんなことを考えているなら、まずはこの文字に注目してください。

産業医。

産業医とは、会社の内部の社員のストレスケアや健康診断などにより診断を行ったり、時にはアドバイスを行うことを行っている医師。

さらには、精神的なストレスケア関連では、精神科を受診することも大切です。まずは診察をしてもらって気になっていることを1つ1つ確認することが大切。

具体的に身体的に症状が出ているということがあれば、まずは総合内科や総合病院などの相談窓口で何科に受信するべきなのかを確認しておくことをおすすめします。

自分の体をきちんと管理することは誰であっても最優先に考えておくべきことです。

 

会社辞める相談窓口の注意点

仕事辞める相談窓口選び方注意点

インターネットで探す人は多いですが、まず対処として、注意してほしいことを解説していきます。

弁護士相談は最終手段

正直、会社を辞める悩みをかかている人には、弁護士はあまりお勧めしません。なぜか?法的に不当な拘束を受けているという内容でしたら、労働基準監督署による監査などで実態を確認してもらえることは多い。

弁護士というのは、以下のような悩みを抱えている人でも最終手段。

  1. 不当な解雇を受けている

あえて言うなら、この1点だと思います。あくまで労働条件などの労働全般については、まずは労働者の味方である労働基準法の範囲内で対応してもらえる程度で十分です。

正直、解雇の他の事情で不安がある人でも弁護士よりももっと簡単な方法で辞める方法が今は出てきているのです。

エージェントは素人

転職をしようと思っている人の中には、先に他の仕事に正社員でもバイトでも採用してもらうことを考える人もいる。

転職活動に今の不安をエージェントなどに相談すればアドバイスをしてくれるのではないのか?

こんな期待をしているのなら、これは正直ほとんど期待できないといったほうが早い。むしろ、そんなことをしても意味がない。

 

 

会社辞める相談窓口サービス機関

仕事辞める相談窓口退職代行

正社員の辛い労働条件や辞めにくい状況を解決しようとするサービスを行う会社も日本には登場しています。

退職代行サービス

もうこれ以上会社と交渉とか話し合いに応じるつもりはない。

話す価値もない。これ以上自分が向き合っていたら本当に病気になってしまいそうだ。あらゆる自分の考えたことを行動しても無駄だったというケースもあります。

近年の会社は、違法ですと言われてもそんなことはないと当たり前のように口にする組織が少なくない。

正直、あきれてしまうような流れが当たり前のように毎日どこかで起こっていると言っても過言ではない時代なのです。

だからこそ、そういう方々を本当の意味で救ってくれるサービスが登場したのです。

外部に言った言わないなんて関係ありません。きちんと自分の権利として有休消化もした上で、退職を受け入れてもらう。

実際に数多くの方が手続きを終えて、退職に成功をしているのです。

具体的には、以下のような会社がその典型例。

退職代行サービス会社

まずは自分で抱え込んでも何も環境が良い方向に向かうことはないと自覚しましょう。

その分の時間を使うなら、どんどん労働基準監督署にサポートをお願いするなり、こういう会社のサービスを利用する具体的な手続きや費用を確認するほうがスムーズに辞められる可能性が高いのです。

無駄なストレスを抱えない人が増えることを願っています。

スポンサーリンク