スポンサーリンク




毎回仕事を続けるのが大変だと感じる。

自分は毎日同じことをしていることにどうも飽きてしまう傾向があるようだ。

同じ会社に長くとどまる事が出来ない。

当然キャリアを積み上げる必要があるのに、それができない。

今の自分のような状態の人はどうしているのだろうか?

自分の名kで辞め時を感じるのが速いと感じる人の中には以下のような感情を持って今の仕事見てしまう人が多い。

  • つまらない
  • 飽きる
  • 楽しみが見つけられない

もちろん、最初からそんな気持ちでやってきたという人は少ない。

しかし、続けていく中で、「もういいや」という気持ちがスッとこみあげてくる感じ。

数ヶ月やって同じ悩みの中にいるという経験を繰り返している人も多い。

転職エージェントの経験も持ち、就職という名の相談を300名以上は対応してきた。

その中で、辞める時の理由にふとやりがいを感じないという言葉を聞いた時とその人が繰り返し同じ言葉を口にする時は明らかな違いに気が付いた。

もっと自分の人生の時間の中で仕事を辞めないようになりたいと思った時にこそ、気付いて欲しい事がある。

これまでにも仕事が飽きる悩みについては、以下のような内容をご紹介してきました。

仕事 飽きる 原因

仕事飽きる原因と解消法

仕事飽きる原因をシンプルにスマートに考えた答えと転職のコツ

仕事飽きるし続かない

仕事続かない飽きた

会社の仕事続かない理由で飽きる人の特徴と対策法アラフォー体験記

仕事が飽きる対策は?

仕事飽きる対策で無意味な行動

仕事が飽きる人の対策はいつから?意味のない行動と繰り返さないコツ

いざ周りから相談された時には、もう少し続けて頑張ってみれば!なんて言葉を口にする。

しかし、いざ自分の事となるとなぜそう思ってしまうのかすら見えてこない。

就職活動をして、転職サイトに登録して、面接を受けて、やっと就職できたと思ってもまた同じ悩みの中。

こんな状況の人に少しでも救いの手を差し伸べたい。

そして、少しでも今思っている事の原因が何なのか?

その答えとして、次の行動とする時には、企業の何を見なければいけないのか?

退職している本人が悪いわけではないことが多い今回の問題。

これから先いかなる仕事を見つけ、その先に待つ未来がこれまで以上にやる気になるきっかけを探す情報としてご覧ください。


スポンサーリンク






仕事が飽きるのは本人のせいではない!

 

そもそも飽きるという言葉が非常に重要なキーワードになっている。

飽きるとは?

そもそも仕事の面でも飽きがくるという問題は、どういう状態なのか?

この答えは、満ち足りているという事に認識を持っている人が少ない。

多くの人が仕事を退職するという行動だからこそ、良い意味では考えない。

続けられない。

辞めたくなった

このように感じる感情を優先する。

しかし、私はどちらかと言えば、仕事における「飽きる」という表現は違うという共通点を見つけて行きついた。

それが、「見飽きた」に近い状態。

つまりは、その光景そのものに対してこんなものか?と知ってしまった現実から魅力を失ってる状態。

仕事とは、企業の中での活動なわけですが、その中に誰でも新鮮さを求めている事が多い。

新しい事を学べる。

専門性のある知識を持てる。

こうした先に資格を見つけたり、自分の生きてきた中で携わる事が出来なかった事に少しでも触れる事。

これが知ったことの感動や楽しみによりその関連に対してまた次の内容を早く知りたいとなっていく。

これが後に続けばきっと、単純化という言葉から解放される。

当然、自分の体も心も新鮮さを維持する事が可能な条件をもらうことが出来ている。

しかし、飽きたという人はもうすでに目標も達成し、モチベーションをさらに高める動機がない。

  • 働きながら得る情報は?
  • 業務としてやる気を満たすきっかけは?
  • その仕事をして高いスキルや能力を得る要因は?

つまりは、ネタ切れのような状態を起こしている。

その上で、やる気がない人間関係の付き合い方を考える。

これが業務と言われたら、30代40代がこれまでもこれからも頑張っていこうと思うきっかけを探すほうが大変になる。

内容として本当に別に何も考えなくてもただ黙々と目の前の作業にだけ向き合えばいい。

こうした仕事に向いてる人もいるのかもしれない。

しかし、日々何かを見つける事に意欲を持って取り組む人の刺激には何もならない。

これが好きな事であったとしても決して楽しくない。

当然大きな目標を持とうなんて内容も失われていく。

この結果が、向いていないのかとか楽しく出来ないのか?という個人を悩ませているのはダメな社員ではなく、組織。

飽きさせない仕組みを会社が持っていない

もうネタは尽きた。

資格を持つ人にも流れ作業の様な仕事しかしない。

頭を使っているようで実は淡々と作業を始めているだけ。

まるで変化のない日常。

これで会社を良くしようと思う人が増える事はあるのか?

こんな会社に入った人の多くは、求人情報に書かれていた夢や希望という言葉とその真逆の環境に業界を疑う。

結果、新しい分野でまた違う可能性を答えを求めて働く。

この繰り返しが、結果的に続かない、辞めたいの連鎖につながっていく。

こうした答えは、どのの職種にもあるのが残念だ。

そして、変えようとすると改善をしてほしくない上司のほうが先に新しい芽をむしり取り、失敗をでっちあげる。

こんな社会で安定した生き方を出来る人はどういう人か?

まさに、逆らうことも無く、安定だけを求めて自分のできることしかやらない。

やるべき事だけをやりがいという事よりも繰り返すだけの毎日を目指す。

これが、完全に出来上がった会社を変えることはもしあなたが入った場合も難しいだろう。

このような社会で改善や改革を楽しむ人が働く職場は失われつつあるのかもしれない。

 

日本の中でチャレンジ精神を見つける

もし飽きるという言葉を使う人が楽しむことが出来る会社を探すなら、とにかくチャレンジに目を向ける会社だ。

prの中にもやりがいを見つける!と言う文字を完全に「変える」ことから見出す考え方。

面接の時の相手の目を見て確認する

相手は疲れている。

こんな人の下に居て、チャレンジに対するアドバイスはもらえるのか?

会社のいてもらえればそれだけでいいみたいな心を持っていないか?

こういう視点できちんと相手の特性や心を読み解くことが大切な時代と言える。

もうプロフィールで良い事を書いても採用されるきっかけにしてもらえる会社は少なくなってきたように感じる。

何を基準に判断しているのか?

その答えは、おのずと傾向を見定めて決めている事が見えてくる。

みんなが悩んでいる時期。

当然、判断をする上司は、みんなその問題にミスや失敗をしたくないという事ばかりを気にしている。

結果、リスクも少なく、条件としても判断しやすい内容だけを取り上げて判断を下すような会社も少なくない。

このような事を繰り返してもまたあなたは同じ悩みにハマる。

だからこそ、大切なのは、繰り返しではなく、全てを覆すような状況を求め続けている今の考え方。

何か新しい発想は無いのか?

もっとこれからよりよくするための考え方は?

こうした事を繰り返し情報を集めてみんなでいっしょにやっていこうとする会社に居る者はみんなイキイキしている。

他の会社にいるよりも、自分らしい意見を言える。

そして、誰もが気持ちの面で他の人に負けないという勢いを感じる。

結果、やっていることは全て会社の発展を想って行動をしたいと思うからこその相談が増えるわけです。

このような会社はなかなか退職したいと思う人が少ない。

誰もが平等に接している。

誰が先に見つけ出せるか?

その内容をどうシェアして次につなげるか?

こんな少しでもほかの人と違う発想を持つことが他社よりも早くいろいろなことに取り組むモチベーションへと発展する。

こういう会社をあなたにも早く見つけ出してほしいと思う。

これが出来た時、あなたの口からもうしばらくは、飽きるという感情が出てこない転職となると言える。

正直、今のあなたのスキルや感情は、劣るではなく、秀でる。

これが答えであることに自信を持ってほしい。

スポンサーリンク