スポンサーリンク




40代の男性は冬のカジュアルな服装って何着ているのかな?

どんな場所で買い物をしているのだろうか?

試着をして合わせたりしているのかな?

通販サイトでコーデを見ながら、好きなアイテムを買うという事をイメージができない。

今の自分の持ち合わせているファッションアイテムやスタイルにどう合わせたら良いのか?

この悩みを持つ男性は40代だけでなく、アラサーや30代、50代など世代ごと年齢相応の大人の合わせ方を心配する人は多い。

これまでにも40代男性のファッションについては以下のような内容を書いてきました。

40代ファッションメンズ春コーデ

40代ファッションメンズ春コーデ

スポンサーリンク


40代ファッションメンズ春コーデ|デートにダサいを防止する注意点

夏メンズファッション40代男性ユニクロ

40代男性ファッション夏ユニクロ

夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代ファッションメンズ秋

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性ファッションメンズ冬

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代guメンズコーデ

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション春夏秋冬太めの強みと弱点を使いこなす

40代ファッションメンズブランド

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代男性ファッションカジュアル

40代男性ファッションメンズカジュアルを意識する注意点と優先順位

40代ファッションメンズジャケット

40代ファッションメンズジャケットで女性受けの良い選び方と注意点

ジャケットメンズ着こなし40代

ジャケットメンズ着こなし40代

ジャケットメンズ着こなし40代が難しい?簡単にそろえるコツ

メンズファッションのコーディネートは女性に比べたらはるかに合わせるアイテムの数は少ない。

インナー

柄やシンプルなシャツやニット

アウター(チェスターコートやジャケット、など)

パンツやデニム

シューズ

アイテムは主にパーツ的に見ればたったこれだけ。

ビジネスではスーツとなり、その上にアウターを取り入れたらまとめることが出来る。

でも仕事の服装といえば、使っている素材や色もお決まりのパターンが多い。

しかし、カジュアルは、シーンに合わせてさまざまなコーデが紹介されているからこそ、迷いも出やすい感じになる。

まして、女性はオシャレに気を使い秋冬の最新のトレンドカラーなどを上手に合わせてくることも多い。

デートや婚活、恋活などにおける男性がその状況に合わせたコーデをするためには何を意識するべきなのかをご紹介していきます。

今回の記事では、冬の40代男性カジュアルファッションについて誤解が多いと思える内容を含めて以下の項目でご紹介しています。

冬の40代男性カジュアルファッション失敗典型例

冬の40代男性カジュアルファッション誤解注意点

冬の40代男性カジュアルファッション成功のコツ

自分がどんな雰囲気の人間だと周りからは思われているのか?

オシャレとはそもそも何なのか?

高い服着て成金みたいな感じのカラーが40代男性の紳士ではない。

ただブランドをぶら下げているだけのオシャレ気取りと本当に高級住宅街に住む人の服装は全く違う。

まずはあなたの個性を活かす。

そして、女性から見ても雰囲気が伝わるおしゃれな男性だと親近感を抱かせるポイントをご紹介していきます。


スポンサーリンク






冬の40代男性カジュアルファッション失敗典型例

40代男性ファッションカジュアル冬

まず最初に、カジュアルというジャンルに対して、なぜか大人の雰囲気とかブランドとか人気。

こんな響きに気を取られ過ぎている人がハマるパターンをご紹介していきます。

40代男性のファッションカジュアルがダサい

なぜ男性の中でも40代はカジュアルな服を着こなす事が出来なくなっていくのか?

その答えの典型的な考え方というのは、雰囲気の変化を自分で受け入れない事が原因の1つ。

体型も変わっているのに、自分のスタイルを細身やシルエットは続けている。

この光景はかなり見ていて着こなし以前に印象としてダサい。

別に太って体型が戻せないなら、インナーもシャツもすべてサイズを変えるのが当たり前の流れ。

それを男性が変にプライドを持っているせいか、無理やりさいずを合わせてパンツもパツパツな腹回り。

こんなスタイルを見せられても女性が感じるのは、さすがに体型に合う服を着てほしい。

さらに、お金がないから?ケチなのかな?

こんな感じでどんどん雰囲気から感じられる服への関心の弱さにまで想像は広がっていく。

せめて、トレンドカラーをチェックしなくても良いので、最低限自分のサイズに合った商品を選ぶ。

これが黒やグレーなどの色のまとめを知る以前に大切にしなければいけないポイントとなります。

 

冬の40代男性カジュアルファッション誤解注意点

40代男性ファッションカジュアル冬に多い誤解

トレンドを取り入れよう。

最新がネイビーとセーターなら、このアイテムと相性の良い商品を選ぶべきだ!

なんだか偏ったまとめ方ですし、トレンドの取り入れ方がどうしてもその年限定仕様になっていく。

もちろん、こういう合わせ方でも別に服装としてはおかしくない。

でもトレンドは、その年に使っていられるだけで、来年はまた秋冬に買い替えが必要になりますよね!

センスのあるトレンドデザイン活用法

全体として落ち着いたスタイリッシュな大人コーデ。

こんな言葉に引き寄せられて、書籍に目を奪われている人も多い。

最近は、もうファストファッションが主流になっている。

高級ブランドを持っている人もそう簡単にブランド感が見えるスタイルはしていない。

むしろ、全体のごく一部にのみ、お気に入りのアイテムを選んでいる。

これを勘違いしているちょっとその年でまだ見せる事にしかこだわりが無いのか!と思えるコーデは以下のような合わせ方をしてくる。

  • ブランドロゴががっつり入ったシューズ。
  • ブランドロゴを採用したベルト
  • ブランドロゴが入ったロングストール
  • ブランドロゴが入ったバッグ

正直、2つもあればもううざい。

そんなチョイスしかできないんだなぁと冷たい目で見られるのが関の山。

周りは何を楽しみにしに来ているのか?

この答えをきちんと意識をしてくれないと多くの目も含めて一緒に居て恥ずかしい対象と思われる。

トレンドとか定番というのは、どこか着用している男の首、足元、手首などの細かなパーツに気を使うのが本当のオシャレ。

タートルネックなのか、シャツにカーディガン七日によっても首の見せ方は違う。

ラインもシルエットもボトムスがストレートなら、上手に活かすシャツを使えるかどうかがキレイの対象。

ファッションを歴史と全体の流れからとらえる事が出来るかどうか?

ただ漠然と今の流行を眺めるのではない。

本質の部分をきちんと見て、男性だけでなく、女性の流行も含めた視点を持つ。

これが本来の紳士の服装選びの基本だと私は思っています。

 

冬の40代男性カジュアルファッション成功のコツ

40代男性ファッションカジュアル冬成功のコツ

最近の時代の流れは、もう一流ブランドの価値を周知する事はかなり難しくなったと思います。

一着100万円以上で購入したスーツを私も数着持っています。

しかし、その服の価値は誰に理解されるために手に入れた?

そもそもそんな服をどこに着ていく事に価値がある?

このような事を考えた時、決して人の価値は衣類のブランドでも値段でもないと伝えたい。

単に何に投資をしているのかをきちんと自分で理解できている事が大人のおしゃれを楽しんでいる人の考え方。

コーデもセンスも名前中心は恥

ブランド名にしか安心を持てない40代男性もいる。

こういう大人を見て、女性も同性の周囲もどう思うのか?

「一緒に歩きたくない」

「恥ずかしいから辞めてほしい」

これが私だけでなく、一緒に集まった女性たちの大多数の意見。

本人にはとても言えない。

でもとてもじゃないがどこに行くのも離れて歩きたい。

店に入っても一緒の席にいるのがちょっと恥ずかしい。

こんな事を感じられているのに、本人は自分みたいな人と一緒に店に行ける事が光栄なことくらいの事を言っている。

まあやってる事も見た目もただ派手なだけの恥ずかしいタイプと言える。

本当にお金を持つ人は、正直自分がお金を持つ事を感じさせない努力をしている。

ちょっとした支払いの場面に見せる行動。

話をする内容。

伝えてくる考え方や将来への考察の視点。

こうした意見交換やしぐさで本当の意味でのお金持ちは存在感がにじみ出てきてしまうもの。

「この人は何かが違う。」

「すごい」

思わず、言葉がこんな単純な表現にしかできないほどの圧倒的な差を感じさせる。

そもそもこういう人たちは、服で見える表面的な情報は全く必要としていない。

カジュアルの基本は動きやすい事

冬のカジュアルコーデを40代男性が成功を意識するなら最優先にするべきは動きやすさ。

  • 軽量化
  • 保温力
  • 重ね着不要のアイテム選び

このように、よりシンプルにそぎ落とした先にあるのが本来のカジュアルのオシャレだと私は伝えたい。

ストールを巻かないと寒いコーデはおしゃれか?

着ぶくれして重ね着を見せる事がセンスのある服装か?

違う。

1枚のインナーとシンプルな紺や黒シャツとグレーのアウター。

濃紺や茶、緑などの秋冬を感じさせる色を使ったパンツ。

ブラウン、ネイビー、ブラックの靴下。

靴はスニーカーでもブーツでも革靴でも良い。

よりその場に合わせた動きやすい服装をしている事が着こなし。

カジュアルの王道は3色使用

モノトーンという2色コーデはなかなか合わせ方が難しい。

冬は多くの男性が暗い色ばかりを選びやすくなるからだ。

だからこそ、3色が簡単な合わせ方の王道と言える。

黒又は白、グレー、ネイビー。

この3色に、白をどこまで入れるかを考える。

たったこれだけで、正直、カジュアルの服装は完成する。

ビジネスともあまり違いがない。

結果的にカジュアルという言葉が先行し過ぎているだけ。

  • もっと簡単に自分が着やすい色はないのか?
  • 自分が見ていても疲れない色はどれか?
  • そして、相手の色を選ばない全体のバランスを意識する。

たったこれだけで、恥ずかしくないシンプルでもオシャレに見えるコーデは完成するのです。

アイテム数を増やせば服装は難しくなっていく。

より少ない色をバランス良く配置しておけば、まとまりを感じさせるのも簡単になっていくのです。

いっその事、スーツのワイシャツと靴だけ色を合わせて変えてみてください。

きっと私が伝えたい事が何か見えてくると思います。

今回ご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク