スポンサーリンク



  • 好きだった人を忘れられない
  • 毎日夜も眠れない状態が続いている
  • 好きな人には好きな人がいたとは!
  • 浮気してるかもと思っていたら簡単に振られた

片思いの人も両想いになっている人も出会いがあれば別れも経験する。

必ずしも好きになった人と付き合って、結婚して子供がいる幸せな家庭になるとは限らない。

頭では分かっていたとしても、辛くてどうしようもないという人も多い。

でも好きな人を忘れる方法なんて学校では誰も教えてくれない。

いい意味で思い出にするためにはどうすればいいのか?

恋愛だけでなく、離婚も再婚も経験してきました。

私の周りの人でも1000人以上の付き合う前からカップル、結婚後の離婚の修羅場まで多くに相談対応をしてきた。

今回の記事では、女性が失恋を忘れる方法を下記の目次でご紹介しています。


スポンサーリンク



女性が好きな人を忘れる方法

女性が好きな人を忘れられない悩み

簡単に行動ができるとは思っていません。

何もする気がしないまま、ずっと動けずにいる時間もあると思います。

でもその自分を含めてすべてを受け入れてあげましょう。

今の自分を受け入れる

相手のことを考える前にまずは自分のことを受け入れてあげることが重要。

  • 失恋をした悲しみ
  • 浮気をされた悲しみ
  • 不倫をされた苦しみ
  • 相手に対する怒りや憎しみ

全てを抱えているのはあなた自身なのです。

いろいろな感情を含めてすべてをまずは自分の中で認めてあげることが重要なこと。

自分を否定する時間も大事

私も自分自身を責め続ける毎日を過ごした経験があります。

  • 何も言えなかった
  • 何もできなかった
  • 何もしようとしなかった

「あの時こうしてれば」「あの時、もっとこうできたはず」等の失敗について、後悔している時間もあると思います。

でもその自分を否定する行動もすべてが自分への学びの時間。

そんな簡単にひとは変われない

  • どうでもいい男のことであれば、簡単に忘れる
  • 他人や友達程度の心のつながりなら諦めるのも簡単

でも毎日涙で枕がびしょびしょになるほど泣いているのはなぜか?

その気持ちは本物だったということ。

人に対して本気で感情を傾けていたという証なのです。

あなたには人を好きになるという純粋な心がある事を知った。

これも一つの学びなのです。

いきなり変わろうとしない

明日から新しい日常のスタート!

こんな言葉で切り替えができるくらいなら涙は出てきません。

心の傷に特効薬はありません。

日付薬しかないのです。

彼氏募集中なんて言葉もつかえないほど自分の心はボロボロになっている。

だったら、まずはあなたの気持ちをそのまま受け止めてあげて1日と言わず半日、まずは1時間だけ頑張ろう!

このくらいの気持ちで今を生きる事が大事。

 

女性が好きな人を忘れる失敗行動

女性が失恋を忘れる失敗行動

いきなりそんなことをしてもかえって心の傷を広げてしまう結果になるからやめておくべき!

こんな風に伝えたくなる行動をご紹介していきます。

飲み会や仲間とワイワイ騒ぐ

とにかく楽しいことをしていれば忘れるはず。

こんな気持ちを持つ人は、忘れられないとは悩みません。

むしろ、そういう場に足を運ぶ気にもなれない人が抱えている悩み。

だからこそ、こういう大勢異性や同性がいる場所に足を運ぶというのは今は辞めておくほうが得策。

思い出の品を一気に処分

  • LINEやsnsでのやり取り
  • 一緒に旅行に行った時の思い出のお土産
  • 誕生日、クリスマス、記念日などで受け取ったプレゼント

付き合った期間が数ヶ月、数年という時間になれば、その分だけ思い出の数も多くなる。

でもその対象を全て手放す事が大事なこととは言えない。

むしろ、しばらくはその思い出の中でじっくり自分と向き合うことのほうが大事な時もあります。

思い出の物をみて、自分が何を感じるのか?

その変化を自分で確認をすることが大切なのです。

趣味や打ち込める対象を探す

気がまぎれることをしよう。

  • ジムに行って体を動かす
  • 習い事を始める
  • 料理などをしてみる
  • 部屋を掃除する
  • インテリアを一気に変える

自分が何か体を動かしていたら気も紛れるかもしれないという気持ちはわかります。

でもその行動により心を癒すとしても体の疲れは?

肉艇的にも精神的にも疲れてしまっている状態が失恋直後。

だったら、今はまずは頭の中だけを整理する。

心を整理してから部屋を片付けたり自分のやりたいことを始めるほうが効率が良いのです。

 

女性が好きな人を忘れる成功法

女性が好きな人を忘れる正攻法

自分がこの先少しでも早くいつもの日常を取り戻せるようになるにはどうすればいい?

私がよく伝えている方法をご紹介していきます。

日記を書く

人は自分の感情を文字化すると、五感すべてを働かせることが可能になります。

思い出しただけで涙が出てくることもあります。

書いている間に手が震えてしまうこともあります。

でもその時のすべてをあなたは記録しておくが大事なのです。

1日、2日ですべてが解決する悩みなら、忘れられないとは言いません。

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、人によっては1年以上外出すらできないという人もいます。

でもただ毎日を過ごすのではなく、その日を観察するのです。

  • 1週間前の月曜は何を感じていたのか?
  • あの時の自分よりは少しは成長しているかもしれない

これらは自分の中での行動や心理状態を振り返ることで記憶に対する思考に慣れていくことにもつながります。

自分を受け入れるための記録

  • 失敗したこと
  • うまくいかないと感じた事
  • 傷ついたこと

自分の弱い部分やできないことを知ることは人間を成長させるきっかけになります。

恋が終わった後でも自分を責めているのはなぜなのか?

何に満足をしていないのか?何を不満の種にしているのか?

こうしたことをより客観的に観察することも大事なこと。

自分の心が汚れて曇ってしまっている状態から徐々に霧が晴れていくような気分になっていくのです。

未練の有無を確認する

なぜそこまで相手のことを想っているのか?

この答えとして、結果に対して未練があるからではないでしょうか?

未練は単純に不完全燃焼になった何かが引き金になっている。

やり直したいことはすべて今回の恋で学んだ事。

こう考えたら、自分を否定するのではなく、自分自身をとにかく多角度に観察することで徐々に自分らしさや本当に大事にしたい相手への条件も見えてくるようになります。

 

辛さは気持ちの整理期間です

女性の失恋が辛いのはいつまで?

人生は苦悩ばかり。

本当の意味で笑顔前回で楽しいと思えるのは、2割程度しかない。

  • 人間家計
  • お金
  • 時間
  • モノ
  • 睡眠

このような内容について常に人は悩まされている。

今のあなたは人間関係における思考の混乱から抜けダサければいけない。

忘れるではなく薄れる

忘れようとすれば忘れられるのは日常の仕事の雑用レベルの話。

喜怒哀楽を共有してきた内容は昔のことでも人間は簡単には忘れません。

  • ドライブデート
  • 映画館
  • 水族館
  • 図書館
  • 公園
  • 彼の家や自分の部屋でのできごと
  • テーマパークや施設での買い物

自分がすべての時間を誰かと共に過ごしたことによる感情は楽しい時にはそれぞれが貴重な思い出。

その記憶を簡単に消せるなら、あなたは相手に何も感情がなかったということになります。

でもこの記憶は、徐々に薄れていくのも現実なのです。

  • 細かい会話の内容
  • 相手の服装
  • 財布に入っていたクレジットカード等

こんな一つひとつが徐々にパズルのピースを外すように薄れていくのです。

これが本来の恋の傷が癒えてきた状態。

だから無理に忘れようとしないほうが上手くいくのです。

変に自分の今の気持ちに蓋をしたり、自分を偽って周りとあわせたりすることは決して良い方法とは言えません。

今の自分があることに感謝

失ったことは悲しいこと。

でもそれだけ惹かれた相手に出会えたこともあなたの人生においては貴重な経験になったはず。

出会いがないとか年齢イコール彼氏なし年齢の女性も日本中にいる時代。

そうした中で、あなたは恋をして誰かとの思い出を共有してさらに悲しみも経験した。

これは、好きな人がいたからこその経験。

相手を選んで気持ちに答えるわけではない。

好みではないけど付き合うという人もいる。

イケメンとか自分の好み通りの相手に出会う人もいる。

でもその相手とは、自分の価値観や考え方が合わなかった。

これが学べたことも感謝。

相手に対する感謝の気持ちもあれば、あなたは自然と記憶を整理することができるようになっていきます。

一方で恨みや妬み、憎しみ等の負の感情は、なかなか消えません。

でもその気持ちを抱えて生きていることは自分を病にしてしまうリスクがある。

だからこそ、相手への感謝の気持ちを忘れないようにしてください。

睡眠をしっかりとる事

こうして過ごしていると、慣れないことをするので疲れます。

体力に自信がある人でも精神的なダメージを受けた後は違った疲労感に悩まされます。

暗い気持ちに支配されている時ほど眠れなくても良いから体を休めることを意識しておきましょう。

このように過ごしていると、悪化することなく、徐々に自分が変わってくることが分かると思います。

スポンサーリンク