スポンサーリンク



  • 看護師の仕事をやめようと思う
  • もう二度と看護師はやらない
  • もっと別の仕事に転職をしようか考えている

実は、このケース意外と多いのだということをまずはお伝えしたい。

でも多くの人は、こんなことを考える。

  • 資格を活かせる仕事のほうが良いのでは?
  • 看護しか知らない自分に何ができる?
  • 看護師の時と同じだけの給料を稼げる仕事なんてあるの?

この悩みはかなりの確率で解消されているのが現実です。

これまでにも看護師が辞めたいと考えた時に多い悩みについては、記事を書いてきました。

看護師退職希望が受理されない

スポンサーリンク



看護師退職が受理されない時のトラブルを防ぐおすすめの対処法

看護師転職しても続かない

看護師で転職後も続かない人の特徴と行動注意点を人事担当者が解説

看護師転職後すぐ辞めたのを後悔する人の理由とその後|人事担当者が解説

看護師向いてないと思うから辞めたい!悩み相談|人事担当体験談

看護師が仕事を辞める理由

スポンサーリンク


看護師が仕事を辞める理由|人事担当者に寄せられた相談体験記

新人看護師辞めるタイミング

看護師辞めたい1年目の悩み|現場経験者が解説

看護師辞めるタイミングに新人もベテランも関係ない!人事担当体験記

看護師を辞める方法は簡単!2週間後でトラブル不要の対処法

看護師だから特別という事はありません。

夜勤行きたくない看護師

夜勤行きたくない看護師女性急増中の理由|人事管理相談体験記

夜勤という狭い世界の中で人間関係を悩む新人はどこでも同じように悩んでいる人がいる。

仕事行きたくない時看護師

看護師が仕事に行きたくない業界に多い時期と女性に人気の転職候補

患者と向き合っているのは好き。でもナースに気を遣うために働きに行っているわけではないと思っている人は多い業界。

看護師辞めた後の幸せ

看護師辞めた後の幸せ実話と続ける人のやりがいの顕著な差

引退者に直接聞いてみた次の自分の仕事の探し方や今の給料や条件を考える時の先輩が持っていた看護観や働き方という意識をご紹介しています。

看護師二度とやりたくない

看護師を二度とやりたくない声が急増!資格者が異業種転職する理由

どんな職場でもストレスの多い日々に悩まされたら、もうその後の人生で同じ職種や業種で働いていくのはストレスと感じる人は多い。

看護師やめてよかった

看護師やめてよかったが多い現場の実態

看護師辞めて無職になったらやるべき事と次の人生の見つけ方

今回の記事では、看護師が異業種転職を検討する時に思っていたよりも安定して続けることができたという声が聞こえてくる業種や職種を以下の目次でご紹介しています。

看護師資格を活かせる就職先

看護師が完全異業種転職成功

看護師の完全異業種転職失敗


スポンサーリンク






看護師資格を活かせる就職先

 

看護師資格があれば、ある程度自分の知識や経験も活かすことができる分野というのも確かにあります。

一般企業内での看護師資格を活かす仕事

一般企業の中で考えるなら、以下のような仕事を探すことも可能なのです。

  • 個別企業での健康相談業務の仕事
  • 臨床開発モニター
  • ロボットスーツなどの機能訓練や介護医療福祉のシステム研究開発
  • 医療機器メーカーの営業
  • 保険の営業
  • アパレル業界
  • 医療系企業のコールセンター

一般企業の中での看護師の仕事はどこでもあるのか?

  • 東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、福岡等の大都市にある施設や求人募集
  • 地方には存在しない業種、職種

つまりは、専門職になればなるほど地域格差ともいえるほどの求人と地域の偏りははっきりしているのが現実。

一方で、看護という経験は、衣食住すべての分野において介護や子どもの病気等の看護に悩み苦しむ人向けのサービスでは多種多様なニーズもあります。

例えば、衣服の選び方で片麻痺や寝たきりになっている方の被服の考え方をアドバイスする。

他にも、食について、持病を抱えている方向けの生活習慣を含めての相談を受ける。

問題は、「何を活かすべきなのか?」を考える事が重要です。

オフィスワークが在宅勤務になったコロナ禍

異業種転職として、会社員を目指すとなった時、その業務の内容や具体的な細かい仕事の流れ、その場に応じた質疑応答等確認をしたいことは多いはず。

しかし、企業のある部署に籍を置くことになった時には、本当に出勤しなくても業務は教えてもらえる環境があるのか?

この点もきちんと確認をしておく必要があります。

 

看護師が完全異業種転職成功

看護師資格を取得してから、病院での病棟業務や診療所を含めた外来勤務にばかり目を向ける方は多い。

しかし、異業種に入職して自分らしく仕事をするというのが見えてきたという方もたくさんいるのです。

夜勤から解放されて稼げるようになったAさん

以前は、循環器科や内科、胃腸科といった投薬や注射、心電図検査などを中心の業務をこなしてきた方が保険の営業職で成功!

質問:実際に何が成功と思えたのでしょうか?

答え:医療施設にこもって小さな空間で人間関係に怯える生活をしていたというのが当時の悩み。

しかし、今の状況は、オンラインで家族の悩みを聞きながら、医療現場では実際にどんなことに悩みを抱えている人がいるのかをリアルに昔を思い出しながら情報を伝えるだけで契約が簡単に取れる。

「看護師の方が教えてくれるなら安心」この言葉が聞こえるようになって、自分が医療現場に固執しないで一歩を踏み出して良かったと思えました。

出会いがない、結婚したいを実現したBさん

以前は、同じ病院で長年病棟勤務による夜勤と日勤業務をこなしてきたBさん。

しかし、自分の趣味や好きなことを仕事にしたいという思いから成功をしたというケースです。

質問:どうやって出会いが見つかったんですか?

答え:病院の看護師はほぼ9割が女性ばかり。院内ではほとんど出会いなんてありません。

むしろ、20代30代が入社して数ヶ月、数年で同じ施設の男性と付き合っているというだけでかなりの差別や嫌がらせを受けてしまっているのを見てきました。

そんなところで働いたらいつまでも恋愛も結婚もできない。

そこで私は、車の運転が好きなことを思い出して、自分の働く場所として、車の製造という道に行ってみようと一大決心。

その結果、毎日自分の好きな車のパーツを組み立てることの喜びや出会いも簡単になってスムーズに結婚までできたのが嬉しかった。

何より、女として扱われる事がこんなにうれしいことだと思いませんでした。

いずれの方も、手取りで月収25万円程度の給料を獲得できるような状態になって、自分の趣味やプライベートも楽しめる時間が作れるようになった。

結局は、同じお金を稼ぐなら、自分のやりたいことや少しでも人間関係や勤務時間で苦痛を感じない環境はいくらでもあるのです。

看護師辞めて違う仕事人気ランキングベスト3と人生の楽しみ方

 

看護師の完全異業種転職失敗

医療の現場を離れても看護という仕事にはこだわり続ける。

確かにこの精神も本当に自分がやりたいことであれば、意味があります。

しかし、以下のような仕事では、人、モノ、お金、時間のバランスとして達成感があるのか私は疑問があります。

介護業界における看護師の需要

  • デイサービス
  • 特別養護老人ホーム、老人保健施設
  • 訪問入浴
  • 訪問看護

介護業界での業務内容よりも辛い悩み

介護施設内では口腔機能や入浴前後のバイタルチェック、栄養管理、排せつ管理、病院棟への申し送りや付き添い、介護職員への指導、投薬管理等決して医療現場のような膨大な量を覚える等の心配からは解放されます。

しかし、デメリットとして以下のような声は多い。

  • 給料が安い
  • 介護職員との人間関係
  • 医師が常駐しないことによる現場へのストレス増加
  • 訪問入浴や介護でも医師が同行しないため、重い荷物もすべて自分たちで運搬

つまりは、違った意味での人間関係の悩みが発生し、賃金が安い。

このバランスに耐えられないという人は多いのです。

子どもが好きでも保育の業界も同じ

小児科やNICU等に勤務をしていた方にとっては、子どもたちの面倒を見るということに興味関心を持つ人は多い。

しかし、この場合も介護福祉士の代わりに保育士がいます。

さらに、保育園や乳児院、児童養護施設では、医療機関ほどの資金力もありません。

つまりは、この業態でもかなりの確率で給料が低くなってしまう可能性が高い。

さらに、結婚や出会いがないことに悩みを抱えている方にとっては、さらに出会いからは遠い仕事になってしまう可能性も!

一般企業に就職をする時に独身でこれから彼氏が欲しい、恋愛を楽しみたいと思っているなら、こういう業種はあくまで妊娠、出産後で検討するほうが良いと私は伝えたい。

病気やケガのケアに関する仕事の特徴

一般企業の中でもあくまで相談業務やアドバイザーとして仕事をする際には、以下の点を注意しなければいけない。

  • 求人の数と勤務先
  • パート、正社員、契約社員等の雇用形態の違い
  • 派遣労働における労働環境への抵抗意識
  • 報告書等の書類作成スキル

こうしたことを含めるとなかなか見つからないし、稼げないという不満の声が上がるのも現実です。

美容外科業界への挑戦

一般の保険診療から美容整形業界に目を向ける。

これは私も実際にコンサルティングとして行ってきた経験者。

確かに利益率も社員への還元率も非常に高いと思います。

しかし、その分精神的に追い詰められる内容が大きく異なります。

美容外科への看護師の転職については、以下のような記事でご紹介しています。

美容外科クリニック看護師仕事内容

美容科看護師の仕事内容はきつい?辛くて辞める人が多い悩みの実態

美容外科美容皮膚科看護師志望動機

スポンサーリンク


美容外科美容皮膚科看護師志望動機例文

看護師美容整形求人比較やおすすめ|現場人事担当経験者が解説

美容クリニック看護師【日勤常勤】給料,年収目安と比較ポイント

美容クリニック看護師落ちた

美容外科クリニックで看護師が面接で落ちる理由|採用担当者が解説

決して、健診や検診センター等の業務とも全く異なる業界であることは確か。

しかし、健康な人を対応するという事とどちらかと言えば、こだわりが強い方たちの相手をする仕事になりますので、より精度の高さやスピード感なども求められる現場となります。

以上のような仕事をあなたがどうこの先の人生で何を叶えるために選択をするのかをじっくり考えていただけたらと思います。

スポンサーリンク