スポンサーリンク



就業規則には退職する前の1ヶ月以上前に退職届を提出することを義務づけられている。

でももう限界!

今日で会社を辞める。

突然退職届を出して本日付けで退職は可能なのか?

この退職届は受理しなければいけないのか?


スポンサーリンク






退職届の書き方

退職届

会社を退職する際には、退職届と退職願の2つ存在する。

退職届と退職願の違い

退職届と退職願の違い

退職届:退職の意志(労働契約の解除日を届け出る)

会社側には、撤回できない。

退職願:退職を願い出る書面(会社が却下する可能性がある)

尚、退職願の場合は、撤回を可能としている。

退職届の効果

退職届の効果

退職届は、民法第627条に定めがある。

第627条

  1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
  2. 期間によって報酬を定めた場合には、使用者からの解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
  3. 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。

改正経緯

2017年改正により以下の改正がなされた。

第2項

  • (改正前)使用者からの解約の申入れは、次期以後について
  • (改正後)解約の申入れは、次期以後について

本改正により、第2項及び第3項は、使用者からの解約の申入れ、即ち解雇予告のみ規律することが明示された。

期間の定めのない労働者は、14日以降の日付けであれば、退職をすることは可能。

 

突然会社を辞める【考え方】

突然会社を辞める

従業員から退職要求。

引継ぎはどうする?

人員補充はどうなる?

多くの会社は、今後の対応のために就業規則を用意している。

退職に関する規則

労働基準法

よくあるのは、以下のような内容。

  • 退職届は、30日以上前に提出する」

しかし、労働基準法上では、14日。

つまり、14日以上の期間を定めた規定を設けているということになります。

法的解釈

いくら就業規則で30日以上と記載がある場合でも法律的には、就業規則に書かれていたとしても、原則は14日前に告知で問題ない。

優秀な人ほど突然辞める

なぜ優秀な人ほど突然辞めるのか?退職者に聞いて納得した本音

有休消化も可能

有休

退職届と合わせて残っている有給休暇をどう使うのも自由。

使っても問題はありません。

消化日数においても、その会社に規定がない限りは、残っている有休日数を全て使う事も可能。

残日数が不明な場合は、総務に確認をすると教えてくれます。

 

退職後のトラブル回避方法

トラブル

  • 業務の引継ぎもしない
  • 補充人員の募集、採用も準備が必要
  • 人員配置の変更も必要
  • 在籍する社員のモチベーション低下の可能性

さまざまな課題が出てくる。

業務活動に重大な影響を及ぼすこともあります。

しかし、退職することに対して、憲法は規定している。

  • 憲法第23条には職業選択の自由がある

つまり、この選択の自由を制限することはみとめらない。

もし仮に、引き止め等を行うとどうなるのか?

労働基準法第5条に定める強制労働の禁止に抵触する可能性がある。

 

会社を守るためのポイント

会社を守る

会社の就業規定は、法律に準ずることが当たり前。

つまり、「30日前の通知および、退職時は引継ぎ等を適宜に行う」などを明記する。

強制力のない書面

強制力

しかし、30日前の通知という内容に強制力はない。

法律通りにすると、引継ぎの十分な時間が取れない。

これは会社の都合である。

そもそも人員補給もしないまま従業員を現状で使い続けてきたことに問題もある。

そのつけを従業員のモラルに期待をするというのは間違いがあるのではないでしょうか?

 

リスク回避の対策方法

リスク管理

会社の業務や規模は関係ありません。

いつも常に管理監督者が在籍している。

つまり、突然の退職要求に対してもいつどのような事態が起こった際にも上司と部下のコミュニケーションで対応する。

これが信頼関係を築く上でも大切なこと。

リスクの根本的な原因

社員が辞めた後

突然辞めることに怯えるというのはどういうことなのか?

この答えは、一人に業務を抱え込ませている状態である証拠。

1人が突然退職しただけで機能しなくなる。

これは、そもそも管理体制がずさんなだけ。

 

人材マネジメントの考え方

人材マネジメント

突然の退職を避けられない。

優秀な人ほど辞めていく。

このような職場には一定の特徴があります。

辞められたら困る人の特徴

辞められたら困る人や優秀な人ほど辞める会社の特徴

人材マネジメントとは

人材マネジメントとは、企業がビジョンや業績目標の達成を目指し、人材を有効活用する仕組みのこと。

以下の項目が含まれる。

  • 適切な教育を施す
  • 働きに見合う評価をする
  • 配置を検討する
  • 報酬を与える

これら一連のプロセスを意味する。

退職理由ベスト5との関係

退職理由は嘘

辞めたい理由として、多いのは、以下の通り。

  • 正当な評価を得られない
  • やりがいを感じられない
  • 労働条件、環境への不満

これらは、まさにマネジメントが全く機能していない証拠。

つまり、具体的に行動特性をきちんと理解していない。

会社の都合の良いコマのように扱う。

1ON1のメンター制度を導入してもその担当が未熟な場合は、PDCAサイクルの展開すら不十分になってしまう。

組織マネジメントの問題点

会社のパワハラと退職理由や時期

組織として、中間管理職などのポストを用意することが目的になっている傾向もあります。

ただ単に、新人を業務上扱いやすい状態に追い込む。

これが結果的に、モチベーションを低下させる状況になっていることを理解しなければいけない会社は多い。

スポンサーリンク