スポンサーリンク



  • 自分らしく生きたいと思っているけど何をすればいいのかわからない!
  • どうしたら自分の人生に後悔しない生き方になるの?
  • そもそも自分らしい生き方って何?

自分の人生で、自らを肯定して生きている人は少ない。

劣等感、自己否定、卑下、自己嫌悪、コンプレックス、敗北感等の言葉の方がしっくりくるという人は多い。

でもそれって誰でも今からの生き方で変えられるのだということを伝えたい。

これまでにも自分らしく生きるために必要な情報を書いていきました。

自分を認める思考

スポンサーリンク


自分を認めるのが怖い人へ|その人らしくいきるために必要な思考

40代の恋愛は難しいのか

40代に恋愛は難しい?男女の悩みと人生を自分らしく生きる第一歩

人生後悔ランキングの劣等感

人生後悔ランキングから学ぶ!今を自分らしく生きるために

今回の記事では、自分らしく生きるとは何か?どうすればいいのか?を以下の目次でご紹介しています。

自分らしく生きるとは

自分らしく生きる注意点

自分らしく生きる成功法


スポンサーリンク






自分らしく生きるとは?メリットデメリット

自分らしく生きるとは

日本では、昔から個を尊重するよりも集団という意識が強かった気がします。

  • 何かに属している事に安心する。
  • 雇われている事に安心をする。
  • 他人と関わる事で孤独の不安を解消する。

でもこの考え方に何か不自然だとか自分を偽って他人に合わせているのが苦痛と感じる人が出てくるようになりました。

私は、小学校に入ったくらいからこの意識が強くなっていた。

  • なぜ教室で手を上げる必要があるのか?
  • なぜ「みんな」という言葉を使うのか?
  • なぜ自分が今思っている事を素直に言わないのか?

こんな事を考えて集団行動の意味や生きる上で人が何をどう捉えなければいけないのかをずっと疑問に思っていたのです。

そうした中で、自分の親からこんなことを教えられてきました。

自分らしさを否定するな!

親から子にこんなことを伝えているシーンを見た事はありませんか?

「自分で決めなさない」

「自分が今やりたいと思った事をやってみたら?」

これは、人生で仕事を探す時にも進学先を検討する時にも必ず一度は聞こえてくる言葉だと思います。

この言葉は非常に大切。

その人の生き方を否定するのではなく、その価値観を認めるために伝えている。

この気持ちを今親と子という関係になくても、他人と関わる仕事の上でも一度考えてみると良いと思います。

新しい発想は価値観の違いから生まれる

人は、自由に新しいことを想像することができる。

自分が目にしている事の大変に対して、何を当たり前とするのか?

反対に他人にとっては、大切ではないことも自分にとっては大切な対象もある。

この他人と自分との違いがこれまでになかったサービスや商品化されていることは数多く存在する。

つまりは、自分自身が素直な気持ちでもの後を見ていれば、おのずとその先にはチャンスも生まれてくる。

自分らしく生きるデメリット

仕事をする上では、自分自身がいくら頑張っても他人と心を交わすことが求められる環境もある。

他人の意見を聞かない

自分自身のやりたい事だけを優先する

これでは、一緒に行うべきことの多くが進行しない。

以下の点を意識しなければ心が通う仕事ができなくなってしまう。

  • 自分らしくとマイペースは違う。
  • 気が合う人とだけ関わるのも違う

このように、自分自身がありのままである事を意識しすぎると、他人との関係すら本当に必要なのかを考えてしまう人もいるから要注意。

 

自分らしく生きる注意点

自分らしく生きる注意点

  • 本当にやりたいことがわからない。
  • 自分で自分の事が気に入らない
  • 自分が嫌いだ!

このように、自分の存在を否定する感情を鎮めることが自分らしく生きるようになると自己肯定感に変わる。

しかし、自分自身を肯定することと堕落することは違う。

楽をすることを選ぶ自分を許す

  • 責任を背負うのは嫌だ。
  • 誰かに何かを言われるのも気に入らない
  • 失敗するのも怖い
  • 嫌なことがあれば、やめたくなる
  • どんな企業に勤めても長続きしない

上記の4つに関連するのは、自分の中での甘え。

自分が苦手なことや嫌いなことに直面した時、どうする?

この答絵が、すべて逃げる、辞めるという答えになるのは自分らしく生きるという事ではありません。

人間は、生に必要なことを考えると、さまざまな情報を手にする。

その中で、まずは楽をする方法ばかりを見つけようとする人は自分らしい生き方とは言えない。

あくまで、自分に自信がないとか不安を抱える時にもどう考えるべきか?

この答えを前向きに考えられるかどうかが重要になります。

悩みの対象となる何もかもから身を引くというのは、楽をしようとすることであり、あくまで自分らしい生き方という言葉に置き換えるのは間違いではないでしょうか?

 

自分らしく生きる成功法

自分らしく生きる成功のコツ

そもそも自分らしくとは何か?

この答えは、自分の苦手なことや不得意なことも含めてできないことを認めること。

さらに、嫌いなタイプや苦手な人等に対し、個性として認めること。

この2つが軸になってくるのです。

まずは自分自身を理解する

理不尽、自分勝手、横暴な態度や暴言を平気で行う上司や家族に対してもその人の気持ちを優先する。

あくまで、人も自分もそう簡単に変わることはできない。

経験してきたことも今持つ認識も知識も全く異なるのです。

たった1つの情報を見る上でも、比較してより良い方法を探す人もいます。

本当にその存在が役に立つのかを怪しいと感じてしまう人もいます。

自分だけで判断することができないとして、その場にいない他の誰かに確認をしてから結論を出す人もいます。

あなたは今どのようにその場を切り抜けるタイプでしょうか?

別にこれらのどの道を選んでいたとしても、それが間違いという事ではありません。

自分の中で自信がないことなら、知っている人に確認したい気持ちはよくわかります。

でもその行動に対して、決断力がないとか判断が遅いと言われてしまうこともありますよね。

特に企業の中で、すぐに決定したいと思っている内容となれば、まずは行動を起こす必要があります。

こういう時、実際に何を悩んでいるのか?を考えてみていただきたいのです。

この答えは、失敗を恐れるとか失敗することを不安に思っている。

たったこれだけの事なのではないでしょうか?

誰が何をどう考えるかではありません。

あくまで、自分が感じることを素直に伝える。

これができない人間は、結局自分らしく生きる事は出来ないのです。

誰かのせいにしない生活

もし仮に失敗したと感じた時、人間はいくつかのパターンに分かれる。

  1. 自分一人が悪いと考える
  2. 他人のせいにする
  3. 周りを含めた組織的ミスと考える。

上記の中で、特に2番の他人のせいにする人間と関わるのが苦痛と感じる人は多いはず。

その対象が大きな問題であればあるほど、自分がミスをしたせいとは言えない人も多い。

しかし、心の奥底ではどうでしょうか?

自分が悪いと素直に認めたほうが楽になるのではないのか?

他の人は、誰か名乗り出ないのか?

こんな風にとにかくその場で誰が悪いのかをはっきりさせることに意識を向ける人は多い。

でも本当の意味で自分らしく生きている人は、はっきり自分と他人のそれぞれのミスを言える。

  1. 自分がこの内容でミスをしました。
  2. この点は、○○さんが一任していました。

客観的に見てもその活動の結果がすぐにわかる。

こうした自分と他人の共存をしている環境だからこそ、自分のやったことを素直に認める。

その代わり、自分の働きに関連しない部分も明確にする。

このように生きることに徹することで、きちんと自分の活動を明確に伝えることが可能になります。

あくまで、思考を重ねているだけでは、相手には届かない。

まずは、相手の常識とか理想の答えよりもきちんと現実を直視する。

これができるようになれば、自分らしくやっていくことはこんなに簡単な生き方になったと言えるのです。

相手に理想をおしつけない

恋愛や結婚をするようになれば、全く別の社会活動や家庭環境で育った人同士が同じ屋根の下で生活をすることになります。

  • 常識
  • ライフスタイル
  • 理想

上記の3つは、決してすべてが同じということはほとんどありません。

シェアするべきなのか?

あなたに任せるべきなのか?

誰がどんな担当をするのか?

こんな悩みを抱えている人は多い。

しかし、その時、常に相手の反応ばかりを気にしていませんか?

この時にもあくまで他人を受け入れることが大事。

相手が何もできない人であったとしてもそれを認めることができるかどうか?

少なくとも相手を卑下したり、なんにもできないという発言をするのは間違い。

あくまで、相手にとっては、それが1つの自分の生き方であり、そういう環境で育ってきた結果。

だとしたら、なんでもその人から学ぶべきなのです。

あくまで個人の生き方や日常の過ごし方は毎日の仕事の時だけでなく、プライベートでも違うのです。

晩酌を重要としている人もいます。

禁煙をする人の気持ちがわからないという人もいます。

これら全くかなえ方の違う者同士が毎日同じ屋根の下で暮らす。

この時には、あくまで何があっても相手に対して自分の価値観を押し付けないことが大事。

いかに魅力ある異性でも少しでも自分の価値感と会わないと思ったら、そのことだけをずっと悩んでしまう人も多い。

こういう時には、どちらに合わせるのかではなく、どう自分がその人の生き方に関わっていくべきか?

このように、自分自身が多くの場面に遭遇した際、感情を大きく揺さぶられない状態を作ることが重要になるのです。

 

自分らしく生きるのは難しいのか?

他人とのかかわり方がわからなくなってきた。

他人からの評価が気になる

自分の人生は他人の目を気にして生きてきたと思う。

このような人に伝えたい事をご紹介していきます。

新しい自分なんていらない

私に相談が合った時、よく伝えている内容をご紹介していきます。

もし自分にとって何か気に入らないことが起こったら、どう対応すればいいのか?

この答絵として、私がよく使っているのはこの言葉。

「そういう考え方もあるのか!今まで想像もしていなかった新しい発想だ。」

どこか馬鹿にしているという意見もあると思います。

でもこの場合は、あくまで自分が知らなったということを伝えることでその点について、意見ができないということにも使える。

つまりは、必要以上に相手の行ったことに足してい意見をするつもりもないという事にもなる。

知らなった、予想外というケースには、まずは自分自身が知らなかったということを相手に伝えよう。

自分と比較するのをやめる

他人に対して自分なりの答えを伝えたとしてもそれが多くのことで伝わらない。

もしこのようなことがあったら、相手に伝わる表現方法を考える。

この点にこだわりを持つほうが相手の気持ちを考えるという意味では重要な意味を持つ。

あくまで、自分が他人から知らない情報を得た際に持つ疑問、興味や関心、不安、危機感などを持たれないようにする。

その上で、あなたと相手の関係の距離感に応じて、その人はどういう視点で物事を見ているのかを観察しましょう。

そすうれば、本当に相手が求めている答えも見えてくると思います。

スポンサーリンク