スポンサーリンク



転職をしたことがない!

離職や退職をするのは初めて!

転職を考えてる時にはまず何から始めるべきなのか?

転職未経験者にとっては、初めての経験になりますよね。

そんな時には何を意識しなければいけないのか?

早く自分らしく生きる生活にたどり着くために必要な考え方をご紹介していきます。

今回の記事の内容では、以下のような目次でご紹介しています。

転職のやり方【20代,第二新卒向け】

転職のやり方【30代の失敗注意点】

転職のやり方|本当に幸せになれる?

自分らしく生きていくにはどうすればいいのか?

この答えを30代から40代と年を重ねるたびに難しく考えるようになってしまう。

だったら、今自分が見つけ出す次の人生に必要な視点や思考を一つでも多く知っておくことが大切です。


スポンサーリンク






転職のやり方【20代や第二新卒】

転職のやり方|新卒や第二新卒

まず最初に20代や第二新卒世代に多い注意点や失敗のポイントを解説していきます。

転職サイトによる直接応募

メリット

  • 自分の好きな時間に自由に閲覧可能
  • 直接応募する時には複数も同時に応募が可能
  • 診断ツールや適性検査等無料のサービスを受けられる
  • 求人を1つのサイトで複数確認できる
  • 自分が知らない企業の情報も収集することが可能

デメリット

  • もし直接企業から連絡が来たらどう受け答えをすればよいのか心の準備ができない。
  • 情報を比較すると言われても何をどう見比べればよいのかわからない
  • 新卒の時のようにじっくり時間をかけて企業を見学したり説明会に行く余裕もない

転職エージェントに相談

メリット

  • 自分が在職中でも簡単に登録して利用することが可能。
  • キャリアアドバイザーによる対面や面談によるサポートを受けられる
  • 面接対策や履歴書、職務経歴書の添削サービスなどを受けることも可能
  • 退職の際の注意点やサポートも受けられるケースがある。

デメリット

  • 専門的な分野になればなるほど対象のサービスは減少する
  • エージェント本人が業界未経験というケースも多い。
  • 手数料が高い会社を良いと判断している企業もあることを知らないまま利用する人も多い

スカウトサービスを利用する

メリット

  • 専門職や有資格者等の立場を最大限利用しやすい
  • 前職での経験や知識、ポジション等強みがあればあるほど活用しやすい
  • 自分からは何もアクションを起こさなくてもオファーが届くケースもある。

デメリット

  • 業種、職種によっては全く反応がないというケースもあります。
  • コロナ禍により手数料の支払いが困難という企業も多くなっている業種がある
  • 自動送信によるスカウトメールが混在しているが受け取った側は気付いていない事も多い。

 

転職のやり方30代の失敗注意点

転職のやり方|30代の失敗原因

転職をこれまでに1度も経験していない。

勤続年数は10年以上とか8年等という方の場合は、年齢を問わず初めての転職活動ということもあります。

この場合、基本として、過去の就職活動と今とでは時代の流れも変わってしまっていると感じるひとも多いです。

転職のやり方【在職中の注意点】

エージェントや転職アドバイザーと呼ばれるようなサービスを利用して簡単に在職中に次の職場を決定しておきたいと考える人は多いです。

しかし、転職エージェントは、辺りはずれもかなりあります。

具体的には?

  • 求職者の求める条件等について、ヒアリングを行わない。
  • 一方的にオススメの会社に誘導しようとする。
  • これまでの経験やスキルを提出していても全く関係のない仕事を提案してきた!

結局は、人と人が対面やオンラインの面談を行ってかかわった時、正直ベテランと素人というくらい差が出てしまう。

本当に自分の希望に沿った詩と碁を案内してくれるのだろうか?

こんな不安を抱えている人には、正直年齢を問わずエージェント系期待をしないことをおすすめしたい。

登録者数や実績は関係ない

極端に言えば、コロナ禍より以前までの過去の実績は関係ないと言っても過言ではないほど世の中は変化している。

直接応募をしてもらわないと採用する前に手数料を支払う能力もないという会社も続出。

一方で常に人手不足になりながらも、転職してきた人に対して「嫌がらせ」「いじめ」「嫌いな同僚、部下を辞めさせる」みたいな動きを見せる会社もあります。

こうした時代だからこそ、正直これまでの歴史は全く関係ないと考えたほうが無難なのです。

doda,リクナビnext,スカウト,ハイキャリア向けなどさまざまな人材募集の方法は存在します。

しかし、その中には、現実と面接時の説明が大きくかけ離れてしまっているというケースも多い。

正直、自分が勤めてきた企業や部署や特殊であればあるほど昔から運営しているから安心とは言えなくなった。

もっと自分の身近なエリアで、複数の人間から書き込みや口コミ、評判が良いのかを先に確認しておくことが大切です。

 

転職のやり方|本当に幸せになれる?

転職のやり方と本当の幸せ

自分がもしこの先、働きながら転職活動を行って、採用をされたら、どうしようか?

本当に辞めるべきか?

まだまだ考え方もまとまっていない。

こんな状態では転職活動をしていても心はいつも上の空になってしまう可能性が高い。

いくら診断ツールや自己分析ツールを使っていたとしてもその対象はあくまで自分がどう感じるか?

もしすべてのデータが自分の思っていた答えと違ったらどうする?

このようなケースにも柔軟に対応できるような心の広い状態の人なら、どんな方法でも幸せにたどり着くことができるはずです。

 

気になる会社があったらどうする?

初めての転職活動のやり方

そもそも自分の地元で次に勤めるならこの会社で話しを聞いてみたい!

こんな感情があるなら、その気持ちをまずは優先させましょう。

自分のやる気やイメージのほうが大事

例え、自分の一時的な年収ダウンがあったとしてもその分仕事にやりがいや生きがいを感じられるなら、楽しめるのが仕事。

一方で全く問題なく生活をするなんてことは正直ほとんど経験がないという人もいる。

  • ミスが多い
  • 仕事が覚えられない
  • ついていけない

このような会社に勤めている人に共通するのは、自分が仕事を第一に考えられなくなっている状態。

つまりは、仕事にやりがいや生きがいを感じられない人。

この状態では正直何も前に進むことはできません。

  1. 自己観察
  2. 市場調査
  3. 志望動機の明確性

この3つを順に一つずつ片付けるようにしてください。

いずれかの点において、不安とか悩んでいるという時には良い転職だったと言える可能性はかなり低くなります。

スポンサーリンク