スポンサーリンク



  • 書類選考で通過しないのはなぜ?
  • 履歴書、職務経歴書の書き方がわからない
  • 面接でまた不採用
  • 落ち続けることに慣れ始めている

このまま転職活動をしていても結局どこにも採用されないのではないのか?

2020年、2021年にかけて、新型コロナウイルスという数年前にはなかったような事態が世界的に影響を与えている。

コロナ禍でも生きていくためには、お金が必要。

恋愛、結婚、妊娠、出産、子育て、マイホーム購入、生活費等すべてが停滞する人生はつまらないし、生きている価値を感じられなくなっていく。

でもチャンスは必ずあるのです。

これまでにも転職活動については、以下のような記事を書いてきました。

転職活動は辛いし厳しい?難しい悩みの正体

スポンサーリンク


在職中の転職活動は辛いし無理?難しいと感じる理由とコロナ禍を生き抜くコツ

休職中転職活動がうまくいかない原因

転職活動うまくいかない人のやり方|在職中や休職中の悩みと解決法

転職活動期間目安

転職活動期間目安|20代30代40代年代別注意点と短くするポイント

別に特別なことをする必要はありません。

自分らしく生きるために必要な視点と行動が見えれば、誰でも転職は簡単に出来るのです。

問題は、あなたの思考のどこかで心配、不安、恐怖があるから。

私のサイトは、主に40代男性女性が自分の個性を活かし、自分らしく生きるために重要な考え方や悩みの解決方法を主にご紹介しています。

人生は、20代30代40代50代と年齢を問わず、以下の4つの悩みがある。

人、モノ、お金、時間。

この4つを自分でコントロールできる生き方こそが、理想の人生と言えるのではないでしょうか?

サイト管理人Mr.Dと申します。

今回の記事も、人事、面接担当歴10年以上、100名以上の転職カウンセリング、エージェント業務、新人育成コンサルティングをこなしてきた担当者が執筆しています。

今回の記事では、転職活動に疲れたと嘆く人の特徴と解決方法について、以下の項目でご紹介しています。

転職活動に疲れたと嘆く人の特徴

転職活動に疲れた時にやるべき事

転職活動に疲れた時の行動注意点

転職活動に疲れた時の解決方法

自分らしく生きるが今回の記事の共通キーワード。

嘘をついて、退職をしようとする人が多くなった時代。

そんなことをしなくても法律で保護されている範囲を正しく理解していれば何も困ることはないのです。

転職も人と人のつながりの始まりです。だからこそ、必ず解決方法やうまくいくコツは存在します。


スポンサーリンク






転職活動に疲れたと嘆く人の特徴

 

なぜ自分だけ?と思っていませんか?決してあなただけの問題ではありません。男女の性別も関係ないし、20代から60代までの年齢も関係ない。

私のもとに届く相談は以下のような内容が多くなりました。

  • 応募した数=不採用の数
  • 一次面接、二次面接対策
  • 応募している企業の特徴

過去の職歴(経歴)、資格、学歴などを問わず、共通している内容を順にご紹介していきます。

応募したすべてで不採用

書類選考と言われて履歴書を送付しているのに毎回却下、不採用通知。

面接日時の電話やメールは一度ももらったことがない。

このような人には以下のような内容が見えていません。

  • 応募している会社の特徴
  • 自分の強みやアピール方法
  • ネガティブ思考と表現方法

この3つを克服できない状態では同じ状態が続くでしょう。

一次面接、二次面接対策

採用担当との一次面接、社長や役員と行われる二次面接。

このいずれかの時に落ちてしまうという方には以下のような答えが見えていません。

  • 面接官の求める答え
  • 自分の価値観の表現方法
  • 企業の求める人物像や特性

この3つが分かってしまうと、正直人と人の会話ですし、簡単に採用を勝ち取ることは可能なのです。

応募をしている企業の共通点

  • 一流や大企業
  • 中小零細
  • ベンチャー企業

こんな言葉ばかりが時代の流れで注目されている。

しかし、中身を知ると結果的に合わせない人には地獄であり、合う人には天国となっている。

口コミや評判ばかりを気にして、少しでも評判の良い会社を選ぼうとする人も増えている。

これでは何も意味がない。

書込みやネット上にある情報は、正直信ぴょう性が低い。

もっと言えば、そういう情報を書き込みしようとする人が就職していた企業ともいえるのです。

しっかり相手の情報をキャッチしながら、あなたの求める働き方や目標設定を明確にするほうが大事なのです。

 

転職活動に疲れた時にやるべき事

これからは自分が何をすればいいのかわからなくなってきた。

もう履歴書書くのも疲れてきた。

こんな人達にまずやるべきことをご紹介していきます。

履歴書、職務経歴書

履歴書も職務経歴書も最近は、ネット上のテンプレートを利用することが当たり前になりました。

昔は手書きが多かったのと、文字で人の思考や傾向等を観察するのもポイントになっていた。

しかし、最近は、パソコンを使用する仕事も急増しています。Word、Excel、PowerPoint等のスキルを求める求人情報も増えました。

よって、応募書類を用意するなら、まずはパソコンやスマホで入力してプリントアウトをする。

これが最初のポイントになります。

写真はスーツが基本

アルバイトの場合は、履歴書の写真を私服で用意しても何も言われなかった。

こんな学生のノリのような応募をしてくる人もいます。

しかし、面接官は、内容をチェックするだけでなく、その人の人柄や雰囲気を写真で判断する部分もあります。

女性なら、ブラウスの襟がしっかりしていないとかメイク、髪の色が明るすぎるなども雰囲気の判断要素。

男性なら、若々しいとか元気がありそう、自分を持っていそうなどのオーラとか自信のありそうな人を探そうとする傾向があります。

志望動機

販売、製造、営業(法人、個人不問)、事務、専門職といずれの場合でも基本は志望動機で何を綴っているのか?

よくある落ちるフレーズは、「以前から興味があり」「やってみたいと思い」「挑戦」このような文字は20代の初めての転職までが限界。

30代40代では正直こんな言葉を使っている時点で、世の中の厳しさを知らないと判断されますので要注意。

あくまで企業が人を雇うのは、人の確保が業務の効率化と次の展望を可能にするための投資。

つまりは、その人を雇って何がメリットになるのかを伝えていない文章は志望動機とは言えないのです。

 

転職活動に疲れた時の行動注意点

  • 早く転職したい
  • どこでもいいから早く採用の連絡がほしい

焦りや不安が蓄積すると、人はどんどんはまっていく。

同時応募は未来の道を消す

時期を急ぐ人ほど、同時申し込みをしようとする傾向があります。

しかし、この行動は正直あまりお勧めできません。

特に休職中の人は絶対にやらないほうが無難。

その理由は、転職活動を行っている期間での面接や次の行動を企業に合わせられるかどうかで見えてくる。

「面接の日程を用意したいのですが、ご都合の悪いお日にちはございますか?」

「いいえ特にありません。合わせられます」

この会話から、面接日時を確定させた後に次の面接の日程が来る。

しかし、1つ目よりも2つ目のほうがもし自分の希望していた会社だったとしたら?

その時、同じ日を指定してきた相手にあなたは、最初の面接をキャンセルするみたいな行動が必要になるケースもありますよね。

つまり、あなたの安易な行動により、いざ次の面接などの日程調整をする時に、自分を苦しめる。

ですから、必ず1社ずつ確実に回答をもらってから次の企業への応募を行う。

これは重要なのです。

応募をする前に企業をリサーチ

  • 会社のことを理解するというのは、資本金や事業内容が重要なのではない。
  • 転職者の口コミ、評判は全く見る価値もないし、むしろ必要ない。
  • エージェントに相談しても無駄。(その会社に就職していない人の意見を聞いても無意味)

では何を知るべきか?

この答えは、会社のホームページの情報の質に注目をする。

  • 商品に対しての熱意や更新頻度
  • 代表のあいさつにおける差別化の意識
  • 従業員たちの写真で見えてくる傾向

今の時代は、インターネットでビジネスをすることが当たり前の時代。

なのに、商品も企業の情報も古いままというのはあり得ない。

さらに、同じ社員の写真を違う転職サイト等にも掲載しているというなら、結局はその人以外に会社のホームページ等に自分が掲載されることを望む人もいないという事。

これは、会社への信頼度や貢献意識が低いともとれる。

本当にその会社に働いていることが楽しいし、ずっと居続けたいと思うなら、そういう活動にも積極的に自分から掲載をしてもらってもいいと言えるようなコミュニケーションも出てくるはず。

多くの人が雇われる人=使われている人という認識で仕事をしているのです。

これでは、離職率も高い可能性が否定できない。

 

転職活動に疲れた時の解決方法

 

なぜコロナ禍で採用を強化する?

その背景には現場にほとんど人がいないからではないのか?

人員強化とか業務多忙のため増員というのは、辞める人が後を絶たないからだけと言うこともある。

まずは選んではいけない会社から紹介していきます。

社内に求人募集のチラシ

店舗の販売などは実際に客として足を運ぶとわかりやすい。

どんな店でどんな人が働いているのか?

この情報を客観的に観察することで、どういうタイプが好まれるのか?というのもわかってくる。

人間観察をすることが就職してからのギャップ防止になるのです。

しかし、この時、求人募集を平然と店内に掲載している会社がある。

これは本当に恥ずかしい事だと思ったほうが良い。

応募が来ませんと公言しているのと同じなのです。

SNSを使って宣伝をしている会社なのに、まったく反応がない。

これってつまり、雇っても限りなく続く人は少ない環境ですと公言しているのと同じ。

こういう会社は選んではいけない。

まずは削除するべき対象を明確にすることが重要。

地元で知名度のある会社

コロナ禍でこれまでの時代と大きく変わったのは何か?

この代表的な答えが、「移動の自粛」

都市部ほど感染が拡大し、終息が見えない状態が今後も続く可能性がある。

だとしたら、地方の人は、都市部に足を運ばない。

結果的に地元の中でも限られた範囲の中でストレス解消や買い物を済ませる動きが加速する。

もちろん、通販で済ませるという考え方も否定できない。

つまり、自分の地元に目を向けて、地域密着で安定している会社の情報を集めよう。

なぜ続いたのか?

どんな人が経営者なのか?

顧客に伝わっている情報というのは、意外と良い声が多いのも地方の特徴。

こうした情報と会社のホームページを照らし合わせると実態に近い情報が集まる。

自分の強みの明確化

仕事がつまらないからやめたい人が進むべき次の転職先

仕事に飽きる人の悩みと対処法まとめ

自分がこれまでに行ってきた事から何を学ぶべきか?

この答えとして、自分が譲れない悩みの対象を明確にしておくことが重要。

この答えにウソをついてたり、妥協をすると次の仕事もうまくいかない。

だからこそ、あなたが本当に嫌なことを明確にすることが成功のコツとなります。

まずはやれることから順に終わらせる。

プライドを捨てる

上記のようなことは当たり前でもうすべて終わっているしやっている。

もしそうだったら、あなたのプライドが原因です。

経歴、実績、資格があるのに、雇われない。

これは、採用する上でも人間関係や今いる従業員とうまくやっていけるのかという不安を抱えさせる発言や表現に問題がある可能性が高くなります。

プライドが高いというのは、メリットでもありますが、他の人と仕事をする上では邪魔な存在。

プライドでは1円のお金も稼げません。

謙虚、真面目、柔軟性。

この3つを意識することが近道になる人もいます。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク