スポンサーリンク




男性と女性が異性を好きになり、いずれは自分の彼氏彼女の関係に発展する事を願う。

恋愛の先には、結婚相手として、自分の生涯のパートナーとして一緒に居る事を願う。

そんな恋愛の関係になる相手を今も男と女がそれぞれが付き合う前の段階で年上とか年下という情報にとらわれている。

5歳、8歳、10歳、一回り。

年齢が高くなればなるほどその範囲は広がりを見せる。

アラフォー女性が年下男性との恋愛を考えたら、20代前半を相手にしたら、20歳も離れた関係になる。

しかし、年齢とい宇野は正直私にとっては、若いからとか男が年下だからという事は関係ないと思っている。

これまでにもアラフォーの年下との恋愛については、以下のような内容をご紹介してきました。

アラフォー年下片思い成功のコツ

スポンサーリンク


アラフォー女性年下への片思い成就のコツと失敗注意点

アラフォー年下にモテる女性の特徴

アラフォーで年下にモテる女性の特徴と年上好む男性心理の見極め方

年下男性攻略アラフォーよくある失敗

年下男子攻略アラフォー女性失敗注意点と成功のコツ

40代男性恋愛の傾向と女性の対策

40代男性は好きな人に態度やサイン|見抜くコツと信用する注意点

歳の差カップルなんて言葉は正直何の迷いを生み出す要素でもないと私は常々相談を持ち掛けられた時には伝えている。

そもそも個人の価値は年齢よりもその存在感。

その人にとって、かけがえのない存在になることが年齢の差以上に必要なことだと私は伝えたい。

私のサイトは、40代男性女性が、自分らしく個性を活かす生き方を選ぶための情報をご紹介しています。

恋愛、結婚、ファッション、貯金、仕事など自分がこれから先の人生を歩む上でどう自分をアピールして生きるべきか?

どんな人も自分の持ち味をしっかりアピールすることが大切な時代。

今回の記事では、10歳年下の男性を好きになったアラフォー女性に意識してほしいことを以下の項目でご紹介しています。

10歳年下の男性を好きになる気持ち

10歳年下の男性を好きになる時の迷い

10歳年下の男性を好きになる時の行動

自分がどう思われているのか?

相手の気持ちを知りたい。

lineを交換してくれてるという事は脈はあると思っていいのか?

まるで考えていることは10代20代の恋をする若い時と同じ状態。

その感情こそが、つまりは女性だと言わせてもらいたい。

何をするべきか?を今の年齢という枠を意識し過ぎているという視点からご紹介していきます。


スポンサーリンク






10歳年下の男性を好きになる気持ち

10歳年下を好きになった

若い男子が好き。

この意識を持つ女性の典型例がある。

それが、アイドルを何歳になってもかっこいいとかかわいいと思う女性のファンだと思う。

しかし、自分が好きだと思える対象がいる女性はいつも若い感じが伝わってくると私は良い意味で伝えている。

恋をする気持ちを純粋に楽しむ

私が最初にアラフォー女性にも感じてほしいこと。

それは、歳の差よりも相手を想う気持ちにもっと素直になるということ。

人は、今の年齢になにか物事を当てはめて気にする事が増えていく。

  • 若作り。
  • いい年して。
  • もっと年齢を考えて今の感じにそった大人のイメージ作り。

こんな言葉や情報に惑わされていると私はネット社会になった現代だからこそ強く思ってることがある。

恋する気持ちに若いも高齢も関係ない。

仕事を生涯現役の気持ちを忘れないで実践している人と同じ感じ。

常に脈とか男子の心理とかそんなことを考えることをまずは辞める生活を意識してほしい。

職場も婚活も意識改革が必要な時間

自分が出会った場所から成功の可能性を悩みにしている人も多い。

  • 出会い系サイトで知り合いになったら、遊び人なのかな?
  • カップルになりたくても職場が同じだと告白してもやりにくいと思われるかな?
  • 一緒に居る時間が少ないすれ違いの職場の環境ではなかなかうまくいかない事が多いのか?

そもそも出会いの経験は奇跡でしかないと私はよく周りに言う。

幸せになることイコール必ず一緒に居られることだけではない。

支えあえる関係。

信用と信頼は違う。

片思いでも恋する気持ちを持つ機会に幸せを感じる。

この気持ちを常に意識していたなら、今の悩みが多い時間そのものを全く違う視点で楽しむことが出来る。

お互いが互いの事をきちんと自立して出来ているのかどうかが非常に大事になってきた。

昔とは違う。

あくまで、女子の中でも友達同士の紹介や飲み会、合コンなどを頻繁にやっている子は減っている。

こうした中で、やはり連絡を取り合いたいと思う相手には、基本として他の人とは違う事を意識させることが出来る女子かどうか?

これが売りになって、いずれは他の女子とは違った恋愛の感情を持ちやすくなる。

ただ単にlineの連絡先をもらえるかどうかということだけを付き合うチャンスの到来と思っているなら、その意味も価値もまずは忘れよう。

まずは女子として、自分が昔と今を照らし合わせても何か変わった点はあるのか?

むしろ昔より行動も思考も年齢を意識しているだけになっていないか?

このように自分の好意をどこまで素直に受け止めているのかをまずは時間がある時にじっくり考えてみてほしい。

 

10歳年下の男性を好きになる時の迷い

10歳年下を好きになったら

恋に迷いは多い。

好きな人のために。

この言葉を片時も忘れることは無い人もいる。

でもそもそもそんなに相手に尽くすことばかりを意識した時間にそもそもあなたという存在の女子力磨きはどこに行く?

相手より自分に時間を使う事の大切さ

10歳。

単に成人が小学4年生、5年生と一緒に行動を共にするほどの差。

こう考えたら、すごい事に見える。

しかし、30歳と20歳が付き合うということがあっても何も不思議に感じる者はいない。

最近は20代の数が減り、アラフォーの方が人数が多い。

しかし、同世代を大人とみる事が難しいのも女性の特徴。

結果的に付き合い始めの相手として選ぶ時にも同性代以外をまずは探すという事を自然に意識している人も多い。

女性が相手に恋をする気持ちは、自分の目で見て感じたことがきっかけになっている事が多い。

  • 独自性や個性。
  • 行動、しぐさを見た時の感覚。
  • 恋愛相談や恋愛対象の意見交換により意見をしっかり持っていることを感じる。

このように歳の差と目の前に出てくる行動にギャップを感じた内容が魅力になってしまっている事が多い。

「そんな行動されたら意識しちゃう」

これがやっぱり自分で考えるより先に自分の意識が傾くきっかけになっていく。

飲みに行くのも相談をするのも同じ。

自然と打ち解ける会話の流れや周りの目を意識する必要がないポイントを持つ。

だったら自分はどうする?

その場に一緒に居て、ただ飲み比べをされてお酒に強いことがモテるポイントではない。

性格

独身でこれまでずっと一人でいる理由。

こんなことを報告しなくても、「モテるはずなのに」と思わせる存在感がなければいけない。

当然夫と破局したという離婚経験者がもし居ても、その理由問わず、その場の魅力でうまく繕えるほどの魅力がほしいのがアラフォー世代。

どこか相手を子供のように扱える話を聞く姿勢やいろいろなちょっとした時の差。

こういう一面を男はチェックしていることが多い。

だからこそ、40代である自分が年下と一緒の時間が出来たなら、まずは自分の中での社会人としての実際の行動を見直すことが大事。

見た目に自信がないと思うならキレイになれるように努力を止めない。

若い子と比較しない。

2人になったら、社会人としての男と女として受け止める態度。

このような一面があれば、遊びの気持ちから始まる関係も美人とかかわいい、綺麗のタイプを問わず、男性を虜にできる。

 

10歳年下の男性を好きになる時の行動

10歳年下を好きになった時の行動

10歳も年の差がある男性を好きになったら、誘いを待つべきか?

しっかり自分からアプローチをしていくべきか?

日本では、まだまだ遊びとか不倫とか恋愛は自由なんて言葉の中で世間の目を気にすることが多いと思う。

私は実際どんな関係でも自分の人生にとって、全て必要な経験だと思えるようになれば、その過去はすべて経験するべきだったことと考えている。

不倫を肯定するわけではない。

しかし、その人が人生の中でその経験をする事で学ばなければいけないと思う事を実際にその時に経験していると思います。

自分から行動をしたことが無い人へ

年齢を重ねてきた中でも趣味も何も自分が先に行動をして相手に勧めたりできる性格ではない。

あくまでうまく関係を築くために、相手の趣味に寄り添ったり、話を聞くことが中心の生活をしてきた。

このような自分の中で出来上がった形がある女性も多い。

しかし、そんなことをいっていても今の年齢ではもう自分が先に行動しないとチャンスを訪れないかもしれない。

こんなことを考えてしまう人もいるはず。

しかし、こういう時こそ、私はいろいろな点でも含めて自分を押し殺すことをやめてほしい。

焦りや不安から自分を変えるという事は出来るのかもしれない。

しかし、その結末がうまくいくことはなかなかないのも現実。

その背景には、相手が自分に対して持っているイメージとギャップがうまくかみ合わないことが原因になることも多い。

つまりは、女性がアラフォーだから急に待つのをやめて、攻めに転じる。

こんな行動をしたら、ただ単に結婚に執着する女性と感じられる可能性もある。

つまり、誰でも出来る典型的なパターンを実践していることになる。

こういう時こそ、冷静に。

10年多く生きているし、女の子として常に男子よりもいろいろなことを意識できるからこそ、やっぱり冷静に考える事が必要。

「誘いの約束は、やっぱり男子から」

こう思うなら、きちんとその姿勢を貫いてあげることが相手にとっても大人の女性を口説きたくなるきっかけにもつながる。

最初が肝心。

惚れた方の負け。

これが恋愛では鉄則だと思います。

自然なつながりを意識したいなら、まずはアプローチは仕掛けるタイプなのか待つタイプなのか?

この意識をする時には過去の自分が連絡をどうしてきたのかを貫くことを強くお勧めします。

今回の私のご紹介している方法は、決して2017.2018.2019と時代が変わったから変わっていく事ではありません。

常に男女が互いを認識し、この子はやっぱり違う。

こう思わせる行動は、小さなことの積み重ね。

だからこそ、今までと大きく違うことをやっていく事は、仕事でまずは試してその経験から学ぶことも重要。

仕事でもできないことをプライベートでいきなりできるのはなかなか難しいですよ。

ぜひあなたらしさを忘れないで幸せへのルートをきちんと頭の中でイメージしてみてください。

スポンサーリンク