スポンサーリンク



40代だけど入社1年でもう限界を感じている。

翌日,1ヶ月くらいでもう会社に行くのが嫌になってきた。

2ヶ月も経った頃にはもういつ辞めようかいつも考えていた。

40代にもなれば、さすがにもう10代20代の新卒とは違うんだからこんなことはないだろう?

こうした想像をしてる方もいると思いますが、現実はそんなことはありません。

なんせ、会社を辞めたい需要が最も多いのが、1年目ですから。

会社を辞めたい3ヶ月の悩みについて、このページをご覧いただきありがとうございます。

他にも、仕事については、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

会社辞めたい新卒

スポンサーリンク



会社辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

仕事辞めたい50代の決断

50代で会社の仕事を辞めたいと決意するのは危険?楽しく生きる為の予備知識

会社辞めたい人間関係の悩みアラフォーが職場で受けた排除行動体験記

会社を辞めたいを考える時の疲れたという思考についてもご紹介しています。

もう疲れた会社辞めたい

もう疲れた!会社辞めたい口癖からとるべき行動|ストレス解消法

30代部下の男女が会社辞めたい時の価値観とは?

30代女会社の仕事辞めたい

会社辞めたい30代女と男は価値観も違う?40代の生き方準備編

会社を辞めたいと限界を感じる人に伝えたい内容も紹介しています。

会社辞めたい限界の原因

会社辞めたい限界の見極め方|退職前にすべき事アラフォー体験記

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

仕事辞めてニート

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

自分が辞めたいと思う上でも我慢が出来る人はまだマシ?

会社辞めさせる手口

会社を辞めさせる手口2018会社員被害の実態

逆に、こうした手口に対する自己防衛策も具体的にご紹介していきます。

会社辞めさせる方法

会社を辞めさせる方法から自分の身を守るポイント2018

辞めさせられる人って何か理由があるの?

こんな悩みについてもご紹介しています。

会社を辞めさせられる理由を調べる前にやるべきこと!

40代女性仕事辞めたい

仕事辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

40代仕事辞めたい女性と無いと嘆く人は歴然の差

会社の仕事辞めたい40代独身男性悩みと自分らしい人生の選び方

会社辞めたい40代独身が人生やり直したいは叶う!

会社を辞めたい理由ランキング閲覧は逆効果?

会社辞めたいのに辞められないを突破する方法(体験記)

うつで会社の仕事辞めたい!既婚でも追い込まれたアラフォー転職体験

会社を辞めたい時の相談については、以下のようなコンテンツをご用意しています。

会社辞めたい相談は上司にすべき?

会社を辞めたい相談は親?30,40代のモテない男性との関係性

会社を辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社の仕事辞めたい相談された時の対処法|失敗と成功の決定的な違い

会社を辞めたいが言えない悩みについてもご紹介しています。

会社の仕事を辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

仕事を辞めたい年数との悩みについてもご紹介しています。

会社を辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社を辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社辞めたい営業に2年目が多い?40代賢い転職術

会社辞めたい3年目40代の成功と失敗の決定的な違い

会社辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

仕事を辞めたい5年目は?30代,40代の離職注意点

人間関係の悩みの中には、以下のような内容も多いようです。

40代独身男性が気持ち悪いと思う女性のチェックポイントと対処法

会社を辞めたい時の転職活動のタイミングも重要。

会社を辞めたい時転職先決定時期はいつ?40代の失敗しやすい生き方

会社を辞めてよかったという40代口コミも少しずつ紹介していきたいと思っています。

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

私のサイトは、40代男性の仕事と人生を軸に、ファッション、髪型、恋愛,結婚同様に、個性を活かし、自分らしく生きる為の考え方をお伝えしたいと思い、運営しています。

誰もが選択を迫られる内容を「人、モノ、お金、時間」という要素を自分でコントロールできる生き方を一緒に考えてみませんか?

サイト管理人Mr.Dと申します。

この記事では、会社を辞めたい1年目の悩みを持つ40代の方向けに仕事の選び方について、以下のような項目でご紹介しています。

会社を辞めたい三ヶ月に多い典型的な悩み

会社を辞めたい三ヶ月を繰り返す40代の失敗原因

会社を三ヶ月で辞めたいを防ぐ仕事の選び方

人生にはお金が必要で、稼ぐためには仕事が必要なのが分かっていても続かない。

どうすれば現状を打破できるか?

人材コーディネーター時代の悩み相談を含めてご紹介していきます。


スポンサーリンク






会社の仕事辞めたい三ヶ月に多い典型的な悩み

会社辞めたい3ヶ月

会社を辞めたいという意識をもとから持っていたという方は多くないはず。

まして、40代になってまさか自分が転職先の会社を三ヶ月で辞めたいと思うとは想像もしていなかった。

このように話す方も決して少なくはない。

では、無自覚なのか?

いったい何が原因なのか?

よく話を聞いていくと、共通点が見えてきました。

会社を辞めたいを三ヶ月で感じる40代は嘘つき?

40代になってもまだ三ヶ月で辛いと感じるようになってしまうのは、男性にも女性にもいらっしゃいます。

男女を意識しないで、共通する視点や認識もあります。

それが以下のような経緯を持っている事。

  • 面接ではブランクがあるのに、できる風に伝えてしまった事。
  • 業界未経験でわかるか心配だったのに、やれますと言ってしまう言葉。
  • 管理職候補という言葉に舞い上がってしまう性格。
  • 自分の性格の長所短所で、過去に怒られた事などは伏せていた。

もう雰囲気はわかると思います。

「自分をどこか飾って採用されるための面接回答をしている人」

この立場の方が、男女を問わず、40代になっても三ヶ月で離職を検討しているという言葉を使うことがかなり目立ちました。

会社を辞めたいを三ヶ月に感じる40代は年齢不詳?

会社を辞めたいと1年目で伝えている人にはまだ違う視点からも共通点があります。

それが、業界の雰囲気に合わせようとしている努力が全くないこと。

具体的には、以下のような傾向があります。

  • 異業種未経験者として入社したが、馴染めない。
  • 雰囲気作りもイメージがつかない。
  • 自分のアピールポイントがどんどん消えていく。
  • 自分の過去から今の仕事に紐づけが出来ない。

このように、年齢相応の対応能力を見せることが全くできない。

そして、こうした特徴を持つ方は、以下のような言葉を使うケースが多いのです。

  • 仕事ができない。
  • 覚えが悪いのかもしれない。
  • 周りに迷惑ばかりかけてしまう。
  • 自分より若い後輩から指摘されることもある。

このように、年齢相応の仕事ぶりや貫禄らしいものが全く感じられない。

こうした方が、40代になっても過去も今も同じように1年目,2年目で仕事に行きたくないという気持ちにもなれず、3か月で転落している傾向が業界に在籍した際に顕著に伝わってきました。

スポンサーリンク


会社を辞めたい三ヶ月を繰り返す40代の失敗原因

会社辞めたい1年目の40代悩み

三ヶ月で会社を辞めるという流れを1回きりならまだ会社の状況などの影響もあるかもしれない。

しかし、中には、2か月や3か月という半年も経過しない転職や離職を繰り返している方も時々いらっしゃいます。

こうした方はいったい何が原因で、そこまで簡単に会社を辞めたいと思うのか?

話を聞いていると、見えてくる部分もありました。

会社を辞めたい気持ちの芽生えは精神面?

入社直前というのは、多くの方の場合は、ほどよい緊張感があると思います。

この緊張観を持つ時に、忍耐力や現実逃避を簡単にはしない方ほど、以下のような気持ちをどこかに持っています。

  • 失敗やミスは認める。
  • 素直に謝る。
  • 言い訳をしない。
  • でも、だっては子供の言葉。
  • 報告も連絡も明確化しよう。

報告連絡相談という言葉が、10代の新人時代から言われてきているはず。

この言葉を次の職場では徹底しようとする傾向も見受けられるのです。

しかし、三ヶ月や六ヶ月で仕事を辞めたいと言える方の場合は悩みが違うのです。

  • 失敗したらどうしよう。
  • 使えないと言われたら?
  • 怖い上司だったらどうしよう?

まるで動物に例えるなら、怯えて出てこない犬や猫と同じ状態。

現実から学ぶ姿勢ではなく、何も起こらない事を強く願う。

この思考が非常に強く伝わってくることが多かったように感じます。

会社を辞めたいのが翌日になる人はここが違う

新入社員は、何を基本とするのか?

挨拶という人は多い。

しかし、それ以前が実はかなり大きい。

それは、初出社をしてくる時間。

1年未満で退職を希望される人の傾向というのは、かなりの確率で来るのが一番ではないのです。

現社員と同じような時間帯で出社。

着替えなどの案内は、もちろん正社員の準備が整うまで全く動かない。

このような状況で、言われるまで何もしようとしないのです。

こうした始まりを意識していない方は、40代になったとしても、結果的には、正社員になりたいと思う気持ちとは真逆のアルバイト的な行動になっている。

この点も今あなたが気付く事があれば十分注意していただきたいのです。

 

会社の仕事辞めたいを3ヶ月目を防ぐ選び方

会社辞めたい3ヶ月防止策

三ヶ月で今の職場は辞めたい意志が固まってしまった。

もう自分ではやり直しや再起というのは難しい状況までいたってしまった。

このような方も40代を過ぎていたとしても、いらっしゃるかもしれません。

しかし、こういう方にも将来は必ずまた再就職の為の職探しや面接、就職をしなければいけない。

だとしたら、これからの人生では仕事の選び方を考え直す事も大切な事。

今と同じ轍を踏みことが無いようにするための準備をご紹介していきます。

会社を辞めたいを三ヶ月を超える為の職探しの原点

実際に、いろいろな仕事があるし、求人の対象も今の時代は、年齢制限も記載が難しい時代になった。

男性、女性という対象を区切ることすら出来ない。

しかし、この状況は、逆に会社側の本来の求人で欲しい対象が見えないデメリットもある。

こんな時代の求人に対してあなたが40代というキャリアや現在の仕事を三ヶ月で辞める事を最小化させる事が出来る方法。

それは、あなたの社会への期待を捨て去る事。

どこの会社も実際には、厳しい事しかない。

極端な発想ではこの程度から気持ちの準備をしておく事が最も大切。

恋愛でも、異性とのコミュニケーションの中で、3ヶ月の別れというのはあります。

その多くは、価値観の不一致や癖、こうした事に対する嫌悪感が強まる事が大きな原因となります。

所詮どんな仕事を選ぶ上でも最後は、人に始まる。

  • 支えてもらえる。
  • 優しくしてもらえる。
  • できなくても待ってくれる。

こんな期待を前提としてしまうと、結果的に現実にはかき消されてしまう可能性が高い。

だったら、自分の期待を裏切るという感覚ではなく、元からプライドも一切を捨て去り、ごめんなさい、ありがとうございますが素直に言える事から始められる気持ちが大切になるのです。

会社を辞めたいを三ヶ月を超える仕事はある!

どこの会社に就いても長続きしたことがない。

こんな悩みを持つ方には、今の40代になった現実から考えて、この後に良いことがあると思えない人もいると思います。

しかし、この点も必ず探し方次第で存在する。

三ヶ月を超えられる自信が無い方に、考えていただきたい職探しの選択肢には、紹介予定派遣という仕事があります。

紹介予定派遣と言うのは、あくまでも登録者を紹介するという企業との間に、人材コーディネーターが入る仕組み。

メリットには、以下のような内容があります。

  • 面接前に会社の特徴を知る事ができるケースがある。
  • 離職者のペース等も過去の実績があると、聞くことも出来る。
  • 過去の採用者の年齢層なども聞くことが出来る。
  • 職場の悩みを相談する事も可能。
  • 上司のキャラクタ等も教えてくれる。

つまりは、普段はあくまでも全く自分の想像が出来ない職場として、新入社員になる心配が軽減出来るのです。

会社的にも辞める頻度が高い会社の場合は、そのまま教えてくれる事もあります。

そして、あなた自身が探している仕事の条件等も含めてマッチングをしてくれる。

こうした会社を使う事であなたの会社選びの中で、人間関係や労働条件をただ求人誌やネット求人から閲覧するだけの状況を回避出来るのです。

3ヶ月で会社を辞めたい人でも登録できる会社リスト

こうした仕組みを全く知らない方は、調べる方法も複数の会社の中でもどの会社がいいのかわからないという悩みもあると思います。

私が現場にいた時代から存在してる定番の会社を以下にご案内だけしておきます。

業種の希望がある方へ
警備員求人探し

ファッション、アパレル業界への就職を検討中の方向け

介護の分野で仕事を探したい方向け

PT,OTなど医療機関の資格者向け求人を希望の方へ

介護業界先ほどの会社にないその他の企業転職希望の方へ

飲食業界への転職希望者向け

こうした自分一人で悩む人に新しい「人脈」から始まる仕事探しも出来る時代。

スポンサーリンク


時代の流れに身を任せるだけでなく、企業に対し、どう自分らしい仕事を探し出すか?

この点をじっくりこれからの人生では考えてみてください。

私がこのページでご紹介したかった内容は以上となります。

あなたが悩みを抱えている事の多くは、他の人も悩みとして持っている事。

でも誰かが辞めているなら、自分もやめようでは、自分の人生に価値を感じられないままになることも多い。

自分らしい生き方のために、働き方や仕事も選ぶ時代。

本当に自分がやりたいことは何?

そのために今選ぶべき自分の人生の選択は、「人、モノ、お金、時間」の何が最優先?

このような考え方をする意味で、それぞれの記事で何かを感じて頂けていたら嬉しいです。

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク