スポンサーリンク



30代になると男性も女性も徐々に体型の変化を実感。

太りやすい年齢になってきたと感じる人も増えてくる。

男性は、会社の付き合いや飲み会、外食などが増えて、中年太りやぽっちゃり体型になってきたと感じる人も多い。

春夏と秋冬のパンツやシャツのサイズ感が変わってしまったと嘆く声も多い。

結局体型が変わっても自分で努力をするよりも新しいサイズのパンツやデニム、スラックスなどを購入する方が早い。

このように今の自分のサイズに合うアイテムを買い替えしている人も多い。

男性は徐々にぽっちゃりからデブ、ただの中年太りをしたおっさん。

このように、自分の年齢に伴い、言葉を変えてしまうことも珍しくない。

しかし、自分が痩せていた頃しかオシャレとかコーデなんて気を使っていたことがないことから、今の体型に合わせるオシャレがわからない。

こんなことになってしまったが今更どんなブランドやどうきこなしを考えたらいいのかわからない。

そんな時についやってしまいがちな間違いの多い誤解注意点や簡単に春夏のアレンジができる方法をご紹介していきます。

これまでにもアラフォーの男性にも影響する40代男性のファッションについては、以下のような内容をご紹介してきました。

30代ファッションメンズ太め春失敗原因

スポンサーリンク


春30代ファッションメンズ太めのサイズ選び誤解注意点と成功のコツ

40代ファッションメンズ春コーデ

40代ファッションメンズ春コーデ|デートにダサいを防止する注意点

夏メンズファッション40代男性ユニクロ

40代男性ファッション夏ユニクロ

夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代ファッションメンズ秋

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性ファッションメンズ冬

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代guメンズコーデ

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション春夏秋冬太めの強みと弱点|使いこなすのがオシャレ

40代ファッションメンズブランド

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代男性ファッションカジュアル

40代男性ファッションメンズカジュアルを意識する注意点と優先順位

40代ファッションメンズジャケット

40代ファッションメンズジャケットで女性受けの良い選び方と注意点

ジャケットメンズ着こなし40代

ジャケットメンズ着こなし40代

ジャケットメンズ着こなし40代が難しい?簡単にそろえるコツ

40代男性ファッションカジュアル冬

冬40代男性ファッションカジュアルでダサいとオシャレの決定的な差

40代男性ファッションジーンズ誤解や注意点

40代男性ファッションジーパン選び方失敗注意点と成功のコツ

がっちり体型ファッションメンズ冬

ガッチリ体型ファッションメンズ冬のダサいとモテる決定的な差

年齢的に徐々にぽっちゃりになっていく中で今までに着こなしをしたことがない全く別のサイズ感のスタイルを考える時は何を気をつけるべき?

自分の今の持ち合わせているアイテムは何も使えない?

こんな悩みを抱える人に少しでも人気とかブランドという言葉にとらわれない自分の個性を活かすオシャレの選び方を伝えたい。

私のサイトは、40代男性女性が個性を活かし、自分らしい生き方にたどり着くための考え方をご紹介したいと思い、運営しています。

20代30代40代と年齢を重ねても、人は同じようなことを常に考えていると私は感じた。

仕事、年収、貯金、転職などの仕事とお金の悩み。

ファッション、スタイル、コーデなどオシャレの悩み。

プレゼントや記念品など贈り物の悩み。

誰に関わり、少しでもその人との距離感に自分をアピールするためのファッションアイテム。

そして、関わる人に贈り物をする事でその後の人生の時間にどれだけの影響を与えるのか?

人、モノ、お金、時間という4つのバランスを少しでも自分らしくまとめるための考え方を伝えたい。

今回の記事では、30代ファッションメンズ太めの夏アレンジ方法について、以下の目次でご紹介しています。

夏30代ファッションメンズ失敗が多い典型例

夏30代ファッションメンズ誤解が多い注意点

夏30代ファッションメンズ節約成功のコツ

tシャツ、シューズ、パンツ、パーカーなど全体のアイテム数を考える必要がある季節だからこそ、気を付けるべきポイントがある。

しかし、体型を気にするあまり、結局は自分の中では無意識かもしれないが、つい選び方にも注目する偏りが出てくる注意点がある。

オシャレは、春夏秋冬を問わず、別に体型を気にして考えるのではない。

あくまで、自分のありのままの特性を活かすために何を意識するべきかをご覧ください。


スポンサーリンク






夏30代ファッションメンズ太め失敗が多い典型例

30代ファッションメンズ太め夏

別に他人のファッションスタイルへ何かを注意するべきと言えるほどの何か特殊な視点があるわけではない。

でも単純にダサく見えるポイントは必ずあるんです。

ダサいと言われる可能性が大きいポイントをご紹介していきます。

夏30代ファッションメンズダサいポイント

とにかく夏の最もダサい、おやじ臭い感が強くなりやすいポイントは何か?

それは、見えるパーツの手入れ不足なんです。

  • 傷んだ靴。
  • 汚い汚れたままの状態。
  • ボロボロになったまま放置している小物商品。
  • 明らかにサイズ感があっていない丈やゆとりのない着こなし。

単に太る前に持っていた自分のお気に入りの商品を全体の中で選ぶのは自由。

でも明らかにサイズ感がシルエットとしても出てしまうような「見えるパーツ」が増えるのも夏。

見えるパーツには、白、黒、グレー、ネイビーなど色を問わずサイズの旧体系アイテムは使うべきではない。

印象の中でももう1つ見せる的なポイントは、着用している小物などのアイテム。

アクセサリー(ブレスレット、ネックレス)

スニーカーやサンダル

財布、バッグ

このような着用していないが、表に出る対象はきちんと手入れをしているのか?

これが秋冬の時期の放置していたのかを探られる大きなポイントともいえる。

20代の頃は簡単に何でも合わせておけば若いことが武器になった。

30代は何?

このポイントは、靴や革小物などをきちんと20代より手入れ的にきちんとまとめる事が出来ているかどうか?

さらに、財布の中も外もパンパンになっているような状態を見せない。

着用という言葉だけでなく、メンズコーデはあくまで全身の合わせがポイント。

これが夏はジャケットやアウターがない分、簡単に出てしまう部分からおしゃれかダサいかを見抜かれる女子の印象にもかかわるポイント。

 

夏30代ファッションメンズ太め誤解が多い注意点

30代ファッションメンズ太め夏の注意点

別に体型をカバーするために何か大きいサイズのブランドを選ぶ必要があるの?

こんな考え方を持つならそもそもおかしい。

黒人やスポーツ選手をもっと観察しよう。

その体型に合わせて秋冬にはニットやコート、ジャケットを着こなしている。

太っている事を太いデザインで隠す?

そもそも太い体型には太めのデザインをチェック。

太ったことがない時ほど、なんとか今の体型に合うようにまとめようとする人は多い。

それでもこんな気持ちが邪魔をする。

スッキリ見せたい。

心のどこかで太いのを隠したいと不安になる。

カッコいいデザインや柄にとらわれる。

このような話は正直細身も太いも今の時代の選び方には関係ないんです。

肝心なのは、見える部分がきちんと何を着るべきかTPOに合わせて素材や色、丈などを合わせる選び方。

例えば、力士の服装をチェックした事がありますか?

帯をして、きちんと羽織ってる色と合わせてシンプルに合わせているだけですよ。

でもカッコいい!

それってそんなにお腹など一般の会社員に比較して出てる部分があるからシンプルにダサいになりますか?

なりませんよね?

その部分をどうしたら全体として体にフィットして使えるのかをきちんと理解して使ってる。

だから清潔感も感じられるし、何を着るにしてもバランスがきちんととれた上手にアイテムを使いこなしているように見える。

これが、本来のオシャレなんです。

トレンドよりもバランスを重視

正直、おしゃれな人ほどこだわってるのは、ブランドではない。

あくまで何を着るにしても素材感と色、そしてシンプルさ。

この3つにきちんと手が届く範囲の中で、ベースを崩さないことを意識している。

トレンドに手を出し、必死に自分なりに上手にピッタリなサイズを探す。

こうすれば、女子も反応が良いはずだと必死に探す。

この視点で選ぶ事そのものが間違い。

別にブランドで何を着るからオシャレとかカッコいいなんて評価は誰もしていない。

単純にラインが合わないものはどんなトップブランドでまとめてもダサい。

顔が良いからどんな素材も似合うのではない。

あくまでその人の足が細いや首が長い、手足が長くてもなで肩。

このような自分の中で隠したいパーツをどう回りの素材でカバーするのかを考えている。

これがファッションを選ぶ時にはとても大切になる。

トップスにカッコいいデートにもおすすめのランキングサイトにあった商品は周りの反応を高くする?

そんなのは、悪いけど見栄にしか見えないし、あくまで男として30より前に卒業してほしい視点なんです。

 

夏30代ファッションメンズ太め節約成功のコツ

30代ファッションメンズ太め夏成功のコツ

お腹は出てるけど足は細い。

どこか1つのパーツだけが太ってきて体型が変わった。

顔に肉が付いた。

このような隠しきれない部分の素材を周りの目をごまかすという対策を考えていませんか?

夏の季節を上手に活かす

夏に体型が大きい男の人が参考にするべきアイテムは何か?

その答えとしてイメージがしやすいのが、アロハシャツなどのシャツの着こなしテクニック。

周りとの違いはデザインや柄、素材。

定番の柄やボーダー、無地などいろいろなアイテムがありますよね?

一つ一つに特徴があり、どんな人でも取り入れやすいビッグサイズや半袖から長袖までそろっている。

結局は、こういう画像からヒントを得る事が重要になるのです。

夏の季節ほど色はシンプル

仕事でテーラードジャケットやスキニーのパンツなどを履いて人の前に立つことはない。

このような人がいかにすっきり見せるためには何を使うのが大切?

その対象は、別に短パンでも関係ない。

問題は使う色の数。

できれば、モノトーンにまとめるという視点を取り入れる事を意識してほしい。

たったこれだけでも身体を包む半袖や重ねたインナーなどが見えた時、体をきちんと包むことやメリハリの出やすいことに目が行きやすい。

出す部分はしっかり出す。

出さない部分はきれいにサイズが間違いではないようにする。

この2つだけで着ているだけで、別に使うサイズがビッグでもダサいという事にはならない。

無理に重ね着みたいな事を試してみる必要はない。

夏はどうしても暑い方が先に悩みになりがち。

だからこそ、きちんと出すべき部分を多くしっかり出すという事は隠すよりも大事。

オシャレを極めるなら、ダーク系にこだわる必要もない。

スウェット1つのチョイスからも靴からハットまで全ての展開を見直し、その中できちんと大きめで2カラーでまとめる。

これができるだけで多くの人の共感を集める事が可能になる。

太めだけでは曖昧過ぎる

デブメンズ用のファッションブランドなんてことに目を向ける暇があったら、まずはきちんと自分の体型の特徴を知ることから始めよう。

肩幅が合わない。

胸囲が合わない。

腹囲が合わない。

ウエストが合わない。

何が一番自分の体でサイズを探すのに難しいのかをきちんと把握する。

ただ大きいサイズを探し出すだけでは、中途半端。

もっときちんと腕、肩、腹部、大腿、下腿など体のパーツに合わせる事を意識しよう。

これができる人は非常に多くのチョイスが可能になる。

そして、スマートにまとめる事ができるはず。

きちんとした服装をしたい場合でもまずはテクニックというなら、ブランドを知るというのは間違い。

自分の体から正確に特徴を観察する。

これが最も重要であることを知ってほしいと思います。

服は、その人の個性を引き立てることを目的に選ぶ。

コーディネートとかコーデなんて言葉は体型をやせて見える効果を期待するための物ではない。

大人としてどう見せるべきか?

ショップでも通販サイトでもまずは自分の体の特徴を意識する。

頭の先から足元までどこが出やすくなるのか?

ピッタリすぎるショートパンツやシャツはオススメできない。

2017年、2018年、2019年とどんな変化をしているのか?

この答えは、ショートからロングという丈の変化。

色や柄の使い方。

腕時計や小物のデザイン性。

ファッションというカテゴリの中で詳細をチェックすると、腕時計1つでもカラーや素材が異なる事も多い。

大人っぽく落ち着いた雰囲気に見せたいなら高いブランドに執着する必要はない。

物が高いと、モテるのかと言えば違う。

大切なのは、以下の要素。

気になるラインが目立ちにくい。

最新でなくても爽やかな着こなし。

ちょっとしたリングや財布がだらしないイメージを与えない。

シーンに合っている。

あちこちにブランド等をちりばめない。

海外のモデルをストリートでパパラッチが撮影している画像を見ても、着こなしが抜群の人はブランドを感じさせない。

スマートに着こなす。

この言葉を目指すことが大切。

スポンサーリンク