スポンサーリンク



男性女性を問わず退職する者が当たり前のように毎月どこかの会社を去っている。

定年までずっと同じ会社に在籍する人は滅多にいない時代になってきた。辞める人には送別会、入ってきた人向けには歓迎会。

こんな催し物を用意する会社もある。特に退職をする人向けにはお世話になったお礼とか感謝の気持ちを込めたプレゼントを用意しようとする企画もある。

これまでにも退職プレゼントについては以下のような記事を書いてきました。

50代男性退職プレゼント個別体験記

スポンサーリンク


50代男性へ退職プレゼント|お酒好きな上司への贈り物体験記

退職プレゼント40代男性

40代男性退職プレゼントは人気やおすすめ不要!選び方のポイントや成功のコツ

男性退職プレゼントまとめ

男性退職者に喜ばれるプレゼントの特徴や選び方まとめ

正直、30代の退職で贈り物をもらうなんてケースはなかなかないと思います。

まあよほど人気の人だったり、誕生日のお祝い等を会社がきちんと行っている以外は、女性が結婚や寿退社で何か商品をお貰う程度ではないでしょうか?

私の済む地方ではそんな気がします。

私のサイトは、40代男性女性が自分の個性を活かし、自分らしく生きるための考え方をご紹介しています。

今回の記事では、退職プレゼントを30代男性に用意するケースについて、以下の項目で書いています。

退職プレゼント30代男性への人気アイテム

退職プレゼント30代男性向けの価格相場

退職プレゼント30代男性の渡し方やお返し

これまでに送別会なんて一度も経験がなかったなんて声も多いかもしれません。そんな時にちょっとした考え方として参考にしてください。


スポンサーリンク





退職プレゼント30代男性への人気アイテム

30代男性退職プレゼント価格相場

男性に送別会や退職用にぴったりとか喜ばれるという対象は正直あまりないというのが結論。

男性用ギフトで応用可能

よく見るのが、内祝いギフト系のランキングサイトから選び出すという考え方。

1位から10位には以下のような商品が毎回登場している傾向があります。

  • ボールペン
  • ペンケース
  • タンブラー
  • 名刺入れ
  • ワインや日本酒、シャンパンなどのお酒
  • コーヒーや紅茶等のティーセット
  • 名入れなどのコンパクトな革小物
  • ブリザードフラワー
  • スイーツ

正直、どれを見ても特に売れ筋と言われてもほとんどが誕生日、クリスマス、記念日、バレンタイン等に登場するアイテムばかり。

大学生の新社会人等に選んでいるものと大して変わりません。

男性用プレゼント選び方1.仕事用

よくあるリサーチ方法として、次の仕事でも使えるアイテムを渡すという考え方が多いようです。しかしこの商品選びって受け取る相手によってはすごく迷惑な商品。

そもそも愛用している商品があるのかも全く分からないまま買ってこられたら、正直反応に困る。

まして、お疲れ様と言われてもその会社をようやく辞めることが出来ると思っているとしたら?その後にずっとその会社でもらったものを大事にとっておくでしょうか?

正直私なら、即日ゴミ箱に入れるくらいの感覚でしかない。正直いい迷惑となる相手もいることをもう少し考えた方が良いかもしれません。

男性用プレゼント選び方2.私用

仕事の上で必要なモノは自分で好きなデザインや欲しいものを買ってくれればいいはず。だったら、少しでもオフの時間に使える物を贈るのはどうでしょうか?

これも同じですよね。彼氏彼女やカップル、家族等がいれば、贈られることも十分に考えられます。何度も言いますが、残るものを買われるのは迷惑だと思われることを考えましょう。

インテリア雑貨でも花束でもゴルフ用のアイテムでもメガネケースやカバーでも同じです。

自宅にその商品が置いてあったら、あなたはどう感じるでしょうか?

就職祝いや成人式、¥などプライベートな空間にはいろいろなタイミングでのいただきものが多くなっている世代です。

住宅購入をした人になら、新築祝いみたいなものも届いている。

正直、大人として受け取ることはあってもその後にひとつももらってよかったと思える物ってほとんどないんですよ。

 

退職プレゼント30代男性向けの価格相場

 

30代男性退職プレゼントとお返しの手間

会社の規模や人数などによって、みんなお金を出し合うなんて光景もあるのではないでしょうか?

そんな時の個人の負担金を考えてみましょう。

500円から700円が妥当

正直、2019年も2020年も記念品と呼ばれるグッズに対した違いはありません。中には特別お世話になったこともないけど仕方がないから出資するという人がいても不思議ではありません。

そんな状況を考えると、1人1000円は高いです。高級素材とかブランドなんて高い商品を選ぶ必要も全くありません。

むしろ、シンプルで家族や友達にも分けられるようなものをもらえるほうがちょっとしたお礼や挨拶と言われた時には気持ちよく受け取りやすい。

子供がいる人になら、お子様向けに届けようなんてことをしないで、子供も一緒に食べられるようなお菓子等を渡すほうがオススメです。

このように考えていくと、一緒に働く人から集める金額もワンコイン程度の予算で購入することを考えておくほうが無難です。

 

退職プレゼント30代男性の渡し方やお返し

30代男性退職プレゼント体験記

長くいた人も短かった人も同じように購入しているのだとしたら、その渡し方にも注意をしておくことが大切です。

職場の空気感として見られる

20代から60代まで幅広い世代が一緒に働いている環境があるなら、渡し方も朝早いタイミングのほうが男性の場合はおすすめ。

その理由も明確です。サイズを問わず、男性には何か物を受け取る時には好みよりもタイミングをチェックしている事のほうが多いです。

簡単な例では、いくら上質な自分の好みのプレゼントがあっても、最後まで何も言われていない状態よりも最初にこういう物を渡すと言われている方がその日を頑張って終わらせようと仕事を楽しめるのが男性です。

ですから、渡すタイミングとして最適なのは、朝礼直後などのほうがしっかり日々の業務の中でもモチベーションを保った状態で仕事ができると思います。

退職プレゼントのお礼の手間に注目

内祝いの相場は本来3000円から高くても5000円と言われています。そのような時代に何か購入なものをひとつもらったらお返しが困る。

大人として、もらいっぱなしになるのは失礼だと考える人も多いはず。

ですから、選ぶ時には、必ず相手にとっても受け取りやすいしお返しもしやすいくらいの予算を考慮してあげましょう。

これが私がこれまでに経験した中で感じた内容となります。

これから準備を始める人は、ぜひ内祝い用品の中でもスイーツなどすぐになくなるような商品に注目してください。

スポンサーリンク