スポンサーリンク



「40歳になってしまった」「そろろそ本気で彼女を探して結婚をしないとまずいかな?」「ブランクがあるけどまた恋愛をしたくなってきた」

最近は若い男女でも出会いがないと不安になる人が増えている。お見合いや結婚相談所に無料相談する人も決して珍しい話ではなくなっているのが現実。

これからは、金融機関でも婚活関連のサービス提供を開始するという報道が先日ネット上にも出てきた。

こんな時代に、40歳の男性が婚活で試行するには何を心がけるべきなのかをご紹介していきます。


スポンサーリンク





40代男性の婚活成功者の共通点

40歳男性の婚活

婚活には、何を求められるのか?という点について、かなり誤解をしている人が多い。私は実際にこれまで150組以上の付き合う前の男女の悩みや結婚,離婚の相談を受けてきました。

婚活をするっていったいどういうこと?デートする相手を探すってことではないの?ここから感覚が変わってきているという点が重要。

成功者は人気モノとは限らない

  • イケメン
  • 高身長、高学歴、高年収
  • 仕事は公務員や稼げる人気の職業
  • 見た目が若い

こんなことばかりに意識をしている人が多い時代ですが、決してそんな人たちばかりが結婚をしているわけではありません。成功している人の特徴は以下の3つ。

  • 会話やコミュニケーション能力の高さ
  • 相手の女性の魅力や好みを見抜く力
  • 自分を等身大で見せる力

この3つがしっかりとできているケースが多い。どういうことなのかをご紹介していきます。

会話が成り立たないカップルが急増

お見合いでも結婚相談所でもパーティーでも出会いは全くないというのはおかしい。偶然でもいいなぁと思える人がいたとして、その時の行動には大きな差が出てくるのです。

  • 話しかけるきっかけがない
  • 話しをしたいと思っても話題がない
  • 会話が続かない

このように、恋愛経験とかそういうことではなく、仕事の時間以外に女性と何を話せばよいのか全く想像ができないというだね士が非常に多くなっているのです。

これではいくら年収が高い人でも婚活では厳しい状況になるという違いが分かってくると思います。

相手を観察する力

外見という言葉の意味をどこまで広げてとらえられるのか?

見た目の印象やインパクト等はプロフィールをいくら眺めていても実際にデートなどで面識をした時と雰囲気が異なることも多い。そんな時、まず何を褒めることができるか?

たったこれだけの事ができるとできないでは大きな差が生まれてしまうのです。

  • 褒め方を知らない
  • おじさんが何を言っていると思われるのが怖い
  • 20代30代が理解できない

これでは、何一つ相手の良さを見つけることはできません。結果として、失敗に終わるという人が非常に多いのです。

成功する人は、出会った瞬間に何かを一つ褒めることができます。

例えば、以下のような簡単な内容でも努力などを不要で自然に言葉にできる。

  • スタイル良いですね。
  • 髪型が素敵ですね。
  • オシャレなバッグですね。

パッと見た瞬間に何かを言葉で伝えられるかどうかが大切。いくら同じことを思っていたという人でもまず最初に口にしたのが誰なのかで女性は印象に残る。

こういう瞬発的に相手を褒めるスキルが低い人は何人とあってもなかなか初デートから2回目、3回目という段階に進むことができないことが多い。

話題を持つ

別に何か特別な知識や経験があるわけではない。別に何か意識して趣味に没頭しているわけでもない。ただ毎日を仕事と家の往復で過ごしている状態。このような男女が最近は多くなっている。

そうした中でも婚活となれば、まずは相手と何か話をしなければいけない。そして、会話の能力が顕著な差となって現れてくる。

  • 言葉が思いつかない
  • 言葉に詰まる
  • 意識をしすぎて違和感を感じるようなことしか出てこない

こんな調子ではこの先本当に大丈夫?とか会社でもこんな調子の人?と不安を感じる可能性が高い。何を聞いても自然に大きな声でハッキリと答えられる。

たったこれだけの事ができるかできないかが実際に会員同士のお見合いのセッティングをしてもらった後でも比較されてしまうのです。

 

40代男性の婚活失敗と状況把握

40歳男性の婚活の失敗原因

先ほどご紹介した内容以外の点で男性が自分の状況をもう少し客観的に考えておくべきポイントをご紹介していきます。

服装や身だしなみ

女性は婚活の時に実際に男性の何を見ているのか?

この答えは、ファッションセンスがあるとかオシャレとか高級ブランドを持っているかなんてことではありません。

そんな事は言わなくても別に見ていればわかるし、それ以上にもしその人が見栄を張っていると思えば、いくらその商品の値段が高くても残念ながら価値なんてほとんどないのです。

大事なのは、見ていて安心できるかどうかです。ユニクロやguなどで購入してきたなんてことを別に恥ずかしいと思う必要は全くありません。

むしろ、その服を着て、しっかり相手の前に立った時にも見た目に清潔感があればOK.あとは、笑顔と大きな声で元気よく話しかけてくれたら見た目がおじさんでもいい人そうだと言えるのです。

結婚相手としての質

男女それぞれに事情がある。男性からしたら、定年までの時間や老後の年金暮らしなどの不安を抱えてる人は多い。

女性は結婚相手が子供を望むのか?子育てに積極的又はサポートをしてくれる人なのか?等の育児の面での不安を抱えている人は多い。

共働き世帯が増えているけれども、子供が1人でもいいからほしいと願う。

これらの男女の一般的な悩みに対してどこまでこたえようとするのか?

ただカップルになる相手を見つけられたらそれでおしまい。釣った魚にえさを与えないような状態になる男性が増えている時代だからこそ、出会う相手を探すポイントが変わってきている。

慎重なタイプやこれまでに辛い経験を↓女性はまずさ初めに関連の内容を質問してくるケースも増えてきた。

さらに、バツイチで子持ちの女性もこれから1人で生きていくのは大変ということである意味子供とうまくやっていけるような人との出会いを探す動きも活発化している。

こうしたお互いの需要に対して、今自分ができることは何か?そして、今後の人生で相手に関わるとどんなメリットを用意できるのか等を会話の中でもきちんと目を見て伝えられるかどうかが勝負。

ただただ彼女がいることに幸せを感じて終わってしまうような独身男性をもう女性は見抜けるようになり始めている。

うまく付き合いを長引かせるようなことを考えているなら、その考え方を改めないと厳しいはずです。

 

40歳は不利か有利か?

40歳男性の婚活は難しいのか

年齢というのは、男性でも女性でもどうすることもできない。相手を選ぶのも探すのも今の自分にできることをするしかない。

20代30代と若い人のほうが人気があるのか?こんな不安を持つ人にお伝えしたい内容をご紹介していきます。

年齢に見合う差別化

歳の差カップルとか10歳以上年上、年下と付き合うという言葉が自然に聞こえてくるようになりました。20代の女性も父親と同じくらいの年齢の人と付き合いたいと素で答えるシーンをテレビなどでも何度も目にしていませんか?

これが現実です。つまりは、若い年齢の子と付き合いたいと思っているなら、それなりに自分をアピールすることができればその願いはかなう可能性も十分にある。

でもそのためには何をしなければいけないのかをよく考えてみてください。

例えば、

  • 年収が20代や30代と同じ平社員給与のまま
  • 年齢の割には若い人と経験している内容に差がない
  • 知識も経験も地位もお金も何もない

このような状況で若さを求めるって言ったらどうなりますか?それって単なるおじさんが若い子を追いかけているだけにしか見えませんよね?

好きなだけ自由をさせてあげられるからお互い縛らない等の他の人とはかけ離れた何かを提示できるような人でなければそう簡単に女性は歳の差を受け入れない。

似たようなことを求める人はいっぱいいると思われたらそこで終わり。

好きの意味や価値

何をもって相手を好きと言えるのか?見た目だけなのか?声やしぐさ、考え方や価値観、生き様や交友関係の広さ、家族ぐるみの付き合い等視点はいくらでもあります。

あなたはいったい相手の何を見て好きと感じたのか?これが年齢の差を感じさせるポイントになっていくのは間違いありません。

やはり、歳の差がある人は考えていることも違うしカッコいい!

若い同世代の男と付き合うよりも楽しみが広がる

相手にこう感じてもらうような恋愛ができる人でなければ、若い子向けの恋愛には勝てない。

違いがいない、特別なこともない、ただ平凡な暮らしを求めるだけの人では単なるアラフォーの男性。

自分は他の人と何が違い、どんな魅力を持っているのかを自己観察できちんとまとめておくことができるかどうかが重要です。

料金を気にしたら負け

ネットで婚活をしている男性の中には、こんな人が昔も今も必ず存在する。

サービス料金が発生するからプライベートな連絡先を教えてほしい。

事実かもしれないが、そんなケチな男に女性が婚活の相手として認めてくれるはずがない。

こういうタイプは意外に年収が高い人の中にもいるのです。プロフィールではありのままの年収を記載しているのに、やっていることはお金がないと言っている人と同じ。

こんな状態では、自分で自分の魅力を否定しているようなもの。もっと自分が40代であるなら、その余裕を感じさせてあげなければだめ。

誰もが自分字時間とお金を使って、相手を探す努力をしている。その中であなたを選びたいと思えるだけの違いをきちんと相手に伝わるように表現することができる人は勝ちます。

ただその場に合わせた返事や会話を繰り返している人はいずれ候補から消えていきます。ぜひ今一度見直してみてください。

スポンサーリンク