スポンサーリンク



30代でやってきた仕事にそろそろ限界を感じる。

ひどい上司からのパワハラ、モラハラの連続。

残業代カットや賞与なしなどの給与面などの大幅な減給。

子供がいるとか家族を養う妻帯者にとっては致命的な内容もある。

中には、無理な転勤命令を出されたことで転職を余儀なくされるケースも珍しくない。

でも40代になってから転職活動なんて本当にできるのか?

この答えは自分がその年齢になってからでなければ考えない。

実際に40代になってからの仕事探しをして失敗している人も多い。

その特徴をご紹介していきます。

これまでにも40代の転職については以下のような記事を書いてきました。

40代女性転職前の覚悟

40代女性転職の現実|絶望と簡単の決定的な差

40歳転職は無謀と成功の差

40歳の転職は無謀なのか?誤算や誤解注意点

40代女性の悩み仕事編まとめ

スポンサーリンク


40代女性の悩み仕事編解決法まとめ

仕事できないや辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

40代パート仕事辞めたい

40代パートの仕事辞めたい主婦が月収3万,5万なら在宅で稼ぐ時代

会社を辞めたいが言えない悩みについてもご紹介しています。

仕事辞めたい時言えない

会社の仕事を辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

仕事飽きる続かない

会社の仕事続かない理由で飽きる人の特徴と対策法アラフォー体験記

40代女性仕事できない辛い

40代女性の仕事ができない悩み根本的原因と着実に変わる方法実践記

他にも、会社をやめたいと思う男女にタイミングや辞めるまでの経緯の悩みについてもご紹介しています。

会社の仕事を辞めたい新卒

会社辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

50代会社辞めたい

会社の仕事を辞めたいを50代決意は危険?楽しく生きる為の予備知識

会社人間関係辞めたい時

会社辞めたい人間関係の悩みアラフォーが職場で受けた排除行動体験記

会社を辞めたいを考える時の疲れたという思考についてもご紹介しています。

もう疲れた会社辞めたい

もう疲れた!会社辞めたい口癖からとるべき行動|ストレス解消法

30代部下の男女が会社辞めたい時の価値観とは?

30代女会社辞めたい

会社辞めたい30代女と男は価値観も違う?40代の生き方準備編

会社を辞めたいと限界を感じる人に伝えたい内容も紹介しています。

会社辞めたい限界の原因

会社辞めたい限界の見極め方|退職前にすべき事アラフォー体験記

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

仕事辞めてニート

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

自分が辞めたいと思う上でも我慢が出来る人はまだマシ?

会社辞めさせる手口

会社を辞めさせる手口アラフォー被害の実態

逆に、こうした手口に対する自己防衛策も具体的にご紹介していきます。

会社辞めさせる方法

会社を辞めさせる方法から自分の身を守るポイント2018

40代仕事辞めたい女性と無いと嘆く人は歴然の差

40代独身男性転職や会社の仕事辞めたい悩みと自分らしい人生の選び方

会社辞めたい40代独身が人生やり直したいは叶う!

会社辞めたいのに辞められないを突破する方法(体験記)

うつで会社の仕事辞めたい!既婚でも追い込まれたアラフォー転職体験

会社を辞めたい時の相談については、以下のようなコンテンツをご用意しています。

会社辞めたい相談上司

会社辞めたい相談は上司にすべき?

会社辞めたい相談親

会社の仕事を辞めたい相談は親に言えない?モテない40,30代男性に多い誤解注意点

会社仕事辞めたい相談電話

会社を辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社辞めたい相談された

会社の仕事辞めたい相談された時の対処法|失敗と成功の決定的な違い

会社を辞めたいが言えない悩みについてもご紹介しています。

仕事辞めたい時言えない

会社の仕事を辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

仕事を辞めたい年数との悩みについてもご紹介しています。

会社仕事辞めたい何年目まとめ

会社を辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社仕事辞めたい1年目

会社を辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社仕事辞めたい2年目

会社辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社の仕事辞めたい3年目

会社辞めたい3年目40代の成功と失敗の決定的な違い

会社仕事辞めたい4年目

会社辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

会社の仕事辞めたい5年目

仕事を辞めたい5年目は?30代,40代の離職注意点

会社をやめたいと思った時の転職活動への考え方についてもご紹介しています。

会社辞めたい時転職先

会社を辞めたい時転職活動時期はいつ?40代の失敗しやすい生き方

会社を辞めてから転職活動

会社を辞めてから転職活動は40代男女に不利な時代?

会社を辞めてよかったという40代口コミも少しずつ紹介していきたいと思っています。

仕事辞めてよかった

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

別に今の仕事に固執する理由もこだわりもない。

転職サイトを見たら、まだ自分の年齢でも面接が可能な企業もありそうだ。

自分が経験した事がない業界も含めたら企業はまだまだたくさんある。

心のどこかで何とかなる。

こんな楽観的な気持ちになっているケースもある。

でも採用される事が勝ちとは限らないのです。


スポンサーリンク






40歳男性の転職失敗典型例

 

キャリア、実績、資格。

上記の3つは自分が何歳になった時にも退職する理由を問わず次の仕事に向ける意欲の支障にも期待にもなる。

実際、自分に自信がある人にとっては人間関係なんてどうでもいいと思っている人も多い。

どんな職場でも実力で勝てば何も言われないし、言わせない。

こう思えるだけの自信がある人もいる。

しかし、反対の人のほうが多い。

自分には何も力がない。

今辞めたら次を探す気力もない。

こんな状況でも辞めるしかない状況に追い込まれているケースがある。

希望も力もない状況で辞める

勢いで辞めてしまった。

このような人は、退職を後悔することのほうが多い。

1つ前の会社で何をしてきたのか?

面接の時のアピールポイントがない。

こうなると、どんな会社に応募しても結果的に面接で落とされる事が続く。

自分を客観的に観察していなかった。

こういうタイプの人は、何社受けても採用されない現実がある。

20代や30代と異なる壁

若い。

これは単純に次がある条件にもつながる。

いくらスキルも経験もない人でも周りが支援する。

これが年齢の若い人への待遇。

しかし、年齢が高くなればなるほど、即戦力。

この一言が先になる。

支援する必要がない。

エージェントからも前の仕事の経験や年齢的な魅力を即戦力として表現する。

これがないと他の人のほうが優先されてしまう。

今の自分はどこを目指す環境になっているのか?

こういう感覚になっていないと、この先に自分が入社できる未来は見えてこない。

 

40歳男性の転職前の注意点

 

自分の履歴書を見てどう思う?

どこで何をした?

資格は?

過去の仕事の経験年数や実際の職務経歴は?

退職する時の事情よりも重要なのは何をしてきたか?

これがミドル世代にとってはとても重要になっていく。

退職直前に何があったのかではない。

しっかりその会社に在籍した期間できちんと1つ1つの結果を出したかどうか?

この答えがもう既に刻まれた過去の履歴として目を見て相手にアピールできるのか?

この答えができて当たり前。

家族にも何もアピールできない

家族や子供にパパは何をしている人?

仕事はどんなことをしているの?

こう言われたらあなたは何と答えていましたか?

この答えに対して、自分が不安を持つ毎日を過ごしていたなら、当然この先大きな壁になる。

転職した数よりもその会社で手にしたことをきちんと説明できるかを考えるほうが重要。

別に何社辞めたとしてもそれが転職が難しい理由とは言えない。

ブラック企業の典型的なパターンであれば、経験者のほうへ同調する傾向もある。

しかし、その判断はあくまで他の会社で結果が出ていた人が伝えてこその答え。

何の資格もないが、きちんとその環境に合わせた結果を出した。

こう相手にもしっかり伝えることが出来るケースなら、正社員でも紹介予定派遣でも仕事探しは簡単になる。

しかし、過去の人生を振り返っても何もやってきたことが言えない。

このような40歳では、どこで面接を受けても面接官は大丈夫なのか?と思ってしまう。

内定を出したいと思ってもこの人材で本当に良いのか?

もう少し若い人を採用したほうが無難なのかもしれない。

このように検討される人材と判断されたら、勝ち目はない。

最後の可能性は低い

大手を辞める人も多い時代。

公務員ですら辞める人がいる。

これが最後と思っていますか?

この質問を受ける事も多い。

しかし、その答えは別にその通りですと答えたところで頭の中では別の答えを用意できるか?

上司や部下が結局何もわかっていない社会人になったばかりの社員ならあなたはやっていけるのか?

ある意味、簡単に辞める行動をとることが可能になる状況も考慮しておく必要がある。

ある意味、40代は管理職候補だけが選択肢になっているわけではありません。

正直続けるかどうかはわからない。

やはり、その環境や会社の状態次第によっては気持ちも変わる可能性はある。

こう考えたら、別にみんな最後の職場なんてことを意識する必要はない。

まずは自分が採用される場所があれば入ってみる。

たったこれだけで気持ち的には十分なんだと思います。

 

40歳男性の転職成功ポイント

 

40歳になった状態からの転職でも自分のやりたい事を見つけ出した人は多い。

昔に比べたら人口減少の心配は今後もさらに強くなっていく。

当然人が減っているなら、仕事を見つけやすい状態になる。

こう考えたら別に採用されたら即決する必要もない。

他にもまだまだ会社はある。

冷静に考えていろいろな選択肢を用意することがポイント。

なぜ採用されたのかを観察する

相手が採用通知を出した時には年齢を問わず最初は嬉しいと思える。

でもなぜ?と疑問を持つ子とも大切。

なぜわざわざこの年齢を採用した?

別に他の若い世代を採用しても良かったはずなのに!

このように企業が一体何を期待しているのかを考える事も重要。

そうして観察していくと、能力や給料などさまざまな条件だけでなく環境を観察する余裕が出てくる。

逆にこちらが採用通知を出した会社を断れるくらいの余裕を持つ。

これが成功する人のポイントと言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク