スポンサーリンク



40代の彼氏。

20代の彼女。

別に30代でも50代でも関係ないと思う人もいる。

男性も女性も将来結婚を考える。

恋愛をしたい時には年齢は年上、年下程度の価値しかない。

結婚をしたいとなると話は別。

男性でも子どもができたとしたら、子どもの年齢と彼の歳を考える。

いくら年上好きと言っても20代で40代を好きになるのはどうなのか?

自分の好きになった相手のことなのに、ふと彼の年齢を気にする。

こんな人が増えている。

これまでにも40代と彼氏という悩みについて以下のような内容を書いてきました。

40代で(の)彼氏ができ た

40代男女の彼氏ができた悩み

40代彼氏ができた!女性に多い恋愛の悩みと対処法まとめ

40代で彼氏がいない

彼氏いない歴イコール年齢の40代女性の行動彼氏いない歴=年齢の40代振り返り術と最初の一歩

40代彼氏連絡頻度成功体験

40代彼氏の連絡頻度と対処法に多い失敗相談と成功体験記

40代彼氏なのにお金がない

40代彼氏なのにお金がない

お金がない40代彼氏を信じるべき?見極め方のポイントや注意点

40代彼氏とデートの成功法

40代彼氏とデート|年下彼女が注意すべき課題と成功させるコツ

40代彼氏へ手料理

40代彼氏へ手料理

40代彼氏へ手料理作戦に多い失敗原因と成功する人の違い

40代彼氏の悩みまとめ

40代彼氏|彼女に多い悩みと解消法まとめ

出会いがない。

男性も女性も今は同じ悩みを抱えている。

いい感じの人がいたとしてもなかなか彼氏彼女持ち。

もう相手がいる。

中には結婚してるなんてこともある。

だからこそ、歳の差なんて気にしている余裕もない。

でも現実は?

生活の上では何も心配する必要がない。

恋愛の相手としては満足してるし、人としても尊敬してる。

でも。

この葛藤を今の段階で抱えている女性に伝えたい内容をご紹介していきます。

私のサイトは、40代の男女が自分らしく生きるための考え方をご紹介しています。

20代、30代、40代。

全ての年代に共通する悩みがある。

それは、仕事、転職、貯金、恋愛、結婚、離婚、ファッション、プレゼント。

言い方を変えると、人、モノ、お金、時間。

このバランスを自分の人生でどう考えるのかをご紹介しています。

恋愛が始まれば何か自分の時間やお金を犠牲にする事も増える。

付き合い。

この言葉を必要以上に負担すると、女子は自分のやりたいことや必要なことにお金が足りなくなっていく。

大人の女性とか付き合い方。

こんな文字に意識を向けるほどやりくりが大変になっていく。

恋人を持つことにもお金と時間と労力がかかる。

これが今の時代の難しい部分。

今回の記事では、40代彼氏を20代彼女がどううまくコントロールするか?について以下の項目でご紹介。

40代彼氏と20代彼女の価値観

40代彼氏と20代彼女の失敗例

40代彼氏と20代彼女の成功法

人気の相手。

理想の彼。

今好きになった人にこんな表現を使う人ほど要注意。

このあとの自分の人生が自分らしいのか?

こう考えながら読んでみてください。


スポンサーリンク






40代彼氏と20代彼女の価値観

40代彼氏と20代彼女

婚活。

恋活。

いずれも恋愛相手を求める事に変わりはない。

しかし、この2つは大きく意味も価値も異なる。

大人の言う恋愛って何?

若い時には、お互いが楽しめる、必要とする存在。

こんな関係をカップルと表現している。

しかし、この関係って30代でも40代でも一緒?

私は徐々に変わってきていると思う。

数年どころか自分の人生の倍を生きている世代。

これだけ歳が離れているなら、それなりにしっかりいろいろ経験しているケースも多い。

そうなると、大人の恋愛を40代ではこう考える男性も多い。

お互い必要な時にだけ関係を持つ。

良い方を変えるなら、一定の距離を保つのが当たり前。

このように考える者もいるのが現実。

恋愛相手のあとは、結婚でしょ?

この言葉がその通りとならないこともある。

これが大人の恋とか恋愛と口にする人ほど注意が必要な価値観の違い。

 

40代彼氏と20代彼女の失敗例

40代彼氏と20代彼女失敗例

では具体的に友人から聞いた歳上のほうからしたら当たり前。

でも自分の子供と思うくらいの世代では常識外れ。

こんな認識の違いから付き合うことを諦めたというエピソードをご紹介。

何歳上までなら付き合う?

あなたの周りでもこんな質問ありませんか?

「何歳上までOK?」

これって、相手の許容範囲をリサーチする上では非常に使いやすい表現。

でもこの答えって安易に10歳でも20歳でもOKと言ってしまうとこんな扱いもある。

じゃあ浮気する相手としては大丈夫だ。

不倫でも同じ。

もう相手がいる。

このタイプの人たちが同じ質問をして回答を聞いてしまうと収入的には余裕があるほうが得になる。

  • 多くの時間を一緒にいられる。
  • 別れを切り出すのも簡単。
  • 経験がある分、メールやlineも心をつかむテクニックもある。

こんなタイプの人だったと気付くまでの時間が問題。

十分相手の出方として質問事項と答え方には注意が必要。

最近の仕事と必要な存在

女性が年上に憧れを持つのにはきっかけがある。

その典型例が職場。

普段一緒に仕事をしている上司の存在。

憧れるような仕事ぶり。

大人と感じるようなそぶりやしぐさ。

こういう光景からその世代を好きになれば、きっと幸せになれるはず。

なぜか世代への恋に価値観が変わっていく。

こういうタイプほど、感覚よりも心理として期待する気持ちを先にしてしまう。

同世代だからきっと大丈夫。

こんな選び方をすると、ただ同世代というだけで価値観も考え方も大きく違う人を選んでしまうケースもある。

十分注意をしておくことをおすすめします。

 

40代彼氏と20代彼女の成功法

40代彼氏と20代彼女成功のコツ

では実際にずっと一緒にいて、落ち着いた毎日を過ごすカップルはどうやって選んだのか?

この成功パターンの特徴をご紹介。

プライベートの距離感

相手に干渉しない。

いつもベタベタ一緒にいない。

わたしはわたし。

あなたはあなた。

実際に10年、20年という歳の違いがある。

ずっと毎日同じことをしている中でも考える事は大きく異なる。

例えば、20歳と40歳。

28歳と48歳。

このカップルが知り合ってからずっと同じことを2人でおこなって楽しめるだろうか?

例えば、ネットで検索する内容。

話題も違う。

ネタ元も違う。

会話を重ねようと思っても相手には全く興味がなかった。

こんなことが日常に当たり前に起こる。

でもそれはなぜという疑問を抱くまでもない。

もうそんなの昔に見てきた。

一方ではこう感じることもあるだろう。

今まで知らなかったと思うことも驚きや感動の度合いが異なる。

今日1日を大切にして生きる。

この感覚が大きく違う。

だからこそ、恋愛対象であってもある程度プライベートな空間や時間をお互いが用意しようとする。

この干渉しない時間が普通になる人ほどうまくいく。

食事も違う家族

海外では夫婦でもお互い食べたいものを食べるのが常識。

日本では、みんなで同じものを食べようとする。

この価値観もどこかで見直しをする必要がある。

なぜか?

イメージしてみてください。

自分が20歳も年の離れた後輩とご飯に行って、同じものを食べたいと思えますか?

肉、米、野菜、スイーツ、飲料。

5つの中でどれかはかなり近い好みもあるのかもしれない。

しかし、ちょっとずつ自分の食べたいものが変わってくる。

これも人生の経験の中で時間の経過に伴って価値観が変わってくる。

男女にも差がある。

こうしたことが理想とかけ離れすぎた結婚生活と思わないカップルほどうまくいく。

時間と行き先

既婚になった際でも遊びたい時間も場所も違う。

ちょっとみんなで遊びに行く。

この言葉が甘えに聞こえるのかどうか?

それとも自分にも時間ができたと考えられるのか?

たったこれだけでも悩みになる原因の1つ。

単純な例なら、年末年始がわかりやすい。

除夜の鐘、初詣に行きたい20代。

早く紅白も途中で寝ておきたい40代。

体力の差が顕著になって同じ時間の使い方も大きく変わってくる。

こうした時、お互いのやりたいことを尊重できるか?

男女とかそういう事ではない。

あくまで、本当に必要な存在でもいつも常に一緒にいないと不安になるような相手ではない。

こうハッキリと言える関係でいられるなら、そのカップルは末永く幸せに暮らせるのです。

同年代を選ぶべきか?

歳の差カップルが理想なのか?

この点を見極める時には、とても分かりやすい見極め方だと思います。

スポンサーリンク