スポンサーリンク



好きな人とはいつでも連絡したいタイプ?

必要な時のみ連絡が取れる環境があれば十分?

音信不通までいかないギリギリのラインまでは干渉されたくない?

人により連絡頻度の価値観は異なる。

男と女も違う。

20代30代40代という年代によっても違う?

彼氏彼女になった。

彼氏から全く連絡が来ない!

この悩みを持つ女性は多い。

でも相手が40代となると以下のような考え方を持つ人も多い。

  • 大人の男性だから?
  • 忙しいから?
  • これが40代の彼氏の連絡頻度?

いやいやそれって関係ないのでは?

仕事よりも恋愛が大事。

家庭を守るためと言いながら仕事で家族を犠牲にする。

この2つを考えただけでも大きくその価値観は異なる。

これまでにも40代の彼氏に対する悩みをご紹介してきました。

40代彼氏がフリーター

スポンサーリンク


40代彼氏がフリーターなら別れる?付き合う?女性の解決方法

40代男女の彼氏ができた悩み

スポンサーリンク


40代彼氏ができた!女性に多い恋愛の悩みと対処法まとめ

40代で彼氏がいない

彼氏いない歴イコール年齢の40代女性の行動彼氏いない歴=年齢の40代振り返り術と最初の一歩

40代彼氏と20代の彼女

40代彼氏と20代彼女成功のコツ

40代彼氏と20代彼女の付き合い方成功と失敗の差

40代彼氏なのにお金がない

40代彼氏なのにお金がない

お金がない40代彼氏を信じるべき?見極め方のポイントや注意点

40代彼氏とデートの成功法

40代彼氏とデート|年下彼女が注意すべき課題と成功させるコツ

40代彼氏へ手料理

40代彼氏へ手料理

40代彼氏へ手料理作戦に多い失敗原因と成功する人の違い

40代彼氏の悩みまとめ

40代彼氏|彼女に多い悩みと解消法まとめ

結婚する相手かもしれない相手。

結婚してからの仕事をしてる状況なら仕方がないかもしれない。

でも、彼氏彼女になってこの距離感ってどうなの?

不安な気持ちを抱えてる時の恋愛に幸せはない。

むしろ、悩みを抱える毎日。

気持ちのほうがまいってしまう人もいる。

彼のことをどう考えることが大切なのか?

そこに大人とか40代彼氏というのは関係あるのか?

実際に40代で結婚した後の7年以上一緒にいる私と妻の連絡頻度を含めてご紹介していきます。

私のサイトは、40代男女が自分の個性を活かし、自分らしく生きるための考え方をご紹介しています。

20代30代40代と年齢を問わず、多くの人が人生の中で悩んでいる。

でもその悩みの中には共通する事も多い。

具体的には何があるのか?

仕事、転職、恋愛、結婚、離婚、プレゼント、ファッション。

これってどんな年齢になっても今の自分の世代の平均や予算等を気にしている。

デート1つも悩みになる時代。

付き合い方に法則はあるのか?

上手くいくカップルは週何回デートするの?

連絡は1日何回lineが来る?

メールより電話?

こんな感じの話を女子同士で話している時に知ってほしいことがある。

今回の記事では、40代彼氏の連絡頻度について、リアルな世代から以下の項目でご紹介。

40代彼氏の連絡頻度と恋愛失敗例

40代彼氏の連絡頻度と恋愛注意点

40代彼氏の連絡頻度と恋愛成功法

自分が誰か友達の話を聞いたらあなたは何て答える?

恋は心理戦みたいな事を考えている人は多い。

確かに駆け引きは存在する。

しかし、それって自分を見失っているからそう思っているとも言える。


スポンサーリンク






40代彼氏の連絡頻度と恋愛失敗例

40代彼氏連絡頻度

好きな人と恋人になれた。

これでもっとお互いに連絡を取りやすくなった。

なのに、彼氏彼女になった途端、連絡が激減。

恋愛の悩みには、こんな事例も多い。

この時の対処に失敗した方の例をご紹介していきます。

「付き合ってから」はタブー

時代の流れとして、ハッキリ言えることがある。

人は素直に正直に相手にすべてを言わなくなった。

付き合っていない時も付き合ってからも変わらない。

この先もずっと同じ。

相手は結果的に何を考えているのかわからないまま。

男性も女性も言葉を濁す事が増えた。

結果、相手の行動と自分の理想を比較して考える。

これが言葉になった時が失敗の典型例。

「なぜ連絡をくれないの?」

この言葉を口にするなら、タイミングが重要。

カップルになったからそれなりの責任を求める。

こう思っている人がいるなら要注意。

あなたとは付き合えないとか別れるという返信を覚悟する必要がある。

なぜか?

束縛と価値観の差

恋愛における悩みのキーワードは多い。

  • 浮気
  • 不倫
  • 返事や返信の時間
  • デートの頻度や回数
  • お金(割り勘、おごり)
  • 生活の質
  • 仕事を辞める、フリーター

告白をされる前とは違う。

生活の中でいろいろ考えることはある。

誰もが今目の前に広がる自分の世界で生きている。

そして、その中に他人と関わる時間や気持ちを用意する。

最近はこのプライベートな時間という感覚が減っている。

たったこれだけのことに束縛と感じてしまう社会人がいる。

つまりは、40代という年代とは別の問題。

好きな人ができてからの自分の覚悟。

これが、想像よりも大変だった。

こんな人がいる事を見極めなければいけない。

 

40代彼氏の連絡頻度と恋愛注意点

40代彼氏連絡頻度注意点

人は同じように24時間の時間を使って生きている。

もちろん、自分が必要としているプライベートな時間もある。

カップルの中で、一緒に使う時間の価値や考え方。

この点が非常に重要になる。

出会いの幸せと犠牲の時間

休みの回数を考える。

デートの頻度を考える。

時間をシェアする。

これが手間を感じるという意見もある。

これは、恋愛に向いていないとも言える。

相手は寂しいという気持ちを持っている。

でも何の対処法も考えない。

これって私の事をどうでもいい女と思っているのか?

そうではない。

本人も悩んでいる。

みんなどうやってる?

こんな悩みを抱えているはず。

だから、まずは相手がどんなことに悩みを抱えているのか?

この考え方を用意する必要がある。

支えるという意味

子供を持ち、家族となる。

男女が夫婦となれば、お互いに譲り合う気持ちが必要になる。

幸せな心を維持するために何が必要?

この答えは、態度にも言葉にも自己犠牲が大切。

ちょっとでも相手に対して不快に感じるネタを提供しない。

意識し過ぎない。

たったこれだけのことがすごく難しい。

でもメール1通を送るちょっとした時間。

たったこれだけのことでも普通に通勤している中では想像以上につかれていたらどうだろう?

こんな風に考えたことはありますか?

それが何日続く?

これってつまりは、相手に余裕がない。

これが本当の答えだと思いませんか?

 

40代彼氏の連絡頻度と恋愛成功法

40代彼氏連絡頻度成功体験

ちょっとでもいいから時間ある?

メール1通送るだけなら。

この気持ちはよくわかる。

でもその気持ちをどうコントロールするのか?

これが同性同士なら何となく相手の生活や性格で考える。

でも異性であり、彼氏なら違うのか?

どこかで相手に対して自分の価値観を考える。

これがそもそもの問題点。

私たちの成功した事例をご紹介していきます。

相手を自由にさせる勇気

連絡頻度について、私は妻から出会った初日からこんな言葉を聞かされた。

  • 毎日なんて論外。
  • 挨拶メールとかいらない。
  • 日常の報告も不要。
  • 返事は相手に任せる。

このような話を一気に伝えられた。

コレって簡単に嫌いって言われている?

私はこう感じてしまった。

それでも私にとっては妻は魅力的な女性だった。

だからメールを送る事も自分からは控えた。

でもその結果はどうだったのか?

驚きだったのは、翌日から毎日仕事終わりに妻からメールが届いた。

もちろん昼休みも私からは何も送っていない。

この時の幸せな心は今でも忘れていない。

彼氏彼女になれた後にもこの連絡はしばらく続いた。

この結果、結婚しても幸せな家庭を築けると感じたこともあるようです。

結婚後の変化

私は妻に仕事で悩んでいる事を必ず話すようにしている。

私の仕事は家族の生活を支える収入源。

当然、自分の環境や状況によって、来月から急に何かあって困らせることは避けたい。

だから、今はもう私から仕事の合間でこまめに連絡をしてる。

  • 遅くなるから寝ていていいよ。
  • お迎え頼める?
  • 仕事が長引いてる。

このような事を細かく連絡。

こういう時、受け取る相手として妻は過去の自分と同じことを思っているのか?

これはもう違っていた。

今の私の仕事の環境や悩みを聞いて、今思っている事を知っておく。

この方が次の予測が可能になる。

一人で抱えてる時のほうが毎日の不安が大きくなる。

こんな関係になれる日も来る。

あなたにはこの可能性を信じる余裕を持って欲しい。

毎日?1週間に1回?

でも気持ちはずっと変わらない。

こんな関係を築くことが可能なのが大人の恋愛。

私はこう思っています。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク