スポンサーリンク



好きな男性を虜にするには女性が料理を作ること。

これは、どんな人でも口にする。

男の舌を納得させる料理を作る女を男性は手放さない。

でもこれって成功するためには必ずプロセスがある。

  • 料理を作るのは好き。
  • 食べてもらうのは楽しみ。
  • メニューも豊富に用意が可能。

こんな人なら、好きな男性ができたらすぐにでも作ってあげたい!

でもそれって本当に成功につながるんでしょうか?

これまでにも40代彼氏に多い悩みを以下のような記事でご紹介してきました。

40代で(の)彼氏ができ た

40代男女の彼氏ができた悩み

スポンサーリンク


40代彼氏ができた!女性に多い恋愛の悩みと対処法まとめ

40代でも彼氏がいない

彼氏いない歴イコール年齢の40代女性の行動彼氏いない歴=年齢の40代振り返り術と最初の一歩

40代彼氏と20代の彼女

40代彼氏と20代彼女

40代彼氏と20代彼女の付き合い方成功と失敗の差

40代彼氏とデート

40代彼氏とデートの成功法

40代彼氏とデート|年下彼女が注意すべき課題と成功させるコツ

40代彼氏なのにお金がない

40代彼氏なのにお金がない

お金がない40代彼氏を信じるべき?見極め方のポイントや注意点

40代彼氏がフリーター

40代彼氏がフリーター

40代彼氏がフリーターなら別れる?付き合う?女性の解決方法

40代彼氏との連絡頻度

40代彼氏連絡頻度成功体験

40代彼氏の連絡頻度と対処法に多い失敗相談と成功体験記

40代彼氏の悩みまとめ

40代彼氏|彼女に多い悩みと解消法まとめ

自分の好きになった人が40代。

こんな時、彼女になりたい女性が好きな人のために心を込めた手料理をふるまう。

この行動にはいろいろな意味で価値がある。

最初に言っておきますが、私はよく味音痴と言わている。

妻は煮物、肉じゃが、ハンバーグ、餃子まで幅広いメニューを用意してくれる。

でもその中でも別にどの味が好きとかそんなことを口にして私は食べていない。

結婚してから毎日の生活の中で簡単にこだわっても何も言わない。

むしろ、手軽という言葉の先で妻の体の負担を気にしてしまう。

こんな私が伝えたいのが、恋愛と手料理についての成功のコツと失敗注意点。

私のサイトは、40代男女が自分の個性を活かし、自分らしく生きるための考え方をご紹介しています。

20代30代40代とか年齢や年代なんて関係ない共通の悩みはいくつもある。

具体的には、以下のような内容。

仕事、転職、貯金、恋愛、結婚、離婚、プレゼント、ファッション。

こういう内容に多くの人は、人気ランキングとか平均なんて文字を気にしている。

そんなデータよりも毎日を自分らしく生きることにこだわって欲しい。

その方がきっと恋愛でも理想の相手と巡り合える。

これを私は自分のルックスに自信がない男として伝えられる体験をしてきた。

今回の記事では、40代彼氏への手料理効果について、以下の項目でご紹介。

40代彼氏へ手料理の失敗典型例

40代彼氏へ手料理用意の注意点

40代彼氏へ手料理成功ポイント

私は料理なんて何もできない。

オムライスなんてとても無理。

カレーやラーメン等温めるだけのレトルト系しかできない男。

そんな人が愛情を感じる行動をご紹介しています。


スポンサーリンク






40代彼氏へ手料理の失敗典型例

40代彼氏へ手料理

彼と結婚する前。

きっちり自分の自信作の料理を食べさせたい。

一緒に住んでいる同棲期間中に自分の得意なメニューで心を掴む。

我ながら完璧な作戦なんて思っていませんか?

でもこの行動の結果が大失敗につながったケースをご紹介。

手料理の答えを期待してる

特に多いのが、この回答を待ち望む女性の態度。

  • 返答に困る
  • 何て言えば納得する?
  • 何か言ってはいけない言葉はある?

別にレシピに何が入っていても関係ない。

美味しい以外の言葉を期待してる?

料理を作ってくれたことは嬉しい。

でもその答えを待ってる時の女性の圧がすごい。

このような態度を取られると男は答えることが得意ではない。

結果的に、期待する答えももらえなかったというギャップが生まれる。

別に傷つけるつもりもない。

純粋に何を言えばいいのかわからなかった。

それくらい相手の期待感が高い気がした。

こんな恋愛相談がある。

作る前のレシピ選び

せっかく作るなら、得意なものではない、相手の好きなレシピに挑戦しよう。

意気込みがすごい。

別に他の定番のメニューも美味しい。

でもわざわざ自分の好きなメニューを用意してくれる。

これは自分のために作ってくれると思えば男なら誰でも嬉しい。

でもその好みに対してこだわりすぎるとどうなる?

結果的に、その考えぬいた答えとのギャップが生じやすい。

舌が変わった。

味の好みが変わった。

こんな言葉が日常の生活の中でも聞こえてくる世代。

別に食べられると思った量ですら、前よりも食べられなくなった。

胃もたれしやすくなった。

こんな本音を隠している人も多い。

こういう人に対して昔好きだと言っていたメニューを当時の味を再現して提供。

この時の相手の反応はどうだろう?

「今このメニューを出されても」

こう思えてくる事もある。

私も実際に妻に同じ言葉を伝えた事があった。

でもそれはあくまで外食の時だった。

高いメニューをオーダーしたのに、当時ほどご飯が美味しいと思えない。

同じ量と同じメニューを食べるのに、なぜ?

このように考えたことがある。

やはり弁当1つでもお肉の種類や焼き加減でも変わってくる。

だからこそ、昔の好みに固執するのもあまりお勧めできない。

 

40代彼氏へ手料理用意の注意点

40代彼氏へ手料理作戦注意点

料理を作れる女性。

あまり得意ではない女子。

いずれの方でも注意してほしいことがある。

作り方よりも大切なこと

婚活の一環で料理を学ぶという人も増えた。

でも時代の流れの特徴はどうだろう?

働き方改革。

給料減少。

お昼の弁当もレトルト系の寄せ集め。

こんなメニューを外で食べる人も増えた。

サッと簡単に食べられる外食メニューのほうが人気になってしまう現実。

手の込んだ手料理を味わって食べる時間がない。

このような時代に外食を選ぶ。

こういうイメージの中で腕をふるうのはどこまで通じるのか?

この点をよく考えてほしい。

少しずつでも良いから食べてほしい。

この気持ちが一番大事だと思う。

結婚してからを想像

今好きな人と将来は結婚してほしいと思う。

だからこそ、必死になる。

でも少し先の未来ではその行動が毎日になる。

苦手な事を必死に克服する?

こんなイメージを持っているなら私は止めたい。

私も妻と出会い、最初に言われたのが、料理は苦手。

おいしくないから期待しないで。

こんなことを普通に言われたことを今でも覚えている。

でも別に少しもまずいとか食べられないと思ったことはない。

むしろ、料理の腕がどんどん上がっていると思えた。

それなりに彼女の頃に特訓していたのかもしれない。

でも最初の発言があったからこそ、そのあとの一品ずつの料理がとても嬉しかった。

リクエストなんてしない。

相手が今日作りたいと思えるものを出してくれれば十分。

このイメージを持っていないと、いつか自分でレシピを考える事にも疲れてしまう。

 

40代彼氏へ手料理成功ポイント

40代彼氏へ手料理作戦成功のコツ

恋愛にはタイミングが大切。

lineでのチャット、メール、電話等の連絡。

デートの頻度や回数、時間。

クリスマス、年越し、初詣、バレンタイン、ホワイトデー、誕生日、記念日等のイベント。

いずれの機会にもタイミングが全て。

店を選ぶこともおいしく感じられるコースを考える。

その日1日を知ることがさらにその場所もメニューも素敵に見せる演出につながる。

私はこう考えて妻のリクエストにも応えるようにしている。

しっかり味付けより大切な事

今日は何を用意したら喜ぶ?

こんな気持ちを持って作った料理は何でも嬉しい。

例えば、以下のような情報はやっぱり重要。

「ちょうど食べたかったんだよ」

「塩分が欲しいと思っていた」

「今日はさっぱりした物が食べたいな」

これをリクエストと考えるか?

それとも手軽なメニューの選択肢を与えてくれたと考えるか?

これだけでかなり違ってくる。

相手の気持ちを知る。

このほうがやっぱり大事。

食べられない年代

外で仕事をして毎日くたくたになって帰宅。

カップルになった時から、相手は一人暮らしでまともな手料理なんて食べていない。

このような状況でも別にその生活に違和感を感じていない事もある。

気持ちとしては、手軽に簡単にすぐサッと食べられることが重要。

こんな人に相手が下手でも気持ちを込めて作ってくれたらそれだけで十分。

見た目にこだわるのは若い時。

結婚相手に求めるのは何をチェックしている?

この答えは、仕事に疲れた自分をどこまで観察してくれているのか?

この方が関係をさらに深める要因になる。

料理が下手でもok男子は多い

外食が当たり前になった。

節約したいと思っても仕事柄お昼を食べる時間も不規則。

どこにでもレンジがある生活ではない。

こんな時に手料理にこだわった行動をされてもその料理を食べる時間がない。

家でゆっくりする時間がない。

食べるのも手間。

もうどんどん寝たほうが良い。

こんな状況になっている人もたくさんいるはず。

だったら、手間がかかる料理を作り始める必要はない。

むしろ、その人の大好物を1つだけ覚える。

そして、食べたいと言わら時だけ夜のメニューに出す。

たったこれだけのほうが少ない会話の中でも価値を伝えられる。

これこそがアピールにつながる行動だと思う。

昔と違う今の料理の価値

家に帰ってのんびり家族と一緒に夜の食事を食べる。

会社は毎日定時に終わる。

こんな生活を送る人は少なくなった。

付き合いの中でもお互いに時間を作るのに必死。

こんな状態になっている。

当然、手料理はアピールできる方法の1つ。

しかし、それはすべての人に伝わると思ったら間違い。

各種メディアが習い事を促進するための内容を見て料理をしなければいけないと思ってる人も絶対いるはず。

でもこれって誤解が多いと私は感じる。

だったら家でちょっとした話題を相手とシェアできるほうが価値がある。

こう思える人もいるはず。

キッチンに立っている行動が女のたしなみみたいな感覚はもう古い。

今日の苦労や苦悩を感じてもらえる。

ちょっとした市販の安いお得な商品を探し出した。

こういう行動のほうが好印象につながりやすい現代社会。

しっかり相手を観察しよう。

料理を使って相手の心をつかむ。

この対象は、限定される。

この意識を持ってほしいと思う。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク