スポンサーリンク



40代になってから転職するのは大変だ!

男性でも女性でも求人サイトを見ながら、自分のこれまでの経験やスキル、資格などを軸に仕事を探す。

事務、販売、営業、ドライバー。

人材不足とか人手不足なんて言葉が広がっているのに、なかなか仕事がないという人が増えているのも現実。

その背景は、業界や職種を問わず、正社員でもアルバイトでも徐々に年齢規制をしている求人増加が理由の1つ。

35歳以下

39歳以下

アラフォーにとっては、徐々に正社員の仕事を探すのは難しいと思う事が多い地域もある。

かといって、資格を取得すれば、応募する条件クリアとなるのか?

年齢を意識した時の誤解が多い悩みもご紹介しています。

40代男性未経験転職と資格のリスク

スポンサーリンク


40代男性の転職未経験でも資格持ちは有利か?現場の厳しい現実

私も実際に以下のような経験を持つ。

転職をサポートして、人材を紹介する人材コーディネーター業務経験者。

会社の人事や面接担当。

こうした経験をふまえた40代女性の転職におすすめの探すコツをご紹介していきます。


スポンサーリンク






40代女の転職|需要と供給

 

キャリアという言葉に囚われる必要がない。

この分野を探す事も1つの選択肢。

20代、30代、40代という年齢を問わずとにかく人が足りない。

多くのサイトで、人手不足という文字を目にする。

しかし、実際に応募も多くない業種は実在する。

資格なし前提の人が多く働く現場

介護や医療の仕事を探す。

人と接する仕事。

年齢も性別も問わず注目される1つとなるのが、専門分野。

他にも、以下のような職種は近年、未経験者歓迎の文字が目立つ。

  • システムエンジニア

正直スキルなしが当たり前という業種。

でも勤務地によっては、いくら給与や待遇を良くしても面接の希望や問い合わせすら届かないというケースも目立つ。

転職サイトに登録してあっても、利用するユーザーの認識には年齢を問わない共通点がある。

30代、40代、50代になってから、急に全く畑違いの何も分からない仕事に就きたいか?

この答えに対して、転職サイトを利用している人の大半がこう答える。

「いくら人気や注目の会社でも面接で何を聞かれてもいい印象を持ってもらえる自信がない。」

特にこのような傾向が強いのが、都市部から少し離れたエリア。

関東エリアでは千葉県、埼玉県、神奈川県などの仕事を見ている人の中には、こういう意識も強い。

一般の求人にアルバイトや派遣、契約社員という雇用形態で特に今は次のような業種が目立つ。

  • 医療
  • it業界
  • エンジニア
  • 企画
  • 設計
  • ドライバー

このようなビジネスは幅広い年齢層に対して基本長期の雇用を予定した状態で求人が出てくる。

もちろん上の人もこの先の人口減少を見据えて、事業の展開や展望を考えた時、最低限のお仕事を担当してくれる現場の人が必要。

いくら管理職や知識や経験を持つ活躍中の人がいても次の時代を担う人がいない。

だからこそ、新卒、第二新卒だけでなく、手厚い研修や1日体験などの短期間も歓迎しながら人を求めている。

あなたがもしこれからの時代に少しでも長期の期間での雇用を期待しているならこうした分野も注目しなければいけないのかもしれない。

 

40代女性の転職と今後の可能性

 

いくら時代はネット中心で物が売れていると言われていても結果的に業務委託などを行う先は人による業務が必要になる。

一定の年収を用意して、土日祝を休みにしても問題がないような状況を作りたい。

残業もさせない。

こうしたポイントを今後守っていく事を含めて、50代60代になっても困らない生き方はないのか?

この答えにアパレル等が通用すると思うのは難しい事も多い。

事務も同様だ。

しかし、以下のようなお仕事は別。

  • pcを使用した専門の仕事
  • 営業のお仕事

このような仕事は、最寄りの駅徒歩圏内のオフィス街でも探すことは可能。

なぜか?

特に、企画系を募集する会社は、今後も人員増加の可能性が高い。

そして、対応としてきちんと簡単に人が辞めない仕組みを作っておかないとどうなる?

退職理由と事業の中身が徐々に情報として外に漏れる可能性もある。

結果的に求人情報とのギャップなどを指摘されると、今後の事業の展望に影響が出る可能性すら出てくる。

こういう時代だからこそ、安易に条件を変更するのも難しい時代になった。

そして、こういう専門の仕事や営業というのは、幅広い次の展望が期待できる。

以下のようなキーワードがその典型例。

  • スキルアップ
  • 自分の可能性への挑戦
  • 自分のスキルに合った待遇を考える。

このような言葉がつかえるようになると休みだけでなく、残業代などの手当関連を含めて月給や年収アップ成功のきっかけにもつながる。

こうした仕事が年齢不問というケースにはまずは企業に直接募集の詳細を確認する事も大切。

 

40代女性の転職と地域差

 

沖縄や中国、四国地方、九州と都市部は違う。

当然、子育てや育児の支援などを求めたくても周辺に公共のサービスなどがまだまだ不足している地域も多い。

こうした悩みが原因で仕事をしたくても出来ないという悩みも多い。

在籍している人も頭を抱える悩み

結婚して、子供が欲しいとかネイルや髪型をもう少し楽しみたい。

婚活や恋活なども将来に考えている人の求める情報は多岐にわたる。

男女の差

シニア世代の活用

上記のような問題は正直格差が広がっていると私は心配する。

子育てに不安を感じている人は増える一方。

その背景は、男女を問わず、福利厚生や将来の安定がどの会社でも難しいと感じさせるようなメディアの紹介も大きな原因になっている。

だからこそ、関東でも関西でも介護福祉士などのリーダー関連の仕事は正直応募も少ない。

過酷な条件

この響きを主婦ならより一層不安を持つ。

月収20万円では正直託児所を使用して働くのは難しい。

このような実際の家計などを考えて転職活動を行っている人も多い。

ミドル世代になった悩み

特にこれまでの経験で評価をしっかり貰えるような業績も実績もない。

できるだけ長く働いたことはあるが、昇給や店長などへの昇格を考慮されたこともない。

免許はあるが長くその仕事に付いてないブランク有状態。

このような1つ1つの内容が自分の状況で待遇を望む事が難しいと悩んでいる人も多い。

しかし、雇用された後の環境が悪いとなったら?

こうした悩みの方が圧倒的多数。

よって、自分がこの先エージェントなどのサービスを利用しても自分の希望するエリアには仕事がない。

こう感じる人も多いのです。

ではどうすればいいのか?

 

40代女性の転職おすすめの探し方

結局仕事を探すという事に自分の履歴書や職務経歴書に自信がない人はどうする?

この答えを私が人事として管理職として人材を選んでいた時のお仕事のパートナー選びをご紹介していきます。

自分の事を客観視出来ている人

40代になってしまったという状況でやはり企業が最も心配をするのが、その人の対応能力。

個人が浮いてしまう。

この時、周りの士気が低下することを避ける必要がある。

当然、さまざまな年齢をかけ合わせた方がいろいろなアイデアが生まれる可能性は高い。

しかし、互いが遠慮をするような環境になると、その現場に安心や刺激はなくなっていく。

結果的に誰かが誰かと顔も合わせたくないとか嫌いな人を辞めさせる!

こんな陰湿な動きが出てくるようになってしまう。

よって、自分を客観的な目で観察できていると感じさせる人が企業に求められる傾向もある。

自分の事を飾らない人

これまでのお仕事も何をしてきたのか?

こんなことを質問される可能性は高い。

しかし、こういう時に人はつい自分のやってきたことを大げさにアピールしたがる傾向もある。

特にpc関連のお仕事ではこの傾向が顕著。

大手の会社に在籍したが実際に行っていた仕事はほとんど初歩。

このような人が他の会社への転職を希望する時には、あたかも自分が行ってきたかのような内容を話す。

その先に実際に業務が始まった段階では、期待できる内容とギャップが大きくなっていく。

このように一定の期間で自分が在籍した企業や業務が何かという事に対して、素直に伝えられる人を歓迎している傾向もある。

次が最後という覚悟

企業は正社員を雇用する際に、やはりその人材が将来は安定的に仕事を継続してくれることを願う。

しかし、資格系の仕事でも営業でもどんな正社員でも業界の実態などを知った時にすぐ辞めたいと口にする事もある。

やはり、40代というなら、それなりに今後の転職を考えない活動をしているのか?

この答えがどうしても女性の場合は将来の不安を多く抱えている場合は人材を確保するのが厳しい状態に追い込まれる不安が高まる。

よって、職種や業種を問わず、長期雇用を前提とした仕事探しをしている。

この意思表示が伝わることが重要になります。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク