スポンサーリンク



40代のメンズコーデに興味がある。

秋ってどんなシャツやアイテムをカジュアルには使うの?

ジャケットにデニムって人気の着こなしスタイルなら大人の印象?

40代ファッションメンズ秋コーデ

春や夏と装いが変わる秋。

メンズコーデにも着こなしの中で重ね着スタイルが可能になる。

カーディガン、ニット、ジレ、ベスト、ブルゾン、コート。

ビジネスでは普段着こなしも簡単になってる大人たち。

しかし、なぜかデートコーデになるとカジュアルだからと合わせるポイントがちぐはぐになっていく人も多い。

爽やかさの演出。

服はあくまでも合わせの感じと雰囲気のマッチング。

これが、とても服装という言葉に大切なポイントになります。

私は40代ファッションメンズについて、以下のような内容もご紹介しています。

40代男性ファッション夏ユニクロ

スポンサーリンク


夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代男性ファッションコーディネート夏猛暑

40代男性ファッションコーディネート気温35度以上のモテ要素

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性服のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション春夏秋冬太めの強みと弱点を使いこなす

40代ファッションメンズブランド

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代ファッションメンズバッグ

40代ファッションメンズバッグに多い誤解やデート用失敗注意点

40代男性ファッションカジュアル

40代男性ファッションメンズカジュアルを意識する注意点と優先順位

40代ファッションメンズジャケット

40代ファッションメンズジャケットで女性受けの良い選び方と注意点

40代ファッションメンズ春コーデ

40代ファッションメンズ春コーデ|デートにダサいを防止する注意点

40代男性ファッション靴

40代男性ファッション靴選びでダサい失敗典型例や注意すべき点

40代ファッションメンズブランド

40代男性ファッション向けブランドって何がおすすめ?

人気のブランドはランキングからチェックするべき?

女性ウケの良いビジネススタイルってやっぱり高級系?

こんなブランドに対して変な先入観を持っていませんか?

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代ファッションメンズデブ

40代ファッションメンズデブ体型も簡単!デートコーデのコツ

デブファッションメンズ夏

夏デブもメンズファッションを個性を活かして楽しむコツと失敗原因

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

服は本当に合わせるポイントさえ見つけてしまえばおしゃれは単純になる。

春と夏に向けて購入した服も合わせ方次第で簡単に1年通じて使える感じに変わる。

アウターが入ると雰囲気がかなり変わる?

そんなことはありません。

個人の持つカラーを上手に服装とマッチさせることが出来れば、誰でも似合うを楽しめる。

こう考えて服選びを楽しんでいただきたいと思います。

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション、恋愛、結婚、髪型と同様に個性を活かし、自分らしく生きるための考え方を伝えています。

人は悩みを抱えてる時に、必ず以下の4つのバランスを意識してると私は考えている。

「人、モノ,お金,時間」

ファッションも一つの投資。

季節に応じて合う人が違うかもしれない。

その人たちに合わせてオリジナルのカラーの採用や自分の雰囲気や感じを間接的に伝えるパーツ。

そこに変にお金をかけなくても、人はモノを大切にしてるとか時間の使い方が上手などのさまざまな点をチェックされるのが、デート。

40代同士の付き合い方で自己アピールによくある勘違いもご紹介しています。

40代同士付き合い方デートテクニック

40代同士付き合い方|デートで自分らしさアピール方法失敗注意点

トレンドなんて別にどうでも良いというのが私の本音。

高いブランド物は使いこなせてこそ初めて価値とその人の世界感が伝わるのです。

こうした視点で、あなたらしいコーディネートを見つけていきましょう。

サイト管理人Mr.Dと申します。

今回の記事は、40代ファッションメンズ秋コーデとデート出の女性ウケという視点から色使いについて以下の項目でご紹介していきます。

40代ファッションメンズ秋コーデの色注意点

40代ファッションメンズ秋コーデの色成功法

まずはまとめ方を知る。

そして、男として、女性にもウケの良い使い方を少しずつ意識を持って広げていく。

こうすれば、20代30代のブランドを使いただ見せるだけの男より40代男性の持ってる余裕やお金の正しい使い方を演出する事ができます。


スポンサーリンク



40代ファッションメンズ秋コーデの色注意点

40代ファッションメンズ秋の色

秋になると、やはり男性も女性も徐々に色の配色が濃くなっていく。

黒、グレー、白、ネイビー。

基本的にはどんなブランドも必ずおすすめの色にこの4色を使ってくる。

その上で、柄やプリント、ロゴを入れたりしてそれぞれのブランドイメージをシンプルに伝えてくる。

このような中で、秋のメンズファッションコーデにおける40代男性が注意してほしい色使いをデートコーデベースでご紹介していきます。

40代ファッション秋メンズコーデ配色注意1.主張

メンズファッションコーデ注意点40代秋

あくまで、デートコーデにおけるメンズファッションは女性の引き立て役。

ボトムスにチノパン。

上着にキレイめな落ち着いたtシャツにパーカー。

たったこれだけで、本来は細身でも太めでもスタイルが完成してしまう。

なのに、何故か自分の着こなすラインに何かが足りない!

このような認識を持ってしまい、プラス何かの秋系の色を入れようとする人がいる。

確かに季節の雰囲気を全体の中に入れたいと思う気持ちはわかる。

重ねて羽織る事で奥行きが出たり、シルエットの出し方に幅が広がることも分かる。

しかし、女性に対してイメージを重ねた考え方がこの時欠落してしまう事が多い。

女性は秋の色に多くの人がベージュを使うことも増えてくる。

タイトなジーンズやスキニーパンツなどで足元の冷えを防止する人も多い。

このような中で、春夏のスニーカーなどの定番や特集を見て、どこか色使いの多い方がきれいな演出ができると思ってしまう人がいる。

まずは、メンズコーデよりも女性の流行を必ず参考にする。

これが本来、ビジネスでもスーツの色やストライプの幅に影響する。

カジュアルで言えば、清潔感の欲しい中の色などに参考にしたい配色が出てくる。

何を元に使える色を探すべきか?

今あなたに特定の相手がいる時はもちろん女性の好みをスマートに確認する。

これが、本来の大人のカッコよさであることを知っていただきたいのです。

40代ファッション秋メンズコーデ配色注意2.個性

メンズ秋コーデ個性

春や夏に意識をして演出をするために選んだブルー系商品。

しかっし、秋冬にはまた全く違う効果のあるような黒一色の展開を見せる。

これでは、実際にデザインでもサイズ感でも素材でも女子からしたら何があなたらしさなのかわからなくなっていく。

ブルーなら、春夏にサックス系、秋冬にネイビーなら同系色。

ビジネスの中では、スマートにスーツに革靴を履き、ビジネスバッグを持つ。

この配色の濃い薄いだけで特徴が出せる。

たったこれだけでオンリーワンが完成する。

なのに、カジュアルになると、無理に無難な色ではなく、遊びの色を入れようとする人が増える。

やはり色というのは、その人のイメージを作る大切な要素。

出来るだけ、秋冬と春夏のイメージカラーを近づける事が重要になります。

40代ファッション秋メンズコーデ配色注意3.素材

40代メンズファッションコーデと素材感

色が分かっていても、やはりその素材の風合いというのはまた話が別になる。

あまりスーツを着る仕事をしていない人が無理してテーラードジャケットを採用する。

今年の秋冬流行デザインを採用。

☞わざわざ素材の特徴も分からないのにセーターなどで着用。

こうなると、あなたのカラーという認識は、あくまで色合い重視になってることは伝わるかもしれない。

しかし、選ぶ上でその素材をしっかり意識した配色を選び出せているのか?

この点には、10代20代の若い女性と30代や40代同士という年代が増す毎にしっかり見られてしまう事が多い。

結果的に色合いというのは、あくまで素材も含めたバランスを問われる。

だからこそ、選んだ事が無い素材に新しい色を採用するというのはかなり注意が必要になります。

完成させるイメージがまだ曖昧。

バランスに自信が無い。

このような素材には新しい色を採用せず、無難な無地で春夏のバランスでも色合いで使い慣れてきたものを使う。

これが注意点となります。

40代ファッション秋メンズコーデ配色注意4.女性

40代メンズファッション秋コーデと女性の相性

デートに使う服装を考えるなら、必ず女性の服装を基準にして男性は自分の服を選んでほしい。

私は実際に10代から常にこの考え方を父親から教えられてきた。

相手の女性をエスコートできる服を選びなさい。

全体的な相手の服のイメージに合わせる。

ガーリーでもパンクでもロックでもその人の雰囲気を損ねるようなものを選んではいけない。

常に男性はシンプルに。

相手の女性にその日に選んだコーデが失敗だったと思わせてはいけない。

それは相手が悪いのではない。

40代ファッション男性配慮のポイント

男性側のリサーチや配慮が欠けていたことが原因。

あなたにも是非イメージしてほしい。

その服で相手は引き立つのか?

 

40代ファッションメンズ秋コーデの色成功法

40代メンズファッション秋コーデ

モテるコーデを目指す。

一番自分が納得できる色合いを早く探そう。

このように意識しすぎの状態の方にも少しでも簡単に完成させて仕上がりも無難な女子ウケの良いコーデを作る。

この時のポイントで、ベストに近づくための情報をご紹介していきます。

40代メンズファッション秋コーデ色の選び方

40代男性ファッション秋の色

先ほどご紹介したベストな4色。

40代ファッションメンズコーデカラー白

40代ファッションメンズカラー黒

40代メンズファッションカラー黒アウター

グレー

40代ファッションメンズ秋グレージャケット

紺や濃い青。

40代メンズファッション秋の色

この4色でファッションをバランスよく作る時、秋にちなんだ色としては以下のようなカラーがある。

  • ブラウン(茶)
  • パープル(紫)

 

  • ワインレッド(赤紫)

40代メンズファッション秋のダサい防止

  • カーキ(緑)

 

このような色をバランスよく気にかけて配色を採用していくのがポイント。

そして、その選び方にもバランスが重要。

この秋のカラー3色はいずれか1色をネイビーに置き換えるのがポイント。

どういうことか?

春夏のテーラードジャケットでは卒業、入学シーズンという事もあり、ネイビーの薄い濃い両方の無地のカラーが出てくる。

このカラーを単純にブラウンに置き換える。

すると、オータムコートやブルゾンなどの情報にたどり着く。

次は、ネイビーのインナー。

tシャツなどを使い、無地の黒よりは少しでも明るい仕上がりを作るのに、ネイビーは春夏に大人っぽい色として相性が良い。

その環境に、使えるのが、薄いパープル系。

ブルーとは違う大人っぽい魅力に仕上げる事が可能になる。

そして、女性にはあまりコーデの中で存在しない色でもある。

どちらかと言えば、女性が使うのは、ニット系としてパープルやワインレッドを使うタイプは注目が集まる。

しかし、落ち着き過ぎてしまう事から、若干流行りに定着しないことも多い。

そこで、男性がキレイに歳の下の若い世代にもピッタリ合うような薄いパープルなら?

もう何色を相手が取り入れても秋のカラー同士で簡単にまとまりあう組み合わせになっていく。

チェスターコートやレザーには、黒とブラウン系が多い。

これは年齢を問わず王道な秋冬関連のアイテムとして定番化している。

スラックスで言えば、濃いグレーが定番になる。

このようなカラーに統一感を求めるなら、インナーを明るくして、トップスで締める。

この間が方があれば、2016年や2017年に購入したアイテムでも活用が可能になります。

40代メンズファッション秋コーデ色の遊び方

40代メンズファッション秋と茶系

上手に色を使う事を覚えた段階で遊び心を持つかっこいい上品なスタイリングを目指すなら、注目は足元。

下の画像をご覧ください。

40代メンズファッション秋コーデデート向け

価格帯としても1万円台の靴でも十分上品に見える配色の加工がされているのが分かると思います。

注意してほしいのは、先端に入って色が濃くなっている部分。

こうしたパーツ的な上品さというのは、やはりかなり30代男性以降は大学生との違いを決定づける革靴選びに差が出やすい部分。

特に、体の体格を選ばない。

とてもシンプルなんですが、やはり選び方はとてもこだわりやセンスの違いっぽく見せることが出来る。

当然女性の印象も好感度がアップしやすい。

私も実際にこのようなタイプのブーツを昔から選んで利用しています。

種類が豊富になる秋の靴。

しかし、最近は大人っぽい靴もますます通販が加速した事から色味豊かな商品が簡単にネットを利用しただけで購入出来る時代になった。

やっぱりこういうとっころをスタイリッシュにスッキリ綺麗めな感じを持ってこれると基本を知ってるという感じになる。

いろいろな記事を読んでいけば必ず秋のスタイルでメンズ用でも多様化されるのがキャメルの使いこなし方。

結局はみな同じようなパーツを無難に流行を取り入れようとしている。

そして、多くは、こだわりの印象を与える流行に必ずアウターにばかり目を向けさせる。

そんな中で、これからの40代男性がオシャレの術として演出する差がこうした普段ビジネスでも使えるような落ち着きのある自然な色合いのワンポイントがある靴。

味の深み。

この言葉を秋は本当に楽しめるアイテムが一気にジャンジャン増えてくる。

当然高くなれば実際配色の味の深みもさらに増していく。

しかし、数が勝負なわけではない。

基本は、そのワンポイントをどう見せるかが腕の見せ所。

安い商品だと思って使うのではなく、どう持っていけば、抜け感や自分の雰囲気に最適に合わせられるのか?

こうして使い方の例を見ながらメンズコーデを楽しむ。

これがお洒落の醍醐味だと私は思います。

 

40代ファッションメンズ秋のグレードアップ

秋メンズファッション着こなし

上級者向けになっていくと、徐々にメンズファッションのアイテムのジャケットなどの配色にもかなりこだわりを出せるようになっていく。

当然ジャケットの中にも、多くのブラウンやカーキ等の配色を採用した種類がある。

40代ファッションメンズ秋オシャレなブランド

40代メンズファッション秋ブランド意識40代メンズ秋ファッションブランド

私が好きな秋冬向けのブランドの1つがラルディーニ。

オフホワイトのパンツ

タートルネックとの組み合わせ。

大人のジャケットスタイル。

柄を採用していると言いながらもストライプとは差別化されたデザイン性。

このような対象の商品をサラっと着こなすのは、本当にオシャレだと思う。

そして高いジャケットほど、本当に見せたいのは、手首周辺のシルエット。

高級なジャケットほど肩ではなく、腕周りの技術が優れている事にメンズファッションは楽しみが出る。

メンズ秋カラーワインレッドのおすすめ

40代メンズファッション秋のワインレッドシャツ

好みははっきり別れる色の1つがワインレッド。

こうした色を白のワイシャツに一枚さらっと羽織る。

その上に、1枚テーラードのレザージャケットや合皮のテーラードを合わせる。

このようなシンプルなコーデは、20代や30代の男性にはハードルが高く感じやすい。

だからこそ、無難という中のシンプルな色使いにおいて、1色を素材感を活かす見せ方に変える。

これだけでかなりオシャレ度はかなり変わってしまうのです。

財布やバッグ、アクセサリーは不要

40代メンズファッション秋の注意点

今のファッションのトレンドとして、バッグなどにたくさんのお金をかける事は正直無駄と言える。

その証拠に、スマート会計を目指す人なら、スマホで全て決済が可能になってる時代だからと言える。

いつまでも財布やバッグの中身をパンパンにして持ち歩くのは、決して紳士な服装とは言えない。

マネークリップとまでは言いませんが、出来るだけシンプルにしておくことが重要。

アクセサリーも時計すらスマホで十分な時代。

この時代に、高級時計を見せびらかしてもただの自慢とか成り金風にしか女性の目からは映らない。

高級な車に乗る事が重要なのか?

この点も家さえあれば、後は普通に自然な生活を送ることが多くの方の夢となっている。

魅せると見せるは全く意味も価値も違う。

私もアクセサリーにお金をかけて買い物を楽しんだ時期もある。

しかし、今は何も身につけていない。

つまりは、そういうスタイルに変わった。

お洒落のポイントは時代とともに服だけでなく、自分の中での価値も変わる。

これから先50代に入る。

その先は60代。

普遍はないとよくファッションのアパレル店員たちは言う。

しかし、デザインや色というのは本来はほとんどがお洒落の基本や王道はそこまで変わっていない。

ウエストラインやシルエットの若干の違い。

この程度が流行を左右させる。

こんなことにいちいち反応している感じを見せてしまったら、40代男性の価値がなくなってしまいます。

 

秋の40代ファッションメンズ差別化

 

40代男性ファッション秋の差別化

1年を通じて最もオシャレを楽しみやすい季節はいつか?

10代、20代には、冬だと感じていた。

30代から40代にかけては、秋と感じるようになった。

その理由は、差別化が非常にしやすい点だった。

メンズファッション秋はこだわりが出やすい

秋40代ファッションメンズこだわり

春は、カーディガンやジレや新作を取り入れる。

夏は、tシャツにサンダル。

秋は、別に今年のトレンドを使わないスタイルも可能。

今年の春夏のアイテムをインナーとして使う。

女性は丈や小物に目を向けることが多い。

最新かどうかは色やデザインだけではない。

ちょっとした違いがあったら、その人のこだわりと今年の流行を照らし合わせる。

この時、昔からの愛用品を見せる事も可能。

2018年から2019年のトレンドに注目

ファッションメンズ流行と秋のポイント

最近の若者は90年代の親の服をリメイクして使っている。

古着とは違う。

今流行のストレッチとは違い、少しゆったりくらいのイメージが斬新。

夏服では、サイズが合わないくらいのざっくりコーデ。

メンズファッション秋のコーデとデート

身長が合わない時には丈をつめてすっきりさせる。

こんなリメイクによる提案が少し前から活発化している。

アウトドア

スポーツ

この2つのジャンルにおいては、流行の再来というキーワードに注目しよう。

40代という世代にとっては、昔のアイテムを使いたい時に相性抜群。

全身よりもアクセントが大切

40代メンズファッション秋ポイント

若い時よりも年齢に合った着こなしが問われる。

清潔感は当然大切。

40代メンズファッションビジネスカジュアル

40代メンズファッション秋ビジネスカジュアル

40代メンズファッション秋アウターコーデ

 

 

 

 

 

 

 

 

白パンツとジャケット着こなしコーデ

 

 

 

 

 

 

 

 

何に他の人との違いを見せるのか?

私はこの点については、愛用品という長年使っている革小物にこだわりをもっている。

10年以上愛用している。

当然その素材は柔らかい。

新しさよりも全体的にきちんと手入れがされていることを強調する。

すると、物を大切にする人と周囲は感じる。

たったこれだけで、派手さがない人でも、他の人と違って見た目の印象と少し違う内面に目を向けられる機会が増える。

会話のネタに便利

40代メンズファッションと秋の会話ネタ

見た目にこだわり過ぎて、他の人に伝わらない。

あまり自分の好みのジャンルを知る人がいない。

こんな悩みを持つ人もいる。

だったら、もっと簡単にシンプルにする。

メンズファッション秋シンプルコーデ

  • vネックやポロシャツと数年愛用するジャケット。
  • ボタンなど一部だけをリメイクしてアレンジを演出。
  • 履いている間に自然に傷ついたデニムのダメージをそのまま使う。

大人っぽいというのは、どの変化をどう見せるか?

ただ新しいものを羽織っているから大人っぽいではありません。

余裕を感じる。

優しい雰囲気が伝わる。

でもどこか男らしいシルエットや色などの使いこなしを感じさせる。

こうなってくると、非常に他の人との差別化を図りやすい。

 

40代ファッションメンズ秋は昼と夜に注目

40代メンズファッション秋の配慮

厚手のダウンジャケットを使う季節ではない。

しかし、軽い着心地にこだわったアイテムは夜間の冷え込みが強い日には最適。

厳選した日だけなら、その日の天候や気温をきちんとチェックしているのも伝わる。

日中と夜間に注目

40代メンズファッション秋の寒暖差注意

40代のメンズファッションなら、自分のことばかり考えていてはダメ。

もっと周りの良さを引き立てる演出も必要。

相手があなたといると、リラックスしやすくなるポイントを考える。

クールになるべきか?

カジュアルに着こなすべきか?

ちょっと高級感が必要な相手なのか?

相手の特徴を知り、昼と夜の演出にこだわってアイテムを買っていく。

こうすると、相手とどこかに行く際にも飽きさせない演出が可能。

あくまで相手の色気をどうこちらが演出するのか?

新作より着回しにこだわる

40代メンズファッション秋の着回し

ただ単にちょっと検索して良さそうなshopで新作をチェック。

モデルのそのままのスタイルで着こなし。

お気に入りのシューズを履いて、いかがでしょうか?

こんな人は、ビジネスカジュアルでもウケない!

私服らしさとは何か?

40代メンズファッション秋のカップルデート

セットアップとは違う。

40代メンズファッション秋のデートコーデ

でも首や襟、袖等のちょっとしたアイテムにこだわりが感じられる。

 

そして、何よりも他にもいろいろな物に相性が良いと伝わりやすい。

ここが40代という年齢がこれまでに培ってきたファッションセンス。

40代ファッションメンズ愛用品

ただジャストサイズの服を着て、トートバッグなのかリュックなのかを流行やオススメから選ぶ。

これは20代でもやっている事。

もっと、会社で活躍している雰囲気を表現する。

デートコーデ40代男性ファッション注意点

  • ロングとショートの丈を上手に使い分ける。
  • 淡い,濃いのカラーの演出スポットにこだわる。
  • 靴や袖、首など先端部は全て綺麗に手入れをしておく。
  • 何かあった時にすぐに対応できる身軽さ。
  • どんなショップにも足を踏み入れやすい場所に応じたラフさ。

あくまでメリハリのあるコーデが女性の好印象につながる。

40代男性ファッションデートと配慮

ただ上半身と下半身にブランドロゴをぶら下げて歩いているのは上質とは言わない。

むしろかっこよく見せたいんだね!と子どもっぽくみられる。

もっと言えば、小ばかにされた目を向けられるだけ。

欲よりも相手のためにチョイス

40代男性ファッションデート用

自分をよりかっこよく見せたい。

メンズファッション秋シャツと革靴スタイル

秋コーデカーキのアウター

 

 

 

 

 

 

 

 

欲を抑え、相手をもっと楽しませる。

お付きの方。

40代男性ファッションコーデとジャケット着こなし

こんな言葉を心のどこかでイメージしよう。

イベント等では女性が秋ごろには少し濃い目のピンクやベージュを使う季節。

40代ファッションメンズ秋婚活イベントへの配慮

少し薄着になって評価をあげようと頑張る。

こういう時に少しでも寒いと言われた時にとっさに反応できるか?

これが大人の男らしさ。

ただ自分のカッコだけ見せて、周りへの配慮はおれ様気取り。

こんな人とは絶対関わりたいと思わない。

些細なことにすぐカバーができる。

この言葉をいつも頭に入れておくと、長い時間の対応をしなければいけない時にも安心。

今の着丈では何かで汚れる可能性が高いかもしれない。

こういうことに迷ってこそ、TPO.

周囲の特徴にこそ敏感になれ

40代ファッションメンズ秋のTPO

もういい歳。

30代半ば頃から、こんな言葉を口にしながらファッションを迷っている人は多い。

40代ファッションメンズ秋柄シャツコーデ

やんちゃな頃に買った柄物は避ける。

40代ファッションメンズ秋のリサーチ

時代に敏感にならなければいけないと意識する。

春夏ハーフパンツコーデメンズ

でもハーフパンツなどは若さがないと勇気が出ない。

こんな夏を過ごしてきた先に秋はどうなる?

40代男性ファッション秋コーデの悩み

これでは、自分の事しか見えていない。

こういうタイプの人は、秋なら暗い色が良いだろうと考えて、茶,紺,黒等の普通の色を選ぶ。

これでは面白みも個性も何もない。

モテる人から学ぶ事

40代男性ファッション秋の準備

モテる人は何が違う?

この答えとして私は自分が尊敬する人と一緒にいる時には以下のような部分を観察している。

  • 手を置く位置や手首の様子。
  • カフスなどのサイズ
  • 時計の文字盤とベルトの素材
  • キャッシュレスになっている時代に沿った財布のサイズ
  • 靴の色や形状

パーツを上品に見せるコツを観察している。

すると、それらがどう見えるのかを考えたコーデを学ぶことが可能になる。

今の自分に何が足りないのか?

どうすれば、今あるアイテムが引き立つ着こなしができるのか?

同じ物を使ってもかっこいい人とダサい人に分かれる。

ファッションと見え方

ファッションと立ち居振る舞い

カップルとメンズファッションのポイント

それぞれのシーンで服装も見え方が全く違う。

これは顔とかスタイルだけの話ではない。

貫禄、雰囲気、ニオイ。

たくさんの要素が必要になる。

上品。

この言葉を意識すると、どんどん色は無地になっていく。

  • 生地を引き立てる組み合わせ。
  • どこでも使えるホワイトへのこだわり。
  • ブランドを意識させないロゴなどがないデザインへのこだわり。

上質な人のスラックスやカーディガンなどのアイテムを見ると、どこにもロゴがない。

でもちょっとした店のライトなどの効果でかなりその上品で落ち着いた素材感が伝わってくる。

これが本当のオシャレなんだと私は最近白にこだわって探している。

より自分の今のイメージに合う白はどれか?

よりスマートにそして、キレイさを選ぶ。

私はニットを好まない。

生地の質感で好きな物がない。

代わりにインナーにこだわる。

見えない部分で保温性や通気性を取り入れて自分の体質や体型に合う物を選ぶ。

コーディネートは最後は結局はシンプルなスタイルに落ち着く。

カジュアルもデニムとtシャツだけで成り立つ。

色も白とネイビー、黒を知っていれば十分。

たったこれだけの色で春夏秋冬のすべての季節を乗り切ることが出来る。

何もない時ほどいろいろな服装に目を向ける人は多い。

でも本当に服が好きな人ほど、自分のこだわりの組み合わせの数は少ない。

インナーもtシャツもシャツも全て同じメーカーだけチェックする。

アウターも同様。

ずっと同じ物をリメイクしたり修理して使っている事も多い。

これは自分の体にフィットしていると分かっているから。

シルエットがどうとか体型が変わったという事を悩まない。

それは、自分をどう見せるかに対し、厳しくチェックしているから。

だから昔から何も変わらないと言われる事が多い。

結果、その合わせはその人のオリジナルというイメージになっていく。

突き詰めるなら、よりオシャレはシンプルに考える。

買い足すのは、同じアイテム。

全く違う種類に目を向ける時には、以前に購入したアイテムの使い方を知らない人。

ぜひ40代での周りの男性に対してはこういう目で観察してみてください。

いろいろな服を着ている人ほど本当の意味では着こなしてはいない。

その場の雰囲気で合わせるのに必死になっているのが見えてくる。

この記事でご紹介したかった内容は以上です。

実際にネット上で質問している人の内容を見るのも参考になります。

40代男性がファッションに悩んだ相談スレ(知恵袋)

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク