スポンサーリンク



40代でメンズファッションに意識をしたいと思い始めた。

オシャレとか全くこれまでにアイテムやコーディネートなんて意識したことない。

初心者の自分がサイズや上手に服の選び方のポイントを選ぶにはどうしたらいい?

日本人男性の多くは、年齢を限らず全体的な意識として、服やファッションに対して体型を気にしている傾向が強いと感じる事が多い。

しかし、私から言和せてもらうと、あくまでファッションやコーディネートというのは、あくまでまとめ方。

別に体型がデブだから似合う服が無いとかおしゃれに着こなすのは無理!

こんなことは絶対ないと言える。

そもそもデブとかぽっちゃりなんて表現そのものを悪いが私は否定している。

全て体型の1つだ。

大柄な体型の人。

肩幅が大きすぎて、サイズが全て標準規格では難しい方。

このような悩みを抱える人の方が規制品を購入できない事からオ社rを楽しめない悩みを持つ人もたくさんいる時代。

そもそもメンズファッションのアイテムというのは、あくまで個性をどう演出するかのパーツに過ぎない。

シャツをどう見せる?

パンツは何をどう履きこなす?

靴は全体の柱だ!

インナーの見せ方でオシャレ度はカンタンに格段に上がる!

ポイントをおさえることが出来てる人の服は、非常にシンプルにまとめられている事が多い。

コーデ。

この言葉をおしゃれとして考えるなら、もっとシンプルに色を無地から選ぶ。

たったこれだけで、春夏秋冬の季節を問わず人気の着こなしを演出することは誰にでもできる。

定番とトレンド。

ブランド系に対しての先入観。

自分の中の個性よりも何故か他のファッション系記事に日本人は左右され過ぎている。

もっと自分らしいスタイルを確立するべきだと私は伝えたい。

40代男性ファッションについては、以下のような内容もごしょうかいしています。

40代男性ファッション夏ユニクロ

スポンサーリンク


夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代男性ファッションコーディネート夏猛暑

40代男性ファッションコーディネート気温35度以上のモテ要素

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性服のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション春夏秋冬太めの強みと弱点を使いこなす

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代ファッションメンズブランド

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代ファッションメンズバッグ

40代ファッションメンズバッグに多い誤解やデート用失敗注意点

40代男性ファッションカジュアル

40代男性ファッションメンズカジュアルを意識する注意点と優先順位

40代ファッションメンズジャケット

40代ファッションメンズジャケットで女性受けの良い選び方と注意点

40代ファッションメンズ春コーデ

40代ファッションメンズ春コーデ|デートにダサいを防止する注意点

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性ファッション靴

40代男性ファッション靴選びでダサい失敗典型例や注意すべき点

40代ファッションメンズブランド

40代男性ファッション向けブランドって何がおすすめ?

人気のブランドはランキングからチェックするべき?

女性ウケの良いビジネススタイルってやっぱり高級系?

こんなブランドに対して変な先入観を持っていませんか?

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

夏の着痩せ狙いなんてしなくていいんです。

デブファッションメンズ夏

夏デブもメンズファッションを個性を活かして楽しむコツと失敗原因

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション、恋愛、結婚、髪型と同様に個性を活かし、自分らしく生きるための考え方を伝えています。

人は悩みを抱えてる時に、必ず以下の4つのバランスを意識してると私は考えている。

「人、モノ,お金,時間」

ファッションも一つの投資。

今回の記事では、40代ファッションメンズデブという悩み方をしている方に考え方として以下の項目でご紹介しています。

40代ファッションメンズにデブを忘れる

40代ファッションメンズにデブも簡単!

自分がデブだとか太ってるなんて事を表現している人は何とか自分のコンプレックスを隠すスタイルを必死に探そうとしてる感が強い。

そんなことをする必要は全くない。

むしろ、何を選ぶべきかの基本さえ分かっていれば、選択肢は無限にあるのです。


スポンサーリンク



40代ファッションメンズにデブを忘れる

40代ファッションメンズデブ

そもそも40代になって男性が体系の変化を気にしてる事は本当に多い。

中年太り。

ウエストラインにダボつく腹。

足とウエストにくびれが無い!

こうした状態に、夏は見える箇所が増える。

少しでも着痩せするようなアイテムをトップスでも探さないといけない!

こんな認識をしているからいつまでたっても男の魅力を気付かせることが出来ないのです。

40代ファッションメンズぽっちゃりも抱く誤解

そもそもあなたにとって自分が服を着てオシャレを楽しむというのはどういう視点でイメージしていますか?

私は自分だけでなく、男性女性を問わず全身のコーデチェックから、その人に合うスタイルを提案することも日常的にやっています。

このような時に、多く相談される認識は、以下のような考え方。

どうしたらこのアイテムをカッコよく魅せることが出来るのか?

そもそもこの認識が間違い。

年利を重ねて、40代になって男がファッションに対して、この認識を持ってるならまずはこの考え方そのものを捨てる事が重要。

あくまで服は自分を飾るものではない。

パーカー1つ、パンツ1枚でも、あなたが何を選び選んだ先に自分以外の相手に何を感じさせる?

これは、あなたらしさというイメージ作りでしかないのです!

例えば、年齢が70歳になって大統領をしているトランプ氏。

赤のネクタイの効果ってどう見えますか?

年齢的にイメージが合わないと思った事がありますか?

トランプ氏がサイトで画像やテレビの画面上で演説やインタビューに答えてる時を想像してください。

その服装に対しては、自信や個性の表現的要素にしかなっていないのではないでしょうか?

これがまさに自分を気にさせる事への服の効果なのです。

あくまで服は外見として見えるパーツに過ぎない。

ファッションの効果はあくまで年齢ではなく、その人の持ってる個性の演出の為のパーツ。

この考え家を自分の中で徹底的に叩き込まなければ、何を選んでいても結局は自虐的な事を気にする上での選び方になってしまうのです。

40代ファッションメンズ体型より大切な事

本来は何を選ぶかという時、気にするべきはそのTPOに合う服装というのがベスト。

自分が服を選ぶというのは、環境や条件により大きく視点が違うのです。

スポーツをしているなら、動きやすい事を気にして選ぶべき。

20代30代の女子と歩くなら、相手のコーデを配慮の上、色に意識を向ける事がベスト。

50代まで長く着る服なら、ポロシャツを大人らしくサイズ感をしっかり選べる事を意識する事が似合うの近道。

このような発想が大切になる。

春に感じさせる雰囲気。

夏に感じさせる爽やかさ。

秋に感じさせる目立たない素材への配慮。

冬に感じさせるアウターの取り入れ方。

このように、あくまで服装は相手にダサいとかウケが良いという時には、基本的にデブより四季やTPOに合わせる要素を着る事の方が大切。

 

40代ファッションメンズにデブも簡単!

40代ファッションメンズデブ活用

40代ファッションのメンズコーデの中で、そもそも通販サイトなどでデートに似合うウェアをチェックしてる時、参考にするシルエットが見当たらない!

こんな悩みを持ってる男性が私の周りでも数多く見かける。

でもこの発想から服を選んでる事自体が大人の選び方とは違う失敗しやすい典型例と言える。

ラインとかシルエットを見て、自分と同じような対象を探し出したいならその情報のカテゴリーに多くの意識が必要になる。

40代メンズファッション体型と参考商品

そもそもファッションの情報を取得する際に見なければいけないのは、自分の雰囲気に合ったモデルを採用したコーデを見つける事。

そして、その対象の探し方は、とても簡単。

それは、体型が大きいラインを扱う必要がある国に注目をしていく事。

大柄で、周りから見ても雰囲気的には貫禄があると体を見なくても想像できる国。

そして、ファッションとしても日本人の多くが手に取りやすいコーデ。

それが、アメカジスタイル。

更に、大柄な人が集まるのは?

スポーツを考えれば想像がつく。

コートを使うスポーツ。

バスケットやらアスリートのストリート系を上手に多く手掛けるブランドを見つけ出す事。

これが、簡単と言える根拠。

実際に、シューズからコートまですべてを使い、そして周りの見る目を引き寄せるようなカッコいいスタイルはいくらでも出てくる。

例えば、休日のプライベートな時間をシンプルにスウェットで過ごすような時素材のおしゃれを見せるなら、

40代メンズファッションデブアメカジ

春夏のおしゃれの王道ともいえるポロシャツをざっくりと着こなすスタイルなら、

40代メンズファッションメンズデブとポロシャツ

秋冬のコーデにオシャレを感じさせるアイテムなら、

40代男性ファッションデブ

大きめのサイズで選ぶ事も全体的なスタイルの基本は同じなのです。

痩せてる人ががりがりな体を変に中途半端なサイズ感で見せるのもみっともない。

逆に無理にお腹が出てるのに、カットソーでピッタリにしてあえてお腹が目立たない方が良いのにと思わせるのもおかしい。

つまりは、今の体型にあうそのまま着られるサイズを選べばよいだけの事。

とにかく服は楽しむ事が大切。

デブが女性に印象が悪い!

こんな言葉は20代が必死に自分のアピールポイントが無い時に女性に自分と雰囲気の違う事を必死にアピールしたいがための表現でしかない。

こんな事を言ってる方が印象としてダサい。

お腹をスッキリ見せる。

この意識を服装で考えるなら、簡単に、サイズの合ってる者を組み合わせる感じがあれば十分。

年代なんてそこまで関係ない感じなのです。

親子3代で同じブランドを取り入れて着る事が出来てるのは、正直アメリカや英国ブランドの方が日本より優れてると思う。

こういう点では、日本のファストファッションとして知られるユニクロやguの方が私は戦略がとてもしっかりしてるイメージがある。

首まわり、足首周り、腕周り。

この3つのパーツをしっかり着る服の中で、隠すと見せるを上手にバランスが取れていれば何も問題はない。

40代メンズファッション体型とビジネス

服を着用する。

この術を考えた時、ビジネスの時でも同じような事が言える。

ブルゾンやコートで小さめを羽織る時のイメージは?

ウエストが食い込むようなサイズの選択は?

このような視点がなぜか痩せて見せる為というまるわかりな行動となり、まとまり以前に醜い。

もっと、しっかりそれぞれの服の機能を活かす。

あくまで使い勝手と演出のバランスが必要。

フィット感が演出できるのは体の動きをどの程度まで想定されているか?

会社で活躍する時の自分の使い勝手で優先するなら、手や足、腰を使う際にある程度自由に動かせる事が必要な条件のはず。

だからこそ、タイトな財図を避け、昼食後などのサイズ感が落ち着かないようなこともないようにする。

こうした事を基本としながら、スラックス1本もしっかり自分に必要な機能と性能、素材で選ぶ事が大切。

 

40代ファッションメンズのおしゃれ道

 

あなたの体型に対するおしゃれへの価値観や先入観は少しは解消されたでしょうか?

着こなしとは何か?

おしゃれとは何か?

この時に、わざわざ自分の体型が分かっているのに、無理にサイズが無いと思うようなショップに行き、ショックを受けて帰る。

こんなことをしていてもいつまでたってもオシャレは完成しない。

本来、自分が選ぶ服は、自分が自分らしく着ていられる自然体の延長に色や素材や形が存在しているに過ぎない。

メンズアイテムは多いようで少ない

結論として、メンズファッションアイテムを考える時、コーディネートの対象があまりに少ないと気付くべきなのもメンズの特徴。

パンツ

デニム

ジーンズ

スウェット

この程度をパンツではまとめるだけですよね?

上についても、以下のようなアイテムくらいしかないのも現実。

シャツ

tシャツ

カーディガン

ジレやベスト

ダウン、ジャケット、コート、ブルゾン。

この程度の組み合わせだけで結果的にそのポイントがかみ合わないかだけで決まるのがおしゃれ。

だとしたら、やはり服って所詮は色を選ぶ際に多色化させないシンプルが一番大事。

黒、グレー、ネイビー、白。

具体的にはこの3つの濃い薄いだけで十分成り立ってしまう。

あなたがもし女子ウケを考えるなら、この4つから3色を上手に使いこなしてみてください。

これはとても簡単ですが、キレイにまとめることが出来る王道と言えます。

スポンサーリンク