スポンサーリンク



40代メンズファッションに興味を持ち始めた。

40代男性のオシャレなスタイルでは自分の中ではジャケットスタイルが印象が良い。

tシャツやシャツを着こなし、さりげなくジャケットというアイテムを合わせるだけで簡単にオシャレなファッションができる。

スポンサーリンク



しかし、一方で、サイズやデニムとの合わせ方。

靴、靴下などのワンポイントアイテムを選ぶ際の注意点。

爽やかにもシックにもビジネスにも使えるはずの大人のまとめ方を意識しないまま40代がメンズファッション雑誌のモデルの着るコーディネートを参考にしていることも多い。

しかし、雰囲気が自分にそもそも合っていない気がする。

こんな悩みを抱えながら、女性とのデートの為に、少しでもおしゃれを学ぼうとする人が増えている。

40代ファッションメンズジャケット選びについて、このページにご訪問いただきありがとうございます。

40代男性ファッションについては、以下のような内容もご紹介しています。

40代男性ファッション夏ユニクロ

夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代男性ファッションコーディネート夏猛暑

40代男性ファッションコーディネート気温35度以上のモテ要素

40代ファッション男性ダサい回避と女性目線

40代男性ファッション日本人がハマるダサい典型例と回避策優先順位

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性服のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション春夏秋冬太めの強みと弱点を使いこなす

40代ファッションメンズブランド

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代男性ファッションカジュアル

40代男性ファッションメンズカジュアルを意識する注意点と優先順位

40代ファッションメンズ

40代ファッションメンズ婚活もビジネスも自分が似合う服を選ぶコツ

40代ファッションメンズデブ

40代ファッションメンズデブ体型も簡単!デートコーデのコツ

40代男性へのプレゼントという視点からも年代向けのアイテム選びをご紹介しています。

40代のプレゼントの悩みについてもご紹介しています。

クリスマスプレゼント40代男性は何が嬉しい?失敗原因ベスト3

40代男性プレゼントブランド人気や定番選びも失敗?よくある誤解

40代男性プレゼントキーホルダー

40代男性プレゼントにキーホルダー失敗注意点|革好きのおすすめ

40代男性プレゼント手袋

40代男性へプレゼントで手袋選びの失敗後悔注意点とおすすめ

40代男性向けプレゼントマグカップ

40代男性プレゼント用マグカップ選び方成功と失敗の違い

40代男性プレゼントでゴルフグッズ選び方注意点とおすすめ3選

40代男性プレゼントマフラー選び方失敗注意点とおすすめブランド5選

40代男性プレゼント腕時計の無難な選び方(彼氏,旦那,上司共通)

40代男性プレゼント名刺入れ5000円から1万円代日本製おすすめ

40代男性プレゼントされた財布で金運仕事運アップ成功体験記

40代男性プレゼントボールペン選び方女性に多い失敗後悔注意点

そもそも服装やファッションというのは、個性の演出するためのアイテムにすぎない。

高級=おしゃれ。

低価格=貧相。

こんな解釈が広がるのは物の価値をただ値段として見栄を張りたい人が考える思考。

40代男性がジャケットを着る時に女性ウケも考えたコーディネート。

この時に、あなたらしく着こなしを魅せるポイントや選び方をご紹介していきます。

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション,髪型,恋愛,結婚と同様に個性を活かし、自分らしく生きるための考えたかをご紹介したいと思い、運営しています。

人は、苦しい、切ない、つらい、悲しいと思う時にも以下の4つの中で優先順位を意識していると私は思う。

「人、モノ、お金、時間」

まさに服は、自分が気に入った1着があれば、正直シンプルコーデこそ最強のまとめだと私は思うようになった。

白、黒、グレー、ネイビー。

たったこれだけで、正直正しく素材感を魅せることができる人はカジュアルでもビジネスでも合わせが綺麗にも見える。

そして、チノパンやデニム、カーゴパンツなどのスタイルも細めから太めまでを自由に自分の体型に合わせてシンプルに着こなす。

これができれば、十分人気者になれるチャンスはあるのです。

脱ブランド意識。

この言葉もどこかランキング2018で見ても同じようなスタイルしかチェックできない時代だからこそ、注意してほしい。

無地のインナー1枚で夏を過ごし、秋や冬にはテーラードジャケットの落ち着いた雰囲気のタイプを組み合わせとして選ぶ。

たったこれだけで、全体が無地で完成した商品でも今風のオシャレも簡単に演出できる。

今回の記事では、40代ファッションメンズジャケットの選び方を以下の項目でご紹介しています。

40代ファッションメンズジャケットに多い誤解

40代ファッションメンズジャケット使用時注意

40代ファッションメンズジャケット購入のコツ

まずは、自分の中で価格が高いし手が届きにくいと思うブランド服は全く見ない。

メンズファッションは、女性に安心を届けるためのアイテム。

この言葉を意識した上で、アウターのアイテムであるジャケット選びの商品の価値と2019年以降を意識した選び方としてご覧ください。

スポンサーリンク






40代ファッションメンズジャケットに多い誤解

40代ファッションメンズジャケット

上記画像を見ても二人の肌の色も全く違う。

この二人が来ているワイシャツの色もその肌の色に合わせるコーディネートをしているのが分かる。

ジャケットやダウン、コートの類のアウターは基本はその全体の雰囲気をどう閉じ込めて服の中でのメリハリをつけるかが重要。

40代ファッションメンズジャケットに多い誤解1.色

なぜかジャケットを選ぶとなると、服のオシャレはまず黒から。

こんな事を言う人が40代だけでなく、全体として多すぎ。

しかし、カジュアルやオフの時に使いたいはずのジャケット。

そのタイミングで、黒のジャケットって。

黒のジャケットで簡単に連想できるのは、喪服なんです。

テーラードジャケットという単体とカットソーやシャツできれいな服装を目指す。

さらに、ビジネスで用いるスーツとは別のカジュアルできれいな感じを出す。

その先に清潔感を意識する。

この流れからオシャレを最も簡単にするメンズジャケット色は、ネイビーです。

40代ファッションメンズジャケット色

公式のパーティーなどでも派手に見せない為にも良く使われる代表的な色。

まずは色を暗くし過ぎないことが大切なポイントになります。

40代ファッションメンズジャケットに多い誤解2.素材

40代という世代になってジャケットスタイルのオシャレを知りたい人が慌てて失敗する典型例が素材選び。

現代では、夏に麻がおしゃれだとか、オールシーズン使用とかウォッシャブルタイプなどいろいろなジャケットにも種類が存在する。

このような素材選びはいったい何に影響するのか?

その答えを考えていない人が多い。

似合うかも別問題。

まずは、難しいことを考えるのではなく、簡単にまとめられるスタイルを優先する。

その考え方の中では、以下の選び方が理由も考えて素材選びに重要になる。

素材選びと悩み 理由 優先順位
スーツなどで自分が着慣れた素材 疲れ防止 1位
ストレッチ機能 j女性との食事等で席を立つ、会計をするなどの行動、移動の柔軟性 2位
シワ防止などの形状記憶 よれたジャケットは貧相に見える 3位
季節にあった素材 予算別に出来るだけ長く着れるものを選択 4位

 

ジャケットは意外と周りからの汚れや臭いをまとう事が多い。

更に、ビジネススーツで分かる通り、男の基本のスタイルが多数含まれている商品。

このジャケットスタイルを変に柄やチェックなどで崩して失敗をすると全てが台無しになってしまう。

だからこそ、購入する前には自分が手持ちで持ってるような扱い慣れた素材の中で、上手にその季節に合わせた素材を選ぶ事が大切。

40代ファッションメンズジャケットに多い誤解3.TPO

最ももったいないと思うジャケットスタイルへの挑戦意識がある。

それは、夏にジャケットをおしゃれの為だと思ってきている人。

男に夏こそ求められるのは、清涼感や清潔感、爽やかさのはず。

なのに、なぜか女ウケと言うと、ビジネスシーンでもスーツを着ているからとなぜか暑苦しいようなジャケットを持って動く人がいる。

これは、基本はた目から見れば、ちょっと迷惑な意識を持っているケースもある。

本来注意して欲しいのは女性に対するエスコート意識。

それが、男が自分の身なりに気をつける事に夢中になってる。

これでは、いくらジーンズにスニーカーを合わせた無難コーデ。

トレンドのストレッチ素材を活かした最新デザインのジャケット。

こんな自分の自慢の一着も台無し。

まずは女性にもっと自然に注意を向けられるようなスタイルを意識する。

利用する予定が無いバッグは必要ない。

相手の足元に少しでも合わせ安いカラーやデザインを採用した服選び。

これができれば、会社帰りに少し合って話をするという時も周りの目を意識する必要が無く使える。

自然に出かけてきたプラス特徴は少しでも意識がされ春夏の定番カラー。

たったこれだけでデザインに柄や酢トライプなどが無くてもカラー1つでしっかりまとめることができる。

これが本来の40代が取り入れてくれて気を遣ってくれてるのかな?助かるなぁと女性が感じるおしゃれ道。

 

40代ファッションメンズジャケット使用時注意

 

実際に春から夏は、シャツ。

秋から冬は、カーディガンやジレを気温などにより取り入れる事が多いメンズジャケットスタイル。

ショップに行った時、ついつい店員が定番のシューズやら冬の靴の新作などを紹介して履き心地も良く、心動く人も多い。

40代ファッションの中で、メンズジャケットアイテムを使っていく中で注意するべき事をご紹介していきます。

40代ファッションメンズジャケット使用注意1.ライン

ジャケットは、やはりシルエットラインがしっかり1つの演出としてかなりのインパクトを与えてしまう。

この影響を強く受けるのが、デニム、スラックスなどのラインの特徴だ。

上は、一番細めのブランドで細身を意識したスタイリッシュな服装。

なのに、デニムやパンツは、細身とは全く無縁のよく使っていた愛用品。

これでは、正直ラインを等身大にした時にはバラバラになってしまう。

いくら首元ラインを襟などで見せるためにポロシャツやvネックなどをしっかり使いまわしても全身ではおかしい。

このように、全体のラインをしっかり一つにまとめるラインを考えて選ぶ事が重要になる。

40代ファッションメンズジャケット使用注意2.シーン

やはりジャケットでもTPOは必ず存在する。

  • 今度見に行く店や周りには何のショップが多い?
  • 利用する客の世代には何か特徴は無いか?。
  • あまりスタイリッシュな格好よりリラックスした方が馴染みやすい?

このように、ジャケットはあくまで紳士のたしなみとしてのコーデではあっても、シーンに合わせる事は一番基本的な考え方でもある。

重要なのは自分が目立つことではない。

周囲とのバランス、相手の女性の魅力を引き出しやすくする感覚。

こうした事を小出しに全体のパーツが良い感じに味を出してくれる。

こうなってくると、さすが40代男性と安心観が好きになる印象へと変化をしていく。

なのに、がっつり自分の体型をもろに出し、明らかに周りから浮く存在。

こんな状態の人がモデルみたいな完成された状態で現れたら、さすがに普段いったいどんな格好してる人?と思われるリスクが高くなる。

最新は最強でもない。

サイトやページを見て、流行を意識したいのは、分かるがそれよりあなたが住む地域やデートに使う場所のイメージの方が大事です。

40代ファッションメンズジャケット使用注意2.カッコいい?

40代男性がジャケットを着こなすということに対して、なぜカッコいいと思ってる人も多い。

それは大きな勘違いだと思った方が良い。

何故か?

そもそもジャケットスタイルはフリーランスがビジネスとプライベートを兼用できるようなスタイル。

シーンを選ぶ事なく、簡単にセットアップもジャケパンスタイルも出来る。

革靴とスニーカー

デニムとスラックス。

こうしたアイテムを持ち歩く事で、上手に季節のスポーツにも着こなすスタイル。

オンオフをあまり意識することなく、上質な感じも見せる事が出来るのが本来の魅力。

ジャケットを着ればカッコイイは10代の学生で、制服もジャケットではないような子があこがれを持つ意識の延長。

 

40代ファッションメンズジャケット購入のコツ

 

本来、社会人になったら、礼服を含めて季節を問わず必要なアイテムと言えるような誰でも簡単に手元に置いてある商品にすぎない。

だからこそ、最近はリュックを合わせてもビジネスで活用できるし、スニーカーで通勤をするビジネスマンも増えている。

40代メンズファッションジャケットも安い時期を活用

ジャケットはもうリラックス感を取り入れるスタイルになってきてる。

もう昔のように、ボタンダウンがどうとかシャツやカフスに気を遣う時代とは見せる対象が変わってきている。

洋服としての扱いなら、簡単に羽織るアウターアイテム。

それ以上の難しい要素が無いのです。

実際安いけど、機能的には無難だと思うジャケットも最近は4月ころには半額になって安い金額で販売されてるケースも多い。

こういうアイテムに注目していけば思ってるより安く簡単に手に入る。

6月の夏のボーナスセールで昨年の型落ちを探すのもありかもしれない。

もっと簡単に、仕上がりの良い定番のアイテムを安い価格でまずは自分の着心地とつぃて安心を感じる物を見つけると良いと思います。

40代メンズファッションジャケットも安い理由を感じる

ジャケットを見極めるのは、完全に製法です。

私の父は、ジャケットのうち袖のラインを見ると、もう質として悪いのかかなり工夫しているのかを見抜く。

これは非常に驚きだった。

だが私も時間が経過して見ていくと、父と同じように感じることができるようになってきた。

アームホールという腕を通す部分の工夫がジャケットは非常に難しい。

この部分がより体の動きに最適化されている服は正直かなり高い。

だが、この感覚は、フィット感が強い細身であればあるほど体感できる。

こうした高い安いという対象をブランドではなく、製法や作りの面から見抜く。

こうした事を学ぶとさらにジャケットの奥深さで楽しくなりますよ。

実際に私が40代ファッションで試して欲しいと思うスタイルは、以下のような感じ。

春夏のシンプルさを意識したラインなら、ファッションの色味も最小限。

秋冬でシンプルが使いこなせるようになったら、女性のアイテムに色使いが多い中なら、上手にこれくらい派手なラインを使いこなせると理想。

この記事で紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク