スポンサーリンク



40代女性。

30代男性。

いずれも結婚相手を探す年齢。

30代も40代も年上、年下どちらからも恋愛相手を探すことが可能な世代。

そんな中、たまたま出会いがあった。

今回は40代女性と30代男性の恋愛についてどう扱うべきかを女性目線でご紹介していきます。

40代女性の恋愛に多い悩みは以下のような内容も書いてきました。

バツイチ子持ち恋愛デート

バツイチ子持ち恋愛デートに必要な心とカタチ体験記

40代男性恋愛バツイチ

40代男性バツイチに多い誤解と再婚成功法|恋愛に離婚経験を活かすコツ体験記

バツイチ男性が好きな女性の特徴

バツイチ男性が選ぶ女性の特徴|30代再婚成功体験記

40代バツイチ子持ち男性との結婚

40代バツイチ子持ち男性の特徴|大きく価値観が異なる過去と未来設計図

40代同士の付き合い方でデートにおける失敗しやすいアピール方法もご紹介しています。

40代同士付き合い方デートテクニック

40代同士付き合い方|デートで自分らしさアピール方法失敗注意点

年齢的には年下の彼氏。

40代独身女性恋愛悩み

40代独身女性が勝ち残る恋愛のポイントと注意点2019

自分の魅力は何?

この答えをプロフィールなどで記入する時困っている人は多い。

これを見る相手は何を思っているのかな?

40代になった女性を結婚相手に選びたい男性は年下にいるのかな?

自分の彼だけが自分の事を理解してくれれば良いと思っている女性は多い。

まずはデートをする前に少しでも相手に好きと思われるようにしたい。

こんな切ない時間を過ごす人に伝えたい事を綴っています。

私はバツイチ子なしで10年という時間を再婚までに費やしてきました。

葛藤もありました。

涙しか出てこない時間もありました。

でも今はやっと年下の妻を好きになって子どもが2人いるような幸せな時間を過ごす人生にたどり着いた。

別に人気者でなくても本気になった人とは幸せな時間にたどり着くことができる。

この意識が今の相手の特徴からも実感しました。

私は今になってよくこう話す。

恋は常に下心しかない。

愛は常に自己犠牲になれる。

この意識を持っているだけでかなり違ってくると思います。

今回の記事では、40代女性が30代男性との恋愛に迷う時に知ってほしい事を以下の項目でご紹介しています。

40代女性と30代男性恋愛失敗典型例

40代女性と30代男性恋愛後悔注意点

40代女性と30代男性恋愛成功事例

私はまわりからよく人生の相談を受ける。

仕事、恋愛、結婚、離婚、プレゼント。

いずれの内容にも必ず今とるべき行動を考える中には自己犠牲と下心がある。

あなたはいったい何を優先して選んでいますか?


スポンサーリンク






40代女性と30代男性恋愛失敗典型例

 

人生で恋愛をする回数は人によって異なる。

恋多き女性と称される人もいる。

恋愛話を一切聞いたことがないという女性もいる。

まだ若いのに!

そんなにキレイなのに!

モテると思うのに、理想が高すぎるのでは?

他人との付き合いの中でこんな言葉を浴びるたびに人の気持ちを知らないくせに!

こう感じている人は多い。

別に40代の人も大人になりたくてなったわけではない。

時間を過ごす中でその年齢になってしまっただけ。

別に若い頃と同じとは思っていない。

でも大人とかその世代の女子としてまとめられるのも心外。

こんな気持ちになっていませんか?

年代でまとめる恋愛対象

私が最初に伝えたいのは、婚活も恋活も共通の間違った認識。

それは男女という関係という考え方だけではありません。

仕事の上司や部下でも何でも同じ。

男と女は考えている事も違う。

お互いが一緒にいる時に話をするネタも全く違う。

この状況で、なぜか30代とか40代と言ってしまう。

この話し方そのものが個人を見ていない。

あなたが誰かに言ってこられた時にどう思う?

この言葉に置き換えられた男女の関係も同じ。

男も女も世代で言われてる時にはお互いが目の前の人と付き合う気がないと思ってしまう。

しっかり相手が別に何歳であったとしても目の前の人と付き合う。

この点をきちんと意識していないとどうなるのか?

ただ単に若さとか若いという考え方を前提に相手を見る。

⇒結果として目の前の相手の言葉の真意が見えなくなっていく。

 

40代女性と30代男性恋愛後悔注意点

 

相手の事を年齢で言っている人ほど自分の事もその年齢や世代という場所に置き替えている。

見た目に若い。

性格が好き。

ファッションからの見た目ではまだまだ若い。

女性はいろいろなプラスの意見を友達からもらうケースもある。

これらは全て賞賛の声のはず。

なのに、いくらたくさんの言葉を聞いても自分の中ではいつもこんな感情で押し殺す。

「そんな言葉を聞いたところで所詮私の実年齢を聞いたら」

自信の根拠

今回の記事で特に伝えたいのは、自分の中の自信。

30代世代は社会や会社の中でどんな状況?

  • 成果を出して勢いに乗っている頃。
  • 若い世代に抜かれて脱力感を味わっている頃。
  • 実際仕事が急展開してかなり疲れている頃。
  • 一番忙しい時期をようやく超えて落ち着いてきた頃。

このように見ていくと別に40代の転職後の時と何も変わらない状態。

つまりは大して違いがないのです。

心の余裕の差は、単純に今の仕事に就いてどのくらいの時間とその内部的な事情。

この2つが絶対に関係してくるのです。

そして、その相手に惹かれたあなたは相手に何か自分に無いものを感じた。

さあここであなたが自分の自信にするものは何?

自分が相手に感じる魅力は自分のリアルで経験している内容との違い。

反対にあなたの状況にも相手は反応をする可能性がある。

相手の目に映るのは、自分の生きているリアルと違い、ゆったりした時間。

ある意味、その存在ならではの意見が聞こえてくる可能性がある。

このように相手の存在は少しずつ何かの形でプラスに見えていることも少なくない。

そもそも人はそれぞれが自分の置かれた環境の中で生活をしている。

もちろんその中でどのような存在になっているのかも異なる。

でもその人ならではの立ち位置は必ず存在するのです。

あなたがいないと他の人が引き立たない。

こう考えたら、誰もが必要な存在。

自分には何ができる?

この言葉を考えるなら、あなたの存在はきっと相手から見た時だからこそ感じられる魅力もある。

こう思って話しかけることが大切。

自分の身になって考える

その人に合わせる話し方や接し方や態度。

人に合わせすぎ。

この言葉を言われてしまう女性は多い。

なぜか?

女友達とどう付き合っていくか?

女性は常に同性にも気を遣って生きている。

だから、異性を相手にしたら余計にその考え方が強くなる。

これは、態度だけではありません。

メイクも話し口調もファッションも全て。

相手に何か言われたくない。

この意識があまりに強くなってしまうと本当の自分とは全くタイプの違う女性を演じるような状況になっていく。

これは、一時的に相手の望む女になる。

確かに恋は始まるかもしれない。

でもその自己犠牲は、本当にあなたを幸せにしてるのか?

こう考えたら、相手が喜ぶことが全て自分の幸せだと思えなければあなたにとってはただの自己否定。

選んでほしい。

相手の喜ぶ顔が見たい。

彼女になりたい。

この気持ちは大切。

でも何よりあなた自身が幸せになるためには何が必要?

それは、あなた自身が心から楽しいと思える環境を求めることが重要。

勝手に年上になる

年下の男子を求める。

確かに年齢で言えばこの数字の条件は変えられない。

しかし、双方が独身なら、それって関係ありますか?

自立。

この1文字にも背景がある。

  • 介護を必要とする親を持つ40代長女の自分。
  • 一人暮らしで親と疎遠になって過ごす30代独身男性。

この2人がそれぞれの環境で求める歳上、年下って全く違うと思いませんか?

落ち着いた雰囲気を求める。

まだまだ若さを持つことに魅力を感じる。

甘えたい、甘えられたい。

会話以外に見せるその人の生活の背景や過去に関する情報は非常に大切。

それを全て勝手に年齢が上か下かだけで考える。

この考え方で上手くいくと思いますか?

 

40代女性と30代男性恋愛成功事例

 

私の周りでもバツイチの30代男性が40代の独身女性と結婚した。

このt器、どんな交際をしてきたのか?

相談を受けて、外から見えてきた二人の関係についてご紹介していきます。

ドキドキを素直に受け止める

相手は何歳?

そんなこと正直どうでもいい。

外見の自分磨きに力を入れるのは女性のほうが男性よりも断然意識が高い。

一方男性たちは、若いと思われないように必死になる。

自分の容姿、しぐさ、話し方。

1つ1つが魅力的に感じてもらえるような姿を追求するようになる。

必然的にそこまで違和感を感じさせない歳の差カップルが誕生しやすい。

そして、相手に対して自分にはなかった感性や個性を意識する。

この時の感覚を素直に受け止めることと表現することが重要。

別にその感覚にはテクニックなんて関係ない。

その時にあなたが感じたことは、精神的な面でも外見的な面でも自分にとって素敵とかかっこいいと素直に言える一面。

こう思えたことのほうが大事。

結婚相手と考えない

年下で大丈夫?

こんな声を交際後にもらうことも少なくない。

既婚の男女から結婚相手に選んだ理由などを教えてもらうケースも多いはず。

でもそれが数年前なら?

これは大きな感覚の差を生み出す時間ともいえる。

アラフォー間近の時期に決断した感覚と40代になってからの考え方も差が生まれる。

こう考えた上で、あなたはいったい何に期待をしているのか?

自分自身を知りましょう。

これが非常に重要になる。

人間それぞれが生きてきた過去と今背負っている対象は本当に大きく違う。

これからのあなたに期待している人の内容も異なるはず。

それはその人ごとに置かれた環境から発せられる内容でもある。

いきなり恋愛を始める前から結婚ばかりを意識する。

これはやはり長く続かない原因ばかりを考えるきっかけになっていく。

やはりまずは相手を見る。

そして、一緒に過ごすという時間の共有から始める必要がある。

少し先を考える時のポイント

その中で、経済的な不安を抱えている相手に対しても長く向き合える人もいる。

献身的に相手に尽くすことに生きがいを感じる女性もいるのがそのパターン。

一方で、やはり純粋に結婚して楽になりたいと思う人もいる。

この場合は食事すら自分で作る必要がない環境を求めるケースもある。

会社と家の往復ですら、毎日一緒にいたくない。

ドライバーや漁師のように少し間隔をあけて、時々帰ってくる。

このくらいの一緒にいる時間がちょうどよいと話す人もいる。

ではあなたにとって、今の相手は結果としてどのような未来につながるタイプの人なのか?

この答えが全く違うのに一緒に歩むのはあなたにとって得がない。

まずは結果を考える。

そして、どこかに疑問を持つなら、その点の重要性を考える。

こうして考えていけば、きっと年齢の差なんて関係ないと思えてくる。

そして、その人と歩む時間の中で、以下の要素がマッチングすればきっとうまくいく。

1.価値観

2.声

3.ニオイが好き

この3つの要素がマッチすれば、あなたにとって幸せを感じる未来は見つけられるはず。

味の好みとか食べ物程度ならお互いが干渉しないだけで済む話。

そんなことよりももっと重要なのは、相手にとっての価値観。

そして、その声は聞きやすいのか?

その人の汗のニオイは嫌いではないのか?

こういう部分のほうが女性にとっては大切なんですよ。

スポンサーリンク