スポンサーリンク



40代になってからの定職活動。

求人サイトはいくつもある。

女性の不安の中には、こんな声も多い。

「40代で未経験や無資格。」

「こんな私が応募して採用してくれる会社(仕事)はあるの?」

  • 正社員経験も事務しかない。
  • パートやアルバイト、派遣でしか仕事をしていない。
  • 結婚して子供ができた後はブランク状態。

でも今の状況からはさすがに脱出しないとまずい。

転職でもブランクありの状態から正社員の仕事を探す。

こんな人も多い40代世代。

実際に40代女性の仕事に就いては、以下のような内容も過去に書いてきました。

40代女性仕事できない辛い

スポンサーリンク


仕事できないや辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

40代パート仕事辞めたい

40代パートの仕事辞めたい主婦が月収3万,5万なら在宅で稼ぐ時代

会社を辞めたいが言えない悩みについてもご紹介しています。

仕事辞めたい時言えない

会社の仕事を辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

仕事飽きる続かない

会社の仕事続かない理由で飽きる人の特徴と対策法アラフォー体験記

40代女性の仕事ができない悩み根本的原因と着実に変わる方法実践記

他にも、会社をやめたいと思う男女にタイミングや辞めるまでの経緯の悩みについてもご紹介しています。

会社の仕事を辞めたい新卒

会社辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

50代会社辞めたい

会社の仕事を辞めたいを50代決意は危険?楽しく生きる為の予備知識

会社人間関係辞めたい時

会社辞めたい人間関係の悩みアラフォーが職場で受けた排除行動体験記

会社を辞めたいを考える時の疲れたという思考についてもご紹介しています。

もう疲れた会社辞めたい

もう疲れた!会社辞めたい口癖からとるべき行動|ストレス解消法

30代部下の男女が会社辞めたい時の価値観とは?

30代女会社辞めたい

会社辞めたい30代女と男は価値観も違う?40代の生き方準備編

会社を辞めたいと限界を感じる人に伝えたい内容も紹介しています。

会社辞めたい限界の原因

会社辞めたい限界の見極め方|退職前にすべき事アラフォー体験記

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

仕事辞めてニート

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

自分が辞めたいと思う上でも我慢が出来る人はまだマシ?

会社辞めさせる手口

会社を辞めさせる手口アラフォー被害の実態

逆に、こうした手口に対する自己防衛策も具体的にご紹介していきます。

会社辞めさせる方法

会社を辞めさせる方法から自分の身を守るポイント2018

40代仕事辞めたい女性と無いと嘆く人は歴然の差

40代独身男性転職や会社の仕事辞めたい悩みと自分らしい人生の選び方

会社辞めたい40代独身が人生やり直したいは叶う!

会社辞めたいのに辞められないを突破する方法(体験記)

うつで会社の仕事辞めたい!既婚でも追い込まれたアラフォー転職体験

会社を辞めたい時の相談については、以下のようなコンテンツをご用意しています。

会社辞めたい相談上司

会社辞めたい相談は上司にすべき?

会社辞めたい相談親

会社の仕事を辞めたい相談は親に言えない?モテない40,30代男性に多い誤解注意点

会社仕事辞めたい相談電話

会社を辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社辞めたい相談された

会社の仕事辞めたい相談された時の対処法|失敗と成功の決定的な違い

会社を辞めたいが言えない悩みについてもご紹介しています。

仕事辞めたい時言えない

会社の仕事を辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

仕事を辞めたい年数との悩みについてもご紹介しています。

会社仕事辞めたい何年目まとめ

会社を辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社仕事辞めたい1年目

会社を辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社仕事辞めたい2年目

会社辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社の仕事辞めたい3年目

会社辞めたい3年目40代の成功と失敗の決定的な違い

会社仕事辞めたい4年目

会社辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

会社の仕事辞めたい5年目

仕事を辞めたい5年目は?30代,40代の離職注意点

会社をやめたいと思った時の転職活動への考え方についてもご紹介しています。

会社辞めたい時転職先

会社を辞めたい時転職活動時期はいつ?40代の失敗しやすい生き方

会社を辞めてから転職活動

会社を辞めてから転職活動は40代男女に不利な時代?

会社を辞めてよかったという40代口コミも少しずつ紹介していきたいと思っています。

仕事辞めてよかった

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

40代は社会人の中では折り返し。

探す時には、職種や条件としては20代や30代よりも生活を優先。

こんな状況の中でどのように転職サイトを選ぶべきなのか?

今回の記事では、40代女性の転職サイトに多い悩みを人事採用担当、人材コーディネーター経験者が以下の項目で解説。

40代女性転職サイト選び方失敗例

40代女性転職サイト選び方注意点

40代女性転職サイト選び方成功法

実際にそこまで複雑に考える必要はありません。

シンプル。

自分の求める仕事にたどり着くために必要な情報収集方法。

このポイントをまとめていこうと思います。


スポンサーリンク






40代女性転職サイト選び方失敗例

40代女性転職サイト選び方失敗例

まだ40歳、45歳。

20代30代の人に負ける気がしない。

経験もある。

仕事は好き。

バリバリ働ける。

気持ちや気力では負けていない女性も多い。

独身の人も既婚の人もミドル世代として活躍する人が増えた。

業界によくある話

未経験者、無資格者歓迎。

転職サイトの新着情報を見ると、こんな人材の募集をしている会社も多い。

しかし、実際に採用してもらえるのか?

この答えとしては決して安易に歓迎というキーワードを鵜呑みにするのは危険。

特に多いのがスカウトという情報。

転職サイトで希望の条件として以下のような要件を入力する。

  • 勤務地
  • 希望の年収
  • 前職の年収
  • 転職時期(働き始めるタイミング)
  • 転職回数。
  • 職務経歴

以上のような情報を入力すると求人情報の中からマッチングをさせた結果としてお知らせが届く。

この流れで得た情報となれば当然中身を見る前にこう思うはず。

「自分の条件でもその会社は採用を検討しているはず」

それもそのはず。

中身を見ると、以下のような文章が出てくる事が多い。

「○○様のご登録されている経歴を拝見して、弊社で活躍をして頂ける方だと思いました」

こんな文字を求人情報を見る前に見たら当然こう思うはず。

「登録した情報をきちんと見てくれたんだ」

でもこれはそうとは限らない。

あくまでサービスの一環。

業務委託として、法人や企業向けにスカウトメールを配信出来るサービスという名目で費用を取る。

これも一種のビジネスになっている事もあるのです。

つまりは、あなた個人の事をきちんと把握した状況でその人向けに配信された内容ではない。

あくまで登録の情報をもとに会社が勝手に配信している。

このようなケースも多いので注意が必要です。

 

40代女性転職サイト選び方注意点

40代女性転職サイト選び方注意点

仕事を探す前にまずは慎重に話し合うべき事がある。

自分の年齢だけではない。

家族がいる。

この時によく考えてほしいポイントをご紹介。

家族の状況把握

  • 小学生、中学生、高校生、大学生の子ども。
  • 成人した子供たち。
  • 病気や体調不良で仕事を退職した夫(旦那)
  • 介護を必要とする可能性がある自分や夫の両親。

ミドルやシニア世代向けの考え方は子どもよりも親の世代を気にする声も多い。

実際に企業に就職する際には、以下のような関連で退職希望を願い出るケースが多い。

  • 親の病気や介護のために仕事を辞めたい。
  • 資格を取るために辞めたい。
  • 研修関連が県外で行われる企業には就職するのは難しい。

採用の連絡を企業からいただいた。

いくら年収が良くても今の家庭の状況では厳しい。

このように希望の職種(営業、販売、事務)でも実際には何も活躍することなく離職するケースも増えた。

これは、確かに本当のことなのかもしれない。

しかし、こんなことをした先で職を失うという事は会社的にも信用を失う。

さらに、自分が介護をすると決めた時にも収入的には厳しい状況が続く。

結果的にお仕事を辞めて主婦に戻った自分に後悔する可能性も高いのです。

どんな業務でもまずは働く前に自分が長く続けられる条件以前に状況把握。

これが絶対に必要になってきた世代と言えるのです。

目の前にある現実から目を背けても結果、今の自分をさらに厳しい状況にするのは意味がない。

収入の次にある苦労は何か?

この答えをじっくり家族で話し合い、慎重な対応をするべきではないでしょうか?

 

40代女性転職サイト選び方成功法

40代女性転職サイト探し方成功法

このサイトの中でも40代の生き方として考えておくべきポイントをご紹介してきました。

人、モノ、お金、時間。

全てのバランスがきれいにまとまる人生は少ない。

いずれかが満たされても何かが悩みの候補になっている。

新しい環境に目を向けることは刺激になります。

今の不満や不安を抱えたままよりは何か行動をしたほうが次につながる可能性もあります。

しかし、今の予定が全く叶わない状態になってしまう事もある。

だとしたら、どうすればいい?

転職サイトを選ぶ基準

私もリアルなミドル世代の一員になったばかり。

実際にただ年齢が40歳を超えたというだけで何が違うのかと思っていた。

しかし、現実に目を向けると確かにいろいろ違う。

  • 世代ギャップ。
  • 価値観。
  • 月給と年収の考え方
  • 賞与のありがたみ。
  • 子供の年齢と教育費。
  • 生活費増加。

20代の頃に入社を楽しみにしていた頃とはまるで価値観が違う。

休日は月7日から11日あれば、シフトでも何でも良かった若い頃。

今は土日祝である事が子供との時間をつくるためのポイントになる。

管理職になるってどういうこと?

なぜ募集しているの?

この会社内で何が起こって前任者は辞めることになったの?

いろいろ深堀して考えると面接に行く前にいろいろ気になるようになってきた。

まず大事にして欲しいのがエリア。

いくら掲載多数といっても自分のエリアで募集がないと意味がない。

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、福岡県。

このように都市部のエリアを含めたら確かに登録している数も多い。

しかし、応募できる範囲は駅や車の移動時間で考えたら数社。

このように考える。

まずは大手ではなく、地域密着で働ける可能性が高いサイトから探す。

少しでも自分が長期に働ける近場で応募が可能な条件を探す。

これが最初の1歩。

年収よりも月収ベース

賞与が数ヶ月分。

確かに魅力的。

でも例えば、ボーナスが年間60万円。

この支給額は、月収で考えたら?

25万円と30万円。

この2つから選ぶのと変わらない。

何を中心にして仕事を探す?

この答えは、働く期間を問わず毎月の生活のため。

支払いをする上でも少しでも生活が楽になるためにはどういう給与の形態で働くべきか?

この点も慎重に考える必要がある。

老舗?オープニング?

新規出店。

都市開発。

自分の住むエリアでも徐々にこれから開発が進むエリアも出てくるはず。

それまでは近くに無かった大手や新規参入のビジネスもあるかもしれない。

これらをチャンスと見るのか?

それとももう自分の年齢とは合わない若い力を求める会社なのか?

この見極めも非常に大切。

専門職ではない。

このパターンなら特に今は幅広い世代が1分もあれば応募が可能な時代。

現在子育てにも介護にも不安がある期間の人と若い世代ならどっちが必要?

これが人事担当者が考える不安要素。

いくら経験やキャリアがある人もブランクがある状態ではアピールポイントにならないケースもある。

若い人とあまり競争を必要としない条件を選ぶ。

これも一つの選び方のポイントになる。

誰に役立つ?

企業に就職する前の作業では職務経歴書や履歴書を準備する。

その時、条件に合う求人があった時、少しでも自分をアピールしようと頑張ろうとする。

保育士や看護師、福祉、教育、研究、機械、エンジニア。

こういった専門職は、その業界に求められるスキルを持つ人が集まる。

まったく資格もキャリアもない。

この場合はどうする?

  • 倉庫での軽作業。
  • 配送
  • コールセンターでの案内

このような仕事があった時、どう思うのか?

続けられる?

経験がないからイメージができない。

このように考えるなら、まずは派遣で1日の仕事を経験する事も大切。

経歴にはない。

でも働いてみたいと興味を持つ仕事を目指すなら、自分に合うかどうかは1日働いて判断。

これが一番ミドル層にとっては分かりやすいと思います。

最近は、日給を不要。

この条件を満たすなら、働けるかどうかを判断する意味でも見学を許可する会社も多い。

これが職業を問わず、労働者、雇用主双方にとって、結果としてリスクを背負わないための工夫と言える。

まずは自分でイメージできないなら、体験をする。

これからの時代はこういう対応を求める事で実際にイメージギャップを防止する方法がある。

働いてみるという事よりも担当者の声と現実のギャップがないかを自分の目で確かめる。

この感覚が大切になってきていると思います。

事務でも総務、人事、経理、それぞれのやり方や考え方も違う。

以前働いていた頃とはメインで使うソフトも違う。

このように時代の流れに置いていかれるケースも多い。

よって、自分が過去に経験したことでも今の時代では全く違う流れになっていることは多い。

今の日本のビジネスの流れと自分のイメージが合っているのか?

これがきちんとわかっている状態のほうが好ましい。

まずは現場を知る。

これが大切です。

スポンサーリンク