スポンサーリンク



もう40代になってしまった。

今更だけどこれから転職をしたい!

仕事を探す時、企業に経験やスキルをアピールしたい。

でも実際に履歴書を書くと?

資格なし

職務経験は、パートやアルバイト、派遣。

正社員になったのは10年以上前。

子育て中の女性には特にこんな悩みも多い。

働きに出たいと思った時に資格を持っていたら!と悩む人は多い。

しかし、本当にそうでしょうか?

これまでにも40代女性の仕事に多い悩みをご紹介してきました。

仕事できないや辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

40代女性仕事探し

スポンサーリンク


40代女性が仕事探しに疲れた時知っておくべき抜け道!

40代女性仕事できない辛い

40代女性の仕事ができない悩み根本的原因と着実に変わる方法実践記

会社の仕事辞めたい40代女性

仕事辞めたい40代女性と無いと嘆く人は歴然の差!

40代女性仕事がない時の行動

40代女性も仕事がない?既婚夫婦の収入減少への対策方法実践記

40代女性転職前の覚悟

40代女性転職の現実|絶望と簡単の決定的な差

40代女性仕事の悩み

40代女性の悩み仕事編解決法まとめ

知識を持つことは有利な働き方につながる。

頭の中では分かっている人は多い。

でも本当にその資格を持つとしっかり自分の理想の人生になっていくのか?

この疑問を持つ者は少ない気がする。

実際に人材コーディネーターも人事担当も経験したからこそ伝えたい採用する時に見ている内容をご紹介していきます。

今回の内容は、以下の項目に沿ってご紹介しています。

転職に有利な資格?40代女性の失敗例

転職に有利な資格?40代女性の注意点

転職に有利な資格!40代女性の成功例

まさに私は今40代の世代。

だからこそ、この世代の人に理想と現実のギャップを感じないための考え方をご紹介しています。


スポンサーリンク






転職に有利な資格?40代女性の失敗例

転職に有利な資格,40代女性失敗例

資格を持っても所詮役に立たない。

採用されるかと思ったらなかなか合格通知がもらえない。

管理職を目指す40代が減った時代。

むしろ、20代30代が多い不思議な時代になってきた。

そして、立場的に上に立っている人はみんな何か資格を持っているのかと言えば違う。

これが現実なんです。

転職に有利とかおすすめの文字

ネット上では、いろいろなサイトで資格が紹介されている。

当然一部の求人の中には、何級以上とかtoeic、英語力などの表記がある。

業界に入ってから受験を受ける人が多いのは以下のような内容。

  • 宅建
  • インテリアコーディネーター
  • ファイナンシャルプランナー
  • 登録販売者

近年では、働く正社員のために資格試験に対する講座や受講料補助などを会社が行うケースもある。

ある程度その中で活躍している。

これが前提であることを働く前の段階では考えておく必要がある。

実務者と業界初参加の差

所詮は国家資格も実務経験がなければ働く上では素人。

初心者や未経験者向けの内容と大して変わらない。

事務の仕事で活躍する人を見れば一目瞭然。

年齢を問わず、多くの人がパソコンのスキルをその会社の使用するソフトでのみ慣れていく。

医療事務なら医事コンピューター。

登録内容の照合ならエクセルやワード。

資料作成などを行う仕事内容なら、パワーポイント。

このように、年齢を問わず今やっている内容とマッチする内容を自然に勉強しているケースが多い。

この中に、その内容は未経験なのに、役立つと思って取得だけ済ませた人はどうなる?

キャリアがないと勉強だけでは通用しない。

この現実を年齢という壁ではじかれる現実を知っておくべき。

 

転職に有利な資格?40代女性の注意点

転職に有利な資格,40代女性誤解や注意点

ある程度過去に経験した内容。

でもブランクがある。

介護、事務、保険など最終的には独立も考えられるような内容もいろいろある。

でも今から自分が面接のためとか、少しでも条件を改善するために試験対策を行うとしたら重要な注意点がある。

業界が求める人材

四角四面に面接する前に準備をするタイプの人もいる。

きちんとその職種に合わせた試験に合格する。

これを1つの実績と考える。

でもその職に就く時、あなたはそれ以外の内容をどう観察している?

  • 宅地建物取引士に求められるのは、運転や残業。
  • 簿記の担当に対してはスピード感。
  • ファイナンシャルプランナーなら客探しの人脈。

このようにいくら表面的な評価を勝ち取ったとしても、実務の上では全く違うギャップが発生しているケースは多い。

需要があると働きやすいは別

よくあるのが、その試験に合格したら簡単に採用してもらえるという考え方。

会社もある程度の数がある。

年収も記載内容的には問題がない。

だったらこの先には安定が望めるかもしれない。

ちょっと待ってください!

なぜその関連で勤務した経験者が数ヶ月以内に離職しているのでしょうか?

需要がある。

fpなんてこの先もきちんと勤務できる環境もサービスもある。

ではなぜその会社を辞めた?

転職サイトで情報を探すというのは、あくまでその会社の中身的な部分が重要になる。

自分がこの先転職活動をする時、どんな会社に身を置くつもりなのか?

行政書士を持つから経理に強いはず。

自分が考えるのはあくまで活かせる可能性。

でもその場に身を置くという事は?

その後は人間関係などにも注目する必要がある。

実際たくさんの人が同じ試験を受けて合格すれば取れるはず。

いくら他の内容よりも多少難しいと言っても学生を含めたらかなりの数がいるはず。

なのに、その人たちがいなくなる。

この結末からどんなことが言える?

職場の対応が働きやすくなるような方向に向かっていない。

こう言えるのではないでしょうか?

お金を稼ぐために選ぶ

転職サイトを見て簡単にお金が稼げるからという発想は捨てなければいけない。

有資格者というのはある意味会社にとっては即戦力。

アピールしたなら、それなりの仕事を見せてもらう。

これがそれぞれの会社の本音。

ビジネスに対しての認識がない。

ただ単に法律を知っただけ。

これでは、入って1年経った人のほうが存在する価値を出せる。

仕事選びの中で、ただ単にその業界に勤めたいから稼ぐために学ぶ。

この程度なら、正直勤めてほしいと思われる人材にはならない。

自分が仕事に就くためにはどうすればいい?

この答えとして、現在の知識量と自分の価値を知る。

この2つをきちんとアピールできる準備もできていないと採用されるのは難しい。

この点は、通信など学べる環境が充実している時代だからこそ認識を改める必要がある。

 

転職に有利な資格!40代女性の成功例

転職に有利な資格,40代女性成功法

  • 収入が必要
  • 時間も欲しい
  • 老後の対策もしたい

40代になれば、年々自分の老いを感じる事も出てくる。

私も体力が落ちたとか、食欲がなくなったとわかることが増えた。

こんな状況でもまだ子育てをしなければいけない。

転職するならキャリアアップしたい。

こんな気持ち的には人生を豊かにしたいと思っているけど、上手くいかない流れにハマっている人も多い。

でもその結果は、決してその人の力が不足しているからではありません。

活かし方を知らないから。

この答えについて解説していきます。

人生で成功を狙うノウハウ

結果的にあなたはこれまで何をしてきたのか?

これは、不動産でも保険でも金融でも業種を見てきた内容と考える必要がある。

社会人になってからの人生で何を学んできたのか?

そしてなぜ退職をしたのか?

この答えからこれからの自分の生き方を選ぶのが成功のコツ。

全く知らない業種に挑戦するために資格を選ぶのは失敗の原因にもつながる。

例えば介護。

介護福祉士になる人は増えている。

なぜか?

この答えとして、現場の実習を経験している人は多い。

スクールに通いながら、現場の実習がある。

たったこれだけでも自分がその職種を選ぶべきかを考える事が可能になる。

だからこそ、手に職という答えにたどり着く。

 

高齢化社会。

この文字が広がり、つい安定した仕事という言葉に惹かれる人は多い。

しかし、現実を知ってすぐに辞めてしまう。

こんな人がまず経験するべきなのが、試験を受ける前の実習というステップ。

本当にあなたのイメージ通りの未来があるのか?

本格的に受付だけではない中身も見て知っておく。

これが必ずしもすべての施設で共通するとは限らない。

これはどの会社でも多少の違いがあるのと同じ。

でも確実に現場を知りながら勉強を進めることが可能になる。

重宝される仕事に就きたいと安易に考える人も増えた中で、スキルを高め、業界の中で次のステップに進む人がいるのはなぜか?

この答えが、携わる前の段階で自分の目で見たからという声が多いのを知ってほしい。

人材不足と人材の雇用

人手不足という言葉が広がる。

一方では大手のメーカーですら、雇用した人材を手放すような状況。

これってなんだか矛盾した動き。

今後もこの動きは加速すると思う。

名ばかりの人手不足。

これがどんな仕事でも広がる気がする。

ボーナスの時期になればなぜか企業の求人も多数刑される状況が続いている。

これって何を意味する?

結局はどんな業界でそれぞれがチャレンジしたはずの結果も満足ができなかった現実がある。

こう言っているのと同じ状況ですよね。

自宅で勉強して再就職する準備って何が必要?

私はよく相談を受けた時、こんなことを言っている。

「自分が本当にやりたい事を見つけるなら、名ばかりの探し方では無理。」

過去を振り返った先で自分自身が自然に提案できるような内容を追い求めることが絶対に必要。

幅広く豊富な知識を持っている。

これはあくまで全て現場で培った経験から学んだ内容ばかり。

この人のほうが即戦力として使いやすい。

別にどこか違う会社で働いていたとしても、まったく同じということはない。

でも業界を問わないサービスの内容を知っている。

たったこれだけでも年代問わず、教育する時間は短縮される。

自分が働いたことのある分野以外の事なんて正直初心者の飾り程度の価値にしかならない。

これが有資格者という表現だと私は思っている。

あなたにとって、これまでの人生は無駄ではなかった。

こう思えるような仕事探しをしていただきたいと思います。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク