スポンサーリンク



40代の男性にとって、転職には悩みが増えた。

企業の求人の中には、35歳までという条件提示が増加。

職種や業種を問わず、若手のキャリアに期待するという響き。

しかし、実際には業界にいる者からしたら、採用した後に高いスキルを持つ人が出てきた時のリスクを懸念する声もある。

今育っている者の中に、さらに仕事ができる人が入社する事へのリスクだ。

男性でも女性でも自分以上に仕事ができる者が入社した時、自分の立場が危うくなることを懸念する。

このせいで、企業の中には、上司が自分の嫌いな人を辞めさせる方法とか手口なんて言葉が広がりを見せている。

仕事できない人辞めさせる

スポンサーリンク


仕事ができない人を辞めさせる手口典型例に自己防衛は可能!

会社辞めさせる嫌がらせ

会社を辞めさせる嫌がらせを受けたらどうする?40代の生きぬき方

会社嫌いな奴辞めさせる対策

職場で嫌いな人を辞めさせる典型的な手口やパターン|自己防衛手順を知れば勝てる!

会社辞めさせる嫌がらせ対応策

会社を辞めさせる方法から自分の身を守るポイント

会社辞めさせる手口

会社を辞めさせる手口アラフォー被害の実態

実際に見経験の業種や職探しをしている人に応募する前に知って欲しい内容も書いています。

転職未経験おすすめの選び方|元人材コーディネーターが解説

40代になってもいまだに仕事が続かないと悩みを抱えている人も多い時代。

転職後1ヶ月で仕事ができない時の対処

転職1ヶ月目で仕事ができないと悩む人の特徴

職場のいじめなんてレベルの低い話が飛び交うのもこういう働く者の認識が原因だと私は思っている。

確かに資格が必要な仕事は存在する。

しかし、未経験の職に就く前に必死に40代が自分の年齢を考慮して資格を持ってから仕事探しをするのはある意味リスクが高い。

経験を活かせる仕事がないと思っている人の仕事探しにおいて、どういう認識を持ってこれからの時代を生きていくべきなのか?

私のサイトは、40代男性女性が自分らしく人生を生きるための考え方をご紹介しています。

恋愛、結婚、離婚に再婚、育児、ファッション、貯金、老後。

年齢を問わず、社会人になってからも不安を持つことが増え続ける現代社会。

人生の成功って何?

今の自分は平均より上?下?

他人と比較して初めて自分の立場に安心を抱くのは情けない。

この先会社で人材として手生きていけない人は以下のような認識を持っている人だと私は思っている。

挑戦する事をやめない。

ライバルが多いか少ないかではなく、自分の目標を持っているか?

他人の成功を目にしても、今の自分の業務や条件に対して、劣等感などを抱くことなく働く事ができるか?

所詮、今の自分の条件も会社で働く立場なら、利用されなければ生きていない人。

これが重要。

人生の残りの時間を考えた時に労働する側が何を求めるのかではない。

どう自分の魅力を働く環境の中で利用価値として認めてもらえる経験や内容を積み重ねられるか?

たったこれだけの事。

40代50代でも歓迎という求人掲載がないわけではない。

もちろん20代30代と同じように年収の低いが数が多い事務系を希望する人は少ないはず。

だったら、どうやって生きていくべきなのかを今回の記事で資格という価値についてご紹介していきます。

40代男性の未経験転職と資格の価値

40代男性の未経験転職と資格のリスク

40代男性の未経験転職に資格は必要?

不動産業界や営業として働きたいという仕事の希望の内容によっては活躍の場が広がる可能性もある。

しかし、介護のようにあくまで現場での実務経験が問われる免許やスキルはただ勉強をしただけでは難しい。

所詮1からスタートする仕事に資格は何の意味があるのか?


スポンサーリンク






40代男性の未経験転職と資格の価値

40代男性未経験転職と資格の価値

転職前に資格を取得しておこう!

20代から30代にかけて徐々に仕事が減ってきたと思った時、多くの人が自分の履歴書に何か免許を書きたいと思っている。

しかし、実際に仕事をスタートする時、本当にその免許は役に立つのだろうか?

不動産業界で活躍するための宅建の意味

講座を受講したり、独学で学んだ先に需要が十分にあるという情法を鵜呑みに取得した資格。

しかし、この資格でさえ、実際の不動産の賃貸や販売の接客では資格と現場でお客様から質問される知識は全く違う。

身近な悩みに目を向けて、一般の方にもしっかり分かりやすい説明を行える事が最も重要。

その情報に何を安心材料とするかと考えるのはほんの一部しかいない。

これが現実である。

身近な資格で考える現実

第一種自動車運転免許取得も同じ事が言える。

ペーパードライバー。

この言葉を考えたら、単純に入社する時に運転免許を持っているからという資格は書ける。

しかし、自分が普段職場に運転している道でさえ、運転していた期間が短いと不安が多い。

その上、大きい車や最新式のタイプの操作を求める会社の声にはどうなるだろう?

例え、面接で運転免許必須の募集を見て、有資格者という事を伝えたとしてもその知識も内容も今の時代にしっかり向き合えるのか?

この答えが転職後の作業に大きく影響を与える。

結果、実績なき資関係は就職というハードルに対して大して役立つ場面がないのも現実。

操作や作業を求められるit業界で考える

例えば、it関連の職種に入り、活躍したいと思う人がいたとする。

この場合、過去のエクセルやワード、パワーポイントの資格を有していたものは本当に有利だろうか?

雇用する側は、資格があって、ある程度アピールしているなら、別に実績まで必須ということではない。

しかし、一定の資格手当としての給与も与えた状況で実際に雇用した後の働きは、無資格者と同じ程度の仕事しかできていない。

こうしたケースがかなり多数存在しているのが現実。

 

40代男性の未経験転職と資格のリスク

40代男性未経験転職と資格のリスク

40代になって経験は少ないが必死にアピールしてきた。

強い意志がありそうだ。

このように面接である程度の求人情報に対する受け答えも経験があったら何とか乗り切れる人は40代には増えてくる。

それなりに、お仕事も過去に経験してきたはずですし、アルバイトの子たちのお仕事よりも知識が豊富。

こんな解釈がもし面接後の選考の場にあったとしたら?

名ばかり資格者がたくさんの現実

実際に人事の方では、資格をアピールされた割にできることがかなり少ないと知って対応に困るという事も多い。

多数の応募がある時には、強いプレッシャーを背負いかねない。

これが現実であることを知っておく必要がある。

実務の経験がない、ペーパードライバーと同じような資格ならアピールするだけ危険になる。

コンサルタントやエージェントも困惑する対象

有資格者である。

個の特徴を勘違いしている人が今の日本の転職市場にはたくさんいると思う。

転職支援を行うエージェントやコンサルタントも資格がどうであれ、若い体力のある世代を求める企業は増えている。

一方で、資格を持っているが、本当にその内容が活かせるのかどうかを事前にチェックした方がよいとされる意見も企業から出している。

この現実はなぜ起こる?

結果的に、資格者として力を出しきれていない比較的使えないと判断された人が増えている事が現実。

結果的に、ちょっと勉強して資格を取ったくらいの人よりも資格を将来取りたいと必死になっているこれからの人材をサポートする方が失敗があっても期待ができる。

このように離職率が高い職種の場合は、社員を探す時の評価をあえて資格を持たない社員を育成するという採用方針も増えている。

 

40代男性の未経験転職に資格は必要?

40代男性未経験転職と資格と将来性

ここまでを読むと企業の中途採用の傾向等から考えた時、資格を持つ人が社員に選ばられる可能性が高いと言えない。

40代未経験転職と将来のポスト

店長候補

支店長候補

新ポストの用意

このように、将来の可能性や昇格、昇給の流れをあらかじめ求人の中に掲載している会社も多い。

あくまで異業種転職で問題はない。

将来、専門分野に携わる中で、法律や保険等さまざまな関連の分野に対して、スキルアップが可能になる文や。

この中では正直、最初から再就職者に資格を求める声は少ない。

独立の支援等の保険等も同じ

toeicだったり、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士。

こういった仕事に携わることを希望する人の中には、雇われることに安心を持つ人ばかりではない。

将来は独立を視野に活動する事が可能。

このような人生設計を考えた上で、再就職と将来の独立対応を普通に最初から選択できる方法を探している。

このような人の最後には、自分でさまざまな分野を取り扱う意欲を持ってまずは会社の役に立つことから始める。

新しい分野には、それぞれの意欲の先にいかに明確な将来設計と覚悟を持ってやっていけるか?

これが残りの人生の成功を勝ち取るために必要な部分。

国家資格だからとか雇用形態がという事を常に意識している限り今後もずっと続けるという認識は弱い。

常に分けてに怯え、教育の環境に不満を抱く。

このような人が少なくない。

可能な限り社会に貢献して、今後は自分の能力を一定の枠に絞り込まない。

幅広く興味関心を持ち、1つ1つに目的をもって問題を解決することを楽しむ。

こういう人が徐々に過去とは違う人生経験を積むことが出来るのだと私は感じている。

印象の問題と思っているなら危険

40代の未経験異業種転職。

この言葉を一定の企業は、何の問題もないとしている。

それは、選んでからの本人のやる気次第というのが本来の答え。

ただ受付や面接を受ける上で、状況的優位を勝ち取るための資格なら何の武器にもならない。

かえって、40代ともなれば、資格と同等のそのスキルを活かすノウハウを有しているか?

この点が本来の有資格者としての印象を高める要素になる。

目的もなく、ただ一定のよくある資格を取っただけの人に企業に貢献する能力があるとは判断されない。

それは、その資格を持つ人が今後の顧客の悩みにどう受け答えができるのかという方が重要になるから。

マネジメント能力が少なく、コミュニケーションも苦手な人の資格の保有は社会に貢献するのは難しい。

今後新しい分野に向けて挑戦したいと思う人がいるなら、ぜひ自分の今後の人生設計を明確にしてからよく考えて投資をする事をおすすめしたい。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク