スポンサーリンク



メンズファッションはシンプルイズベスト。

休日のプライベートな時間の服装。

仕事(通勤)でのビジネスシーンでの無難なコーデ。

女性とのデートを楽しむためのファッションセンス。

男性の服は多いようで少ない。

  • 着こなし
  • 見た目のオシャレ
  • ブランド
  • 値段(価格)

いずれも20代や30代とは違う大人の男を感じさせるポイントに迷う人は多い。

反対に40代男性の中には、あまりにも自分の色が強すぎて若い人にも同世代からドン引きされる人もいる。

これまでにも40代メンズファッションについては、以下のような内容を書いてきた。

40代男性ファッションジーンズ

40代男性ファッションジーパン選び方失敗注意点と成功のコツ

40代ファッションメンズ春コーデ

40代ファッションメンズ春コーデ

スポンサーリンク


40代ファッションメンズ春コーデ|デートにダサいを防止する注意点

夏メンズファッション40代男性ユニクロ

40代男性ファッション夏ユニクロ

夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代ファッションメンズ秋

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性ファッションメンズ冬

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代guメンズコーデ

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性服のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション春夏秋冬太めの強みと弱点を使いこなす

40代ファッションメンズブランド

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代男性ファッションカジュアル

40代男性ファッションメンズカジュアルを意識する注意点と優先順位

40代ファッションメンズジャケット

40代ファッションメンズジャケットで女性受けの良い選び方と注意点

ジャケットメンズ着こなし40代

ジャケットメンズ着こなし40代

ジャケットメンズ着こなし40代が難しい?簡単にそろえるコツ

40代男性ファッションカジュアル冬

冬40代男性ファッションカジュアルでダサいとオシャレの決定的な差

40代男性が好きな人への態度やサインという視点もご紹介しています。

40代男性好きな人態度

40代男性は好きな人に態度で出す?サインを見抜くコツと信用する注意点

春夏秋冬季節を問わない。

あくまで自分らしく個性を演出する。

同じ色とデザインのシャツやジャケットでも着る人によってイメージは異なる。

ダサくもなるしかっこよくもなる。

自分には何が足りない?

どうすれば女ウケの良いコーデになるのか?

この点をリアルな40代を見て私がドン引きしたケースをご紹介していきます。

私のサイトは、40代男性女性向けの情報を配信しています。

メインコンセプトは、自分らしく個性を活かして生きるための考え方。

20代30代の若い頃と同じ悩みを持つ人は非常に多い。

具体的には以下のような情報を求める人が多い。

仕事,退職,転職,貯金,ファッション,プレゼント,恋愛,結婚,離婚,再婚。

自分の印象をどう見せたいのか?

着やせを目的とするコーデ。

年齢相応の服装。

大人の男に見えるってどういうこと?

この点を誤解している人が非常に多い気がする。

今回の記事では、40で痛いファッションメンズ編として以下の項目でご紹介している。

40代痛いファッションメンズの3大注意

40代痛いファッションメンズのポイント

40代痛いファッションメンズと無縁の人

自分で服を選ぶ事に対して何も自信がないという男が婚活や合コンに参加。

自分が思っていたのとは大きく異なる相手の反応。

その真意はどこをチェックしているのか?


スポンサーリンク





40代痛いファッションメンズの3大注意

40代痛いファッションメンズ

何が原因でダサいと言われるのか?

ダサいを通り越して痛い。

3つのポイントでご案内していきます。

全身コーデで多くはドン引き

特に典型例と言われているのがブランド品だらけのコーデ。

しっかりアイテム1つ1つに力を入れているしおしゃれだろ!

アイテムは全てブランド品。

「男が稼いでると証明するなら、それなりのアイムを持つ必要がある。」

一見シンプルな考え方と言える。

しかし、それはあくまで大衆受けする考え方ではない。

むしろ、そんなシンプルな考え方を誰も求めていない。

逆にちょっと稼いでいる人なら、今の時代は物にお金をかけない。

高級感という文字を避ける。

これが大きく違うポイント。

古すぎるシルエット

10年20年前に購入したちょっと高い商品を愛用している人も多い。

しかし、ただ長く使っているのではダメ。

ある程度は、今流行っているシルエットを気にするべき。

特に男性は女性に何が流行っているのかをチェックするのは男のたしなみ。

この視点を全く持っていない独りよがりなコーデはただのおじさんの自己満足。

  • パンツも昔の太めのシルエット。
  • 夏のシャツはロゴが大きくてうざいデザイン。
  • 秋冬のコートやジャケットも肩パット入り?みたいな残念な肩幅。

これではどんな相手と一緒にいてもダサい。

会社の関係でも休日の私服でも結局独り身と思われやすい。

こういう男性を見て、独身とかバツイチと言われると多くの人はそうだろうねと言ってしまいたくなる。

これほどngになっている人がいる。

若作りへのとらえ方

少しでも若く見せたい。

中年太り、ビール腹。

まさにおじさん体型の典型的なパターンになった自分に悩む人も多い。

でもせめて服装だけは着る服でこだわっておきたい。

こう思った人がなぜかたどり着くのが、柄と白の組合せ。

確かに定番。

でもそのカラーって商品によって少し変と思われるポイントが多い。

顔も手入れをしてきれいにしておく。

爪などもきれいに整える。

腕には高級な時計を用意。

バッグや財布、靴もブランド品。

もうここまでで終わったと思ってしまう。

それっていつ購入した商品?

こう言えばわかると思う。

誰が見ても古臭い。

でも誰ももう何も言いたくない。

その人の趣味や興味あることに別に何も言いたくない。

私はもうあなたの趣味を知って今後の付き合い方を考えます。

こうしていくらお金があると言われても二度とデート等の誘いについてこない。

理由は単純。

足元から頭まで全てお金をかけたという気持ちが丸わかりのコーデをしているから。

これはセンスを感じるコーデではない。

ダサい代表。

こんなイメージで見られているのをもう少し自覚した方が良いと思う。

スポンサーリンク



 

40代痛いファッションメンズのポイント

40代痛いファッションメンズ注意点

今の自分はもしかしたら痛い存在なのかもしれない。

こんな不安を持つ人に伝えたいことがあります。

大衆向けを心掛ける

見た目の印象って何がそこまで影響するの?

こう聞かれたら私は常にこう答える。

「誰と会う時にも自然な感じに見せるのがコツ」

正直、ブランド品に価値を求めるのは自分がない人。

もっと言うなら、ブランドを頼らないと生きていけない人。

イベントがある。

他のカップルともすれ違う機会が多い。

こういう時に何を意識するべきか?

今の時代には、以下の3つが求められている。

  • シンプル。
  • さりげないオシャレ
  • 目立たない

上記の3つは欠かせない。

どういうことか?

周りから見てザ金持ちみたいな人と一緒に歩きたくないから。

自分たちを周りから見た時の印象で考える。

1.少し歳の離れた歳の差カップルと思われる。

2.同伴と思われるか?

この2つはかなり違う。

着るもの一つでそこまで印象は変わる?

こう思うなら、実際にやってみればよいと思う。

相手は、かなり返事に困る光景を見てはじめて納得すると思います。

 

40代痛いファッションメンズと無縁の人

40代痛いファッションメンズ

私ももう40代のおじさんの年齢になった。

でも休日やビジネスでもよくコーディネートの相談を受ける。

男女も問わない。

年齢も問わない。

別に高い服を着るからかわいいとかオシャレではない。

無難。

そして、いやらしくない。

この2つを満たした上で、相手の特徴を活かせるような提案ができるようになれば相談も増える。

大きく変わらない

時代は変わる。

デザインも柄も流行っている色も変わる。

でもそこまで大きく変わることは少ない。

10年ひと昔。

この程度のサイクルの中で多少ロゴの大きさや柄が変わる程度。

後は、各会社がどれだけオリジナルを強くしたこだわりのある商品を展開してくるか?

たったこれだけ。

つまりは、目にする対象をきちんと絞り込む。

さらに、見える部分の中でも襟、袖、足首、小物。

この内容は必ずきれいにしておく。

そして、小物は可能な限りシンプルな対象を求める。

たったこれだけでダサいという目は向けられない。

ファッション誌依存をしない

今の時代は、ネット通販でも雑誌でも簡単にモデルの画像を見る事が可能。

でも別に高い服が必ず上質と思われることはなくなった。

ファストファッション

古着

リメイク

こんな文字がオシャレな服選びに入ってくるようになった。

だったらまずは自分の服装で体型とあっているのかをチェック。

そして、袖や丈をきちんと見直す。

たったこれだけでデニムやジーンズは10年以上使える。

革などの小物もシンプルが大事。

ロゴも何も入っていないなら10年以上使える。

たったこれだけの事を意識しておけばダサいという印象を与える心配は少ない。

あくまでファッション誌で紹介しているのは戦略。

自分の肌の色とはかなり違う。

こう思って見ると、男が選べる幅はかなり少ないと気付く。

サンプルの男

自分の中で一人でいいから自分に近い体型のモデルを用意する。

例えば、会社の取引先の相手でも良い。

自分の家族、身内や親戚でも構わない。

とにかく自分より歳上の人から学ぶことが大切。

肌の色はどうなった?

身長や肩幅などの体型の特徴は自分と似ている?

髪型や髪の色はどうだ?

こういう細かいことに気を配り、サンプルを用意する。

その人に近い雰囲気をつかむ。

たったこれだけで似たエリアで似た相場の金額の商品は簡単に見つけられる。

ユニクロやgu,zara,H&Mでもまとめるのは簡単。

どのように素材を活かすのか?

これは、洋服だけの話ではない。

自分という素材を活かす方法を考える。

これが本当の意味でのオシャレのポイント。

スポンサーリンク