スポンサーリンク



有資格者。

仕事の経験値。

過去の仕事の内容や業務内容。

転職する時、企業に自分を売り込む方法はいくつかある。

自分の持っている資格取得を履歴書に時期と共に示すのも大切。

証書のコピーを仕事が始まる前に提出を求められる国家資格も多い。

しかし、一方で合格をしても結果、企業から必要とされない人もいる。

難易度の高い級に合格した自分ならきっと受かるはず!

有利になったと思っていたのに、想像とは異なる結末に困惑するケースも多い。

試験を受けるために限られた時間を使って努力した人のに不合格になった人もいる。

これまでにも40代の資格に多い悩みをご紹介してきました。

40代資格おすすめの勉強法

スポンサーリンク


40代の資格勉強おすすめしないやり方|落ちる典型的パターン

40代シングルマザーと資格

シングルマザー40代が資格に挑戦するなら何がおすすめ?人事経験者が解説

転職に有利な資格,40代女性成功法

40代女性の転職に有利な資格って何?人材コーディネーター経験者が解説

40歳転職は無謀と成功の差

40歳の転職は無謀なのか?誤算や誤解注意点

40代男性未経験転職と資格の価値

40代男性の転職未経験でも資格持ちは有利?現場の厳しい実態

人を採用して就職させるのも別に会社の自由。

今から自分がどんな仕事に就きたいのか?

この考え方から、いろいろなサイトを見て、実際にどんなサービスを利用して取得しようか悩む人も多いはず。

そこで、業界を問わない受験希望者向けに注意してほしいポイントをご紹介していきます。

高い受講料や受験費用を払ったのに報われない可能性があるのか?

こんなことはあるはずがないと思っている人に伝えたい事があります。


スポンサーリンク






40代資格に多い悩み

40代資格取得

私は過去に人事担当者として面接を担当した経験者。

さらに、人材コーディネーターとして、転職を希望する方向けに成功をサポートする働きもしてきました。

国家資格を持っても正社員になれない人

職種としては資格を取れる人が上になるはず。

こんなイメージをもとに必死に努力している人は多い。

もちろん、資格を持つことが出世を早めるきっかけにするのは可能だと思う。

同じ働きをしているとしても、給料も高くなりやすい。

でもそれはあくまで資格を問わない結果を出すことを前提にしているはず。

分かりやすいのが宅建のような仕事。

簿記などの事務的な実務に役立つスキルと不動産営業とは資格の意味も価値も異なる。

人数合わせのために採用するだけなら、他の人でも良い。

ある程度、業務におけるスキルを問われたらあなたに需要はあるのか?

この答えが年齢というネックから活躍の場を奪われる事が多いのが40代。

こうした落ちた理由の背景を知って落胆する人は多いのです。

 

40代資格取得と合格率の関係

40代資格取得と合格率

合格率が高い資格を持つ人が今後活躍できる場を探す。

転職サイトでも資格を求められる仕事は多い。

例えば法律専門の分野なら、司法書士や行政書士、公認会計士。

不動産の管理なら、宅地建物取引士、マンション管理士、管理業務主任者。

保険なら、ファイナンシャルプランナー(fp)

介護や医療といった分野なら、介護福祉士や医療事務、調剤事務なども存在する。

認知も広がり、自分の関わる部分に近い資格を目指す人もいる。

しかし、必ずしもその能力を正社員に求めているのか?

この答えに疑問を持つべき時代。

例えば、不動産に関わる宅建なら、一定の限られた場にだけ必要な状況。

つまりは、パートなどにも適した仕事とも言える。

事務所に入る会計士も代表者がいれば、他の人は取得していなくてもその仕事に就いてから学ぶことが可能。

このように必ずだれでもその職業に就く前に必須となる例は少ない。

 

40代資格取得と転職成功率

40代資格取得と転職採用

完全に個人がすべてを行うような技能士や看護師は別。

これらの仕事であれば、完全に資格を有した者しか従事できない。

つまりは必ず得があると言える。

しかし、完全に忘れてしまうほどのブランクがある人はどうなる?

主婦がブランク後のパート目的

子育てが落ち着いた。

夫の年収が下がった。

このような事情から10年以上の社会人生活のブランク後がある40代も多い。

それがいきなり経験した事がない新しい分野の資格取得を目指し勉強。

かなり難易度の高い内容を取得した。

これなら一人で起業も可能。

でもこれってつまりは名ばかりの状態と言えませんか?

現場経験が1年もない人を誰が信用する?

そのスキルをどう活かしたら良いのかも分からない。

こんな人が今無資格でもその職業に就いている人と差を見せることができるのか?

過去とは違う。

必ずしも稼げる資格というのはかなり減ってきた。

本格的に関わる覚悟

本格的に業務が始まった後に自分がした仕事は何?

実際に業務に関わる部分は雑用ばかり。

いつになったら関わりを持つことができる?

こんな気持ちになっている人も多い。

例をあげるなら、病院で新人の看護師がどう働くか?

最初にした仕事は書類の整理整頓。

本格的に能力を発揮しようとしたら失敗が続いた。

この時点でこれからも自分がその業界に生きていこうと思えるかどうかはその人次第。

実際に資格を活かしずっとその関連の仕事をしている人は減少している。

なぜか?

それは、現場が必ずしも自分のイメージと同じではなかったという声が多い。

仕事に就いてから、二度とやりたくないと言っている人もいる仕事はたくさんある。

何のために合格を目指し勉強してきたのかすらわからない。

こんなことになる状況でも何とかなる年代ではないのが40代。

リミットを考えて、少しでも早く収入を上げる必要がある。

だったら、過去の経験を活かし、アピールする方法を見つけ出す。

この方が転職の武器になるのでは?

スポンサーリンク