スポンサーリンク



資格があれば独立も可能!

40代が仕事をしながらいずれは開業することを目指す。

これは人によっては非常に夢のある話。

これまでの経験を活かしやすい者には一定の条件がある。

反対に資格を取得して独立してもすぐに閉業や廃業という形になる人のほうが多い。

何のために試験に合格するために時間と受験のお金を投資したのか分からない。

こんな人生になるとは思っていなかった!

こんな声も多いのが現実だ。

ただ試験に合格することがゴールではない。

実際に私も起業をした一人。

2015年に開業して、2019年も無事継続している。

こうした経験を持つからこそ、今これから業界を問わず新規出店や開業を目指す人に伝えたい内容を綴っている。

これまでにも40代が資格を取る事については、以下のような内容をご紹介してきました。

40代資格おすすめの勉強法

スポンサーリンク


40代の資格勉強おすすめしないやり方|落ちる典型的パターン

40代シングルマザーと資格

シングルマザー40代が資格に挑戦するなら何がおすすめ?人事経験者が解説

転職に有利な資格,40代女性成功法

40代女性の転職に有利な資格って何?人材コーディネーター経験者が解説

40歳転職は無謀と成功の差

40歳の転職は無謀なのか?誤算や誤解注意点

40代男性未経験転職と資格の価値

40代男性の転職未経験でも資格持ちは有利?現場の厳しい実態

40代資格取得

40代資格取得前に知っておくべき現実|転職への影響力まとめ

別に今の時代は、どこの業界の中にも未経験者がいる。

そして、何の問題もなく他の人と一緒に経験者以上に活躍するケースもある。

これってどういうこと?

業務として本当に必要なのは何?

この点を考える必要がある。


スポンサーリンク






40代が資格より独立に有利な内容

40代資格と独立

今の時代に自分が開業や起業する上で必要な事は何?

この答えをリアルに私はこう答えたい。

  • お金
  • 人脈

たったこの2つだと思う。

運転資金があるないの差

お金は単純に起業の時だけではありません。

運転資金としてどれだけ会社に投資が可能なのか?

少しでも借金をしない状態で開業が可能なのか?

最初から一気に収入が見込める人は少ない。

まずは自分の会社の知名度を上げる事から始まる。

平均以上の年収を稼ぐ人もその後の一人になった後には誰から収入を受け取るのか?

この答えは最初のスタートが無かったら、自己資金が頼り。

こんな状況になることは冷静になって考えれば誰でもわかるはず。

でも少しでも自分が成功したと言いたいだけの人は簡単に開業してしまう。

その結果、収益化する見込みがないまま終わっていく。

専門家が何か言わなくても単純に現実を見ていないケース。

人脈が重要な根拠

営業関連に属した人は、その中で人気があったかなかったかだけでその後はかなり違ってくる。

もしあなたが他の会社にうつるようなことがあったらそっちで契約する。

実際にビジネスをしていると、こんな評価をしてくれる人は実在する。

自分が会社に身を置く中で資金と共に人の信用を勝ち取る。

このスキルがあるのと無いのとでは次のステージで差が出てくる。

通信、流通、不動産、何でも使えるのが人脈だ。

 

40代の資格と独立失敗原因

40代資格と独立失敗注意点

自分で働く。

自分が働く人を雇う。

独立する時には、いくつかのステージがある。

最初は自分の身を削って働く。

その後は、徐々に人を雇えるようになっていく。

そして、最後には資金にも余裕を持って営業に力を入れられる状況を作り上げる。

自分に必要なスキル

正直、年齢が高くなった時には、営業の力が必須。

現在の自分にそれが難しいと思う人は社会の中で現実を思い知ることになると思う。

資格を持つから次から次に人が集まるのか?

いいえそんなことはありません。

税理士、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー、宅建。

どの資格も所詮はどこかで経営に苦しんでいるような状態になっているケースが多い。

スタートした頃は少なかったはずの事務所も今はネットで全国関係なく実務の依頼も管理も可能になった。

極論を言えば、別にそんな人たちに相談しなくても他に多くのソフトやツールで管理やチェックができるようになってきた。

つまり、一般の主婦でも簡単に実務がこなせるような時代になった。

結局資格を取るのと使えるは全く違う

ただ単に有資格者が有利になると思っているならかなり危険。

1年後その名前だけで生きていけるのかを考えてみる。

別に他にも利用できる会社がいくつもある。

だったらできるだけ安く契約が可能な回hさを選ぶ。

コレが現実だ。

つまりは広告等の運転資金の力が強い所が勝る。

所詮どの分野も先に広告配信や口コミを広げる活動をした者が勝者になる。

資格より強い独立の武器

知識だけでは仕事はできない。

自分の会社に相談なしの状況では、いくら学習した知識があっても意味がない。

人気。

この一文字のほうが成功の近道になる。

別に何かの専門家になる必要もない。

ビジネスで大切なのは、難易度の高い資格を勉強するから成功するものではない。

いかに当たり前のことを無料の情報の中からも的確に見つけ出すか?

そして、そのノウハウをどこまで身の丈に合う内容で考えて行動にうつすか?

こんな簡単なことを継続することで年齢を問わず成功させる事が可能。

現在の自分の周りを一度確認してみよう。

誰もいない。

会社が無ければ社会では生きていけない。

こんな認識を持つ人はこれからの時代生きていけない。

まして経営を目的とするような実務となればこれまでとは全く別の問題が出てくる。

 

40代資格不要で独立達成後の感想

40代資格は独立に不要

私はある程度実務経験からスキルを学んだ。

そして、その中で自分で使える内容をピックアップ。

別に何か制度を使う事もなく、普通に契約を結ぶ力を身につけた。

仕事を取ってこれる力

どんな分野の内容でもまず先にコレ。

相手は誰に仕事を依頼するのかを選ぶ。

詰まりは、その分野で自分が選ばれる対象になれば勝ち。

そのために何をすればいいのか?

この発想が大切。

別にテキストなんて必要ない。

どう対応して、相手の条件にマッチングさせることができるのか?

クライアント探しから個人に依頼するほうが得と感じてもらえるようにする。

大手との違いを明確化。

たったこれだけの事を私は必ず目の前の相手に行ってきた。

もちろん失敗する事もある。

でもその実施が次の判断の材料になっていく。

こういうところは会社員で過ごす時間と違いがありません。

でも対応した際の取り分が全て自分。

この結果がどんな内容でもやる気の源になっていく。

あなたは何を自分の武器にしますか?

それは本当に自分にしか無いものでしょうか?

誰でも何とかなるという仕事的な価値とは違う。

あなただから頼みたい

こう言ってもらえる人にならないと独立は難しいと思います。

スポンサーリンク