スポンサーリンク



40代になってからの転職活動。

転職サイトを複数眺めて、年収や月収の多い内容には多い資格条件。

もう少し稼げる仕事があれば生活が楽になる。

子どもの成長に合わせて暮らしが厳しいと感じることが増える。

2019年には消費税増税の影響も出てくる。

今の自分のままでは年収アップは厳しい。

こんな悩みを抱える者が注目するのが、資格取得のための勉強法。

これまでにも40代の資格取得については、以下のような記事を書いていきました。

40代シングルマザーと資格

スポンサーリンク


シングルマザー40代が資格に挑戦するなら何がおすすめ?人事経験者が解説

転職に有利な資格,40代女性失敗例

40代女性の転職に有利な資格は何?人材コーディネーター経験者が解説

40代男性未経験転職と資格の価値

40代男性転職は未経験でも資格持ちは有利か?現場の厳しい現実

40代主婦の仕事と人生設計|再就職前に資格は必要ない?よくある誤解や注意点

資格を持っていることは確かに強みになる。

多くの業務の中でも、自分では対応ができずにほかの者に代行してもらう必要がなくなる。

こういうメリットはあるだろう。

しかし、全く違う視点で考えたら、私は正直資格取得をおすすめできない考え方がある。

今回の記事ではあくまで業務上必要に迫られた中で資格対策の勉強をしなければいけない人のための記事。

実際におすすめしたいやり方とおすすめできないやり方を以下の項目でご紹介しています。

40代資格勉強おすすめしないやり方

40代資格勉強おすすめの方法と根拠

40代資格勉強おすすめの教材選び方

私は正直勉強するのは嫌い。

自分が持っている知識の多くは、自分の中で難易度も気にしないまま企業の力も借りずにやってきたことが多い。

別に会社の何かのサービスを紹介するつもりもありません。

そんなことばかりに目を向けるよりもまずは別の視点で知ってほしい事をご紹介しています。

40代資格勉強おすすめしないやり方

40代資格勉強

自分の将来の独立のために必要な知識。

今勤めている企業(会社)で生き残るために有利な資格。

このような立ち位置で試験に挑もうとする人なら、別に国家試験でも何でも年齢関係なく自分でできると思う。

一方で、以下のような状況の人も多いはず。

  • 未経験者だからせめて資格だけでも持っているほうが武器になる。
  • 自分の職務経歴もキャリアもないから国家資格で強みをつくりたい。
  • 職探しで気になった業界の求人に共通した資格を見て勉強する気になってきた。

こんな一過性で学ぶ意識が芽生えた人向けの内容としてご紹介していきます。

人気とか業界トップクラス

ネットで調べる。

求人でも資格でも多くの人が先に知識を持つことに関心を持つ。

法律について詳しくなろう。

fpになれば就職するのも簡単なはず。

動機がある意味簡単に採用を勝ち取るための勉強。

スキルなんて関係ないと思っている人にとって、結果として何も実りが無かったと思う典型例がある。

それが、どんな資格を取るにしても以下の文字に惹かれて選んだ方法。

  • 短期集中
  • 専門
  • 簡単
  • 高い合格率

このような文字を見たら資格を取ることを目的の人なら、誰でも取れるみたいに感じる。

でもこれも別に無料ではない。

有料。

ということは、それも1つのビジネスなんですよ。

確かにその方法で取れる人もいるでしょう。

しかし、その人たちはどういう状況でそのサービスを利用した?

この答えがほとんどその関連の会社に属していたとしたら?

こんな形であなたは見ていますか?

成功とか合格率。

そんな文字に納得しているとしたら、ちょっと危険かもしれません。

働く時間と勉強時間

働きながら何か習い事をする。

こういう正社員の生活を送る人もいる。

確かにこうした会社員向けのサービスも需要が高まっている。

新しいステージへの挑戦。

キャリアアップを目指す。

取った後なら、手当が具体的にいくらつくのか知っている。

このようなやる気に満ちたきっかけがある時には通う際にも楽しみがある。

しかし、同じ環境を使う人の中にも、漠然とした将来のためという人もいる。

この場合、同じ時間を過ごすとしても質が全く違う。

自分の生活を管理しなければ簡単にできる事ではない。

勤務しながらの自分の身の丈に合うやり方を考える。

この時には、通信でも学校でも以下なる分野であったとしても自分がどれだけの集中力でどう挑めるのか?

この点がポイントになる。

 

40代資格勉強おすすめの方法と根拠

40代資格おすすめの勉強法

実はどの分野の勉強でも私が選ぶ上では、一定の特徴がある。

男性と女性。

この2つに分けて考えるポイントをご紹介していきます。

教える技術よりも大事なポイント

同じような書類を見ながら、それぞれの分野のスペシャリストを目指して勉強する。

この時に、教える技術よりも大事になるのが、男性と女性では異なる。

男性が選ぶポイントは、その資格以上に教える人に興味を持つことが出来るかどうか?

女性が選ぶポイントは、教材よりも教えてくれる講師の声が好きになれるかどうか?

どういうことなのか?

この内容は単純に新しい事を学ぶからという事ではない。

人は何に対しても何かきっかけを持ってそのことを知りたくなる。

男性においては、その力が働く対象がある程度見た目のインパクト。

例えば、キャリアアップで年収がいくら上がるという情報を明確に解説してくれている資料がある状況。

一方で女性は、ある程度その人の話す声や口調という情報が非常に重要になる。

実務上でもこの好き嫌いは結局は影響を与えている。

相性の良い人を探す時にはこの視点で考えることが多い。

これが良いサポートを選ぶ方法と考えるのです。

コンサルタントは関係ない

サービスが充実した中で、店舗が存在する場合には具体的にかかる費用や再就職サポートなどが紹介される。

つい相手の印象が良いとその内容がどの程度充実しているのかなんて関係なく選んでしまう。

こんな事例も決して少なくない。

しかし、実際に学ぶとなると全く状況は異なり、結果費用がかかっただけで何も手にすることはなかった。

もう二度と教材なんて買わない。

こんな経験を持つ人も多い。

このような場合に注意しなければいけないのが、一定の内容を事前に説明を行うコンサルタントの印象で選ばない事。

教材を手にしてみているわけではない。

なんとなくの資料で決断する。

そんな簡単にその人の言っている通りの内容をあなたが実感できるとは限らない。

これからの長い人生に影響を与えるほどの内容。

こんな大事な内容を選んでいるのに、目の前にいる人の存在が選んだきっかけというのはおかしい。

 

40代資格勉強おすすめの教材選び方

40代資格勉強法

自分の過去の経験も豊富。

しっかりこれからもその業界で生きていけるように資格を習得したい。

このような人なら、知識を得るのも早い。

しかし、メール等の案内をきっかけに知った程度の人では自分が試験を突破するだけの情報を見極めるのは難しい。

先ほどの情報を軸として、年々たくさん誕生するサービスの中でどう厳選するべきか?

この答えをご紹介していきます。

一定の予算で絞り込み

何を学ぶとしても今の生活を犠牲にする事は避けなければいけない。

試験を受けるという環境になると、以下のような行動をとる人も多い。

教育ローンや分割払いも元が取れる。

それは正直過信しすぎ。

そもそもそのかかる費用を回収できるという現実は、あなたがその業界で長く勤めることが絶対条件。

さらに、資格手当などその取得に対して一定の利益を手にした合計金額に基づく計算。

再就職したけど現場が合わないから退職した。

これでは何も意味がない宝の持ち腐れ。

こんな状態になる事を考えるなら、やはり自分の予算は可能な限り少ない方法を検討する必要がある。

時代の流れ

ペーパーレス化が進む。

DVDですら、不要とするのが最近の流れ。

動画をアップロードした後に、そのURLが送られてくるサービスもこれから年々増加していく可能性が高い。

もう少し安くなってから。

こう思ってまだ手をつけていない人がいるとしたら、この先のサービスを選んだほうが無難。

もちろん、合格してからの働く時間を考えたら短くなる。

でもどんな方法を選んで、どう自分がその得を得るのかは誰にも分からない。

だったら最近の流れをきちんと把握することも大切。

 

40代の資格勉強と勝ち組条件

 

これからは過去のものと言えるような内容も出てくると思う。

反対にこれまでになかったような内容が出てくる可能性もある。

これも1つの時代の流れ。

マンション管理士を活かし、現役引退後の老後にもしっかり仕事ができたという人もいる。

これからの自分が会社に求められる人材になるのは現役時代だけで考えてはいけない。

その能力はもっと先にも認めてもらいやすい。

少し先の未来を考えていくとよい結果にたどり着く。

最後に自分が経験したことを活かす。

今勤めている会社で働くため。

このような内容はあくまで今だけを考えた生き方。

もっと先は、人生の最後までパートなどで働き続けられるのか?

このように将来に目を向けて考えたほうが良いと思います。

スポンサーリンク