スポンサーリンク




いわゆる同世代。

同じような時間を学生として過ごし、社会人としての経験年数もそこまで違う環境の中で生きていない。

自分と似た世代の人とは意外と簡単に話のネタが出る!

  • 昔の思い出話
  • 当時の流行だったものへの興味関心のネタ
  • 世代が同じ相手だからこそ伝わる若い時の映画やドラマ、人物ネタ。
  • 車でドライブの時に聞きたい音楽も似てくる可能性。

いろいろ事をふと思ったとき、男性女性という性別の差をあまり感じさせない要素も多い。

でもそれってあくまで男女の会話ネタに過ぎない。

結婚相手とか結婚生活となったら、そんな会話のネタで同じものを見ていても社会人生活が違えば今のほうが大事。

こんなどこか冷めた目で見てしまえば確かにその意見も正しい。

私も実際初婚も再婚も同世代と結婚している。

別に独身の男と女という考え方とか年上年下という意識は正直付き合いの中で感じにくい。

これが私的には最もメリットを感じた事。

20代30代の子が40代男性に興味を持ち、付き合いたいと思う感覚とはちょっと違う視点があると私は思う。

今回の記事では、40代同世代の結婚のメリットとデメリットを以下の内容でご紹介していきます。

40代同世代結婚のメリット

40代同世代結婚のデメリット

40代同世代結婚の理想と現実

自分の気になる相手がどんな条件を求めているのか的なことをまり考えてしまうと答えが出せなくなる。

あくまで個人的な価値観も意識が高いと思うことも人によって異なる。

しかし、共通する部分の話として今興味を持ってる相手の反応を知りたいと思ったら、客観的に見る情報として参考にしてほしい。


スポンサーリンク






40代同世代結婚のメリット

40代同世代と結婚

結局はいろいろな子と付き合いをしてきた。

こんな人に1つ訪ねてみたい。

あなたが今までで一番頑張って努力をしなければいけなかったのは次のうちどれだろうか?

7歳以上歳の離れた相手

5歳以上歳の離れた相手

3歳以下の歳の差の相手

私は3歳以下だった。

なぜそう思っているのか?

かみ合わない話の軌道修正が少ない

そういうタイプの人もいたと思って話をしてる。

この言葉が今になって思えば、歳の差が狭いほど簡単に聞こえてきた。

結局相手の価値観や会話に選ぶネタを最初は興味を持つ努力をしようとする。

これが私の中では頑張ってる状態。

でもそれって、本当の意味では、相手の言ってる楽しい感じやうれしい感じはとらえられていない。

どこか表面的。

そして、自分が相手の気に障るような伝え方をしないために言葉を選ぶ。

こんなことに気を遣わない生活を私は希望するようになっていた。

この点は同世代を希望するとかなり居心地が良い感じになっていく。

仕事の苦労も分かち合える

世代ギャップを感じやすい要素として、結婚生活に欠かせない悩みが仕事。

将来の可能性を考えたら少しでも若くいるときの方が選択肢が多くなるわけですよ。

で、実際のところはわかってほしいネタもいろいろ40代以降の方が出てくる。

こんな時、結局は同じ世代を生きていると、環境や状況をわかってほしいわけではないけど、その雰囲気を感じてもらえる。

これは世代ギャップを感じた時には、相手はこう思う時もある。

「せっかく仕事もしっかりバリバリこなす年上を好きになったのにこれじゃまるで同世代の人と変わらない」

こんな落胆の声が聞こえてきても不思議はない。

スポンサーリンク


40代同世代結婚のデメリット

40代同世代と結婚デメリット

私の周りにも実際に40代同士になってから結婚した人もいる。

その結婚事態が失敗というわけではない。

しかし、もう少し若い時に結婚は済ませておくべきだったと思えた相談内容をご紹介していきます。

40代同世代結婚の悩みは子供

これはネット上の声でも多いはず。

  • 女性の年齢と出産の問題。
  • 子供が好きな夫
  • 子供を早く産んでくれとせがむ性格の夫

このような人から選ばれた女性は、彼女としての存在の頃からちょっと難しい希望を持っている人だと思いながらも付き合っていたという相談が多い。

二人で過ごす時間には何も求める要素はなかった。

なのに、結婚をしたら求める条件が増える。

これがどうしても40代同士というこの後の子育てと体力と老後。

この3つのバランスを自然に考えたら難しいと思う点についての妥協の問題が最近はやはり増えていると私は感じている。

40代同世代結婚の体力差

自然に仕事をしている時間や環境、行っている業務の内容によって、体力の差も広がる。

当然男と女という状況から考えた上でいろいろな行動を考えるはず。

でもそれが結婚生活になると?

なぜ動けない?

もう疲れたの?

このように、ちょっとした一緒に過ごしたいと望むことに一人にされた瞬間に出適してしまう本音。

さすがにそんなに体力のあるタイプと思われても困る。

もう少しペースを合わせてほしいと望む体力のない方の意見。

これが徐々に時間の経過に伴い次のような最悪のケースを生み出す。

年下の体力のある子と遊んだほうが楽しめるかもしれない。

こんなことを望むとアラフォーや30代前半、20代とどんどん発展して不倫という事も考えられる。

 

40代同世代結婚の理想と現実

40代同世代と結婚理想と現実

お見合い、婚活パーティーや街コン、結婚相談所。

少しでも結婚を望む人の中には、こんな意見を持つ人もいる。

「世代としてもうそろそろ本格的に相手を探さないと市場に相手がいないかもしれない。」

実はこの気持ちこそが、ほかの世代と比較しても付き合い方として浮気などを防ぐ意味でも重要になる。

40代同世代結婚希望前が重要

アラフォーの頃からの付き合い。

浮気も特に心配なし。

写真などを見てもまあまあ。

気の合う場面も多い。

こうした条件から一緒にブライダルプランなどもしっかり多くの時間を使ってさんかしてくれた。

こんな事を1つ1つ加算できるポイントにしている人も多い。

しかし、この現実と結婚後の結果は大きく変わったと言われることも多い。

よく聞く40歳という時期を超えた後の結婚生活の結果に出る不満は以下の通り。

  • 見た目の変化(中年太りや化粧すらしない生活)
  • 子どもの面倒を見る体力がないと多くを妻に押し付ける
  • 話題やトレンド、人気など妻が興味を持った内容に対して価値観を共感してくれなくなった。

こうした事実が数ヶ月続くと友人に相談しようか考える心が生まれ始める。

「デートをしていた時には美人だと思ったのに今はもう普通のおばさん」と嘆く夫の心の声。

「よく言うよね!中年太りのおなか」と言いたいけど言うことはない妻の心の声。

出会った頃やデートを重ねた恋人だった時とはなんとなく誰?って感じに雰囲気が変わってきた。

こんな外見による印象の強い相手だったときほどメールやlineの連絡でもドキドキ感がなくなっていく。

日常のなんでもない会話以外はもうカップルだった時と違い、家族。

どこかお相手なんて思っていた自分と違い、そういうものだと諦めが先になる。

こうしたどこか仲良くという形だけの仮面状態。

そういう冷めるまでの時間が仲良くなった時間を問わず、かなり体型や美容の感覚も変わりやすい人は本当に注意が必要。

会社や企業の年収に得を感じた系

どこかお相手がバツイチであったとしても年収が高いとか企業が地元で本当に有名な会社。

こんなた会社の人と仲良くなれたらというかなり憧れから人とつながることを期待して努力していた人もいる。

それはあくまで内情を知らなかった時。

いざ現実を教えてもらったら本当にひどい!

もう転職しない?といわなければいけないような内容が出てきた。

このような状況を経験しないためにもわかったふりは絶対に泣けなければいけない。

恋人の年齢を問わずとにかく会社の経験年数も年収も仕事の内容も全て把握していないと現実を知って受け入れるのに苦労する。

まして40歳を超えてから、今の年収より低い職場に転職なんていった内容は楽しく過ごせる内容も一気に変わってくる。

結果、ただ憧れで結婚して現実を見て疲れる。

こんな状況を経験しないためにもきちんと確認が必要。

生き方としても40代女性の独身もバツイチも考え方が昔と違う。

結婚の条件もどこか前と違う。

こんな時代だからこそ、同じ境遇を分かち合えるはず。

この期待は、どこか付き合い方に一歩踏み込んだほうが後の現実とのギャップを感じる機会が少ないとも言える。

ぜひ慎重に男女それぞれが相手の生き方、考え方に共感できる人との出会いを大切にしてほしい。

スポンサーリンク