スポンサーリンク




シングルマザーとなり自分も今は40代。

男性との恋愛なんて前は少しも出会いすら望んでいない時があった。

でも最近は?

ちょっとずつ気持ち的にも環境的にも婚活への意識が芽生えてきた。

子連れでのバツイチの時¥場合、離婚した直後は目の前の事で頭がいっぱい。

もう子供がいるだけで十分幸せと思って、その後の人生を楽しめる女性もいる。

しかし、いつしか子供が成長して、自分にもう一度結婚相手を探すチャンスが来るかも!

こうした気持ちで日々の事を頑張ってきた女性もいる。

これまでにもバツイチの恋愛については、以下のような内容を紹介してきました。

バツイチ子持ち恋愛や独身男性シングルマザーに多い悩み。

スポンサーリンク


バツイチ子持ちと付き合う男性20代

バツイチ子持ちと付き合う男性心理で遊びと本気を簡単に見極める方法

バツイチ男性恋愛臆病

恋愛に臆病なバツイチ男の理由で女性はチャンス!

バツイチ子持ち恋愛別れ

バツイチ子持ち恋愛で別れに女性が向き合う心の整理術

バツイチ子持ち恋愛年下

バツイチ子持ち年下の辛い切ない心情を幸せに変える恋愛思考と失敗対策

20代女性バツイチ子持ち恋愛

バツイチ子持ち20代との恋愛を進める男のマナー

バツイチ子持ち恋愛デート

バツイチ子持ち恋愛デートに必要な心とカタチ体験記

40代女性恋愛バツイチ子持ち

バツイチ子持ち40代女性の恋愛はもう遅い?離婚歴を魅力に変える生き方

40代男性恋愛バツイチの活用法

40代男性バツイチに多い誤解|恋愛に離婚経験を活かす再婚成功法

40代男性バツイチも未婚も独身恋愛

バツイチも40代独身男性は恋愛諦める?再婚で意識を続けたこと成功体験記

バツイチ男性が好きな女性の特徴

バツイチ男性が選ぶ女性の特徴|30代再婚体験記

40代男性婚活時バツイチはチェック項目?

40代男性婚活バツイチの方が印象が良い?体験記

40台バツイチ子持ち男性の婚活事情。

40代バツイチ子持ち男性との結婚

40代バツイチ子持ち男性の特徴|大きく価値観が異なるかこと未来設計図

40代同士の付き合い方で自己アピールに多い誤解や注意点もご紹介しています。

40代同士付き合い方デートテクニック

40代同士付き合い方|デートで自分らしさアピール方法失敗注意点

一人では誰かを好きになる事は出来ない。

やはり付き合いには必ず40代でも30代でも20代でも何科の中でのきっかけがある。

私がこのサイトを立ち上げたのは、あくまで個性を活かす事を大切にしてほしいと思ったことがきっかけ。

40代という男性女性が仕事、結婚、恋愛、貯金、ファッションなどいろいろな事を悩む時代。

しかし、どこかで本当に自分が求めている事を諦めてしまう自分がいるのではないだろうか?

追い求めて何が悪い?

求め続けて、その先に本当に幸せが訪れるかどうかではないと私は伝えたい。

行動する事こそが本当に意味があるのだと。

そして、周囲の他人の目を気にしながら生きるのではない。

もっと自分らしく個性を活かし、「人、モノ、お金、時間」

この4つを自分なりに精一杯納得できるところまで頑張った先に得られた人生はきっと自分でも納得したと言ってもらえると思う。

どこかで諦めて妥協して、惰性の日々に戻っている。

そんな親が、子どもには「頑張ってやればできる」と言っても説得力も何もない。

親が子供にとっては大人のお手本。

だったら、惨めな思いをしても勘違いしてると言われても関係ない。

自分の今の年齢で恋愛の相手や結婚相手を必要としてるなら、行動を起こすべきだと私は伝えたい。

今回の記事では、40代シングルマザー恋愛の始め方と成功までに必要な覚悟について、以下の項目でご紹介しています。

40代シングルマザー恋愛の始め方

40代シングルマザー恋愛の進め方

40代シングルマザー恋愛と結婚

職場が同じ。

同じバツイチという条件。

離婚をしてから、再婚なんて意識している時間も多く持つことが出来なかった女性でも今から少しでも何か自分の中で抑えてる感情を開放する。

こんなきっかけを心の準備として読んでみてください。


スポンサーリンク






40代シングルマザー恋愛の始め方

40代シングルマザー恋愛

スポンサーリンク




昔は多くの条件を相手探しをする時に用意していたはず。

最初の恋には見た目のカッコいい感じを好んだ。

20代では同じ職場の先輩や同僚の仕事が出来そうな感じの人がタイプだった。

30代ではいつしか、子どもの事ばかりで恋とか愛なんて感じる余裕すらなかった。

こんな自分の思い出が最近は心をざわつかせる。

日常に問題がある話は少なくなってきたはずなのに、心はどこか寂しい。

こんな感情を持ちながら、実際今の生活をママとして過ごす女性がいる。

でも、もう周りも自分の将来を考える準備を始めている。

老後の準備に保険関連の情報も真剣に考える時間が増えてくる40代。

もうじき子供も手が離れる生活が訪れる。

40代シングルマザー恋愛の始まりと自分

こんなタイミングで自分が子持ちなのに、新しい出会いを求める女として生きる事を考えるのはおかしいのか?

どこか女としての生き方。

どこかまだ今の生活を見守る子持ちの責任についての迷い。

自分が今どうしたいのかよくわからない。

こんなタイプの女性も多いはず。

でも、こんな時、もし私が相談にのる機会が会ったら、一番最初に聞いてみたい言葉がある。

「結局あなたはどうしたいの?」

この言葉に全てが含まれいる。

自分が恋をしたいのに、他の理由を利用して打ち消そうとする。

私は人生の経験の中で、お金も人も全て自分が誰と付き合い、どうお金に感謝しながら使えるのかを考えてきた。

どちらにしても人の出会いの数というのは、いくら周りに聞いても経験の数はそこまで多くない。

そうとうモテる要素を持つような女性に聞いたら答えは違うかもしれない。

でも、多くの方は、相手を理解してずっとお互い大切にしあえる関係を持つのはなかなか難しい。

だったら、やっぱり最初の自分の気持ちが最も大切なのではないですか?

「自分の人生を楽しむために今の自分の隣にはどんな人が必要なのか?」

この答えを言葉でうまく言うのは難しいかもしれないけど、意識も持って生活したらきっと自分らしい生き方がうまく見つかると思う。

 

40代シングルマザー恋愛の進め方

シングルマザー40代恋愛

私は今の生活でも常に家族に諦めたらそこでずっと自分が成長しないまま終わってしまうと話している。

誰に笑われてもいいから自分がやりたいと思ったらその気持ちを一番に大切にしなさい。

この言葉をまだ子供が2歳の頃からずっと言い続けてきている。

誰にでも言える事は、「目標を持つことは素晴らしい事」

その自分をいつしか無理とか、絶対上手くいくはずないと否定し、諦める事を子連れの状態だからと思ってほしくない。

40代シングルマザー恋愛の先

もしあなたがサイトでもパーティーでも合コンでも何でもいいからどんな状態であったとでも出会いがあったとしましょう。

この時、なぜか多くの人が以下のような事を考え始めている。

  • 相手の人は年下、年上だからと年齢を優先にした考え方。
  • バツイチ同士とかバツイチ子持ちと付き合う心理という男性を考える意識。
  • 子供がいるから収入が少ない人では養ってもらえないとすがる状態を前提とした計画。
  • 子どもの事を先に考えてくれるだろうか?という愛情に対する悩み。

もちろん、子どもがいれば、当然顔や名前の呼び方など色々先の事を考えてる事もあると思う。

でも、それって、本当の意味で将来にかけて、男が親になることを確定する段階で考える一つではないでしょうか?

つまり、収入も子どもの将来も自分の老後が大変な悩みも単純に大人同士の駆け引きのような状態。

これでは、ただ単に昔の自分の優先順位ランキングを使って、相手選びが大変と言っているのと変わらない。

もっと単純に、リアルな現実の中で、あなたは何故今回相手を見つける意思を持ったのか?

きっとこの答えが見えた時、初めて昔みたいなデータにとらわれた相手を見つける方法よりももっと自分らしい相手に出会うチャンスがあると思う。

 

40代シングルマザー恋愛と結婚

 

真剣に今回は相手を見つける!

きっと周りの幸せな家庭みたいな状態に導いてくれる相手と出会える。

どこかあったらいいなの夢みたいな生活を求める。

でもこれが本当に私は大切だと今回の記事では特に言いたい。

現実見てよく考えてみろ!とかひどい内容を書き込みなどできっと見る事もあるのかもしれない。

でも、私はこういう行動をする人の方がちょっとかわいそうだと思っている。

人の幸せを願う気持ちをちょっとでも救ってあげたいと思うのが人だと思いたい。

その為にネットで真剣に悩む人の内容を見たら、多少厳しい言葉があったとしても最後にはその答えとなる内容を届けたい。

こうした意味を込めて、私は、40代バツイチ子持ち女性の恋愛で結婚を考える前に素敵な恋人。

やっぱりこの考え方に向けて一旦は動くべきと思う内容をご紹介していきます。

40代シングルマザーへの価値の変化

30代初婚で家事育児、炊事も掃除他ほとんどがちょっとどころではなく、手を差しのべてあげないと何もできない女性。

この様な恋人がいて、若い者同士だったらちょっとでも将来を見守ってあげようと思うほど男には今気持ちに余裕がない。

やっぱり、将来の結婚に向けた相手なら、以下のような内容への価値を大きくしている状況も目立つ。

  • 一人暮らしの内容なら、十分こなせる。
  • 何かを教えてもらえるような一緒にを楽しめる環境をどこかで求めている。
  • どこか育児を含めて自立している、大丈夫だと感じられる相手を求める。

自分がしっかりしていないともちろんどこまでも求めるのは違う。

しかし、会社の仕事なら、しっかり行くことも楽しいと思えている。

大きく稼ぐことはないが、安定している。

このように、一生懸命やっている一面の中に、「仕事に集中できる環境とをどこかで臨んでいる。」

この関係がどうしてもFacebookやSNSを含めて、昔と違う恋愛の価値観が出始めている。

お相手には、もう子供がいるなら、もうゆっくり自立するまで支えてあげれば大丈夫な方が楽。

男が今から自分の子供を持つことには疑問を抱えている。

こういう時代なら、シングルマザーの需要は十分見込があるという見方はある。

もうこんな年齢が高い女性を求めてくれる人なんていないのかな?

これはある意味偏見でしかない。

どこの地域でも、男は仕事に行く環境があって、一生懸命外で安心して働ける環境が欲しい。

もう細かい事に疑問を持つ感覚を多くの人が煩わしいとさえ感じている事がどこかでわかると思う。

だからこそ、私はまだまだバツイチ子持ちの40代女性にも恋愛は楽しめるチャンスがいくらでもあると思っている。

そして、そのお相手を探す方法は、非常にシンプルにネットで探すべき時代だと思う。

日程調整をして、パーティーに行くとかそんなことを子供がいる環境では難しい。

だったらまずはもう昔と何も変わらず、ネットで恋活。

この考え方で自分のペースで大丈夫だから、じっくり進めていく。

この考え方が本当に大切になってきたと私は思う。

スポンサーリンク