スポンサーリンク



仕事なんて辞めたい!

会社に行きたくない!

今の時代、年齢なんて関係ない。

多くの人が自分の職場に対して何か思っていることがある。

  • 月収【残業代未払い,手当てなし,昇給なし】
  • 年収【低い,将来性,生活できない,先が見えない】
  • 人間関係【上司,同僚,部下】

少し前なら同じ感じの悩みを抱えていた時も今じゃないと思えた。

しかし、40代になると以下のような不安も多い。

  • この先になったらもう自分の年齢的に求人が無い状態?
  • この先勤める場所を考える必要はあるのか?

自分は今独身。

一人だけの人生ならそこまで考える必要はないのか?

こんなことを考えながらいつの間にか時間が経過している人も多い。

会社を辞めたい悩みについて、以下のような記事も書いています。

会社辞めたいけど言えない

スポンサーリンク


会社辞めたい相談相手選び方やされた時の対処法|社会人マナーまとめ

仕事辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

40代には仕事を辞めて良かったという口コミもいただいております。

会社を辞めて良かった40代男性口コミ

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

40代会社の仕事辞めたい

会社員の仕事辞めたい40代独身が人生やり直したいは叶う!体験記

50代で辞めたところで仕事はあるのか?

50代会社仕事辞めたい

50代で会社の仕事を辞めたいと決意するのは危険?楽しく生きる為の予備知識

私のサイトは、40代男女が自分らしい個性を活かす人生と言えるようになるための考え方をご紹介するために運営しています。

人生において、年齢なんて関係ない悩みがある。

貯金、年収、仕事、恋愛、結婚、離婚、ファッション、プレゼント。

誰でも自分の置かれた状況によって、似たようなことを考える。

だから別に誰にも言えないとか、自分みたいな人はいないなんて事を考える必要はない。

もう40。

でももっと先の人からしたら、まだ40代。

今の自分がどんな行動をするのかはその人によって異なる。

ではどんなことを考える必要がある?

男性と女性と何が違う?

こんな悩みについて、リアルアラフォーが伝えていきます。

今回の記事では、40代独身女性が会社を辞めたい時の注意点やポイントを以下の項目でご紹介しています。

40代独身女性が会社辞めたい!失敗談

40代独身女性が会社辞めたい!注意点

40代独身女性が会社辞めたい!成功法

自分の何が一番のストレスなのか?

これは転職を考える時にはとても大切なポイントになる。

今までの自分の行動や結果をもう一度客観的に観察する力を身につけるために参考にしてください。


スポンサーリンク






40代独身女性が会社辞めたい!失敗談

40代独身女性会社辞めたい失敗談

男性も女性も関係ない。

企業の大中小も問わない。

個人に力が歩かないかも問わない。

今の時代を生きるための考え方。

現実を直視する。

この時に30代と何が違ってくるのか?

年収で辞めるべき?

最近は無料で登録可能な転職支援系サイトが増えた。

エージェント,キャリアアドバイザー等さまざまな名称を記載しながら、転職のサポートをしてくれるサービスがある。

自分1人で何もかも無理をして行動する必要がない。

しかし、独身の時の生活では比較的自分ひとりの時間があるのも事実。

このタイミングで自分で自分のことをきちんとやっているかどうかはさまざまなことに影響する。

例えば、婚活や恋活での行動にも差が出る。

どんな業界で働いているかではない。

あくまで年齢に伴い自分の事を無理なくきちんとできるのか?

この点を人は第三者の視点から感じる。

別に何も悩んでいないなんて人はいない。

でもいろいろある悩みをとにかく自分できちんとカテゴリーごとに分けて現実をとらえて考えられるのか?

この答えとして、年収をターゲットに悩んでいる人は以下の点に注目しなければいけない。

異業種転職でも同業他社でも自分がこれまで結果を残した活動はあるのか?

この答えが別に何もないという働きをしてきた人はいくらエージェントが入っても紹介できる対象が多いわけではない。

結果として、気持ち的には、そのままの毎日のほうが通い慣れた道で楽だった。

こんな未来を経験する可能性もある。

 

40代独身女性が会社辞めたい!注意点

40代独身女性会社辞めたい人の注意点

気持ち的にはまだ20代、30代にも負けない。

キャリアもある。

こういう認識やプライドを持って今もバリバリ仕事をしている人もいる時代。

一方で、条件が本当に面接前と現実で違うと誰が見ても共感するような劣悪な環境で働く人もいる。

それぞれが言う意味も価値も違う。

本当に自分の経験はキャリアと言えるのか?

面接官が求める実際の価値

自分は努力をしてる。

いくらこういう認識を持っていてもなかなか周囲に認められるのは難しい。

転職ならなおさら。

実際に履歴書や職務経歴書を使って必死にアピールする。

採用通知を手にするために自分がやってきた点を必死に伝える。

でも自分の書いたことがこのまま相手も評価してくれるとは限らない。

どういう点に目を向けている?

相手の希望はどこにある?

このような内容を教えてもらえるのがエージェントサービスなのです。

自分に自信があるという人ほど注意が必要。

資格のあるないは重要か?

今の時代は、手に職がある人でも転職が大変な業種もある。

必ず誰かがその関連の試験を受けて合格通知を受け取っている。

当然その中で目を奪われるのは、年齢。

経験がなかった年配者がいきなり資格をとっても現実の仕事を覚えるのは大変だったという状態も多い。

特に目をひくような資格がなかったら転職は無理?

私はそんなことはないと伝えたい。

最近は、副業を利用して将来のために自分のスキルを身につけようとしている人も増えた。

多少自分の時間を犠牲にしても習いごとに費やす時期ではない。

この先の将来も安定していると言える仕事は減ってきた。

本当の意味でスキルアップと言えるのは、早めに再就職することが最優先。

もちろんその環境に不満を持つことはあると思う。

でも結果はどうであれ、今の職場以外の現場は以下の点が違う。

自分の心がリセットされる。

不満がまたゼロから蓄積する。

多少給料が安い場合でも耐えられる場合もある。

むしろ、年収に目を向けた自分のほうが損をしていたと思う事もある。

だからこそ、変に通信などのサービスを利用するよりもどんどん正社員になれるタイミングで動くことのほうが大切。

人気を求めないほうが勝ち

プレゼント等を選ぶ時には以下のような文字を気にする人は多い。

  • 人気
  • おすすめ
  • ランキング
  • 流行
  • 最新

最近は、twitter,instagramなどを利用してかなり情報量が多い中で自分が知らない情報を簡単に入手可能。

ビジネスだけでなく、プライベートでもたくさん会話のネタが転がっている。

話題になっている名前を知っているだけでもかなり自分の中で安心するケースも20代30代の女子には多い。

でも40代にもなると話は別。

もうたくさんの人が親になっていた!

独身でずっと残っている者のほうが少ない。

こんな状態に迷いや不安を持つ人も多い。

頭の中で描くこととネット上の差を感じていませんか?

「自分の判断は本当に大丈夫?」

この答えを自分だけで見つけることはリスクがある時代。

今の時代と年齢に対する考え方の傾向と対策。

こういう視点で就職については考えてほしい。

逆の立場からは何を基準に判断しているのか?

40代のどんなところがリスクやデメリットと思われる?

こう考えることができれば、今の時代を生きる上での自分の価値が見えてくる。

あくまで自分が頑張ってきたことを否定する必要はありません。

しかし、その行動自体をすべての人が同じようにわかるとは限らない。

むしろ、わからない人のほうが多い。

こう考えた先で仕事を選ぶ必要があるのです。

 

40代独身女性が会社辞めたい!成功法

40代独身女性会社辞めたい人の成功法

「今の仕事を続けるよりも違う会社に行くほうがよい。」

もしあなたが心からこう思っているなら、すぐに行動するべき。

ブラック企業だから悪いというのは間違い。

そもそもその内容にも人によっては満足をしているケースがある。

つまりは、絶対的な価値は会社を知らない状態では一概に言えない。

体自体の健康や体力を武器にする

体が資本。

こう自信をもって言えることができれば、20代や30代よりも実質的にシフトに入れる可能性も高まる。

バイトでも体を使う仕事を始めるには、当然体力が必要。

この点で他の人を上回ることができれば仕事を選ぶ幅も広がる。

1から始める状況はみな同じ。

でもその時間に自分がついていけない状態ではそのこと自体が問題になる。

まずは自分の体力がどう見える?

この点をしっかり観察して今の体に合わせた仕事を選ぶ事も大切。

わからないを放置しない

自分の年齢と常識の範囲。

一般の中で英語を使う機会が少ない。

業界の中では当たり前に使用する用語。

このこと自体にもギャップを感じる事も多い。

例えば、ビジネス英語として出てくるキーワードには以下のような対象がある。

capital 資本
convince 納得させる
quality 品質
figure データ
assign 担当
confirm 確認

ちょっと聞き慣れない言葉があった時、それ何?

こう素直に口にできるのかが重要。

  • 質問しにくい。
  • 恥ずかしい。
  • 知らないと思われたくない。

こんな余分なプライドや恥や体裁を持つ人は難しい。

むしろ、知らない事をそのまま即答できる人のほうが強い。

相手は、そんなことも知らないで生きてきたのか?

いちいちその人のわからないことにそんな反応をしない。

どんどん吸収してくれたらそれで良いのです。

むしろ、質問されない結果に対してなら、意味が伝わっていると思ってしまう。

どんどんその人には次から次に新しい言葉を投げかける。

でもそれは別に嫌がらせをしようとか試そうなんてことではない。

伝わると思っているから使ってるだけ。

でも分からないと知れば言葉を選ぶ。

このようなやりとりがあってこそ、報告連絡相談の流れをスムーズに行う事が可能になる。

質問できないことのリスクを先に意識する。

この生き方ができればきっと新しい仕事自体もどんどん覚えることができる。

たくさんのビジネス経験は無意味?

かなりこれまでに転職を繰り返してきた。

こんな会話が簡単に聞こえてくるようになった。

最初は誰もが本気と口にしている。

でも実際には実態を何も知らない状態で入社をしている。

その先にたくさんのギャップを感じたことですぐに離脱する。

こんな繰り返して入職と離職を繰り返す人もいる。

でもそれぞれの環境を全て自分のほうが未熟だったと本気で言えるのか?

これが面接で非常に比較されやすい。

転職が少ないから根性があるとは限らない。

むしろ、その立場をなぜ捨てようと思ったのか?

この答えは将来幹部候補になる時期には結果的にまた辞めるのではないか?

こんなイメージを与えるケースもある。

あなたはどこまで本気?

この答えとして、これまでの転職経験に対して若さと勢いで行動をしてしまった。

我慢することよりももっと違う環境を選ぶほうが早いと思った。

この素直な気持ちをそのまま伝えることも大切。

むしろ、会社の悪い部分とか対応に不満を持つ正社員の対応のほうが受け入れる企業にとっては難しい。

誰もが心を持つ。

ちょっとでも隠したいと思った時ほど、素直が一番。

この言葉を意識したら、きっと相手もあなたの良さに目をむけてくれる。

これが人と人のめぐり逢いだと私は伝えたい。

スポンサーリンク