スポンサーリンク



  • 40代女性に日頃お世話になっているからプレゼントを用意したい。
  • 40代の女友達に喜ばれるプレゼントを選ぶコツって何?
  • いつも仕事でお世話になっている女性にちょっとした物を贈りたい。

そんなに気を遣う必要はないと言われてしまうような相手でもやはり自分の感謝の気持ちを伝えたいと思う男性もいます。でも相手の年齢は40代。それなりに自分で好みのモノを探すのも簡単ですし、高いコスメや今の話題なんて情報に疎いという人も多いのです。

誕生日、クリスマスなどギフトを贈る時期には最適な時期に予算2000円で喜ばれるにはどうしたらいいのでしょうか?この答えを日ごろの経験からご案内していきます。

これまでにも40代のプレゼントの選び方については、以下のような内容を書いてきました。

40代女性プレゼント5000円

40代女性5000円で喜ばれるプレゼントのコツと定番でも失敗する注意点

40代男性向けのプレゼントはたくさん書いてきました。

40代男性プレゼントハンカチ選び方

スポンサーリンク


40代男性プレゼントハンカチを女性が贈る時ちょっとした工夫と注意点

上司宛という内容もご紹介しています。

40代男性誕生日プレゼント上司

40代上司男性誕生日プレゼントに喜ばれる選び方のコツと失敗注意点

40代男性向けのプレゼントという視点では以下のような記事もこれまでにご紹介してきました。

クリスマスプレゼント40代男性は何が嬉しい?失敗原因ベスト3

40代男性プレゼントブランド人気や定番選びも失敗?よくある誤解

40代男性プレゼントにキーホルダー失敗注意点|革好きのおすすめ

40代男性へプレゼントで手袋選びの失敗後悔注意点とおすすめ

40代男性プレゼント用マグカップ選び方成功と失敗の違い

40代男性プレゼントでゴルフグッズ選び方注意点とおすすめ3選

40代男性プレゼントマフラー

40代メンズプレゼントマフラー選び失敗注意点とオススメブランド5選

40代男性プレゼント腕時計の無難な選び方(彼氏,旦那,上司共通)

40代男性プレゼント名刺入れ5000円から1万円代日本製おすすめ

40代男性プレゼントされた財布で金運仕事運アップ成功体験記

40代男性プレゼントボールペン選び方女性に多い失敗後悔注意点

40代男性プレゼントは予算別でもご紹介しています。

40代男性プレゼント1000円成功法(彼氏,友達,上司,夫共通)

40代男性へプレゼント2000円台の嬉しかった商品体験記

40代男性プレゼント3000円台成功と失敗両方の体験記

40代男性プレゼント4000円成功法と失敗注意点体験記

40代男性プレゼント5000円でモノも時間も個性も成功させるコツ

40代男性プレゼント既婚者へ友達,妻,仕事等立場別女性の注意点

40代男性上司へプレゼント|女性が贈る時の選び方注意点

40代男性プレゼント食べ物選び方とおすすめ体験記

40代男性プレゼントお酒を女性が贈る際の失敗後悔注意点

40代男性女性プレゼントの悩みまとめ

40代女性宛のプレゼントの選び方についてもご紹介しています。

40代女性プレゼント5000円

40代女性5000円で喜ばれるプレゼントのコツと定番でも失敗する注意点

40代男性が好きな人への態度やサインという視点もご紹介しています。

40代男性好きな人態度

40代男性は好きな人に態度で出す?サインを見抜くコツと信用する注意点

正直プレゼントを贈る時に予算なんてあまり関係ないというのが最初に意識してほしい事です。私はその時の自分の気分やその時期におしゃれだと自分が思えた商品の中から選んでいます。

その時に何を意識するのかがポイント。

このサイトは、40代男性女性が自分の個性を活かし、自分らしく生きていくための考え方を中心に情報を配信しています。

20代30代の頃と年代が違うという焦りを持つ人は非常に多いと思います。しかし、男性でも女性も昔から自分がつい選んでしまう商品ってありませんか?

自分のセンスがないと嘆く人でもその人が普段選んでいる商品の特徴を思い返すことが最大のヒントになります。

今回の記事では、40代女性向けプレゼント2000円での選び方のポイントと注意点を以下の項目でご紹介しています。

40代女性プレゼント予算2000円の失敗例

40代女性プレゼント予算2000円の注意点

40代女性プレゼント予算2000円の成功法

結果として、人から何かをもらえることは相手にとっては本来はアイテムや商品を問わず嬉しいはずの行為。しかし、その選び方に癖があったり、どうしても受け入れにくいと感じさせてしまうポイントがあります。

自分が何を選ぼうとしているのかを確認するためにご覧ください。


スポンサーリンク





40代女性プレゼント予算2000円の失敗例

40代女性へプレゼント予算2000円の失敗談

実際に私の周りにいた方の事例をご紹介していきます。

40代女性へ予算2000円プレゼントが失敗した原因

彼は全く普段の生活では、女性についての情報を調べることに関心がなかった。

日常の生活の中で、ちょっとした女性のオシャレや香り、色のチョイス等目に留まる内容は多いはず。それなのに、まったく無関心の日々を過ごしていたのです。

そして、その彼が自分なりのセンスで選ぼうとしたのは何か?その光景は明らかに手抜きと思われる選択方法だったのです。

  • ランキングチェック
  • 人気のブランド
  • 予算の範囲以内に価格が下がっているセール品

確かにまず2000円以内という予算を考えた時には、少しでもその中でも高い金額を選んでいたほうが無難と思う人はいると思います。

しかし、それがインテリアでもキッチンアイテムでもコスメでもお菓子でも物は関係ない選び方があります。それがランキング商品からそのまま選ぼうとする判断能力。

これでは、別にあなたが贈る必要がまるで感じられない品ということに気付いてほしいのです。別に相手はあなたから自分用のアイテムをもらわないと生活に困っているわけではありません。

相手の普段の生活の中で、ちょっとした贅沢と思えるような感覚を与えることが重要なポイント。

他人のやっていることをただ価格だけマネするのはいかがなものでしょうか?

 

40代女性プレゼント予算2000円の注意点

40代女性へプレゼント予算2000円の注意点

毎日顔を合わせているわけではない相手という事もありますし、毎日自分の隣で仕事をしているような関係もあるかもしれません。

その時、男性がつい自分の行動でやってしまう事をご紹介していきます。

プレゼントの品を問わない行動注意点

日頃の感謝を込めて。

この言葉の裏側には、密かに下心が潜んでいませんか?

  • 友達なんだけど一歩前進して彼女になってもらいたい。
  • 仕事づきあいだけでなく、プライベートの友達になってほしい。
  • 何かきっかけがあれば、きっと振り向いてもらえるかもしれない。

男性の中には日ごろのお礼という贈り物以上に自分の下心が丸見えになっているケースも多いのです。

スイーツだろうと美容系の内容でも素材にこだわった肌に優しい品でも正直違和感しかない。

受け取ってくれという感情が先に伝わってくると結果的に、受け取る側からしたら、その商品を受け取ったことに何か期待をされるのではないのかという不安な気持ちが芽生えてしまうのです。

値段よりもまずはあなた自身の真摯な対応能力が絶対に必要不可欠なのです。正直、自分でも商品は買えるんです。

問題は、その値段でもモノでもありません。ちょっと考えればわかると思いますが、どうしても下心があったりすると、受け取ってもらおうとする意識が強くなってしまう人は多い。

まずはきちんと自分の心の整理をしてから渡すようにしましょう。

年代に合わせようとする

例えば、冬のシーンを想像してください。季節的に使えるのは、何かと考えた時、多くの人がコスメや美容の種類に注目する。

その理由はいたって簡単。日頃のドラッグストアなどで保湿クリームや天然成分なんて文字を目にしている人は多いからです。

「ちょうどそういう事を気にする年代のはずだ。」こんなチョイスはハッキリ言ってい悪い印象しか与えないのです。

社内や場の空気を考える

自分の会社にはエアコンがあって、かなり乾燥していることも多いから、加湿器なんてどうかな?上司として部下の事を気にかけた優しさは伝わってきます。でもその種類をその人にだけ与えたらどうなるでしょうか?

差別意識が芽生えるような行動にも要注意。ただでさえ、40代というのは男性でも女性でも自分の立場が勝手に印象を与えてしまうような世代なのです。

コーヒー1杯、ハンカチ一枚という一つでさえ、正直相手に対しては気を遣わせてしまう可能性があるのです。

どういうシーンの中で渡すアイテムなのかをきちんと把握しておくことが大切。渡す前後の自分と相手の距離や受け取りやすい内容をきちんと考えておくことが大切です。

 

40代女性プレゼント予算2000円の成功法

40代女性へプレゼント予算2000円の成功法

では何がこだわりとして伝わるし、季節感やメッセージ性を感じさせてくれるアイテムと言えるのでしょうか?この答えを私が妻に贈っているアイテム選びからご紹介していきます。

使い切りのリラックスアイテム

私がもしちょっとしたプレゼントとして日ごろのお礼として選ぶなら、以下のようなアイテムを大切にします。

  • 冬のプチギフトならしっとりする香りのよいハンドクリーム
  • 春夏なら、毎日気兼ねなく使えるしわになりにくいハンカチやタオル類。
  • お風呂や温泉などが好きな方には、疲れを癒す成分の入ったバスソルト。

これらは使っている時間が非常に限られていることが最大の特徴。

たくさんあるアイテムの一つとしてさりげなく増やしてもらえるアイテム。数を持っていても決して困るようなことがない。

このようなアイテム探しを徹底しているのです。ですから注目しているのは小物関係。

反対に注意していることもあります。

成功に欠かせない相手の観察ポイント

例えば、お菓子やグルメ系の商品は間違いなく女性は嬉しいと思ってくれるアイテムです。しかし、近年は相手によってはその選び方は間違いになってしまう傾向もあります。

それは、相手がファッションなども考えた時、ちょっと太ったかなと思ってしまって気分がすぐれない人に対してのプレゼントになってしまうケース。

決して男性からしたらその女性の体は太っているとはとても思えないような状況でも女性からしたら出産なども関係していつも気にしている事もあります。

とても難しい問題ですから、たとえ家族になっていてもよく分からないことがあるくらいの内容。そうした部分にいつもただ単に仕事やプレイベートな一部の時間でしか見ていない時には要注意。

だからこそ、きちんと相手の最近の食の好みなどをきちんと確認しておくことが大切です。相手の味の好みなどを知っておくことでどの程度の内容なら気にしないのかをリサーチすることが可能になります。

最近は幅広い商品が簡単にネットで購入できる時代になりました。宅配サービスを使えば日々違う商品が自宅に届くことも可能になった。

いつもオーガニックのスキンケアにこだわっている人に選ばれる商品みたいな大きな枠での選び方ではまだリサーチは甘いのです。

もっときちんと多くのポイントでタグ付けをする。

詳細が集まれば集まるほど、リップ1本でも成分やこだわりが多く見えてくると思います。こういうことを気軽に話せる時間ある関係をまずは作らないといけないのかもしれないですよ。

食の時間を楽しめる

レストランや飲食店の割引券を渡す。

サロンのクーポン券を渡す。

このような形で食べ物や自分の肌のケアの時間を提供することにこだわってみても嬉しいです。

このほうが相手が気軽に受け取れるのも特徴です。ボディケアやハンドケア、スキンケアなど女性には手入れをする場所はたくさんあります。

コスメとは違い、相手に自分のプライベートな時間で疲れを癒すサービスを受けてもらう時間を渡すことであなたという存在が伝わりやすいプレゼントになります。

一緒に楽しむことを正直あまり考えてはいけないのです。相手が家庭の母であれば、こうしたプレゼントを贈られる事がより嬉しいと感じるケースも多いです。

みんな季節によって、その時間に何かを悩んでいる時代。心と体がバラバラになってしまうのは、自分の疲れの癒し方がわからないことが原因になっていることも多いです。

まるで自分が何に困っているのかを見抜いているみたいな行動は、女性にとってはとても嬉しい行為として受け取ってもらいやすいです。

相手が一人でも楽しめるというのが大切。まずはスマートに考えてあげることが大切。色々商品が揃っているからこそ、人と違うことを使用としていませんか?

だったら、重視してほしいのは、その人にフォーカスをあててきちんと絞り込みを行うことが重要と私はよく伝えています。

極論で言えば、その人以外の人には渡せないような内容を用意してあげたらそれだけで恋人よりも価値のある商品を選べるのです。

ぜひあなたが選ぶ内容がたとえプチプラであったとしても100%相手のために選んだと思われるようなアイテムを探してみてください。

せっかく渡したいとあなたが思える相手に巡り合えているなら、そのチャンスを楽しめる人間にならなければいけないのではないでしょうか?

自分が何かを贈りたくても誰にも贈る相手がいないと悩みを持つ人よりもあなたは十分幸せな悩みを抱えているのです。

そのチャンスをみすみす他の人と同じものを自信たっぷりに用意したら台無しになるのもわかりますよね。

上品とかそんなことを考えて買わなくても良いのです。最も大切なのは、あなたが相手をよく観察すること、これ一つで十分なんです。

心が伝わるということがたとえブレンドコーヒー1缶でも喜ばれる誕生日プレゼントのポイントなんですよ。

相手が価格やブランドばかりに目を向けているような人なら、正直2000円なら渡さないほうが良いと思う。

例え、3000円でもその価値は低いと私なら伝えたい。

その人に合わせてきちんと普段求めている内容や生活に合わせて選んであげることが相手を楽しませるための絶対条件。

何も知らない、何も分からないという事を前提にしながら考えるのは正直間違いだと思ってほしいのです。

スポンサーリンク