スポンサーリンク



結婚して子供がいる状態で離婚。

別れた後も再婚相手が欲しい。

次こそは理想的な結婚生活にたどり着く。

自分が子持ちで一度失敗したからといって、全て諦める人ばかりではない。

40代が目の前のアラフォーから40台になってからこそ、子供がいる人も婚活に相手を求める行動を始める時代。

妻も子供もいたのに別れた理由は?

自分の状況敵に興味を持つ者が少ないって思わない?

こんな言葉に意識を傾けていたら、バツイチの生活はどんどん惨めな話になっていく。

でも結果的には結婚より離婚しているカップルの数の方が多い時代。

子連れでも別居での子供がいる人でも同じ理由がつきまとう。

それは、将来妻になってから訪れる現実。

バツイチ子持ち男性と初婚女性の成功パターンと辞めておくべきの決定的な違い

バツイチ子持ち男性と結婚の苦労はいつ?

こうした内容からも自分が将来経験する可能性として知っておくべき現実をまずは彼女や妻となる前の話としてきちんとしておくことが大切。

そのうち、未婚で初婚の人とバツイチの人と婚活の市場が同じくらいになるという話もそう遠くないのかもしれない。

そう考えると同じバツイチ同士の恋愛を含めて、これからの恋愛には別れた原因とか元の家族との関係なんて事よりも人生を楽しむ。

こんな人がどんどん出てくるのかもしれない。

でも今から初婚で年齢的には40台と付き合いたいと思っている処女んの女性には恋愛の対象として不安な気持ちを持つこともあるはず。

そこで、40代バツイチ子持ち男性の恋愛について、以下の項目でご紹介していきます。

40代バツイチ子持ち男性の恋愛観

40代バツイチ子持ち男性の結婚観

40代バツイチ子持ち男性の幸せ

40代バツイチ子持ち男性の問題点

自分がこの先気になる男性がバツイチだったという時にも今の悩みをそのままにしないためにもぜひ参考にしてください。


スポンサーリンク






40代バツイチ子持ち男性の恋愛観

40代バツイチ子持ち男性恋愛観

恋愛の対象年齢を想像する。

恋愛の先の再婚の可能性を考える。

バツイチ子持ち男性と結婚して幸せになれるのかを考える。

いくら仕事が安定している人でも結局は後の事を考えるとたくさんの性格などの内面以外の悩みも多い。

一度もこういうことに目を向けないまま心の感じるままに恋愛を楽しめる人は少ないのかもしれない。

そんな女性にまずは紹介しておきたいのが、恋愛観。

大きく分けて2つのパターンに分かれる。

40代バツイチ子持ち男性の恋愛観1.遊び人

年齢としてももう40代。

一度結婚して子供もいる。

残りの人生の時間で少しでも誰かの彼氏になって恋愛を楽しみたい。

この素直な気持ち以外何も考えていないというパターン。

  • 養育費も質問がなければ言わない。
  • 子持ちであることも特に聞かれない感じなら放置。
  • まずは自分のアピールできるポイントをどんどん伝える。

ある意味とてもポジティブ。

しかし、見方を変えると、典型的な遊び人の持っているリスクよりも今。

この言葉がぴったり当てはまるような意見を言っている人も実際にいる。

でもこういう人って確かに一緒にいると面白いんです。

相手を楽しませるために必要なことをしっかりお金と言葉を使って伝えることを大切にしている。

相手を条件で探すのではない。

目で感じる。

こんな感じでまるで洞察力に優れた獣のように多くの内容を初婚の人たちとは違う視点で簡単にやってのける。

出会いの中で、周囲は難しいと判断して遠慮する相手にも何も動じない。

やってみないとわからない。

まるで子供を育てていく感覚と同じような存在でどんどん自分の直感と判断で行動をしていく。

こうした行動がある意味重要なのかもしれない。

しかし、結局はそのノリの良さが増えていくと、徐々にその背後の本当の事実が浮き彫りになってくるタイミングもある。

やはりこういう遊び人タイプの人からは刺激はもらえるけど、後の苦労話の存在には絶対注意する事が多い。

こんな判断材料を持って相手をしておくのが無難。

40代バツイチ子持ち男性の恋愛観2.臆病

自分がバツイチであることをとにかく誰よりも気にしている。

毎日の生活の中でもやはりその自信がない気持ちが表に出ている。

「本当に婚活する気があるのか?」

先ほどの遊び人の人に比べたら多くの人がこう思うような存在。

しかし、その人自身は決して子持ちだからという事ばかりではない。

彼女が将来子供を育てる環境が欲しいと望んでいるか?

この点がうまくやっていけるかどう改善の価値観で悩身を抱えてる状態。

年収が高いわけではない。

自分の家が裕福であれば別に問題ないけどそういう身の上話もない。

もうこれ以上子どもが欲しいとは相手がどうであれ、考えていない。

会社の定年まであと20年余り。

この時間の人生の上で、これから出会う女の人とまたゼロから子育てをするだけの体力も金銭的余裕も精神力も残っていない。

これが30代前半から結婚生活をはじめている夫の立場を経験した人からも聞いている言葉。

かなりリアルな特徴があると思う。

ある意味、話を聞いて、付き合っていく時間の先には子供の価値観で別れを迎える可能性がある一。

こんな感じの人ならやめた方がいいと思う女性には向いていない。

しかし、もうこの先子供が欲しいとは思っていない。

むしろ、子供をいらないといってほしい。

こんな人を次の付き合う人には求めている女性には価値観があう可能性が高い。

この辺りは、人の価値観により仕事だけでなく、体の負担なども考えた大人として自分の人生の生き方がかなり問われる部分。

 

40代バツイチ子持ち男性の結婚観

40代バツイチ子持ち男性結婚観

なぜ今の状況で婚活?

かなり経済的にも厳しいのでは?

本当に真剣に交際する気があるのか?

まさか不倫で別れたから、恋愛では浮気で会いたい時だけのデート限りの付き合いなんてタイプじゃないの?

人はいろいろなことを可能な限り予想をして、自分の心の余裕を保つことを考える。

当然、結果が悪い方向になる内容はいくらでも想像ができる。

バツイチ関連の書き込みなどを見ても、一人でも子供がいると、養育費などがきちんと支払われるような手続きをしている女性も増えてきた。

このような状況な中では、もう結婚のイメージはないはず!

ついこんなイメージで身構える女性も多いと思う。

そんな人にこそ知るべき情報をご紹介していきます。

40代バツイチ子持ちが再婚を求める背景

40代の子供がいる身でありながらもその背景には、反省と言うよりも被害的なタイプも実際にはいる。

生関連の条件は、正直イメージではどうする事も出来なかった例外も出てくる。

例えば、偶発的に子供ができてしまったケース。

予期せぬ状況に戸惑いながらも、相手が不倫を重ねて、男性が用済みになったケース。

こうした離婚の背景も現在の婚活市場では普通に出てくる。

やはり、その人の身に起こった事情は、きちんと当人を一人の大人の男性として向き合ってあげる必要もある。

つい先入観やイメージを先行させてしまいがち。

しかし、可能な限り男性が真剣に相手を探したいと思っているという時にはいくら離婚の経験がある人でも大人として付き合う時の別れの特徴をきちんと知ってあげることも大切。

実際に再婚を検討している男性が相談しているスレも見ているとパターンを学ぶことが可能。

40代バツイチ子持ち男性のリアルな婚活の悩み(知恵袋)

 

40代バツイチ子持ち男性の幸せ

40代バツイチ子持ち男性の理想

もちろんこれからの人生も遊び人と真剣な再婚相手探しという両者では全く意見も価値観も合わない。

彼女がほしい。

次の人生のパートナーがほしい。

この両者が混在しているからこそ、見極めが非常に大切になっていく。

女の幸せの価値感を共有できるか聞いておく

自分がこの先の関係を求める相手にふさわしいかどうかは単純な質問で確認する方法がある。

それは、結婚生活の理想の形を聞いてみる。

家についての価値観。

子育てについての価値観。

仕事についての価値観。

年収や家計についての価値観。

趣味や旅行などの価値観。

うまくやっていく上で大事なのは、結局は生活する上で何を優先しているのかという生き方に対する価値観だと私は感じている。

上記の点でほとんどがかみ合っていないと思う人といくら一緒にいてうまがあってると思ってもそれは彼氏彼女で別れるほうが無難。

本当に毎日を一緒に暮らすという時間が増えたら当然違和感が出てくることも多く発生する。

この時に不満が増えた際にも相手の存在を認める要素が価値観以外にはなかなか難しい。

夫婦の価値観が合わない事が離婚の原因

家族みんなで一緒に外食に行きたい。

そのお金がどこにある?難しいのにわざわざ行く必要がない。

こんな時間が冷えた時の絶対に譲らない意見の衝突。

これって、意外と日常の結婚生活の悩みの中ではかなりオーソドックスな意見なんです。

男性と女性では人生の中で日常に楽しみを持つ対象が大きく違う事もある。

例えば、休みの日に子供の参観に出席してほしい妻。

仕事が忙しかったから参加を見送って寝ていたい夫。

子供がいる家庭にはよくあるような話。

でもこういう経験の積み重ねこそが、育児不参加という離婚の理由にも発展していく妻のストレスにもなっていく。

このような事が実際に生活の中でいくつもあると思った時、もう無理という話が浮上する。

これが単純な協議離婚の価値観の不一致によくある話。

こういう対象になった者の経験と価値観を何も知らないまま人当たりの良さや面白さだけで婚活の相手を選ぶのはちょっと考える視点が狭いと言わなければいけない。

つまり、男の幸せの対象は、2つに分かれる。

家族のために時間もお金も使う事に楽しみを感じるタイプ。

家族となっても自分の人生の時間とお金は自分が管理したいタイプ。

この2つのタイプの違いであなたの相手にしたいのはどっち?

これが、バツイチ男性が子育てを経験しているからこそ、感じている第二の人生に期待している部分でもある。

これは知っておくべき現実だと私は思っている。

スポンサーリンク


40代バツイチ子持ち男性の問題点

40代バツイチ子持ち男性との結婚

男性や女性の中でも絶対反対。

親や友達が子供がいる人と再婚なんて絶対後で苦労するって!という言葉をなげかけるようなシーンもあるかもしれない。

 

同じ未来を考える人を好きになる

先ほどの価値観と似た感覚で私が実際子なしで向き合った恋愛と再婚についてご紹介していきます。

結局は、価値観であることを別の記事でもお伝えしています。

自分が実際に恋愛をしてきて大切にしてきたことは、以下のような考え方。

  • 仕事と家族と言うなら、まずは仕事を選ぶ人生でありたい。
  • 収入を犠牲にして娯楽を楽しむようなことはしない。
  • 自分が一度好きになった人以外に他の人に気を配るなんてことは出来ない。
  • 自分にとっての幸せは目標を達成する事。

こんなことをずっと年齢を問わず口にしてきた自分の気持ちをそのまま今の妻には付き合い出す前に伝えた。

その内容に今の妻は私の過去の離婚の原因などの情報を含めて、きちんとそのすべてを受け入れると言ってくれた。

この時はじめてたくさんの心のつかえが一気に解き放たれた感覚があった。

自分の過ごしてきた時間が無駄ではなかったと思えた事もいろいろあった。

でもこの価値観をもし最初の結婚で全て粉々にされていたらどうなる?

これが、結婚の難しい部分。

  • 養育費を吹っ掛けられたような状態。
  • 再申請の却下を続けるようなやり取りの経緯
  • 身勝手な女性と思わせる相手の反応や意見。

このような状況にもあなたが巻き添えにされる可能性がある。

こんな状況を一緒に人生を歩まなければいけないほどあなたはその人の人生に肩入れができますか?

同じ未来。

この言葉は価値観同様に同じ苦しみを背負う覚悟が求められる。

この現実を子供がいる離婚だからこそ、経験しなければいけないという覚悟を持っていなければいけない。

これは初婚同士とも子なしとの再婚とも大きくかけ離れた苦労を覚悟するべき内容と言えるのではないでしょうか?

今回のような再婚希望の見極め方だけでなく、本当は、女性も自分らしい人生を見つけてほしいと思っています。

確かに魅力があるかもしれない40代。

しかし、未婚や初婚にはまだ経験したことがない話がいろいろ飛び出す可能性をネットで知るだけではない現実として向き合う覚悟が求められるケースがある。

この覚悟を最悪を想定しながら考えてみてください。

スポンサーリンク