スポンサーリンク



今の時代は、結婚している数よりも離婚しているカップルの数の方が多い。

出会いがあれば、どんな形であっても別れも必然となるのが恋愛や結婚。

人は自分にとってつらい状況になった時には、そこから逃げたいと思ってしまうこともたくさんある。

もちろん逃げるべき時もあると思う。

しかし、恋愛の先にある結婚では思ったままに行動することが必ず幸せとも限らない。

でも最後には自分が決断を下すしかない。

子持ちで仕事探しも大変と嘆くシングルマザーもいる。

40代独身でも仕事ができない、付いていけないと嘆く男性もいる時代。

こんな中で、実際に子どもを授からなかった女性が40代になってバツイチになったらどうなる?

今まさに離婚という結果にになるかもしれないと思って思い詰めている時間がある女性に伝えたい内容をご紹介しています。

これまでにも40代バツイチについては、以下のような情報を書いてきました。

40代独身女性恋愛悩み

スポンサーリンク



40代独身女性が勝ち残る恋愛のポイントと注意点2018

40代男性恋愛面倒

40代男性恋愛が面倒?女性が婚活で今の彼氏を見極めるおすすめの戦略

40代独身男性既婚女性恋愛

40代恋愛既婚女性が自分の幸せを手に入れる為に必要な原点

40代男性脈あり

40代男性脈ありサインの特徴によくある誤解と職場恋愛の成功法

40代男性恋愛の傾向と女性の対策

40代男性は好きな人に態度やサイン|見抜くコツと信用する注意点

40代男性との付き合い方

40代男性との付き合い方|デートや浮気島女性恋愛に多い悩みと解消法

40代恋愛事情男性

40代恋愛事情男性の結婚と仕事の関係と特徴

バツイチ男性女性の恋愛、婚活の悩み。

バツイチ子持ち恋愛デート

バツイチ子持ち恋愛デートに必要な心とカタチ体験記

40代男性恋愛バツイチ

40代男性バツイチに多い誤解と再婚成功法|恋愛に離婚経験を活かすコツ体験記

バツイチ男性が好きな女性の特徴

バツイチ男性が選ぶ女性の特徴|30代再婚成功体験記

40代バツイチ子持ち男性との結婚

40代バツイチ子持ち男性の特徴|大きく価値観が異なるかこと未来設計図

40代女性には、仕事を辞めたい理由でうまくできないというのも悩みになっている時代。

40代女性仕事できない辛い

40代女性の仕事ができない悩み根本的原因と着実に変わる方法実践記

40代独身男性の特徴をさまざまな角度からまとめてご紹介しています。

40代独身男性恋愛や結婚の特徴

40代独身男性の特徴|女性が持つ悩みと誤解解消法まとめ

バツイチ彼氏結婚願望なし

バツイチ彼氏の結婚願望ない発言は要注意!心理や見極め方のコツ

私自身も人生の中で子持ちではないが一度結婚をした後に離婚を経験している。

しかし、その後の再婚で未婚女性との出会いの先に今は幸せな気持ちになれた。

あっという間に時間が過ぎていく。

その中で気持ちは時間が解決する。

こんな事を多くの人が言うが、まさにその通りと思えることもたくさんあった。

私のサイトは40代男性女性が個性を活かし、自分らしく生きるための考え方を中心にご紹介しています。

独身、未婚、既婚、再婚。

恋愛にもいろいろな事情がある。

でも全ての出会いは奇跡である。

そして、その時に出会う相手とは必ず自分が将来に向けて新しい何かを経験するために必要な事だった。

こう私は自分自身の体験からも感じるようになってきた。

一人きり。

この言葉はどこまで自分を追い詰めることもあるかもしれない。

でもそんな中にいるときほど、ない物ねだりであることを伝えたい。

今回の記事では、40代バツイチ女性の生き方を子供が一人もいない状況の人向けに以下の項目でご紹介しています。

40代バツイチ女性の生き方に多い悩み

40代バツイチ女性の生き方に多い失敗

40代バツイチ女性の生き方と幸せの形

自分のこの後の人生の時間はいったい何を悩みにしておくべきなのか?

どうして自分がまた一人の時間になったのか?

自分をどこか客観的に見て、人生の中での幸せとは何かを今一度考えてみませんか?


スポンサーリンク






40代バツイチ女性の生き方に多い悩み

40代バツイチ女性生き方

私自身もバツイチになった直後は以下のような気持ちであふれかえってきた。

  • もう二度と新しい相手を探そうなんて考えるのもやめよう。
  • 独身にただ戻っただけだと軽く考えよう。
  • 結婚が幸せというわけではない。

どこか不貞腐れた子どものように、自らの事情や背景、経緯をいちいち誰かに話す事も嫌になっていた時があった。

今のあなたにももし少しでもこんな気持ちがあるなら、聞いてほしい。

「その気持ちは本当はどこまでも孤独を恐れるタイプの思考なはず」

これは私も少し時間が経過して、自分の心に嘘をついていると自覚した時に気が付いた。

別に、趣味がないわけでもなかったし、自分一人でお金を使うことも楽しむ方法はいくつかあった。

彼女とか女の友達がいなくても別に毎日仕事をしていれば気がはれる。

仕事人間のタイプだったので、落ち込むよりも年齢問わずとにかく毎日仕事に明け暮れていた。

でもふと思う事がある。

「男でも女でも結局最後は、自分の目の前に少し特別な感情を持つ相手がいてくれた方がもっと楽しいのかな?」

仕事人間に戻る事は今を生きる事

現代社会では女性の社会進出やキャリアを積み上げる人が増えてきた。

若い人もっ婚活なんて後。

この先の人生を考えると、収入を稼ぐ事のほうがずっと大切になってくる。

いざとなれば、年下はいくらでもいるような年齢になる。

だったら、その時に年下限定で婚活すれば良いだけの事。

あくまで言葉としては、割り切る。

きっぱり恋愛関連の動きから一切を遮断する。

このように恋より仕事を大切にしてる人が多くなった。

この生き方は確かに過去なら、行き遅れとかいつまで働く気?などと冷たい周囲の目があったかもしれない。

しかし、今は男性が簡単に仕事を辞める。

だったら企業としても誰でもいいからキャリアを積み上げていきたいと思う人が増えて欲しいと願う。

結果、本当にやり切ってしまった後の方が悩みが出てくるわけです。

どこかで燃え尽き症候群のような状況になる。

この時に、今気になる人も彼も必要ないと思っていたはずの心の隙間に孤独感が芽生え始める。

こうしたタイミングが40代バツイチ女性で子どもがいない離婚経験者には多いようです。

 

40代バツイチ女性の生き方に多い失敗

40代バツイチ女性生き方仕事と恋愛

上記の経験を見ると、先も後もなく、常に恋と仕事を一緒に気にした方が良いと考える女性もいるはず。

  • 仕事が終わった後の合コン、デートもしっかり気にしておく。
  • 街コン、婚活、サークル、イベント、結婚相談所などを使って婚活の事もしっかり把握する。
  • 家族の中での行き遅れなんて言われない為に紹介などがあれば積極的に向き合う。

こんな感じで何もかもを完璧にしようと考える人もいる。

しかし、これは着実に先ほどの人とは違う問題に直目する。

この場合の特徴は、以下のような感じの日々が訪れる。

  • 一緒にいてもどこか毎回感じる相手への魅力が違ってくる。
  • 一度別れた相手との復縁など後悔を感じることが増えた。
  • アラフォー以降の自分に環境的な違いがないはずなのにどこか今後は難しいかもと一抹の不安を持ち始める。

このような内容の原因は何か?

スポンサーリンク


この答えは、単純に恋愛の先に結婚というイメージよりもそれぞれの生活を維持する感じを希望している感情が出ている事。

どこか男性の結婚に戸惑いを持つ消極的な行動と流れが似ている。

これでは、行き着く先は既婚者との浮気や一時的な環境を求める恋になっていく事が不安材料。

結果、パートナーに選ぶ相手のステータスがどんどん高くなっていく。

こうした感情を持つ前に、きちんと今の自分が仕事と恋のどちらをメインとするのか?

こう考える事が無理のない自分の将来を考える計画には重要になるのです。

 

40代バツイチ女性の生き方と幸せの形

40代バツイチ女性生き方幸せの探し方

私の周りにも実際にバツイチになって40代で恋人探しを継続している女性がいる。

しっかり就職もしている。

ファッションやメイクなどにもある程度時期ごとのおしゃれを楽しんでいる。

こうした時間を過ごしていると、人生の中で一定の無理のない力の入り方を持続することが可能になっていく。

常に選択を迫るのは難しい

恋と仕事を両立させるのは、女性にとってはかなり難しい場合もある。

その理由はなぜか?

女性は、夫婦というカタチにこだわらないとしても相手の男性の中での自分の存在感が大きいと感じる事に幸せを感じている。

相手が例え一人でも自分の事を必死に想ってくれるだけで、その関係が続けば幸せを感じられるし、頑張っていける。

しかし、この相手が仕事でも恋人でも選ばれるとどうなる?

モテる女はかっこいい?

いいや、その両者に嫌われないように努力を始めようと頑張ってしまうのが女性なんです。

どちらからも選ばれたい。

確かにこれができる人は本当にすごいと思う。

でも次のようなことも可能性としては、いくら自分が前向きになっても人付き合いだからこそ難しいこともある。

  • 仕事もバリバリ続ける女性はどこか男性が結婚生活を想像できないと思える瞬間にもつながる。
  • 年収が低いことが結婚できない理由と考える男性は、今の自分が選ばれるか不安になり、付き合いを継続しにくい。
  • 職場の人間からも頑張っているなら変に近づきすぎて辞めたい原因になるのを恐れる。

このように、就職して付き合いも続けたいと頑張っている女性ほど、仕事の次の恋はなかなか発展して次のステージにたどり着けない。

こんな特徴もある事をどこか意識をしておく必要がある。

その原因は、あなたが悪いからではない。

あくまで、あなたの邪魔をしない。

この立場にある人として選ばれているという感覚になっている。

でもそれは、女性本人にとっては、不本意ではない誤解ともいえるのです。

ではどうすればいい?

40代バツイチ女性の生き方は数ヶ月単位

自分がもし、婚活も仕事も理想の未来にたどり着きたい。

このような心理になっているのであれば、必要以上に今の自分を多数の分野で頑張って続けようと思う必要はない。

むしろ、どちらか一方に集中する期間を3ヶ月単位で考える。

仕事中心の3ヶ月から恋を中心の3ヶ月へ。

人生は常に仕事も続けて、結婚生活も選ばれ続けなければいけない。

でもそんなどちらも完璧にしているカップルはそんなに多くない。

上手くやっていく人たちは単純に以下のように考えていると私は最近感じている。

  • 相手の行動や言動を前向きに考えることができるか?
  • 相手に対してマイナスに思っていることをどこまで妥協できるか?
  • 更生ではなく、認めることの大切さ。
  • 受け入れる事が増えれば、共存が簡単になっていく。

このように、愛とはなんだ!という言葉に置き換えるなら、自己犠牲をどこまで許容できるのか?

これが結婚と離婚を先に経験した先の生活で他の未婚女性とは決定的に差を付けられる部分だと思います。

よって、無理にすべてを抱えず、3ヶ月周期で恋に専念と仕事に専念。

このサイクルをイメージで思っているだけで、自分の中でのやりがいも達成感もこれまでとはかなり違った感覚になると思います。

ぜひ生き方として実践してみてください

スポンサーリンク