スポンサーリンク



40歳になってしまった!

35歳以下、39歳以下など30代限定の求人も多い。

40歳はミドル世代。

都市部ではミドル世代専用の転職サイトもある。

しかし、地方は?

企業の数も少ない中、自分の目にする求人情報は思った以上に少ない。

こんな気持ちになる人も多いはず。

年齢という壁が立ちはだかるのは、体力、知力、気力などさまざま。

妻帯者の状況では、家族の同意も必要なケースもある。

キャリアがあっても自分のやってきた活動はごく少数派。

職務経歴を見せてもなかなか一発で理解してくれる会社が少ない。

こんな人が今からどんな仕事を探すべきなのか?

実際によくある転職関連の悩みについてご紹介していきます。

これまでにも40代の転職については、以下のような記事を書いてきました。

40歳男性転職失敗原因|ギャップ注意点

40代女性転職前の覚悟

40代女性転職の現実|絶望と簡単の決定的な差

40代女性の悩み仕事編まとめ

スポンサーリンク


40代女性の悩み仕事編解決法まとめ

仕事できないや辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

40代パート仕事辞めたい

40代パートの仕事辞めたい主婦が月収3万,5万なら在宅で稼ぐ時代

会社を辞めたいが言えない悩みについてもご紹介しています。

仕事辞めたい時言えない

会社の仕事を辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

仕事飽きる続かない

会社の仕事続かない理由で飽きる人の特徴と対策法アラフォー体験記

40代女性仕事できない辛い

40代女性の仕事ができない悩み根本的原因と着実に変わる方法実践記

他にも、会社をやめたいと思う男女にタイミングや辞めるまでの経緯の悩みについてもご紹介しています。

会社の仕事を辞めたい新卒

会社辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

50代会社辞めたい

会社の仕事を辞めたいを50代決意は危険?楽しく生きる為の予備知識

会社人間関係辞めたい時

会社辞めたい人間関係の悩みアラフォーが職場で受けた排除行動体験記

会社を辞めたいを考える時の疲れたという思考についてもご紹介しています。

もう疲れた会社辞めたい

もう疲れた!会社辞めたい口癖からとるべき行動|ストレス解消法

30代部下の男女が会社辞めたい時の価値観とは?

30代女会社辞めたい

会社辞めたい30代女と男は価値観も違う?40代の生き方準備編

会社を辞めたいと限界を感じる人に伝えたい内容も紹介しています。

会社辞めたい限界の原因

会社辞めたい限界の見極め方|退職前にすべき事アラフォー体験記

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

仕事辞めてニート

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

自分が辞めたいと思う上でも我慢が出来る人はまだマシ?

会社辞めさせる手口

会社を辞めさせる手口アラフォー被害の実態

逆に、こうした手口に対する自己防衛策も具体的にご紹介していきます。

会社辞めさせる方法

会社を辞めさせる方法から自分の身を守るポイント2018

40代仕事辞めたい女性と無いと嘆く人は歴然の差

40代独身男性転職や会社の仕事辞めたい悩みと自分らしい人生の選び方

会社辞めたい40代独身が人生やり直したいは叶う!

会社辞めたいのに辞められないを突破する方法(体験記)

うつで会社の仕事辞めたい!既婚でも追い込まれたアラフォー転職体験

会社を辞めたい時の相談については、以下のようなコンテンツをご用意しています。

会社辞めたい相談上司

会社辞めたい相談は上司にすべき?

会社辞めたい相談親

会社の仕事を辞めたい相談は親に言えない?モテない40,30代男性に多い誤解注意点

会社仕事辞めたい相談電話

会社を辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社辞めたい相談された

会社の仕事辞めたい相談された時の対処法|失敗と成功の決定的な違い

会社を辞めたいが言えない悩みについてもご紹介しています。

仕事辞めたい時言えない

会社の仕事を辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

仕事を辞めたい年数との悩みについてもご紹介しています。

会社仕事辞めたい何年目まとめ

会社を辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社仕事辞めたい1年目

会社を辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社仕事辞めたい2年目

会社辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社の仕事辞めたい3年目

会社辞めたい3年目40代の成功と失敗の決定的な違い

会社仕事辞めたい4年目

会社辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

会社の仕事辞めたい5年目

仕事を辞めたい5年目は?30代,40代の離職注意点

会社をやめたいと思った時の転職活動への考え方についてもご紹介しています。

会社辞めたい時転職先

会社を辞めたい時転職活動時期はいつ?40代の失敗しやすい生き方

会社を辞めてから転職活動

会社を辞めてから転職活動は40代男女に不利な時代?

会社を辞めてよかったという40代口コミも少しずつ紹介していきたいと思っています。

仕事辞めてよかった

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

これから先、まだ60歳や65歳まで社会人人生で考えたら半分残っている。

これまで培ってきた経験やスキルはどうなる?

新しい会社に採用された後にもある程度の年収や収入が必要。

こんな状況で、今と同じだけの年収を望むのは無謀なのか?

自分がこれまでに稼いだ金額と業務を考えた時、実際に迷いを持つ方も多いはず。

実際の考え方をキャリアコーディネーター経験者がご紹介していきます。


スポンサーリンク






40歳転職が無謀になる典型例

40歳転職無謀

今までの経験を活かす。

この言葉がハードルになる人も多い。

派遣社員、契約社員、正社員。

雇用形態の中で自分がどんな環境で過ごしてきたのか?

そして、その会社内の業務でどんな内容を手掛けてきたのか?

時代の流れで淘汰されて、徐々に失業者が増えた業種もある。

自分が辞める理由

30代でなぜ今の仕事を続けない?

後の事にどこまで目を向けて生きている?

この答えが退職の理由につながるケースは多い。

  • 年収が下がり続けた。
  • 残業代がカットされた。
  • 人員削減でまとめて大量リストラが行われた。

自分にはどうする事も出来ない事情もある。

しかし、一方では自分の理想の仕事的に嫌になったとか飽きた、疲れたという理由で退職を決断する人も多い。

退職という決断をする際には、自分の人生設計でどんな課題が立ちはだかったのか?

これがとても重要な問題と考えるべき時期。

あくまで面接や相談をすることは可能。

しかし、職種を問わず多くの会社が40代の男性女性に対して、これまでの経験と入社後の立ち位置を考えて対応してくる。

全く何もない人が普通に就職することを希望する。

これでは、次の世代に期待をするほうが使いやすいと考えられる可能性が高い。

キャリア、経験、資格。

せめてこの3つが何もない時には、自分の中できちんと条件を含めて情報と希望をまとめて伝えられる状態をつくることが大切。

全く何も準備ができていない状態ではいくら求人情報を眺めてもすべてが受け入れてくれるわけではない。

 

40歳転職が無謀と真逆の成功

40歳転職は無謀ではない

一方で資格もないのに、全く影響を受けない人もいる。

典型的なパターンは、営業職に従事した人たち。

このタイプは、どんな会社に勤務してもどうすればモノが売れるのか?

この技術を習得している。

もちろん、取り扱う商品自体は全く別モノになる可能性はある。

でも商品ありきに営業をしているわけではありません。

営業職は、自分自身を売りにしている。

だからこそ、どこに身を置いたとしても、その商品がランキングに出てこないような商品でも扱うことが可能になる。

環境に影響されないスキル

介護などの業種も同じなのかもしれない。

人と関わる。

この環境においては、多少の個人差があると言えど、そこまで想像を超えるような状況を経験することは少ない。

むしろ、経験があるだけで有利になる事も多い。

未経験と違い、何でもいいから失敗した経験すら活かせる。

こう思っている内容があれば、20代30代の頃と同様に別にそこまで年齢を気にし過ぎない転職活動ができる。

募集に対して応募が少ない環境があれば、昇給や年収アップの検討も可能になるケースがある。

 

40歳転職無謀の見極め方

40歳転職は無謀と成功の差

年齢を武器にできるかどうか?

これが最大の疑問になる。

その答えとして、きちんと自分が経験した課題や内容を伝えることが出来るのか?

そして、この先に目指すのは具体的にどんな内容なのか?

この答えをきちんと言っている人は多くの会社で職業を問わず採用を勝ち取っている。

不安なしはありえない

当然、自分が即戦力になると思っても想像した通りの未来にならないこともある。

失敗を恐れない。

自分ができないことを必要以上に抱え込まない。

この2つができるなら、別に資格なしの人も恐れる必要はない。

逆に、受け入れるのに時間がかかる。

このタイプの人に成功するケースは少ない。

課長や部長など上が何か言ってきた事に疑問を持つ。

この時、ビジネスとして正義か悪かを重要とすると、その会社に長居するのは難しい状況もある。

ある程度はその会社に染まる勇気も必要。

確かにこれは自分の中での正義感もあって、難しいケースもある。

当然、譲れない部分もあるのだと思う。

でもその現実が会社を退職するまでの問題なのか?

この点を疑問としてとりあえずの対応策を考えることができれば問題は少ない。

どこの会社に行っても結局はその会社のオリジナルが存在する。

世間一般とは違い、独特のルールがあるのかもしれない。

しかし、この問題にあなた一人が立ち向かうのは無謀とも言える。

自分が会社にとって有利になる情報を持ちながら、使いやすい存在になれるか?

この点を自分自身の成功の前に気持ちとして用意をしておく必要がある。

決してあなた自身が間違っているという事を認識する必要はない。

ただ、その会社に勤務して社員として働く以上は、その中で求められた人材になっておく。

こう置き換えることができれば、ある程度働く場所は用意されるはず。

自分が就職する前に見学

最近は、面接を希望する前にまずは見学からでも可能!

こんな会社も増えてきた。

自分が全く知らない異業種や未経験の分野の場合、サービスの内容すら想像ができないケースもある。

この時、変にいろいろ考えるくらいならまずは現場を見て確認する。

この方が自分が想像の中で考えるよりも近道。

50代はいるのか?

若い年齢の人たちだけの場合の目は?

世代ギャップや年齢層という類を気にしているなら、特に見学をする価値はある。

続けていけるかどうかを考えるよりも今の時代はまず相手を知ることが重要。

これまでの転職活動とは違う一歩の踏み出し方。

これが今の40代という世代で転職活動をする時のポイントになる。

40代の人生に怯えない設計図

自分の年収を会社に依存するのは危険。

会社は雇用主としての責任よりも会社の存続を優先する。

当然、犠牲を伴うことがあれば、リストラもやむを得ない状況と言える。

しかし、本来は雇用をした時点で定年まで辞める必要がない状態を維持することにしたい。

今から20年という時間の間に安心して在籍できる会社なんてなかなか少ない。

どの業界でも大手ですら、閉鎖や破綻というリスクを抱えている。

こんな時代だからこそ、あくまで会社員の仕事に対して依存する考え方は危険。

むしろ、会社員と同等程度の年収は自分の力で稼げるような状況を用意する。

FX,せどり,アフィリエイト,Wワーク。

何でもいいと思います。

とにかく自分の収入を確保する。

この考え方をきちんと自分のキャリアや年齢を問わず用意しておくことで何かがあった時にも怯えない人生を送ることが出来るはず。

転職は悪い事ではありません。

しかし、決して仕事を見つけることは簡単ではありません。

年齢を気にする生き方になるくらいなら、あえて今の状況で我慢するべきと思うタイミングでもあると思います。

きちんと、自分自身の強みやメリットを人に伝えられる状態になる。

そして、デメリットや失敗、後悔を全てプラスに転じて伝えられるようになっておく。

こうすることで、会社に訪れて面接を受ける際にも年齢以上の存在感がアピールできると思います。

あなたにとって、今の自分は何が強みになりますか?

今回の記事でご紹介したかった内容は以上です。

最後まで読み進めていただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク