スポンサーリンク



転職する人は増えた。

企業も働く人が長く仕事をしてほしいと思っていない。

終身雇用の崩壊。

あくまで求人はずっと出し続ける。

これがあくまで現実なんだと私はまず伝えたい。

そして、その理由も明確だ。

40代の女性が仕事に悩みを抱えている内容については以下のような記事も書いてきました。

40代女性の悩み仕事編まとめ

スポンサーリンク


40代女性の悩み仕事編解決法まとめ

仕事できないや辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

40代パート仕事辞めたい

40代パートの仕事辞めたい主婦が月収3万,5万なら在宅で稼ぐ時代

会社を辞めたいが言えない悩みについてもご紹介しています。

仕事辞めたい時言えない

会社の仕事を辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

仕事飽きる続かない

会社の仕事続かない理由で飽きる人の特徴と対策法アラフォー体験記

40代女性仕事できない辛い

40代女性の仕事ができない悩み根本的原因と着実に変わる方法実践記

他にも、会社をやめたいと思う男女にタイミングや辞めるまでの経緯の悩みについてもご紹介しています。

会社の仕事を辞めたい新卒

会社辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

50代会社辞めたい

会社の仕事を辞めたいを50代決意は危険?楽しく生きる為の予備知識

会社人間関係辞めたい時

会社辞めたい人間関係の悩みアラフォーが職場で受けた排除行動体験記

会社を辞めたいを考える時の疲れたという思考についてもご紹介しています。

もう疲れた会社辞めたい

もう疲れた!会社辞めたい口癖からとるべき行動|ストレス解消法

30代部下の男女が会社辞めたい時の価値観とは?

30代女会社辞めたい

会社辞めたい30代女と男は価値観も違う?40代の生き方準備編

会社を辞めたいと限界を感じる人に伝えたい内容も紹介しています。

会社辞めたい限界の原因

会社辞めたい限界の見極め方|退職前にすべき事アラフォー体験記

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

仕事辞めてニート

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

自分が辞めたいと思う上でも我慢が出来る人はまだマシ?

会社辞めさせる手口

会社を辞めさせる手口アラフォー被害の実態

逆に、こうした手口に対する自己防衛策も具体的にご紹介していきます。

会社辞めさせる方法

会社を辞めさせる方法から自分の身を守るポイント2018

40代仕事辞めたい女性と無いと嘆く人は歴然の差

40代独身男性転職や会社の仕事辞めたい悩みと自分らしい人生の選び方

会社辞めたい40代独身が人生やり直したいは叶う!

会社辞めたいのに辞められないを突破する方法(体験記)

うつで会社の仕事辞めたい!既婚でも追い込まれたアラフォー転職体験

会社を辞めたい時の相談については、以下のようなコンテンツをご用意しています。

会社辞めたい相談上司

会社辞めたい相談は上司にすべき?

会社辞めたい相談親

会社の仕事を辞めたい相談は親に言えない?モテない40,30代男性に多い誤解注意点

会社仕事辞めたい相談電話

会社を辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社辞めたい相談された

会社の仕事辞めたい相談された時の対処法|失敗と成功の決定的な違い

会社を辞めたいが言えない悩みについてもご紹介しています。

仕事辞めたい時言えない

会社の仕事を辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

仕事を辞めたい年数との悩みについてもご紹介しています。

会社仕事辞めたい何年目まとめ

会社を辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社仕事辞めたい1年目

会社を辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社仕事辞めたい2年目

会社辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社の仕事辞めたい3年目

会社辞めたい3年目40代の成功と失敗の決定的な違い

会社仕事辞めたい4年目

会社辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

会社の仕事辞めたい5年目

仕事を辞めたい5年目は?30代,40代の離職注意点

会社をやめたいと思った時の転職活動への考え方についてもご紹介しています。

会社辞めたい時転職先

会社を辞めたい時転職活動時期はいつ?40代の失敗しやすい生き方

会社を辞めてから転職活動

会社を辞めてから転職活動は40代男女に不利な時代?

会社を辞めてよかったという40代口コミも少しずつ紹介していきたいと思っています。

仕事辞めてよかった

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

辞めたい理由も人によって違う。

年齢が違うと経験した人間関係などの環境も大きく違う。

自分の知っている人からの紹介で求人を見ないで就職した。

こんな経験を持つ人がいるのも40代。

でも実際に今の自分にそんなことは難しい。

転職サイトを見ても今の自分の経験やスキルがあると思えない。

とても今の年齢では採用してもらえるような会社があるとは思えない。

面接にすらたどり着けない厳しい現実。

こんな声がある一方で、反対にキャリアや資格を活かし、転職経験が多いのに着実に年収アップをしている人もいる。

この違いは何か?


スポンサーリンク






40代女性転職の現実1.立ち位置

 

自分の今の状況をまずは考えてみてほしい。

40代女性の中にも以下のように分類される。

  • 結婚経験がない独身
  • 未婚の母
  • 離婚をしたシングルマザー
  • 既婚者

結婚後の子どもがいない状態の離婚経験者は独身と同じ。

一方で出産する前と後では大きく生活の環境的に条件緩和が厳しい状況に追い込まれた人もいる。

つまりは、年齢的には同じでもまずそもそもその人の置かれた環境が異なる。

これを考えないままただ単に年齢と可能性を照らし合わせているのは考え方が間違っていると私は感じています。

自分のできること

スキルがあっても活かせる環境(職場)がない。

結婚後に田舎暮らしに身を置く人にとっては、キャリアを捨てたと言っても過言ではありません。

次に女性が今後の自分の人生を見据えた上で、いつでも次の子どもの妊娠を考えているというケースもある。

アラフォー世代の女性も40代。

この場合、いくら応募できる条件の良い仕事があっても一過性で辞める可能性もある。

いくら自分の過去の経験を活かす関連の仕事があったとしてもその環境を選べないこともある。

つまりは、人生設計上仕事より優先順位の高い何かがあったらどうなる?

この答えも裏側にそれぞれの事情が潜んでいるのです。

仕事人間?

一方で中高年男性でもなかなか仕事がない時代。

職を失う人や探す人は増えている状況。

当然子育て世代では、ある意味追い込まれているケースもある。

ある意味、自分の状況がどうであれ、本当にお金が必要な状況になっているケースもあるわけです。

この人たちにとっては、何より収入が最優先。

でもそれだけ稼げるような条件が市場に存在しない。

こんな時には、あくまで仕事がないという現実を突きつけられている事もある。

 

40代女性転職の現実2.求人市場

 

仕事はある。

でも問題はそれなりに自分が長く勤めたいと思える選択肢の対象があるかどうか?

正社員、派遣、契約社員、パート、アルバイト。

それなりに選択が可能な範囲はある。

しかし、先ほども伝えたように環境的に収入が必須の人にとっては安易に長く勤められるだけでは決められない。

年齢制限という壁

年齢は武器になる。

これは2019年の市場にもしっかり現れている。

別に1歳2歳多いくらいなら問題ないのでは?

むしろ歳の多いほうが知識も経験も活かせるのでは?

このように考える人も多い。

でも実際には最近の仕事の市場では以下のような現実もある。

  • 体力差
  • パソコンスキル

このような条件を比較され始めている。

もう昔とは違う。

ある程度カテゴリーの中で「さとり」とか「ゆとり」なんて言っているのはほんの一部と思ってほしい。

正直、バリバリ働いて稼ごうと考える人も増えている。

なぜか?

若い世代でもやはり時間がないと思っている人は増えてきている。

職場の環境なんて気にしている余裕はない。

若い時に出来るだけ貯金を殖やす。

こう考える人ができる限り若い時に稼げる仕事に就く。

そして、一気に会社に利益をもたらす。

こうなると、30代40代はあくまでのんびりしている年齢だけの存在になってしまう。

特に営業の世界ではこの動きが顕著になってきている。

これが社会の現実でもある。

 

40代女性転職の現実3.将来

 

この先どうなる?

もう限界。

この言葉が最近は徐々に見え始めている。

アルバイト、パートの雇用保険や年金加入の問題。

もう再就職なんてことを考えさせない労働環境の配備。

こうなると男性でも女性でも徐々に正社員の雇用を増やさない動きも活発化する。

給与の有利さも薄れる

どうしても働かなかなければいけない人のほうが少ない。

例えば、生活保護を受けている人。

他にも、母子家庭の手当や待遇を経験している人。

このような環境では、しっかり生活をするという対象はどうしても上を見ないケースが増えている。

働きに出てもストレスで体調を壊すだけ。

目を合わせるのも辛い。

顔を合わせるだけで動悸がする。

こんな精神的なストレスを感じるような人も増えてきた時代。

だとすれば、収入においても特に最初から多くを期待しない人も増えている。

人生を考える際にもあまり無理をしない。

やはり、この考え方が徐々に雇用を縮小している動きに合わせて連動している気がする。

無理をしても将来の不安は何も変わらない。

だったら今対応できることだけに目を向ける。

あまり多くのことを最初から期待しない。

こういう感覚でものごとの対応をしている人も増えている。

これらがどんどん雇用をしたい会社とのギャップを生み出し、人材不足を加速させている一面もある。

本当に大事なのは何?

現在の生活を維持しよう。

この基準は何かをまずは一度しっかりチェックしておくことが大切。

一般的とか平均なんてことは直接自分たちの生活と関係ある対象とは言えない。

あくまで働くのはあなた自身。

無理をしておいつめられて、最終的に体を壊すような未来になるくらいなら、何もしない方が良い。

まずは自分が何を問題にしているのか?

そして誰のためにではない、自分自身がきちんと安定するために何を選択するべきか?

この点をきちんと見極めて仕事を探してみてほしい。

そうすれば、おのずと問題の原点とそれに必要な仕事の選択肢が見えてくるはず。

スポンサーリンク