スポンサーリンク



スーツを着る仕事に転職をした。

腕時計を必要とする。

でもこれまでは時計は全てスマホで対応していた。

腕にわざわざ時計をつける習慣がない。

どんなデザインを選ぶべき?

高級ブランドのほうが良いの?

人気モデルとかのほうがウケが良い?

でもこういうタイプは、価格的に高いイメージしかない。

実際に、メンズブランドの腕時計の中には、1本で数十万では買えない商品も多い。

100万円、200万円、300万円などそれくらいの価格は当たり前に存在する。

40代男性の中には、こうした腕時計をスポーツやカジュアルの服装にも合わせている事もある。

腕時計関連の商品は、ビジネス、カジュアル、ラグジュアリー、コレクション等ジャンルはたくさんある。

シーンに合わせた商品選びの基本は、シンプル。

高い安いもう魅力とは関係ない。

別に高いものを合わせていれば、カッコいいとかオシャレという評価をもらえるわけではありません。

むしろ、成金や散財癖、借金あり?と思われる事のほうが多いくらい。

だからこそ、自分をよく見せようとする選び方だけは絶対にやめておくことを最初に伝えておきたい。

これまでにもスーツに合う時計を選ぶポイントを各内容でご紹介してきました。

スーツに合う時計40代男性向け体験記

スーツに合う時計40代営業職のポイントと注意点

スーツに合う時計メンズ

スポンサーリンク


メンズスーツに合う時計の選び方成金にならない注意点!

40代男性時計の選び方

40代男性時計選び方|仕事用と私用の注意点やポイント

仕事の職種、業種に合わせた商品選び。

革(レザー)とステンレスなどから選ぶ。

海や川等水のある場所でも使える防水機能。

スポーツにも使いやすいクロノグラフ。

ではこの中にある商品で本当にビジネスマンが選ぶのはどれが妥当?

こんな探し方では安い種類はなかなか難しい。

ではビジネスマンが探す上でスーツに合う安い時計の優先順位は何か?

スーツに合う安い時計の3原則

スーツに合う安い時計の注意点

スーツに合う安い時計と維持費

私が今使っているのは、20代の頃に選んだ一品。

40代になった今でもその商品を見られた際にムードを下げたことはありません。

スーツに合う安い時計の3原則

スーツに合う安い時計の選び方

2019年になって、40歳になる私。

大人のイメージのために時計を変えようと思ったことはある。

でも結果は、何も買っていません。

その理由は、今からでも使える商品の特徴を持ち合わせたアイテムが出てきたから。

スーツに合う安い時計のポイント1.素材

スーツで移動をする。

この場合に合うのは、耐久性です。

時計の枠やバンドは意外とキズがつきやすい。

劣化した。

この言葉を口にしないためには素材選びが重要。

私が選んでいるのは、ステンレスやメタル素材。

なぜか?

安い種類の中でも軽いんです。

そして、レザーよりもスーツの色を選ばない。

この2つが非常に気に入ったのです。

何色のスーツを着ても似合う。

髪型などヘアスタイルにも影響を受けない。

どこかクラシックな雰囲気もある。

たったこれだけで十分なんです。

スーツに合う安い時計のポイント2.バンド

レザーのバンドを避けた。

それだけでなく、あまり太い、厚みのある商品を選ばない事も大切。

なぜか?

スーツを着る事を考えると、袖周りの汚れに対しての考え方が大切になる。

30代以降の時間でオシャレやファッションを追求するなら、以下のパーツで差を見せる必要がある。

  • 襟周り
  • 裾周り
  • ウエスト周り
  • 手首周り

この4つは、どんな服装でも自動的に目立つ。

だから、スーツでの演出には、上品なネクタイを着用する事が多い。

日本では個性がなかなか出せない。

その理由は簡単なんです。

時計だけでなく、すべての情報として、自分の体型との相性をチェックしていないから。

身の丈に合わせるのは予算だけではだめなんです。

世界各地でいろいろなブランドが出てくるのはなぜ?

それは、そのエリアで選ばれるポイントを観察しているから。

機能だけで商品を出すなら、針と枠とバンドで色違いを手に入れたら案でも合わせるのに困らない状態になる。

でも今は違う。

自動巻き、ソーラー充電、スマートウォッチなどそれぞれの目的に合わせて手に入れる事が可能。

あなたの手はどのバンドなら、キレイに見せることが出来ますか?

スーツに合う安い時計の選び方3.電池

ビジネスでもフォーマルでも時計としての機能は、動いていることが絶対必須。

この点ではどのタイプの電池を選ぶのかが重要。

日付やタイムレコードなどの機能を持つ時計のほうが消耗が激しい。

アナログで日付だけのほうが長持ちする。

出張が多い。

簡単にどこでも電池交換依頼が可能。

このような使い続ける上での安心も必要なんです。

購入する前には、電池交換費用とかかる日数などを確認する。

これも1つのポイントになると思います。

 

スーツに合う安い時計の注意点

スーツに合う安い時計の選び方注意点

少しでも多くの女性に共感してほしい。

年齢が若い世代ほど色、形、価格に目を向ける。

でもそれって本当にジャケットに合っていますか?

1万円で何に目を向けるべき?

今の時代は、スーツでも1万円以下が当たり前。

時計では、スケルトンなど珍しいスタイリッシュなデザインを求める声もある。

有名な国として、日本、アメリカ、スイスなどでも最近は比較的デジタルよりもアナログの針や文字盤をシンプルに見せる雰囲気が評判。

時代に対しての最適とは何か?

この点に意識を向けるのも大切。

例えば、国内メーカーなら、年齢を問わずコスパが良いと感じるのは何か?

軽い。

節電。

見やすい。

この3つがあると、購入した後でも多くの人が安心する。

ジャケットと同じ。

独特の形を選んだ時、社会人として来年も使えるのか?

これがポイントになってくる。

男らしい?デキる男?

ビジネスマン向け。

30代、40代など年代別男性向け。

この2つでは、年代の生まれにより価値観もコーディネートの好みも差がある。

上の世代ほど愛用という文字を好み、若い世代は、今の時代に合った品を探す。

遊び心をイメージすると、カラーでゴールドを選んだ際にもカシオのg-shock等は選ばれやすい。

自分はどう相手に言わせたい?

ワイルド系。

草食系。

肉食系。

ダンディ系。

俺様系。

いろいろなタイプの人がいる。

財布を見た目で選ぶのと同じ。

男して何を気にして、どう自分を見せたいのか?

この部分を考えすぎると、周りからは、もう少し実際のイメージと合わせたほうが良いのでは?と思われるリスクがある。

実用性を意識

確かにデキる男なのは分かったし、そう見える部分もある。

でもそれでももう少し実用的な組み合わせは選べなかったの?

いくら自分がどんな場所で活躍しているのかを相手が知っている間柄でもそのファッションブランドは必要?

こう思われたら意味がない。

有名なタイプ。

この少しとがった存在に気付いてほしいと思うかもしれない。

でもそれは、紳士という言葉の存在とのバランスが大切。

サングラス1つでもフレームに光沢感があるのと無いのとでは大きく存在のバランスがカジュアルなのかスポーツなのかを迷わせる。

しっかりビジネススーツの仕上がりに無難にあわせられるもの。

この視点を十分に意識して買える種類から選ぶのが大切。

 

スーツに合う安い時計と維持費

スーツに合う安い時計の比較ポイント

こだわった分だけ維持費も高め。

スーツでもクリーニングのランクや害虫などによりランニングコストが違う。

しっかり毎日のビジネススーツに合わせて使いこなせる物。

この視点からは、季節を問わない商品選びも大切。

春夏秋冬を選ばない物

季節と腕周りの悩みを考えていますか?

夏は、汗による皮脂汚れ。

冬は、乾燥による皮膚の炎症。

しっかり自分の腕に関する負担を考える事も大切。

季節ごとにアレルギーや乾燥が気になる人は、この点を意識高めで考える事が重要。

電池交換と防水チェック

電池交換は簡単。

でも防水機能検査は違う。

きちんと性能にこだわった維持管理をするなら、納期までの時間も確保することが大切。

物はきちんと管理するのが紳士。

使える間だけ身につけて、電池が無くなれば放置。

これでは周りにせっかく黒の文字盤をつけている珍しい人と思われていたイメージすらガラッと変わってしまう可能性がある。

少しずつ自分のイメージを作り上げてきた人は何かのきっかけでその内容が一気に消えてしまう可能性もある。

ほんの少しの差。

でもその部分を問わない選び方をすれば、大きい差になる事を知っておいてください。

別に特殊な技術を施さなければいけないような物を身につける必要はない。

でも毎日放置していても交換のサイクルが長い。

たったこれだけでも使い続ける上での気持ちは違ってくる。