スポンサーリンク



看護師の仕事に多い夜勤の中の悩み。

看護という仕事を目指す人が働く環境で、びょいんという選択をするケースがある。

この場合、自分の今の生活の中で、看護の師士業に関わるからこそ、夜勤という勤務も経験をしておくべきと考える人も多い。

しかし、新人という環境で夜勤仕事の勤務を経験したナースが必要以上の仕事の時間を勤務させられている。

こうした経験を仕事だと思って割り切る必要ながあるような人が非常に多い。

新人は、先輩ナースの指示は絶対。

自分が働きたかった気持ちは何も残っていない。

働きたいというより、辞めたい気持ち感じでいつ相談をするべきか働く時間も思っている。

こんな人が今の時代は何も珍しい事ではない。

むしろ、当たり前の環境になってしまっている現実がある。

資格を取得する前の気持ちはどこに?

私は患者の為の業務を学ぶために働いているはず。

だからこの病院の求人に応募をした。

なのに、職場は、先輩ナースが教えてくれる環境すらない。

スキルアップのために人材紹介という方法を利用して、転職までした先給料の条件を含めて、働いていく価値が分からなくなった。

このような方が非常に多い。

看護師の転職前の悩みについては、過去に以下のような記事も書いてきました。

看護師仕事行きたくない時

スポンサーリンク


看護師が仕事に行きたくない業界に多い時期と取るべき行動

看護師二度とやりたくない

看護師を二度とやりたくない声が急増!資格者が異業種転職する理由

看護師やめてよかった

看護師やめてよかった人材コーディネーター経験時代の口コミ

私のサイトは、40代の仕事と人生をフォーカスして運営しています。

恋愛,結婚,ファッション,髪型等の悩みは年齢問わず共通の悩み。

どうすれば自分らしく生きられるのか?

個性を活かし、楽しく過ごすための考え方をご紹介しています。

人は自分が苦しい、つらい、悲しいと感じる時も多い。

そんな時、以下の4つの中での優先順位を考えて選択をしている。

こう私は考えている。

「人、モノ、お金、時間」

看護師と言われる職種でも同じ。

当然病棟等の先輩ナースたちとの人間関係も働く職場として必須の環境条件。

他にも、

給料

設備

1つが良かったとしても、どれかが悩みになってしまえば、多くは価値を失う可能性が高い。

人に始まり、人に終わる。

この考え方が、患者との接し方を含めて、対応などにやりがいを考える。

病院等運営する側の考え方

スタッフに対する接し方。

誰が聞いても疑問を抱くような職場もある。

こうした事で、条件的に合わないから辞めたい。

このように考える人も多い。

実際に、看護師で夜勤に行きたくないと感じるほどつらい状況になったらどうすればいい?

この答えを私も医療機関を10年以上勤務経験を持つからこそ伝えられる視点から、以下の項目でご紹介しています。

看護師で夜勤に行きたくない時の相談方法

看護師で夜勤に行きたくない時の退職方法

看護師で夜勤に行きたくない時の家族会議

出来る限り、少しでも早く今の考え方が合わないと感じる辛い環境や仕事の大変さを抜け出すためにどうすればいい?

このような転職を前提として考える時の情報としてご覧ください。


スポンサーリンク






看護師で夜勤に行きたくない時の相談方法

夜勤行きたくない看護師

誰かに話を聞いてもらえるなら!

このような考え方を持つ方もいらっしゃると思います。

しかし、実際には、この条件が一番難しいのも病棟の環境の難しさ。

看護師で夜勤に行きたくない理由

実際に病棟や日勤の診療科別の看護師を含めた人事を担当した時、最も多かったのが、夜勤の新人相談。

最初は、話しを聞いていて、少し合わないくらいの人間関係なら、徐々にたくさんの内容を覚えたら、緩和されるのではないか?

このように私もある意味先行きを見守るというただ聞いてあげるだけの状況になっていた時もある。

しかし、時間の経過とともにそうではないと環境になっていった。

その背景には以下のような流れがあった。

  • いつも同じ病棟の新人ナースから同じような内容を聞かされた。
  • 日勤からの異動で続けたいし稼ぎたいという人ですら、二度とやりたくないと申し出が入った。
  • 「一番上はそんなに偉いんですか?」というまとめ方をするひとが増えた。

こうした現実に、実際に夜勤に入っている看護師らのたくさんの内容がほぼ本当にきれいにまとまっていく。

このような状況で、続けられないと嘆き、相談を持ち掛けてくれていたことが分かったのです。

この先、人事担当として、何が出来る?

病棟に人材育成を少しでも協力してもらうように折り合いをつける?

そんなことはほぼ無理に等しい。

結果、他の病棟で一番仕事が出来そうだと期待された人でさえ、その病棟に行くと、つぶされて辞めさせてくれと懇願される。

こんな問題が普通に出てきてしまった。

つまりは、師長やその現場の指揮を務める先輩、もしくは人気という対象になっている人との人間関係が最大の要因。

これらが、それ以外の人が人気になる事も注目を集める事も全てストレス対象にしてしまっているわけです。

いくら、原因を考えると言っても、これは個人のある種いじめ的自己防衛の現れでしかなかった。

これではいくら現場を見てチェックしても、結果的に仕事量とかそういう問題ではない。

もう少し人材を大切にして頂けませんか?

こんな嫌味を最後に残した事が私のとることができた最後の言葉になってしまった。

看護師で夜勤に行きたくない人以外の問題

人間関係のストレスを抱えるその延長にある問題が先だという声も多かった。

実際に、良く聞こえてきたのが、仕事のやっておくべき量の分散があからさまにおかしいという現実。

何もしないで、ただ指揮をとるみたいな状況にいる人。

新人と組めば楽が出来ると思ってる先輩ナースの考え方が手に取るようにわかる状況。

患者の気分を理解するなら、やっていく中で大切に感じるが、先輩の機嫌をとる方がチェックされてる現実。

このように仕事に対する不安やミスを防ぐ対策法を考える以前の問題。

あくまで、新人や後輩が理解を求める相手は、先輩の気分。

こんな状況の先に、仕事のしわ寄せを一人で背負わされる現実。

この環境にストレスを感じ、辞めると決断する人も非常に多かった。

 

看護師で夜勤に行きたくない時の退職方法

夜勤行きたくない辞めたい

こうした問題が増え続け、自分の中でいつかこんな状態ではミスが起こるかもしれないという不安。

またあの人と同じ夜勤という不満。

こんな気分状態で、まるでその日の専従者みたいな感覚をおしつけられるなら、辞めて違う職を探したい。

こう考える時、辞められないということはあるのか?

この疑問について、退職方法をご紹介していきます。

看護師が夜勤に行きたくない理由で辞める時の口実

実際に、自分が辞めるという行動をとるなら、辞める理由を用意しなければいけない。

このように考えて、他の人がどんな理由で辞めたのかを休憩やコミュニケーションの慣れた人から聞き出そうとする人も多い。

しかし、こんなことをしなくても、別にもっと楽に辞める事は出来る。

それが、退職届という考え方。

会社辞めたい相談上司

会社を辞めたい相談は上司にすべき?新卒や20~40代独身共通の悩み

別に医療だからとか看護師だから、介護だからということは関係ない。

性格が怖い上司に言って、何か言われたら何も言い返せない。

こんな状況に何も言えず毎日残業の嵐で、もう心身共に疲れ切ってしまっている人も多い。

やはり、こうした上司への対策を考えなくて良いもっと楽にストレスの少ない退職方法を知る。

これが、最初に医療系の求人サイトを確認するより少ない労力で簡単に行う事が出来る方法と言えます。

看護師が夜勤に行きたくない理由で辞める時の不当拘束

実際に、医療の現場では非常に多いのが、辞めたいと言ったのに、受理をしないという状態を作る。

このような場合は、できるだけ以下の5つのやるべき事をやっておきましょう。

1.退職届は内容証明郵便で郵送にて行う。

2.受領した日の2週間後以降で、自分がやるべきことは終了と自信を持つ。

3.もし心配なら、労働基準監督署にて、書面とその反応をしっかり相談する。

4.念のため少ない会話も毎日の残業記録も全て録音や写メを撮って記録しておく。

5.必要以上に上司や同僚、部下を含めて相談をしない。

もうあなたにとってやることは退職届を提出した後は、目の前の仕事だけを淡々と終わらせる。

今日の仕事だけを行い、無駄な話をしない。

上手くやり過ごすという事も考えない。

このような状況を徹底していくことが大切。

ちょっとでも不満ややっぱり求人情報と違うと感じる内容は全て記録を残す。

こうした少しやりすぎなくらいの準備をしておけば、その後の大きいトラブルに巻き込まれる心配もない。

 

看護師で夜勤に行きたくない時の家族会議

夜勤行きたくない家族会議

新人の看護師は、別に20代の新卒だけではない。

当然子供が生まれて、保育園などの目途がついたあとに、現職復帰をしたい方も多い。

生活の中で、家族を支えるためのフォローではなく、あくまで自分も本格的に再度現場に出て、稼ぐ。

このような意気込みをされている方も中にはいる。

しかし、こうした人が現場復帰の最中、家族の生活の事を考えると、やはり相談しにくい。

フォローの声より、今の世帯年収の愚痴が出て、もう少し頑張ってほしいと言われかねない。

こんな状況に立たされた瞬間は、もう板挟み状態みたいな人もいる。

こうした時には、やはり看護師としての価値観提示しかない。

看護師が夜勤に行きたくない転職志望と家族の理解

当然夜勤がなくなる分、家族みんなで過ごす時間は増える。

この言葉が当てはまるような人ばかりではない。

共働きにより、看護師同士や夜勤のある家族と共働きをしている方もいる。

こうした時は、やはり単純な手が有効になる。

「別の特徴を持つ場所でも働いて比べてみたい」

ある意味、興味本位みたいな表現を最初から使うのが最も多い手。

クリニックという環境に変えれば、こんな夜勤の嫌な思いをしなくて良いのに。

でも、夜勤手当が無いと、こんなに給料が少ないのか!

こうした大きい収入の差と生活リズムの価値観は、一緒にいるパートナーにより、価値観が違う。

しかし、あくまで一緒にいたい人が傷つき、悲しみを抱えてまで仕事をしてほしくないという気持ちを持つのは、当たり前の感情。

看護師が夜勤に行きたくない転職志望と時期

今の自分にはもう心が折れそうで無理だ。

このように感じて、行動に入る時、厳しい目を向けられるのも困る。

こんな状況になってしまうと、仕事が終わった後でさえストレスを感じる事になってしまう。

場合によっては、女性が最も嫌いなアドバイスという行動から説得に入るケースもあるはず。

男性は常に、どこか厳しいと分かっていても当たり前という考え方からサポートをしている行動をとる人がいる。

これでは、価値観も現実も全くわからない状態に対して、ただ厳しい注文をつきつけられるケースも増える。

だからこそ、変に収入の安心にばかりとらわれるのではなく、1年目、2年目、3年目、4年目、5年目等の節目。

試用期間、3ヶ月、6ヶ月等。

このような分かりやすいタイミングの時期を狙う。

会社に勤める社員でも当然このような時期に仕事を辞めたいと思う人は多い。

よって、その気持ちがわからないということも少ない。

結果的に、資格を取得してるだけで、悩みを持つ時期は同じ。

このように錯覚させる事で相手の同意を得やすい状況を作り出してみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク