スポンサーリンク



スーツを着る仕事に転職!

ビジネスシーンでは時間の確認が必須の仕事。

腕に時計をするのが好きか嫌いかを問わず、必要に迫られる人もいる。

スマホばかりを眺めていて、さぼってるとか誤解されたくない。

でもスーツに合う時計なんて選んだことがない!

スーツを着るのがリクルートの就活以来なんて人もいる時代。

男性でも別に時計にこだわりがない人も多い。

でもビジネス用となると話は別。

  • 文字盤はシンプルな方が良いのか?
  • 高級ブランドや人気のランキング商品が良いのか?
  • ベルトはレザー?ステンレス?
  • 色は青?白?黒?紺?別にどれでもいい?

考えてみればいろいろな不安が思い浮かぶ。

過去には、40代男性が選ぶ腕時計についても記事を書きました。

40代男性時計の選び方

40代男性時計選び方|仕事用と私用の注意点やポイント

スーツに合う時計40代男性向け体験記

スーツに合う時計40代営業職のポイントと注意点

女性が男性にプレゼントとして腕時計を選ぶポイント

40代男性プレゼント腕時計注意点

スポンサーリンク


40代男性プレゼント腕時計の無難な選び方(彼氏,旦那,上司共通)

メンズファッションにこだわえりを持つ人の選ぶ商品はシンプル。

対して、周りの目や注目を浴びたい人は、デザイン性やブランド(価格)にこだわる。

カジュアルスタイルとは違う。

ネクタイ、ワイシャツ、靴、鞄、名刺入れなどビジネススタイルにこだわるべきアイテムはたくさんある。

第一印象だけでなく、自分をどう印象づける意図で選ぶのか?

この点も重要なポイント。

今回の記事では、スーツに合う時計をメンズで選ぶ時のポイントを以下の項目でご紹介。

メンズスーツに合う時計選びのポイント

メンズスーツに合う時計選び注意点

メンズスーツに合う時計選びを学んだ話

私もファッションアイテムにこだわりがある。

選ぶ時には色やデザインを今持っていないタイプから選ぼうとしていた。

しかし、2017年以降アラフォーに近づくにつれて感がケアたが変わってきた。

2018年、2019年という時間で買った商品はない。

今の時代はどういう価値観の流れがあるのか?


スポンサーリンク






メンズスーツに合う時計選びのポイント

 

人の印象に関わるパーツはどこ?

カジュアルな服装で女性とデートに出かける時と男友達とドライブに行く時は見られている部分が違う。

スーツでも同じなんですよ。

自分の職場での相性

最近は、20代、30代でもお金を稼ぐ人が増えた。

しかし、その時選ぶモデルと言えば、やはりブランド。

参考にしているデータは、以下のような内容。

  • 特集サイトに出てきた限定モデル
  • 人気ランキングベスト10や5に入る商品。
  • 女ウケの良いブランド

確かに店に並ぶ商品から選ぶよりもこういう内容を参考に下方が成功する可能性が高いと思うかもしれない。

しかし、そのデータいったいどんな職種の人たちから?

ただ単に年代だけで区切られた時、その情報は以下のどんな情報をもとにしている?

  • 住まいのエリア(都心のオフィス街?高級住宅街?)
  • 参考にした年収
  • 対象にした職業

これからビジネスに使いたい人にとって最初に意識しなければいけないのは会社の中の平均。

一人だけ独創的なスタイルを身につけても無駄。

その商品の上品さが全く伝わらない職場もある。

まずは職場の中の雰囲気を参考に選ぶ事がポイント。

自分で使える機能

クロノグラフ

ストップウォッチ

タイマー。

最近は時計の中でもたくさんの機能が搭載されたモデルもある。

でも仕事をしている時間に本当に使えるのか?

時計の主な役目は、腕を見て時間を確認する。

これだけのために機能をしていれば問題はない。

どこかでおしゃれとか高級感を追い求める人ほどこういう機能に注目する。

別にスポーツをしたりアウトドアを中心に活動する仕事なら良いかもしれない。

でもそうではないオフィスワークに関係あるのか?

スーツに合うという言葉の対象としてまずは文字盤に余分な情報を入れない。

これもビジネスマンが選ぶ基本と言える。

ベルトの存在感

時計を見せるような姿勢で話をする機会はほとんどない。

このような人が選ぶべきは、バンドで大人の雰囲気を出すこと。

私の父もバンドだけで30種類ほど常備している。

この時の選び方のポイントを聞くと、こう答えてくれた。

選び方の基本は、その日の気候を含めたTPO。

女性といるなら、相手のメインカラーや靴やバッグなどの小物の色など選び方の特徴もリサーチ。

ビジネスなら、ジャケット、ワイシャツの丈の長さや色、カフスやネクタイピンとの相性。

そして、できるだけ年代を問わず定番として受け入れてもらいやすいタイプを選ぶ。

これくらいは、過去の歴史を学べば簡単なはず。

仕事なんだから、相手のタイプに合わせた配慮くらいできて当たり前。

このようにハッキリ言われてしまう。

海外の方が香水を日常的に使っている定番のアイテムにしているのと同じくらいの感覚で男は時計を使いこなす。

こう言う認識を持つことがビジネスの場では特に年齢が上の世代から見られている。

これが現実です。

スポンサーリンク


メンズスーツに合う時計選び注意点

 

営業マンの中には、こんな事を言う人もいる。

「所詮人は見た目の第一印象が全て」

「高級ブランドを持てとは言わないが、せめて誰でもわかるようなブランド品を身に着けるべき」

こう話している人が身につけていた時計は、クロノグラフの文字盤のロンジンでした。

ネクタイはグッチのロゴがはっきりわかるデザイン。

名刺入れは、ヴィトン。

この姿を見てあなたの第一印象は?

独りよがりはむなしい

ビジネスには、遊び心を感じさせる必要はない。

アクセントの意識も必要ない。

スーツ姿に対してきちんと着こなしを意識していれば十分。

あとは数字と針が朝、昼、夕、夜いつ見ても見やすい事が非常に重要。

見せるための選び方は恥ずかしい男の選び方。

迷った時には、少しでも自分の存在がどう伝わるのか悪い方向も考えることが大切。

バブル時期の考え方と現代

40代50代60代のコートなどのコーデと20代30代のファッションセンスは徐々に変わってきた。

若い世代は、機能性重視。

スマートフォンを持ち歩くことで手帳も不要になった世代。

少し上の世代は、まだ多くがブランド名にすがりつく。

スイス製、日本製など自分の中での定番と照らし合わせて選ぶのが正しいという認識を持つ。

こういう考え方が全く違う世代が一緒に仕事をしている。

そこで、自分の時計の優先順位を考えておくことが大事。

ビジネスマンの中で魅力を惹きたてる一番のアイテム?

答えは、靴。

続いて、バッグ。

この2つは高級という品は、全てブランドによる演出が不要。

それよりもきちんと手入れがされているのか?

財布1つでも手に持った時の四方の傷やスレを見られている。

シャツも同じ。

襟元とネクタイのバランスが差をつける。

このようなパーツができていない人がジャケットやコートでごまかす。

これが最も恥ずかしい。

古臭い形のバッグを持ち、手入れも雑な靴を履く。

さらに、財布もベルトも全てロゴが入ったブランドもの。

こんな人の持つ時計は何であったとしても高級とは思えない。

ただの成金。

好印象を与えたいなら、まずは上の世代をチェックしよう。

ブランドを中心に生きた人の組み合わせのダサい姿を見て学ぶ。

これも相性を観察する上で大切な事。

時代の流れとして時計というカテゴリでもデザインや素材に大きな変化が生まれている。

  • topを40㎜以下に薄くする技術。
  • 軽量化
  • キズに強い耐久性
  • 存在感はあくまでベルトとtopのカスタマイズによる組み合わせ

海外でも日本でも時計の中心になるのは、「さりげなく」

露骨。

この文字はもう誰も良いイメージを持っていない。

素材を生かす。

今の時代に合わせる。

こう考えることでベースとなる情報は見えてくるはず。

 

メンズスーツに合う時計選びを学んだ話

 

私も過去には時計ブランドを持つことに強い憧れがあった。

しかし、実際に店に行った時に衝撃を受けたできごとがあった。

時計の特徴を知らない

例えば、フランクミュラーとタグホイヤーという2つのブランドの違いは何?

製造?

素材?

正直何から確認すればいいのかすら全くわからなかった。

他の多くのブランドも同じ。

名だけ口にして自分がその商品を身につける存在として認識をしている人は多い。

しかし、これは時計をよく知る人たちにとってはすぐにわかってしまうらしい。

個性として時計を使うのは間違い。

より落ち着いた印象を与えるために使ってほしい小物。

そのためにラウンドやスクエアなど形状にも選択肢がある。

革靴もプレーントゥやUチップ、モンクストラップなど形に個性がある。

これと同じこと。

どう見せる?

これが少しでも全体のバランスを調和させるために使う。

アクセサリーを中心としたコーデに時計を使う必要はない。

それより時間に困ったり、迷ったりしないために使う。

それはすなわち自分の存在を相手のサポート役に徹するために使うと思っても過言ではない。

特に若い時にはこの感覚で使うほうが幅広い年代の人からかわいがられる。

ブランドへの憧れはその後。

身の丈に合うものを選べば十分。

コスパで選ぶ

価格で迷っている人は多い。

その時には、こんな選択をするほうが無難。

あなたが使う場において、一番安いものを選択しなさい。

なぜか?

スーツ姿での着こなしは幅広い世代が見ている。

クラシックを好む世代。

現代のモデルを好む世代。

重厚感を求める世代。

実にさまざま。

その中で、アクセントよりもあなたが持つべき意識は目立たない事が重要。

どの場所に行ってもあなたは魅了させる側に立たない。

この意識があれば、あなたを自分の色に染めたいと人が寄ってくる。

女性も同じ。

お金を本当に大きく稼ぐ人は、決してファッションの中ではそう感じさせないように意識しているのを知っている。

逆に感じさせる人間は、その後にあまり期待をしない。

これがその場の最強を探す時の女性の目。

もちろん自分の誇る何かがあるとしてもどこかで自分を抑えるためのアイテムとしても使える。

所詮はスーツ姿。

見られるのは、腕ではない。

それよりもきちんとした姿勢で周りを気にしなくてもよい立ち居振る舞いが可能な物を選ぶほうが良い。

高いものを買ってくれるという数字にとらわれた接客とは違った。

いかに自分がお金を使い、その商品を手に入れることに酔いしれていたのかを痛感した。

本当に時代に沿った生き方を追求するなら、迷ったらコスパが良い商品を選ぶ。

たったこれだけで十分。

それが時計の選び方だと学んだ。

この考え方を知ってから今の私はALBAのソーラー充電式でどんな場所でも行けるようになった。

誇るべきは外ではない。

自分の内に秘めた何かがあれば、何を着ていても大丈夫。

上の人はその存在に必ず気付いてくれる。

スポンサーリンク