スポンサーリンク



仕事ができない人の生き方ってどうなるの?

  • 職場の人とは上司、同僚、部下誰ともうまくいかない。
  • 仕事が覚えられない。
  • ミスが多い。
  • 時間がかかってる事が多い。

自分の今の状態はいったい何ができる?と言われたら?

やってきたことも自信がもてない。

こんな人生になっている時これから自分はいったいどうやって生きていくべきなのか?

こんな人生の生き方について不安に抱えている人も多い。

必要なことを言葉にして言う。

たったこれだけの事でもある意味ハードルが高い。

もう人生でいくつかの会社を経験しているはずなのに、自分が思っている以上に何もできない。

こんな状態になったらどうするべきか?

まずは悩む人の特徴から解決するための方法もご紹介していきます。

これまでにも仕事ができない悩みについて、以下のような内容をご紹介してきました。

仕事できない人辞めさせる

スポンサーリンク


仕事できない人辞めさせる手口典型例に自己防衛は可能!解雇勧奨体験記

40代女性仕事できない

40代女性の仕事ができない悩みの根本の原因と変わる方法

私は人材管理やコーディネーターの経験を持っています。

人により問題は異なる。

人間みな同じという考え方はもっていない。

それぞれが今の自分らしさとは何かを気付いていない。

むしろ、会社という組織の中でいかに失敗やミスを減らすかばかりを考える人間が多い気がしました。

でもそういう時ほど逆に男性も女性も問わず、ある意味余分な力が入りすぎてうまくいかない状態が続く。

だからこそ、まずは言葉として伝えるなら、自分という人間がどういうタイプなのかをきちんと把握することが重要。

さらに、相手の言うことにあまりいろいろ考えすぎない。

この2つを私のこれまでの人生経験の中からも伝えたいと思います。

今回の記事では、仕事ができない人の生き方について、年代性別を問わずに伝えたい内容を以下の項目でご紹介しています。

仕事ができない人の生き方と思考

仕事ができない人の生き方と行動

仕事ができない人の生き方と意識

仕事ができない人の生き方脱出法

別に誰でもミスや失敗はする。

むしろ、私はミスが多い環境の中ほど良いアイデアが出てくると今でも思っている。

完璧すぎる方が楽しくないのです。


スポンサーリンク






仕事できない人の生き方と思考

仕事ができない人の生き方

考え方一つで人間はいろいろ見え方が変わってくる。

今まで私が生きてきた中でもいろいろな事を悩みました。

しかし、結局は、この考え方にたどり着いた。

人間はできないことが多いからこそ、悩みの先に幸せも多い。

そもそも子供の頃を考えてみると、よくわかると思います。

仕事できない事と生き方は別

今の時代は出来高とか成果報酬という働き方が目立つようになってきた。

結果を出す人は、企業の中でも人気になるし、長く在籍ができる。

「やる気があっても」的な言い方をされることが多いことが必要以上にやる気を失うきっかけになる場面も多い。

でも、それ以上に一緒に働いている周りの目を気にする人の心の方が意識が高い気がするのです。

周りの目を見て頑張った分が認められるというのは、正直新人の頃には荷が重い。

1年目、2年目となった頃にも全く同じことを考えていると強い劣等感が先になる。

苦手と思った関連の仕事は後回し。

みんながやってくれるのを待つ。

少しでも自分の評価をマイナスに変える対象を避けて通る。

このようになっていく光景が目立つ。

単純に、この考え方は本人次第となる部分。

できない者が悪いわけではないはず。

本当に本人が悪いわけではないなら、同じ職場の社員は助け合ってるそぶりを見せる。

なのに、聞いてこないし、行動を変えるわけでもない。

これでは一方が対処法として改善策を出しても伝わらない。

つまりは、かみ合ってない状態が続くことになる。

避けるという思考をまずはやめる。

これがどの社会で生きていく場面でも必ず問われるのではないでしょうか?

自信がないのが伝わってくる

別にできないことを恥じる必要もない。

一番比較をしているのは、できない本人。

こんな場面が会社の内部では多い。

性格上、他人より一歩前に出ることが苦手な人もいる。

でも、考える前にまずは行動をする。

この意識を続ける事が本当の意味で大切になってきた。

一昔前なら、よく考えてから行動するという言葉が多かった。

しかし、成功している人の話が次から次に出てくるようになったネット検索の結果。

徐々にこの流れから以下のような考え方に変わってきた。

考えるだけで行動しない人の方が悪い。

結局状況は必ず個人が作る結果でしかない。

次はどうする?よりも、自分が難しいとか能力がないと思った分野に対応すらしない。

この思考が企業としても悩みになっている事を知っておく必要がある。

 

仕事ができない人の生き方と行動

仕事ができない人の生き方と行動

仕事ができない人の生き方として、逆に敵を作ることは多いという人にも特徴がある。

できない,やらない理由が先

判断が難しいと思った事に対応を求められる。

この時、一番に出てくる言葉は何か?

これは恋愛などと同じで、結果的に相手の気持ちがわからない時には行動できない理由を先に述べようとする人がいる。

そして、この行動をする事で、以下のようなメリットを求めようとする。

「わからないなら、一緒にやってあげる」

支えてもらうことや放置されないことが優先。

他の人の仕事のせいで自分ができるようになれなかった。

こんな男の存在が部下から不安の声を生み出す。

さらに、「教えてほしい」とか指導する場面が作れない。

ただ単に名ばかりの上司。

この現実に最後には、給料分の仕事さえすれば問題ない。

この考え方が特に40代50代の男に多いのが現実。

毎日の仕事できょうの分のスキルアップという考え方は存在しない。

ただ毎日指示を受けた内容だけを淡々とこなす。

その結果がいかに遅いと判断されてもそれ以上は求めすぎているとどこかで指示を否定する。

これでは他人とのとの協調性や本人の努力という概念が感じられない。

こうなると、その会社を辞めてどこか別の場所に行っても同じ事になっていく。

生きるとは何か?

答えは、常に新しい事に挑戦する。

これは絶対死ぬまで同じと思える気持ちがないと今の時代は生活すらまともに成り立たない状況になっていく。

 

スポンサーリンク



仕事ができない人の生き方と意識

仕事ができない人の生き方と意識

人はいろいろ悩んだ時、結論を出す前に大きく2つに分かれる。

1つは、ポジティブな考え方をしようとする人。

もう1つは、ネガティブな考え方をしようとする人。

できないままという人は疑問を持つ事があっても結局答えがない。

なんでうまくできなかったのか?

  • とにかく早く。
  • スピード感を持って対応する。
  • 優先順位を考えてほしい。

仕事の上でこういう指示を出す上司や同僚も多い。

でもそのように行動しようと思ってもうまくいかない。

こういう時、とにかく過去の失敗ばかりを思い出す人がいる。

ダメ出しは必死にする。

でもその先のなんで?とかこうすれば!という解決策はあったのか?

これが嫌な事で終わってしまった過去。

こうなると、それぞれの記憶を思い出しても今の自分が過去よりも上手に必要な対応ができない。

つまり何をやってもその場の時間で人生において嫌な事があったと思っているだけで止まっている。

こういう生き方をしていくと、何歳になっても同じ言葉しか出てこない。

どんな仕事をしていても上司に言われることは毎回同じこと。

これでは、結局人として成長をしていない。

やはり自分的には一生懸命やってると思っている人ほど、まず言われた内容から自分の弱点を克服するための対応策を答えとして導き出す習慣が必要。

何度やっても同じと思わない

人によって同じ光景を見ても、思っていることはいろいろある。

  • 無駄を感じる人。
  • 素晴らしいと思う人。
  • このままでもやっておけばいいと思う人。

それぞれが、同じ現場に立っても全く違う事を思ってその対処にあたっている。

ミスがあったら何を言う?

謝罪の次何が今回のミスの原因だったのかを分析、解析して伝える。

今回と同じことはもう起きないようにするための次の準備がセットになっているか?

これがどんな小さな問題でも1度の経験をどう活かすのかという視点で異なってくる。

  • もうだめだ。
  • これも失敗した
  • 理由なんて思いつかない。

こんな心をずっと持ち続けた状態ではいくら何をしても頑張ってるとは言えない。

それはただ逃げているだけ。

この考え方をどこかで常日頃の生活から買えていく事が重要になる。

 

仕事ができない人の生き方脱出法

仕事ができない人の生き方脱出方法

今回の記事の最後は、休日の過ごし方

あなたは休みの日に何をしていますか?

  • ショッピング
  • 映画鑑賞
  • 録画した内容のいっき見

いろいろな時間の過ごし方があると思います。

みんなプライベートな時間は自由。

でもその中に、読書関連の時間を増やしてほしい。

本を読む事が苦手な人が多い社会

ネットの普及により活字を読む習慣はかなり減った。

漢字が書けなくなった。

何かを客観的に評価する機会がない。

このように感じる人が増えた気がする。

でも社会はとにかく誰かが何かの認識を持って人の評価をしている。

つまりは、自分の中の心を変えるには、あくまで客観的な視点になる場面を持つ機会を作ることが重要。

社員としてこれから先に何を今の職場は可能性として期待できるのかをまとめてみる。

たったこれだけのことを情報として書き出すだけでも非常に大きな意味がある。

なんでもいいから本を読む。

この行動はかなり新しい自分を作るきっかけにつながりやすい。

別に判断能力や悩みの対応能力なんてことまで考えない。

自分の中でわからないということ。

部下と自分の違い

これらの全てを客観的にとらえる自分を作り上げる。

その意識があったら少しずつ過去の自分と違いを感じる場面は増やせると思います。

まずは簡単に試せる事であり、古本でもなんでもいいなら、投資する金額も少ない。

例え漫画1冊でもいい。

何か自分にない分野で刺激を受けてほしい。

これが相手の性格やいろいろな面での観察にも必ず役に立つと私は確信しています。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク