スポンサーリンク



恋愛自由主義。

男性でも女性でも恋愛をしている時の方が人は輝いている。

本気になんてならない!

浮気や不倫をしている時の男の言い分はたいていがこんなことを口にする。

「自分は相手を裏切らない。」

そもそも本気でもない心理状態で異性と関係を持つ事そのものが誰かを裏切っていると思わないのが私には不思議だ。

離婚をする気はない。

妻が一番好きなことは変わらない。

家族を大事に思っている。

この言葉って正直不倫中の人から言われてもなんの説得力もない。

これまでにも40代の恋愛や既婚者恋愛について、以下のような内容を書いてきました。

40代同士の結婚と子供

スポンサーリンク


40代同士の結婚は子供の希望が超重要なわけ!

40代同士再婚成功のポイント

スポンサーリンク


40代同士の再婚決断前子持ちシングルマザーの確認ポイントや注意点

40代同士の恋愛や付き合い方|デートで自分らしさをアピールする方法や失敗注意点

既婚者の恋愛心理

40代男性恋愛既婚者の深層心理

40代男性の恋愛|既婚者の深層心理発見のコツ

既婚男性の離婚行動

既婚男性離婚行動の流れ|略奪愛と言われても幸せになった人の口コミ

40代既婚女性恋愛の意味

40代恋愛既婚女性が自分の幸せを手に入れる為に必要な原点

40代独身男性既婚女性恋愛

40代独身男性と既婚女性の恋愛関係は結婚に至る?魅力と好きの裏側

私はバツイチで再婚をしました。

今の妻は、初婚であり、出会いの最初も未婚の女性。

その相手と恋愛をすることすら、最初はいろいろ思う事がありました。

でも好きと思った感情をこと恋愛では、多くの人が抑えるのが大変と感じる。

その相手はあくまで一人を大切にしていると思う。

家族になって、子供が生まれたら、家族と妻へ愛情を注ぐだけで精一杯なはず。

それが、また違う人と恋愛をする余裕はどこから生まれる?

その時、子供が自分の横にいたらどうなの?

奥さんがいるのになぜその時間が大切にしている人の行動と言えるの?

五体満足で動けて、仕事があって結婚もできたなら十分幸せを感じているのでは?

その先にさらに欲を出して、誰かを自分の人生に巻き込む。

これって既婚者がやるべき行動ではないと私は思っている。

今回の記事では、不倫男の気持ちは言い訳や持論しかないと思う事を以下の項目でご紹介していきます。

不倫男の気持ちに欠けているもの

不倫男の気持ちは全て自己中心的

不倫男の気持ちは言い訳しかない

あくまで相手を求めることそのものに何の意味があるのかをよく考えてほしいと思う。

何が理由であったとしてもどんなきっかけがあったとしても毅然とした態度をとることが出来ない男。

これ以上の価値がないと私は思ってる。


スポンサーリンク






不倫男の気持ちに欠けているもの

 

自分が仕事をしてお金を稼いでいる。

家族を養っている。

このような言葉を聞いていても私は人として器が小さいと思ってる。

そんなことを言っている間は所詮人に愛情を注ぐことはできていない。

むしろ下心を持ったままただ自分の女みたいな所有物的な感覚で接してるからこういうことを考えるのだと思う。

不倫男の気持ちを考えるのは時間の無駄

正直、相手の立場がいかなる状況であったとしても、当事者は常に以下のような言葉が思い浮かんでいるはず。

「男女の関係になってると見られたら違うと言えばいい」

「別にお互いの立場を侵害するようなことをしようとしているわけではない」

正直内容はどうであれ、その言葉を言っている自分を正しいと思える時点で関わりたくない相手。

結局は、相手が何を考えるかよりも自分が行動の言い訳をどう言えるのか?

これしか考える視点がないということ。

これが最大の特徴なんだと思う。

だったら、された方の立場として内容を考える事そのものが時間の無駄と言えるのではないでしょうか?

 

不倫男の気持ちは全て自己中心的

 

「奥さんがどう思っているのか分かるか?」

実際に私の親友が不倫という行動を起こしたことがあった。

今でもその当時の会話の中で、「心がどこまでも腐っている人だ」と思って本音で伝えた自分を思い出す。

合致しない相手の恋愛のサイン

不倫をしている男の中には、こんな人も多い。

「あくまで家族が一番」

この言葉を平気でデートしている時に不倫相手に伝えている。

この言葉の意味が全く理解できていないのだと思う。

その言葉を口にされた相手は立場的にどう話を聞いて何を答えとして話せばいい?

この時点で心の中にはどこまで存在しているのかすら疑問を持つ。

結果、恋をしたいだけでしょ!

つまりは、利用されているという話。

この言葉をlineなどで伝えると、その時にはまた男は違う対応を見せる。

本当にどこまでも男にとって都合の良い言葉だけが出てくる。

前と違う。

何度聞いても答えが一致しない。

カップル?何のために連絡をしている?

このように、徐々に自分の幸せの意味と価値がわからない状態になっていく。

こんな1つ1つのサインを細かく見極める必要も価値もないのです。

単純に男が自分の幸せだけを考えて、都合よく夫婦で一緒にられない間の暇つぶしに必要な相手を探す。

これが多くの不倫を続ける男の現実なんだと私は思ってしまう。

 

不倫男の気持ちは言い訳しかない

 

結局どんな時間を過ごし、何かをいわれたらどんな対処をする?

こんなことばかりを考えて、結果的に子供や奥さんに対して時間もお金も心も共有していない。

これが不倫をしている時の現実。

誰かが辛い気持ちになる時は逃げ続ける

バレることを恐れる。

会えないことを辛いと言う。

この言葉をすべて真に受けて受け入れてしまうと、不倫相手が傷つく。

それもわかっていて続けられる。

罪悪感がないからこそ続けられる。

結局こういうタイプの人は仕事でも恋愛でも常に都合よく相手を使っているだけ。

会っていて自分以外の人間がどう感じようが悩んでいようが自分が楽しい事が重要。

そして、相手をしないと言われたり、いなくなってしまった時には次の相手を求める。

結局、誰でもいい。

癒し?

こんな言葉を口にする時点でただ自分の欲望を満たしてほしいだけの欲求の塊でしかない。

共に過ごしてもらっている相手を不安にさせて誰を幸せにできるのか?

この答えをまともに答えられる人はいないのだと私は感じる。

実際に遊び続ける妻帯者の上司

妻も子供もいて、仕事を終えたら当然休みには家に帰ってあげたいと思う。

これが本来の家族だと私は思っている。

しかし、私が呆れた上司は全く違った。

遊びに行くための休日前夜。

家族の存在が気にならない場所に滞在する事の安心を先にする。

バレない事を最優先として時間を使う。

家に二人の家族がいるのに、この行動をしてこの人が良く話すのは、こういう言葉。

愛情というのは、お互いの理解があれば、どういう形でもいい。

確かにその内容が責任を問われるような内容でなければ私も正しいと思えた。

しかし、この人の行動は次の内容で理解なんて得られているはずがないと思えた。

実の子供には郵送で誕生日プレゼントを贈る。

婚外恋愛の相手には直接会って誕生日以外のプレゼントも渡している。

この行動が目に飛び込んできた時、あぁ結局また誰かを利用し始めたんだな。

このように感じてしまった。

結局は都合のよい相手を探しているわけです。

子供とはしっかり強い絆があるから大丈夫。

ある日、こんな言葉が聞こえてきた時には、思わず私はこう声にしてやりたかった。

あなたがとる行動のすべてが理由で会えないと知ったなら子供の絆が強いといってももう呆れられても仕方がないのでは?

不倫男の気持ちは仕事場を見るとわかる

交際相手に限った話ではない。

あくまで遊び人タイプの人は、働いている時にも近くにいる人に対して同じ様な事をしている。

結局だれもあなたを中止にして働いていたくないと思われる。

誰も得を感じない。

優しくされたときにも裏があると話を聞き続けたら分かってくる。

なんだか20代の遊び人と同じ。

きっと飽きたら捨てられるんだろうな。

こういう感情を持たずにずっとその職場に最初から最後まで残った人は?

1人もいません。

1年もいない間に次の職場に行ってしまう。

これは一緒にいるのはもう現実として無理と言われているのと同じこと。

こういう時にも片思いの相手を必死につなげようと一緒に仕事をしたい一人だと思っている。

みたいな胡散臭いセリフを必死に述べてくる。

こんな人の心を満たしたいと思って仕事をしているのではない。

こう思われる仕事をしている人の職場は離職率が高い。

不倫相手が軽いと思った時にはぜひこの内容を確認してみてください。

きっと、わかりやすいくらい嘘をついて伝えると思います。

仕草でわかりやすいのも特徴

結婚生活の形すら維持できない人が必死に夫といて努力をしているというのはどの口が言っているのかと思ってしまう。

大丈夫に根拠がない。

だから次に口にするのは、仕方がなかった。

そして、忘れてくれ!みたいなことを口にする。

こういう人はどんな形であれまた繰り返す。

そして、最もわかりやすいのが、子供と同じで仕草から本心を読み取りやすい。

欲求を満たしたい時の行動もわかりやすい。

一人で過ごしているのが寂しい時の酒の量もわかりやすい。

結局は何も一人ではできない。

ある意味、孤独な人だからこそ、家族にも相手にされていない。

そのストレスの矛先を家の外に求める。

この流れから伝える内容もその場しのぎになっていく。

こんな人と過ごして何かメリットありますか?

自分の人生において、1度でもこういう人と向き合ってみると期待も何もしたくなくなる。

むしろ人間関係という言葉に対して、今自分の本当に信頼できる人をより大事にしようと思えるはず。

正直テクニックなんて何もないですよ。

それっぽい形で誘導しているだけのこと。

初回で口だけだと見抜けるようになると、傾向と対策みたいなことも簡単にできると思います。

普段の行動なんてのもその日1日あれば簡単に見抜ける。

なぜなら、必ず悩みや不安を抱えているそぶりを見せるからです。

不倫男は体しか目的がない

何を言い訳にしてどう食事に誘っても結果的に男と女という関係を終わりにしたくないのは、単純にあなたと過ごす時間の先に欲を満たしたいだけ。

そのためにかなり努力をする。

もちろんその見返りは何かプレゼントをして食事をしてというお金を家族のために使わない浪費で見せる。

こんな人に誰かを守る意識なんてない。

期待してはいけない。

もっときちんと違う形の恋愛を心から楽しんでほしい。

今回紹介しているパターンは大半のケースで当てはまると思います。

それでも続けると考える人は、単純に利害が一致した利用しやすい人ってことですね。

スポンサーリンク