アラフォー世代。

男性女性を問わない。

これから先の生き方をどう考えておくべきか?

  • 仕事や職場の悩み
  • 貯金の悩み。
  • 老後や万が一の入院などでの保険の準備は?
  • 結婚や出産の時期は?
  • 住宅は賃貸?マイホーム購入?

独身というだけで、うざいとか焦るという言葉が出てくることが多い現代社会。

今アルバイトやパート、派遣社員や契約社員などの雇用状況に対して将来の不安を抱える人も多い。

こうした中で実際にアラフォー独身世代の生き方には何が違うのか?という視点でご紹介していきます。

これまでにもアラフォー独身における悩みは以下のような内容をご紹介してきました。

アラフォー彼女なし男性の誤認

スポンサーリンク



アラフォー彼女なし独身男が問われる現実

アラフォー独身男が恋愛しないリアルな声

アラフォー独身男休日の過ごし方

アラフォー独身男の休日の過ごし方で分かる決定的な差

アラフォー彼女と結婚

アラフォー彼女と結婚は覚悟が必要?年下彼氏のメリットデメリット

アラフォー独身男結婚決断

アラフォー40代独身男性結婚の決断力見極め方

アラフォー独身男の特徴

アラフォー独身男の特徴|身近な友人観察ブログ

アラフォー独身男の問題点

アラフォー独身男の特徴|身近な友人観察ブログ

どこかで生きる意味を失っているような人もいる。

一方で、生きる意味もやりがいもいきがいも手にしている人もいる。

何がそこまで違うのか?

私のサイトは、40代の男性女性の生き方において、個性を活かし、他人の目を気にしない生き方を考える上でのポイントや注意点をご紹介しています。

ファッション、恋愛、結婚、貯金、仕事など世代を問わない悩みから婚活、恋活などにおける異性への悩みなどを含めてご紹介しています。

サイト管理人Mr.Dと申します。

今回の記事では、アラフォー独身の生き方について、差が出ているなぁと感じた内容をご紹介していきます。

人生は諦めたらそこですべてが終わる。

いくら焦りがあっても結果的に自分が同窓会などで堂々としていられる状況を作るために何が必要なのか?

こんな考え方としてご覧ください。

アラフォー独身の生き方の差1.メンタル

アラフォー独身生き方の差とメンタル

アラフォー独身の男性女性が見せる幸せを感じる人と感じられない人の決定的な差。

それは、わかりやすいメンタルだと私は思う。

メンタルの強さが現れる外見的要素

アラフォーというのは、20代とも30代前半とも違うオーラを感じる部分がある。

特に現役でバリバリ働く人からは以下のような特徴を感じることができる。

  • 目力がある。
  • 目の前に立つだけでオーラを感じる。
  • 若い人とは何か違うと感じさせてくれる。

このような周囲の目を惹きつける何かを持っていると思う。

しかし、単純に結婚願望や独身の立場をどこかでネガティブに考えている人は以下のような印象が伝わりやすい。

  • 悲壮感が漂う感覚。
  • 気持ち悪い、かわいそうと思わせる。
  • 嫉妬や妬みなどめんどくさいと感じさせる部分がある。
  • 週末を過ごした後の時間も過ごし方が単調になっているイメージ。

このように、どこまでも楽しい時間を過ごしていそうだと思わせる要素がない。

本人が自分の人生が楽しいと思えていない人と思える人は、次に見据える未来への考え方も違う。

アラフォー独身が抱く将来設計

独身の中でも勢いのある人は、次の愉しみにつなげるために今何をしておくべきかを考えている。

年収が高い、低いの問題ではない。

一人暮らしと実家暮らしとも違う。

どんな環境で生きているとしても、その人自身がきちんと将来を見据えた考え方を持っている。

だからこそ、周囲からはこんな言葉を言われることが多い。

「なぜ結婚しないのかわからない」

一方で、同じ独身なのに、以下のように見られる人もいる。

  • 何を考えているのかわからない。
  • 惨めだと思われる対象の一人になる。
  • 理想が高いとはっきり周りに感じさせてしまう存在。

このように身の丈に合う環境もわからないまま友達作りにも恋愛にも苦労をしていると思わせるような生き方になっている。

やはり、結局は人は現在と将来を常に自分を高めるために時間とお金を使う人ほど幸せになっていくと思う。

どこか惰性と言う文字に沿った時間やお金を使うと、いくらブランドものを身につけていたとしてもどこかで劣等感を感じやすい生き方になっていく。

 

アラフォー独身の生き方の差2.人

 

人生には、人、モノ、お金、時間のバランスを問われていると私は思っている。

年下でも自分が見習うべきと思う人に対しては、投資ができるか?

今は低所得であったとしてもいつか見返すというために下積みを重ねる時間を意識できるか?

ケチで幼稚な発言ばかりをしたお金の使い方をしていないか?

時間をどこまで大切に使っているのか?

このような内容が、年末年始や夏休みなどの大型連休や週末や休日の過ごし方にも大きくかかわる。

いくら習い事をしている人でもその習っている対象をネタにしたいだけの人もいる。

自分が何かをしていることを隠しながらも必死に結果につなげてどこかで誰かに成果を見てもらえている人もいる。

このように、どう人に関わり、何を得ているのか?

この流れがあくまで投資という意識の元で成り立つ内容が全く違うのです。

 

アラフォー独身の生き方の差3.価値

友達がいない

恋人がいない。

結婚の予定がない。

一人暮らしとか親と同居。

こんな形にこだわりを持つ人ほど貯金もないし、自分の今に何も達成感がない。

何に価値を求めた生き方をしているのか?

あくまで人を妬み、常に何か話題に執着している人は結局は自分が何に価値を感じる生き方をしているのかを明確に説明ができない。

人はいろいろな仕事をしている中で、最後にはその仕事のプロになっていく。

そのためにアラフォー世代になった時期から、関わる対象に対して見合うだけのファッションや身だしなみなども見直しをするようになっていく。

何に価値を感じていますか?

この答えに対して、ただ漠然と貯金額を100万とか500万、1000万、2000万という数字にのみ固執している人は結果的には何も得られる対象がない。

私の言葉で言えば、お金があるだけの心が貧乏な人の生き様だと思う。

結局は、人はどんな人生であったとしても、その時間を満喫することが出来れば必ず次の道が開けてくる。

平均年収以下だろうか倍の金額を稼ぐ人だろうがいずれにしてもすべての不安から解放されることはない。

常に将来に対して備えを考えて多くの人は今を生きている。

今を必死に生きられない人は、将来もその延長の道しか生まれない。

全てが惰性。

その言葉の通りになっている人生は虚しいし、誰かに対してみじめな感情を持つのです。

心がすさんでいく。

この言葉を今一度意識をしておくことがこれからの人生を変えたいと思うなら、大切にしなければいけないと思います。